今日(2017年)、
片側顔面痙攣(へんそく)や三叉神経痛(さんさ)、舌咽神経痛
神経血管圧迫症候群機能性疾患
頭蓋内微小血管減圧術微小血管減圧術脳神経減圧術MVD等で検索して、
初めて 『アンの日記』をご訪問頂いた方は、
まずはこちらのご案内ページをご活用下さい。





三叉神経痛・舌咽神経痛患者さんは症状は異なりますが、
同じく脳神経外科の神経血管圧迫症候群(機能性疾患)に分類され、
唯一の根治治療は同じくMVD=microvascular decompressionです。
(医療施設・医療情報サイトによって、頭蓋内微小血管減圧術、脳神経減圧術、
ジャネッタ式等々名称が異なりますが同様の術式)



手術をお考えの方は、
手術の成功率をあげるために『アンの日記』をご活用下さい。

「対症療法」「手術のための確認事項」「事前準備」「術後のケア」等、
私の経験を詳細に記録しています。

私が実際に様々な病院の講演会や公開講座を受講して得た、
「医師・病院の選択ポイント」「手術を成功に導く秘訣」等も
ご紹介しています。





右側片側顔面痙攣発症時を振り返りながら、
2014年7月から書き始めた『アンの日記』はある意味無駄に長いです
悩んでしまった時、迷ってしまった時、辛かった時、
同じ病気の方には無駄でないと感じるタイミングがあるかもしれない...
そう思って書き続けました。
2017年現在は、同じ病気の皆さんとコメント・メール交換をしながら、
皆さんの経験から得た注意事項、
最新医療、ボツリヌス毒素注射(ボトックス)、学会情報等をご紹介し続けています。


コメント蘭(右側下部)からまとめてご覧になれる
同じ病気の皆さんから頂くコメントは、
1人で悩んだ時に大きな励ましになるようです。





◆最新記事はこちら
2017年9月20日
『癒しキャラ、愛くるしいパンダのワイルドな歯の話』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-702.html

◆日記の始まり
はこちら
『はじまり・・・』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
※各頁、右側下部をしながら読み進んで下さい。


2016年12月NEW
三叉神経痛患者さんへのNEWSはこちら
2016年12月11日~特集記事のご紹介~
『三叉神経痛(さんさしんけいつう)患者の皆さんへ~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-599.html
※診断の信憑性について、患者数情報も記載




-------------------------
サイトマップ~手術の成功率100%をめざして!~
-------------------------

◆【初めに・・・  】
私の片側顔面痙攣、微小血管減圧術治療の概略
ネット上の片側顔面痙攣
病院・医師選びの大切さについて
片側顔面痙攣の診療ガイドラインについて★★★
痙攣の進行速度について
診断の信憑性について(患者数情報も記載)
神経興奮制御機能に関する研究情報(豆知識その22017年NEW


◆【手術の成功率を上げるチェックポイント】
医師にして欲しい大事な質問★★★(専門的版)必 読
手術の成功率を上げるKEY★★★(コンパクト版)
手術の成功率を上げる要因(病院・医師選びの注意点)
※市民公開講座よりのご紹介です。
上手に医者にかかる10カ条(1998年厚生労働省研究チーム発表)
医療事故を予防する20の秘訣(米国保健省のAHRQより)
別の視点から見た医療についてNEWご参考まで)


◆【私の体験より(カテゴリー注目★大切なこと
片側顔面痙攣の手術の難易度について名医T医師の説明
6人の脳神経外科医師の見解の相違
医療ミス・誤診?の経験


◆【微小血管減圧術について
手術の説明
手術のリスク            
手術の同意書一覧
再発について
 
微小血管減圧術の説明・リスクは、
私がM記念病院脳神経外科A医師より受けたものです。


◆【術前術後のケア(カテゴリーKEYポイント手術前に確認
・手術後の回復を早くする!~術後回復能力強化プログラム
退院後の注意点について(M記念病院資料より)
開頭手術後のてんかんについて★

早期離床について★※ICU利用についての考え方
消毒しない治療について★
除毛・剃毛について★
クリニカルパス(クリティカル)の活用★
痛みへの対処方法★
歯周病・周術期ケアの大切さ★

※カテゴリー【KEYポイント】からまとめて読むのが便利。
項目を追加していく予定です。



◆【術後の症状・体調について

私の退院後の症状・体調のまとめ
術後、抜針後の写真掲載術創写真


【私の選んだ病院・医師について(やや主観的)
病院・医師のチェックポイントーM記念病院の場合ー
微小血管減圧術の手術説明(入院前)
微小血管減圧術の手術室当日の様子
微小血管減圧術チームプレー・A医師の手術室イメージ
手術安全対策


◆【M記念病院A医師の略歴・方針
A医師師について★略歴★症状優先★
A医師のネットで見られる情報のまとめ
A医師記載の新聞記事について
私の執刀医について~微小血管減圧術の症例数を見て~NEW手術件数


◆【紹介状・初診予約・フリーアクセスについて予約の工夫
手術のための紹介状~患者の権利(フリーアクセス)
 ○予約の工夫は、病院を複数受診する前にご確認下さい
M記念病院の予約のご参考


◆【その他情報提供として~(M記念病院の場合)

三叉神経痛・舌咽神経痛患者さんについて
他疾患のある方ー年配の方
海外からの患者さんについて
  


◆【ボツリヌス治療・ボトックス注射について】

・ボツリヌス治療・ボトックス注射についての基礎知識
・現在ボトックス注射を受けているお仲間さんからの情報
・これから期待されるボトックス治療について
ボツリヌス毒素・神経毒素基礎臨床会議(2017年2月



◆【学会情報~医師の皆さんに感謝を込めて~
第18回日本脳神経減圧術学会について2015年12月開催)
第17回日本脳神経減圧術学会について2015年1月開催)
畑山徹会長から温かいコメントを頂きました(下部コメント蘭)
ボツリヌス毒素・神経毒素基礎臨床会議(2017年2月NEW
第1回MVD世界大会について(2017年1月開催NEW





自分でできること

お問い合わせが多いので、
私の鍼(針)治療・サプリメント使用についてもご案内することにしました。
(あくまで私個人の体験・感想です)
これらで自然治癒はしませんでしたが、
体調を整え、結果として手術後の治癒力UPに繋がった気がしています。

■【鍼灸治療についての経験
・まずは脳神経外科でのMRI検査!それから鍼治療
鍼治療開始
・鍼灸院~怪我の功名~奇跡?

■【サプリメントについて
・<注意>テグレトールとサプリメント(紅麹)
・片側顔面痙攣に対するサプリメントの効用について
・片側顔面痙攣は自然治癒するか
・片側顔面痙攣の手術後の痙攣について+マグネシウムについて
・片側顔面痙攣の痙攣に効くサプリメントはあるか?
~追記:ボトックス注射情報~

≪ご参考≫
■【
お仲間さんの情報提供広場・その他
・痙攣抑制のためにできること・だめなこと
・病院で分かること・分からないこと
・術後の痙攣が治まらず不安な時に…
なんとなく。お喋りのすすめ










私は、片側顔面痙攣患者さんのご家族や片側顔面痙攣とは関係のない方々に、
「片側顔面痙攣の患者さんて、死なない病気だけどけっこう辛いんだな。」
と、ご理解頂けるようになることも大切なことだと思っています。

世間に認知されることで、
この “稀な” と表現される片側顔面痙攣患者さんの気持ちが、
少し軽くなるのではないでしょうか。

また、あくまで選択肢の一つですが、
唯一の根治治療である微小血管減圧術を受ける際のハードルが
一つクリアされる気もします。



『アンの日記』が”同じ病気の皆さんのお役に立てますように・・・
治療の成功には、患者の在り方も大切なようです。
皆さんの選んだ病院・医師が、皆さんに最善の結果をもたらしますように。
 2017年5月23日  アンより





-≪お願い≫--------------------------------
『アンの日記』が検索されやすいページに在り続けるためには、
日々、皆さんからアクセスして頂くことがとても重要です。
『アンの日記』が役に立ったと思って頂けたなら、
多くの他の患者さんにも必要な情報が届くよう、
ご協力をお願い致します。m(__)m

今後も、再発防止のための体調管理法、心の健康法、
学会・最新医療情報などをご紹介いたします

--------------------------------------------------


お詫び&ご連絡

◆【検索について】
検索したい項目・目的の頁がブログ内にあるのに、
別の項目・頁がヒットしてしまうことがあります。
「あきらかに違うな!」という頁がヒットしてしまった際には以下をご利用ください。

「ブログ内検索」PC画面:ブログ右上、スマートフォン版:最下位
「検索フォーム」PC画面:カレンダー下
(注意:針⇒手術用針 鍼⇒鍼灸)


◆【リンクについて】
『ポップアップウインドウ』表記が出ることがありますが、
安心してご利用下さい。詳細はこちらをどうぞ。


関連記事
スポンサーサイト

『アンの日記』活用ガイド~コメントの書き方、最新記事の読み方etc.~

comment iconコメント ( 10 )

8/1のお返事♪

はじめまして。お返事遅くなってごめんなさい。
同じような経過年数で手術をご検討される方はとても多いと思います。
今まで色々試してきたことは、全然「だましだまし」ではないです! 今までのことは一つの無駄もなくて、「納得して選択する」上でとても大事なステップだったのだと思います。(*^_^*)
仰る通り、「片側顔面痙攣は、手術もできる病気」「専門とする医師もいる」と知っているだけでも、気持ちが随分違いますよね!手術を検討するときには『アンの日記』が役に立つと覚えていて下さったこと、とても嬉しいです。
『アンの日記』をご活用下さい。先生に納得いくまでご質問下さい。今回は、大きな大きな一歩になりましたね~\(^o^)/

名前: アン [Edit] 2017-08-03 06:41

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2017-08-01 20:01

Re: ちはるさん、私もです

こんにちは。
片側顔面痙攣の煩わしさや、進行していくことへの恐怖心は、同じ病気の者同士だからこそ理解できますよね。(/_;)

頂いたレイチェルさんのコメントが、早くちはるさんの元へ届きますように!

名前: アン [Edit] 2017-07-14 23:53

ちはるさん、私もです。

アンさん、はじめまして。私も先日片側顔面痙攣と診断され、アンさんのブログを毎日見て励まされています。ありがとうございます。「片側顔面痙攣は治すこともできるし、上手にお付き合いできる病気」この言葉、すごく励まされました。
ちはるさーん、ショックでご飯も食べられない日々。私も一緒です。同じですよー。私もまだ軽度の為、先生からは手術ボトックスの話しも出ず、様子見の日々です。「これからどんどん悪化するのを待つのかなあ、何年も」って、お先真っ暗な心境です。私も小学生の子供がいますが、もうすぐ行われる個人面談とかやだなあと、今から悶々としております。

名前: レイチェル [Edit] 2017-07-14 18:07

ちはるさんへ

こんにちは。お気持ちお察しします。急に聞いたこともない病気だと診断されても、心も頭も納得いかないですよね。診断された当初、私は「どうして?なんで?何がいけなかったの?」そんなことばかり考えていました。
医師の「そういう症例がないわけでない」は、あまりに知識が不足されているかな…と言う印象です。でも、「注射は一定の効果が上がってるから安心して」は、本当ですよ。きっと、ちはるさんを気遣ってのご発言なのかな~と思います。(*^_^*)
注射も、手術も、良い専門の医師がいます。そして、これは残念なことですが、同じ病気の方もたくさんいて、皆さんと情報交換できますからご安心下さいね!(*^_^*)
片側顔面痙攣を患って分かったのですが、自分が思うほど、誰も人の顔をしっかり見てはいないです!こっちは痙攣で落ち込んでいたのに、手術して治ってもほとんど誰にも気づかれませんでした。(;^_^)
でも、色々考えて、自分で実行したので自己満足はいっぱい残りました♪
「片側顔面痙攣は治すこともできるし、上手にお付き合いすることもできる病気です」そう考えて、安心して下さいね!

名前: アン [Edit] 2017-07-13 07:30

片側顔面痙攣と診断されたばかりで、とてつもないショックでご飯も食べれない日々を送っていますちはると言います😫
自然治癒、、ないとわかってても今は信じたい気持ちです。
医師は、手術も可能とかは、一切言わず、、注射は一定の効果が上がってるから安心してとの説明。
思い切って、手術は??と聞くとそういう症例がないわけでない、、と一言。。今後手術を受けて、根治するなら、、受けたいというのが本心です。
今は軽度で人目にはわからないものの、小学生の子供がおり、ずっと家での生活ばかりしておれず、、参観など、、今後人目にも出て行かなきゃならないのに、、こんな事になって。。とにかく辛い日々を送っています。
私は、、関西在住です。

名前: ちはる [Edit] 2017-07-13 05:19

7/10のお礼のお礼(^^)

まずは、手術のご成功!そして痙攣消失おめでとうございます!\(^o^)/
暑苦しい日が続いておりますが、爽やかな気分でお過ごしのことと存じます♪

私は最近実母の執刀医の選択で〝心身共に疲労困憊″して、同じ病気の方の手術の成功例を知る事は「本当に役に立つ!」と思っていました。(笑)
無事に手術を終えられた方の存在は、手術を検討されている他の皆さんの大きな励ましになると思います。そして、私の励みにもなりました♡ コメントありがとうございました。
お互い、たくさん笑って毎日を過ごしましょうね~(*^_^*)

P.S.
A医師の「爆笑」のくだり、想像できました!〝生の声″ありがとうございます!

名前: アン [Edit] 2017-07-11 18:55

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2017-07-10 14:56

はるさん~\(^o^)/

お久しぶりです!
術後2年、おめでとうございます~♪\(^o^)/♪\(^o^)/
ギリギリ間に合って21日中にお祝いしてますよ~\(^o^)/

はるさんは、術後の経過が素晴らしく良かったですよね~その後もお顔の調子がよくて良かったです♡

> ただ私は痙攣が左側でしたがその首筋の神経の通りが悪いようで最近は左親指の付け根に痛みがでます。
⇒私は、右側の手術でした。今は右側はあちこち痛いですが、PCが下手で右手ばかり使っているせいかもしれません。(^_^;)

> みなさんどうでしょうか??
⇒皆さん、どうでしょう?
痙攣の有る側が、調子が悪くなりやすいとかあるでしょうか?

名前: アン [Edit] 2016-04-21 23:37

ご無沙汰しています

アンさん超ご無沙汰してます、はるです。。

いつもブログは拝見していますが、
先日アンさんが術後2年をブログに書いていたので見てついつい私も今日で丸2年なので書き込みさせて頂きました(^_-)-☆

私はラッキーな事に痙攣は出ておらず2年間過ごしています。。
た~まにストレス満載の時や仕事の忙しい時期には何となく大丈夫かと思うこともありましたが、痙攣は出ていません。
ただ私は痙攣が左側でしたがその首筋の神経の通りが悪いようで最近は左親指の付け根に痛みがでます。

みなさんどうでしょうか??

名前: はる [Edit] 2016-04-21 17:21

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)