退院後、ちょっと“講演会巡り”に凝りました。
流石に「私らしい日常生活」には程遠い生活で時間をもてあましていたので、ちょっと数時間座ってお話しを聴く講演会は、良い暇つぶしになりました。
(全部無料の講演会です。タダでためになるお話しを聴けるのですからとっても薦めです

その中の公開市民講演会「知って得するの豆知識」で、私は初めてアドヒアランスという言葉を知りました。
皆さんはご存知でしたか?

元々、医療の現場ではコンプライアンスと言う概念が浸透していました。
コンプライアンスは、「遵守」「応諾」「従順」等を意味する言葉です。

例をあげると
患者さんに、期待される良い治療結果が出ない。

話してみると、おを支持通りに呑んでいない。

コンプライアンスが守られなかったね!
(医品の服を規定通り守らなかった)

ちゃんとお飲んでね!

ここでは、一方的に医療者から患者へ指示を与えているだけでした。

とは言え、まぁお医者様と患者の関係ってそんなものだと感じませんか?
別に腹も立たないし、極フツ―のやりとりに思えるんですが・・・

ところが、私の知らぬ間に(皆さんは知っていらっしゃったかも
患者自身の治療への積極的な参加(執着心:adherence)が治療成功の鍵であるとの考え、つまり「患者は治療に従順であるべき」という患者像から脱するアドヒアランス概念が生まれていたんですね。

アドヒアランス(adherence)
患者が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って治療を受けること。


このアドヒアランスを規定するものは治療内容、患者側因子、医療者側因子。
患者・医療者の相互関係という点でコンプライアンスとは大きく異なっています


世の中はいつの間にか進歩してたんですね~!
(繰り返します。私だけが知らなかったのかもしれませんが



次の頁では、アドヒアランスについての詳細と講演会で聴いた具体的な取り組みについてご紹介したいと思います。



2001年、WHO(世界保健機構)において「コンポライアンスではなくアドヒアランスという考え方を推進する」と決定。

スポンサーサイト


2015年3月、
『丸の内キャリア塾』(主催:日本経済新聞社クロスメディア営業局)

『女性が知っておきたいからだのリズム
   ~アラフォー・アラフィフ健康プラン~

に参加して初めて知った『エクオール』。
(その後TV番組で紹介され、既に有名になりましたね。)



エクオール』は、
2015年中最も衝撃的で、“最も有益な情報” 
となりました。


当日のセミナーは、4人の現役医師たちがリレー形式で行う講演会。
(セミナーと言うより講演会でした。)
どの医師の講演内容もためになりましたが、
今日のご紹介は、東京歯科大学市川総合病院産婦人科 高松潔氏の
『元気でキレイな女性になるため
~大豆パワーの源 エクオール

から。




女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きの成分を含むため、
(同じではないですよ!)
大豆は、女性の元気と若々しさを保つのに役立つ
と言うのは今や一般常識。


この日は新しい研究で、
大豆内のイソフラボンという成分が、腸内細菌によってエクオールに変わり、
エストロゲンによく似た女性の健康パワーの源となっているのが研究で分かった。
そして、
このエクオールを作れる人は(エクオール生産者)、日本人の約50%。
大豆製品やイソフラボンのサプリメントを摂っても、その効果を実感できない人がいるのは、
体内でエクオールを作れる人と作れない人がいるから。

と講演されました。




つまり、
年をとってきたら、
更年期障害予防・緩和のためにも積極的に接取しよう!と言われていた、
中年女性にとっては、
若々しさを保てる・キレイでいるための食品!と言う心の支えだった、(大袈裟カナ)

大豆由来食品・イソフラボンは摂取しても、
身になっていたのは日本人のたったの50%程度。

ってことです。



衝撃的じゃないですか?
私は衝撃的過ぎて絶句してしまいました。




大豆由来食品。
たくさん食べています。
それが効いていないかもしれないなんて・・・。




と、一瞬がっかりさせておいて、
高松氏は解決策を提示




Q.エクオールを作れるタイプ(生産者)かどうかは分かりますか?

A.エクオールを作るための腸内細菌の判定キットがインターネット購入できます。

こちらは私の調べ
 
株式会社 ヘルスケアシステムズ(:名古屋大学発ベンチャー企業)
『からだチェック KARADA CHECK』
                   ~SOY CHECK~

※Amazon.co.jp他でも同じ価格で購入できます。ご利用しやすい方法で。

検査前のご注意
検査の前日に大豆を食べ、翌日に尿中のエクオール量を測定することで、
エクオールを作る事ができるかどうかが検査きます。
検査キットの注意書き「採尿の前日に大豆食品をお摂り下さい」は、
とっても控え目で分かりにくい。
私は、前日に食べずに検査をしていまいました。
検査の際には、前日に大豆食品(豆腐1/2、納豆1パック程度)を食べることを忘れずに。




Q.エクオールを作れないタイプだった場合の対症法は?


A.大塚製薬が、エクオールを手軽に接取できるサプリメントを販売してます。
「EQUELLE エクエル飲んでください。

大塚製薬株式会社の通販:オオツカ・プラスワン
『EQUELLE エクエル』 112粒28日分 4000円(定期講入 3800円)
世界初、大豆を乳酸菌で発酵させて作ったエクオール含有食品。2014年~販売開始。
他のサイトでも購入できます。ご利用しやすい方法で。

こちらの購入前に、『からだチェック』を受けることがお薦めです。
※『ソイチェック』を受けてみたら、
後日、大塚製薬のモニター募集のご案内が届きました。詳細はその3で。



もし、
「たくさんサプリメントを摂っているのに実感がない」
と言う方がいたら、エクオールが作れないタイプ(非生産者)なのかも。
何と言っても、エクオール生産者は日本人の約50%ですから。

因みに、各国エクオール生産者の割合。
中国       54.9%
台湾       51.3%
米国       17.6%
ヨーロッパ    27.6%
オーストラリア  31.3%

大豆を良く食べる国々ではエクオールを作れるタイプの人が多いようです。
日本では、若い人ほどエクオール生産者が減少傾向にある
とのお話、最近の若い方の食生活を考えるとなんだか納得。


と言うことで、
私は、エクオールを作れるかどうか簡易キットで検査してみることにしました。
(皮膚科で検査を推奨している病院があったので概要は分かってまーす。
皮膚科経由だと診察料が掛るので、バカバカしいです。)



検査結果と共に、「エクオールパワー」について改めてご紹介しています。
知れば知るほど、効果に期待大。
HRT(ホルモン補充療法)が薦められない方にも朗報です。
「女性ホルモンの変化をコントロール~大豆イソフラボンとエクオールと腸内細菌~その2~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-301.html



NEW
 
大塚製薬主催のセミナーに参加してきました。臨床データなど拝見!
『女性の美容・健康にはイソフラボンよりエクオールでしょ!』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-533.html



大 豆 知 識

気をとりなおして、大好きな大豆について調べてみました。

女性ホルモンと似た働きを期待できなくても、大豆に期待できる役割はたくさん。

大豆には、脂質、炭水化物、食物繊維、
カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、葉酸
それから大豆イソフラボンや大豆レシチンなど独自の成分etc.
栄養素がいっぱい含まれているから。
そのうち約30%含まれるたんぱく質は、必須アミノ酸がバランス良く含まれて良質
しかも、消化吸収率がよく、効率的に栄養が摂れる食品と言えます。
一方で、心配されるコレステロールは0%。
(中高年にピッタリ。\(^o^)/)
ミラクルフードと言われる所以です。

たとえ “エクオールが作れないタイプの人” と分かっても、
大豆は積極的に頂いた方が良さそうです。

※返信されてきた検査結果の資料によると、
エクオールは日常的な大豆摂取で増えることも期待できるようです。


プラスαな話
その後の私の調べでは・・・
大豆イソフラボンには、主としてゲニステイン、ダイゼイン、グリシテインの3種類があり、
腸内細菌によって代謝されエクオールになるのはそのうちのダイゼイン とのこと。



江崎グリコ株式会社HP  「大豆のおはなし」より

こんばんは。
こんな風にご挨拶を入れると、
ご訪問頂くタイミングとずれることに今更ながら気付きました。




昨日から、
メンタルトレーニングのような会に参加していました。
(内容が濃すぎて、どう書くのが正しいのか・・・


私は、できるだけ多くの講演会公開講座
WEB授業に参加するようにしています。
(と言っても数は限られていますけれど・・・。


基本は、無料公開講座講演会WEB授業です。
前にも書きましたが、
世の中には、“無料”(タダ)でも
“有名な人”
“話題の人”
“権威ある医師”
などのお話しが聞ける機会がたくさんあります。


活用しないと損ですよ~




今回は、
私にしては珍しく“有料”での講習会でした。
久しぶりにお支払いをしての参加でしたが、
有料の良いところは、
何といっても“真剣”に聞けるところ。(限りなく真剣!)

ケチんぼの私が支払いをしたので、
“かぶりつきで で参加してきました。
支払った以上の価値が得られれば、
タダで参加したのと同じですね。
まんぞく。


そういう講習会に参加すると、
“気づき” があったり、
“新しい知識” を得たりするのは勿論ですが、
参加している人との出会いが素敵だったりします。
皆さんの前向きな姿勢がとても印象に残りました。



秋です。
味覚の秋、運動の秋、読書の秋、勉強の秋です。


寒くなる前に、
ご興味のある“講演会”“講習会”(?)に参加してみては?
人だけでなく、知識、情報、想い、・・・etc.
さまざまな出会いがありそうですよ!



~ご参考~

多くの病院で無料公開講座が開催されています。
公開講座で、その病院の得意な分野や力を入れている事が分かる事があります。
病院の雰囲気も分かるので、
ご興味ある病院のチェックのつもりで参加してみるのもいいかも
病院のHPから検索できます。

無料会員登録しておくと色々なご案内がきます。
10月の講演会、私も一つ参加しますよ~
日経ウーマノミクスプロジェクト

主要大学や有名教授による授業をオンライン講座として公開するサービス。
WEBサイトの授業でも、出会いはありましたよ!
無料で学べる大学『gacco』 

東京大学の講義資料・DVDを無償で公開するWebサイトもあります。
UTokyo OCW

『gacco』についての詳細はこちら
「iPS細胞研究支援~CiRAへの寄付~自分でできること」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-281.html

昨晩、
日本経済新聞が主催する
『丸の内キャリア塾~スペシャルセミナー~』
ファビュラスfabulous)にキャリアを重ねるライフスタイルの秘訣~

に行ってきました。


ちょっと、ビジネスウーマン風に装ってお出かけしました。
(あくまで“風”




今回のスペシャルセミナーは、
米国雑誌『Harper's BAZAAR』(ハーパーズ バザー)が協賛。


BAZAARは、
1867年にニューヨークで誕生した世界初の女性ファッション誌。
会場で紹介された創刊号の表紙には、
ドレス姿の女性たちがエッチング風に描かれていました。
しみじみと140年以上の歴史が感じられました~。

現在では、
ファッション、ビューティ、旅、リビング、アートなど、
厳選された情報を美しいビジュアルとともに発信しています。

とのこと。




今回のお題にあった、
ファビュラスfabulousと言う言葉は、
一般的にどれ位馴染みがある言葉でしょうか?



司会の方のお話しによると、
BAZAARと言えばファビュラス
ファビュラスと言えばBAZZAだそうです。



アルクの英語辞書によると
素晴らしい、法外な、信じられないような、驚くべき、
架空の、寓話に出てくるような、
etc.
と訳されています。

形容詞ですから、
fabulous business opportunity:信じられないようなビジネスチャンス
fabulous career: 驚くべき経歴
a fabulous new dress: 素晴らしいドレス
こんな風に使われます。

かつてビートルズの4人組は、
fabulousfabと略して、fab four=素晴らしき4人組
と呼ばれていました。

ただし、
実際には女性の誉め言葉として使われることが一般的。
ちょっと華やかなイメージを持った言葉です。

“言葉のニュアンス”は、
意味を辞書で引いただけでは分からないものですね。





“fabulous”
は女性にとっては最高の誉め言葉だそうです!


そして、
女性ファッション誌「Harper's BAZAAR(ハーパーズ バザー)」は、
"ファビュラス"を合言葉に、
“いくつになっても輝きを感じさせる魅力溢れる女性”
になるための、
心の整え方、運の引きよせ方、
キャリアの重ね方、哲学、ライフスタイル・・・etc.
をご紹介するセミナーを各地で開催しているようです。



今回のセミナーは無料セミナー。
週初めの月曜日夜7時~という開催時間にも関わらず、
多くの女性が参加されていました。


誰だって、
ファビュラスな女性” と言われたいですものね。






今回のセミナーとは関係ありませんが、
ファビュラス(fabulous)とちょっと似たような、
特別な時にだけ使う言葉があります。

アドーラブル、アドラブルadorable

愛らしい、かわいい、魅力的な、ほれぼれする
崇拝できる、敬慕できる

そんな意味だそうです。


私が米国で出産した際、
生まれたばかりの赤ちゃんを連れていると、
(48時間後に退院でした)

皆さんが
「Such an adorable baby!」
と言って声を掛けてくださいました。


生まれたばかりの子どもには、
curtとかpretty、bueatiful
では素晴らしさが足りないようです。



因みに、
adorableという単語を知らず、
耳も良くない私は、“a”が聞き取れず、
正しいスペルを知ったのはずっと後になって字幕で読んだ時でした。


ファビュラス(fabulous)
アドーラブル、アドラブルadorable
どちらも、単語としても上手に使いこなしたいです。


言葉の説明だけで、
スペシャルセミナーの内容まで辿りつけませんでした。。。


to be continued  2   3 

おはようございます。
今日の関東は、やや雲が多いものの秋晴れ。
お出かけ日和な感じ。


前回から引き続き、
日本経済新聞が主催する
『丸の内キャリア塾~スペシャルセミナー~』
~ファビュラス(fabulous)にキャリアを重ねるライフスタイルの秘訣~
のご紹介です。


今回のセミナーは、
まずは粟井佐知子氏(ラ・プレリージャパン社長)の
トークショーから始まりました。

粟井佐知子氏は、
ご自身が関わった5つの団体・企業での経験をお話しになりました。
各国外資系企業を一言で表現すると、
アメリカ・・・能力主義
フランス・・・討論好き
スイス・・・ポリシー優先(ドイツ風)
とのこと。

なんとなく想像つきますよね。
(勿論実際はもっと企業カラ―があるのでしょうが)



粟井氏のトークの中で、
誰にでも直ぐに役立ちそうなお話しはフランス化粧品会社『クリ二―ク』時代の話。


粟井氏は既にキャリアを積んだ身でありながら、
一年間化粧品販売の現場を経験されたそうです。

「最初は、化粧品を売るどころか、
綿棒準備から始まり、掃除・・・・で、
毎日帰宅すると足が棒のようでした」
そんな、
新人社員でも、アルバイトでも、パートでも経験しそうな
極普通の現場体験を披露。


でも、そこからが、
“やっぱり出来る人は違うな”
という行動力・実践力を発揮。

“売れている人”のトークを聞きお勉強しつつ、
毎日改善点を日記に書いたそうです。


“人の良いところを盗み(模倣!)し、
尚且つ、それだけに留まらず先を見越した展開も考える。”

なかなか出来ません。
多くの場合、
人は “模倣” “自己流” かどちらか一方に偏りがちです。



粟井氏は、このバランスが絶妙だったようで、
なんと5カ月過ぎには売れ出し、
1年後には販売数全国第一位になっていたそうです。


素晴らしいな~と
つくづく驚嘆。


現場の大切さ、
現場の重要さ、
現場の嬉しさ、
を知り、
“思索に迷った時は現場を見る”を教訓とされているとのこと。
そして、
「現場での辛かったこと、失敗、得た教訓が人生の一番の宝」
と仰っていました。

こんな上司のもとなら、部下の士気も高まりそうです。




トークショー中に粟井氏が多用していた言葉が
スピード」でした。

スピードが大切」「スピード感」「スピーディー」「時間との戦い」など。

“できる人は時間を無駄にしない”
“できる人は、時間を有効活用する”

なんて事を改めて実感。


具体的な行動としては、
「ヒットを見越して、事前に簡易カウンセリング方法を練習してもらう」
事前にサンプル品をたくさん取り寄せておく」
「方針は伝えて、対応は現場マネージャーに任せる」
などなど。
時間を無駄にしないための策を、
自然な形でされている様子がわかるコメントがたくさんありました。





一貫して、
粟井氏が一番訴えたかったとは、
『トラブルはチャンス』
『課題は、解消できること』
『転機は好機』

こんな事だと感じました。


トラブルも課題も転機も失敗も、
自分で気付いたり、拾いだしたりするからこそ、
次に、上に、繋がるんだと思います。


「あ~失敗しちゃった」
「ひぇ~しくじった!」
「最近悪いことばかりだ」

こんな風に思えたなら、
それは、“トラブル”“課題”“転機”を見つけられたということ。
素通りしちゃうよりずといい。

“今が飛躍できる時だよ!”
ということに違いありません。


そんなポジティブな気持ちにしてくれる
粟井佐知子氏のトークショーでした。



トークショー終了後は、
米国雑誌harpers『BAZAAR』(ハーパーズ バザー)の木津由美子氏(編集長代理)
とのスペシャル対談がありました。
こちらは、もっとプライベートに迫る内容。
効率を求める時代だけれど、
自分にかける非効率時間は、実はとても効率的!」
そんな話題でした。

時間を大切にし、上手に使っている女性が、
“自分時間をどう非効率に使っているか”
興味深いですよね!

次回にご紹介しま~す。


to be continued  3 


前回はこちら
『ファビュラスとは?~harpers『BAZAAR』(ハーパーズ バザー)の発信~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-399.html

今回は、
日本経済新聞が主催する
丸の内キャリア塾~スペシャルセミナー~』
ファビュラスfabulous)にキャリアを重ねるライフスタイルの秘訣~

トークショー後の、
粟井佐知子氏(ラ・プレリージャパン社長)と
木津由美子氏(Haper's BAZAAR 編集長代理)
の対談のご紹介です。


セミナー前半のトークショーは、
キャリアの積み重ね方や、
職場での心得などのお話しでしたが、
対談は、
正にファビュラスfabulous)な女性でいるための
 “自分メンテ のお話。




効率を求める時代だけれど、
自分にかける非効率な時間は、実はとても効率的!」

そんな風に始まりました。



女性の美しさへの近道は“非効率であること”

しっかりと時間を掛けることで気持ちがあがる

普段、便利に効率よく動いているのだから、
自分にご褒美のための時間を作ろう 


と発信。



「今、時の人の五郎丸歩選手、あのルーチンワークはいいよね~!」
と盛り上がる場面もありました。
ラグビー日本代表の、世界最高ランクのキックのための準備は、
女性の“自分メンテ”のための参考にもなるみたいです。




驚いたのが、
粟井佐知子氏がプライベートで実践していることの数々

・睡眠時はアイマス使用
・ホワイトノイズを使用
・エクソサイズ(ウォ―キング)朝10分、夜夫婦で1時間。
・呼吸法(ベトナムの禅僧ティック・ナット・ハーンによる)朝晩20分
・朝の温冷浴(温水と冷水のシャワーを浴びる)
・夫婦での趣味の時間
・夫婦喧嘩は5分以内に仲直りが鉄則!
・夫婦の朝晩の挨拶は欠かさずに etc.etc.



どうやら、
“できる女”は“自分メンテ”には、
日々きちんと時間をかけるものみたいです。


こうしてメンテナンスをしておけば、
ずっとファビュラス(fabulous)な女性でいられる。
益々進化したファビュラスfabulous)な女性になれる。

という事ですね





その他印象的だったお話しは、

こじわたるみは年齢の悩みにならず、
大切なものは、かもし出すもの

成熟とは、
自分と向き合って自分を知り、好きな物は好きと発信すること


自分の年齢に自信を持てるためのものを、
どれだけ持てるかが大切。



情報に振り回されずに生きるために、
自分の時間を作って自分のスタイルをみつけよう~!


こんな感じ。


どんな人生を送っている女性にも
エールになる素敵なメッセージですよね。





加えて、女性の“美”に繋がる教訓は、
1.生き生きと輝いていられるように毎日楽しくしていること。
2.年齢にふさわしい“大人の美”を意識すること
3.上手にストレス解消すること
とのこと。


仕事でも、プライベートでも、
真剣に全身全霊をかけて取り組みながらも、
“楽しむことを忘れない”
そんな粟井佐知子氏のポリシーが、
会場内に伝わるような対談でした。



最初のご紹介はこちから
『ファビュラスとは?~harpers『BAZAAR』(ハーパーズ バザー)の発信~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-399.html

前回は、1964年に開催された
第18回東京オリンピックの日本代表選手の追跡調査が、
今も継続されていることをご紹介しました。


4年間隔で、
健康や体力に関 して生涯にわたる調査が実施されています。


2015年は(多分)
調査対象者286名に対して、
アンケート調査と、測定のご案内がされています。
(対象者380名/物故者59名、住所不明者35名を除く)



先日受講した『先端医療講座』で、
私が聞いた最新の結果によると、
かつてのオリンピック選手に、
他の同年代の方より優れた健康状態は認められない

とのこと。

※測定数値は、僅かに有意だったけれど、
これは日常生活での健康に対する意識の差と思われるとのこと。


つまり、
どんなに一生懸命若い時にトレーニングしても、
その後運動していなければ、
肺・心臓・筋肉諸々は“元に戻る”

というデータが出てきているそうです。


“スポーツ心臓”
“スポーツ肺”
などと言われて、大きくなっていた臓器も、
レントゲン写真などを見ると一般的な大きさに戻っていました。


若い頃の頑張りは何にもならない、
と言えるけど・・・


若い頃に頑張らなかった人も、
これからの日常生活を頑張ればよいだけ、
過去を悔む必要なない

とも言えるわけです。


幾つになっても、
今の日々の生活の有り方が
一番大切。
  






体力に大きな差はみられない、
病気の傾向に大きな違いはみられない、
そんな結果が出てきた中で、唯一違いがみられるのが、
骨量・骨密度。

“若い頃いかに蓄えておくか”が、
その後の人生に大きく関わるからです。



骨量・骨密度
は、
成長期までに蓄えて、
『その後は減るだけで、増えることがないもの』
なので、
『若いころに是非とも気をつけておくといいこと』
だそうです。

「今でも、女性の骨量、骨密度低下は問題だけど、
今の思春期の女性が中年になる頃はどうなっているのかと思うと、
心配を通りこして、恐ろしい」

とは、先端医療講座の医師の言葉。

お子さんがいる方は、
ご注意くださいね。




豆 知 識

調査結果について、
2000年の測定報告が見つかったので、もう少し詳細なご紹介。
オリンピックから36年経過)

調査対象者324名に対して、
アンケート調査と、測定のご案内がされています。
(対象者381名/物故者35名、海外居住者4名、住所不明者18名を除く)

アンケートの回収率は、
男性 回収率72.5%(190/262名)
女子 回収率62.9%(39/62名)


測定期間中の参加人数は、
男性126名、女子26名。


既に東京オリンピックから36年。
オリンピック選手の皆さんのお年などを考えると、
素晴らしい回収率、素晴らしい参加人数のように思えます。
ブラボー


■アンケート調査結果

・回答平均年齢: 男性60.6歳、女性58.7歳。
・9割近い人が良好な健康状態と回答。
(男子85.8%、女子87.2%)

同年代の一般人に比べ、健康に自信を持っている。




■測定検査結果

・測定内容: 内科、整形外科診察
         血圧測定、血液検査、骨密度測定
・体力測定(自転車エルゴメーターによる運動負荷試験を含む)


体重は、男子は5%水準で明らかに増加したが、
女子は、有意な増加は認められなかった。

背筋力は加齢の影響を受けて漸次減少、一般人の数値に近付く。
高められた体力が、依然として一般人より優れた値を示すものの、
加齢の影響を強く受ける傾向がみられた。

女性の方が、
当時の値より減少しつつも、一般人より高い傾向がみられた。



2000年時の追跡調査の考察では、
36年の歳月が流れ、病気や事故等で亡くなった方は37名になった。
そのうち、病気で亡くなった数は27名。
事故や自殺等7名。不明2名であった。
中でも病気の原因の中で悪性腫瘍(ガン)関係が13名と目立っていた。

と書かれていました。


CiNii論文より
『第9回東京オリンピック日本代表選手の健康・体力追跡調査(加齢・性差)』
NII論文ID(NAID)
110001911540
NII書誌ID(NCID)
AN00137986


こちらもご参考にどうぞ
『栄養不足に注意!~無月経・疲労骨折~女性選手の調査結果から』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-359.html

こちらにも色々な資料があります。
日本体育協会『医療・科学研究書』

世の中には、
・無料
・その分野で有名な講師が来る
・手土産付き
・その他特典付き etc.と、
いいこと尽くしで“トレンディな話題”を聞ける
公開講座や講演、セミナーが沢山あります。



“無料”の場合、当然スポンサーがついています。
スポンサーは、
病院、企業、何かの団体とさまざまですが、
会のはじめに短い挨拶がある程度で、
その後勧誘されるとか、
不愉快な目にあった経験は一度もありません。



知名度のある企業の後援している会や、
新聞社、雑誌社主催の講演会、セミナーなどなら安心安全。
・・・と言うことで、
市民公開講座や講演会、セミナー巡りは、
私のライフワークの一つ。


“巡り”ってほど多くないか。

しかも、最近は、
他の用事に忙殺されてなかなか行けない・・・。





それでも、ちょこちょこと講演会・セミナーに参加していたら、
続けて話題になっていたのが、
ビタミンDの欠乏” “ビタミンD不足”
について。



ビタミンDは、食品からの摂取の他に、
太陽の光(UV-B)を浴びることによって体内で作りだせる栄養素です。



ところが、
1980年代ごろから欧米を中心に
紫外線による皮膚がんの発生が問題視されるようになり、
日本でも、
「外では子供も日焼けしないようにしよう」という意識が広まったこと、
食物アレルギーなどへの対策として、
ビタミンDを多く含む食材の摂取を制限する子供が増えたこと、
こんな理由から、ビタミンD不足の乳幼児が増え、
戦後栄養状態の悪い時期に多く見られた、
ビタミンD不足からなるクル病患者も(病気ですよ!)
ここ十数年で増加傾向にあるそうです。

2013年には、日本小児内分泌学会によって、
ビタミンD欠乏性くる病の統一診断基準となる手引が作成されています。
(ビタミンDは血中濃度が測定できます)




ビタミンD不足、ビタミンD欠乏症は、
子供の健康障害についての話題かと思っていたら・・・
なんと、
ビタミンD不足が、
中年女子でも急激に深刻化しているとか!




乳幼児の場合もそうですが、
ビタミンD不足の大きな原因の一つは“日焼け止め”です。



私たちが気軽に使っている
紫外線予防、UV対策の“日焼け止め”。

クリーム、乳液、粉、スプレータイプと色々ありますが、
最近の日焼け止めは、効果効能が素晴らしい!


日焼け止めが、しっかりUVを遮断できるようになった上に、
最近では、皆さん油断なく手の甲まで塗っている方が多いので、
ビタミンDが体内では作られず、
ビタミンDが不足している中年女子が急激に増加したんです。

(血中のビタミンD濃度測定結果より)


気軽なUV対策が、日光浴が足り無くなるほど効いている!
日中いくら外にいても“日照不足”になってしまう!

とは盲点でした。





ここのところ私が聴講していたセミナー、講演会では、
アンチエイジング、骨粗しょう症に対する効果として、
ビタミンDの大切さが説かれていました。



加えて、2016年9月、
統合失調症や、統合失調感情障害、双曲性障害患者では、
ビタミンD濃度が低いという新しい報告もされています。



その他、
ビタミンD不足の症状として
糖尿病、動脈硬化、免疫力低下、自閉症、うつ、花粉症etc.
様々な症状についての影響が研究されています。





これから日照時間がますます少なくなります。
『過度の紫外線対策は止めること』
日焼け止めの使い方を工夫すること』をお忘れなく!






豆 知 識

紫外線(特にUV-A)が皮ふに悪いことは有名です。
ビタミンDを作るために必要な紫外線は、UV-Bです。
UV-Bは服を通過できないので、外出時にくまなく日焼け止めを塗る人は、
体内でビタミンDを作れていないことになります。



UV-Bは、地域や季節などで地上に届く量が異なります。
7,8月が多く、冬は1/4~1/5程になる地域もあるため、
生成できるビタミンDの量も違ってきます。



国立環境研究所研究チームの調査結果では、
1日に10マイクログラムを体内で生成するとした場合、
必要な日光浴の時間(12月の晴天の正午、顔と両手の甲を露出)は、
那覇市で14分/茨城県つくば市で41分/札幌市で139分
だそうです。



身体に必要なビタミンDは、
体内でつくられる量と食事からの摂取量の合計です。


厚生労働省がまとめた「日本人の食事摂取基準」(2015年版)では、
ビタミンDの1日当たりの摂取量の目安は、
生後0~11カ月の乳児は5マイクログラム、
18歳以上は5.5マイクログラム
※1マイクロ=100万分の1グラム
としています。



日照時間の少ない地域、
戸外での活動時間の少ない人/日焼け止めバッチリな人は、
食事から多めに摂取することを心がけて下さいね!
(サプリメント使用も薦められています)







KoKoRoの声

ビタミンD不足率は上昇傾向にあって
その理由としては、以下のことが考えられているそうです。

・大気汚染
・人口の高緯度集中傾向(日照時間が短くなる)
・野外活動時間の減少
・UVカット製品の使用

なるほどな~、さもありなん。


しかも、栄養素の高い自然食品は減っていますから、
食品からのビタミンD摂取量も減っているに違いありません。




私が参加したセミナーでは、
「がんよりも、骨折の方が重大な問題」
「手術後1年の追跡調査では、
がん患者より骨折患者の死亡率が高い」
「ビタミンD不足にならないように、ちゃんと日を浴びてね!」

と訴えてらっしゃいました。


「日光浴の大切さ」
を力説される講師の先生の話しを聞きながら、
『UV製品の効果効能の高さ』
を知って妙に嬉しくなった私でした。
ゴメンナサイ







2015年4月17日日本経済新聞
『くる病」乳幼児に増加 ビタミンD欠乏が原因日光浴不足など影響』より

論文題名は後ほど記載

★日焼け対策以外に間違ったことをしているかも。
『自分でシミを作っていませんか?~柑橘類の朝の摂取は控えましょう!~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-356.html

『柑橘類の果物・ジュースは、昼間食べると皮膚がんの発症リスクを増大』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

涼しくなるとお腹がすくのは私だけ?おやつのご参考に。
『おやつについて考えてみた。~脳によくて、体によくて、心によい食事~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-290.html