今日はM記念病院脳神経外科入院する日。
最後の準備のために朝5時に起きる。

家族はいつも通りの時間に起き、
いつも通りに準備に忙しいから、
当然ゆっくり別れ(?)、出発(?)の挨拶をする間もなかった。
驚くほどにクールな家族だ。


私も感傷に浸る間もなく、
台所の最後の片づけ、洗濯、トイレ掃除など家事をすました。

ドラマでは、絶対、こんなシーンないよね。
現実は、どんな時にも掃除洗濯食事の準備がついてまわる。

ほとほと疲れて、病院に行くのが楽しみだった。
一刻も早くお休みしたい。


”感傷”とか”不安”は、
自由に使える贅沢な時間がある時にだけ顔を出す。





私は小柄だ。
10日用の旅行バッグと肩掛けバッグでの満員電車は本当に大変だった。
物凄くスポーティーな格好をしていたから、
誰がどう見ても単なる旅行に見えたろうな。


予定通り11時に到着。
手続きをすませ13階病棟へ。
私の担当看護師さんが出迎えてくれた。
アルプスの少女ハイジみたいに可愛い看護師さんだったー


どんなに緊張していたり不安だったりする患者さんも、
ハイジに出迎えられたら元気になると思う。
疲れてた私は、とっても元気になった



お部屋はA医師お薦めの4人部屋の窓際。
差額ベッド代は一日3000円。


 広~いお部屋♪                  眼下の公園の桜♪
M記念病院1312号室(2014.04)      2014年 さくら咲け♪ 

窓からの景色が広々して素敵



私は、空をみて雲や月や星を眺めるのが好物
眼の中にきれいな物が入ってくると、
冷たい水を一気飲みした時みたいな爽快感がわく。


お部屋に着いて神様に心から感謝した。
(宗教はないけど。。。)




荷物を置いて、
さあ、今日から私はママじゃなくて患者さんだ~




 追 記 
片側顔面痙攣のお仲間さん、HIROさんからのご提供
M記念病院、X'masバージョン
M記念病院 13階 X’masツリー  春も良かったけれど、冬も素敵 
                     病院は縁遠いのが一番だけど

M記念病院 X’mas イルミネーション


入院する際には、こちらをご利用下さい。
カテゴリー入院準備』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-category-17.html
スポンサーサイト

朝から本当に大忙しだった。

自分の入院準備をしながら、
家族の10日間分の生活の準備をするのは本当に大変。


数日前からの風邪(?)が悪化したのか、
声がどんどん出なくなっていたけれど、
なんとか無事に病棟管理部での手続きも済んで、
自分の病室のベッドまで辿りついた時には、
ほっと一息。

病室に入って、ほっと一息って言うのも変な感じだけれど
それくらい疲れてしまった。


これはとても悪い一例だから、
『アンの日記』を今読んでいる方は、
絶対にもっとのんびりと入院した方がいいと思う。




ハイジちゃん(私の担当看護師さん)から、
医療ミスを防ぐ上で大切な名前入りのリストバンドを左足首につけてもらう。
(他の場所でも可)

大切な命の綱の名前入りリストバンドも、
ずっとしているとイラっとしてきちゃうんだけれど・・・




入院中は、事前に頂いていた
微小血管減圧術を受ける入院患者向けのご案内 
入院から退院後までの療養生活支援のしおり』
にそって生活する。

『しおり』に書かれているのは、一般的に順調なモデルケース。
読んでおくと、自分も無事に問題なく退院できるイメージを持って入院できる。

イメージトレーニングって言うのかな。
“ しおりを読む ”=“ 退院までの良いイメージを持つ ”
は、入院までに簡単にできること




ベッドでのんびりしていたら、
担当看護師のハイジちゃんの他、I薬剤師さんT麻酔医師さん
A手術看護師さんが順番に挨拶に来て下さって、
挨拶とそれぞれの担当部分についてを丁寧に説明。

皆さん感じがよくてびっくり
ホテルのスイートルーム宿泊か、
飛行機のビジネスクラスに乗っているかのようなホスピタリティ
(広さ9㎡の入院ベッドの周りで繰り広げられた光景だけど。)


病院とは思えない、温かい挨拶、対応を受け、
本当に気持ちのいい病院に入院できて大満足





この日は、また胸部レントゲン撮影もした。
胸のレントゲンて大切なのかな?
それぞれの検査が、何のために行われるかは実はよく分かっていない。
この片側顔面痙攣病気記録を書き終わったら調べてみようかな。
またアップしますね(*^_^*)


検査の後、そのまま、
売店で買って準備しておくように言われた品、
ウロテクター、T字帯、リモイスコート、ゴムを買いに行く。
使わなければ返却できるのでレシートを残しておくように
とのこと。
親切な病院(売店?)だ。
ここでもプチ満足




M記念病院の場合、
お風呂は、各階にある風呂場入口の予約表に自分で名記して入浴するシステム。
つまり、早い者勝ちだ。
夜ゆっくりしたい人は、
病院到着後直ぐにお風呂の予約をした方が安心かも


小さいことだけれど、
これから何日もお風呂に入れないことを考えると、
お風呂は手術前日の一番大切なこと!
だったな。
私の場合





◆【片側顔面痙攣の患者数の多い病院の安心ポイント】
片側顔面痙攣・三叉神経痛・舌咽神経痛患者共通。

看護師さんが慣れていて、適切な諸注意が頂ける。
○微小血管減圧術を受ける患者専用のしおりがある。これが優れもの☆☆☆
○同じタイミングで片側顔面痙攣患者さんがいる場合がある。(ちょっと仲間意識)
○同じタイミングで片側顔面痙攣患者さんがいない場合も、
他の患者さんから様子を伺えたりする。(すれ違い入院の場合)




このしおり風のものは、『クリニカルパス』の一種でした。
最近の医療では「クリニカルパス」(クリティカルパス)は重要視されています。
「安心のしおり♪~クリニカルパスの重要性~病院HPを要チェック」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-158.html

手術前に自分でできる安全対策についてはこちらもどうぞ。
「片側顔面痙攣 M記念病院 ~④自分でできること=個人情報流出」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-89.html