微小血管減圧術の手術後、病室に戻ってから翌朝について覚えていることを書こうと思う。

手術中から排尿管を挿入された状態で(知らぬ間に!)
酸素吸入を行いながら(体に残った麻酔をぬくため)、
棒にぶら下がった複数の点滴をベッド脇に立て、
足に血栓予防の装置(間欠的空気圧迫法)を着け、ジーゴロジーゴロという音を聞きながら
ベッド上にじーーーーーーーーーと寝ていた。
見た目には、かなり痛々しい感じだど思うのだけど、術直後から別になんとも感じていなかった
文字通り"な・ん・と・も”。
頭にせよ、挿入された排尿管にせよ、痛いと感じていなかったので、夫の顔を見てうっかり起き上ってしまったのだ

「まるで・・・・のように気持ちが悪くて」とか「まさに・・・・・・のよに痛くて」とか、
”経験者だからこそ書ける”臨場感たっぷりの表現で書きたかったのに・・・
情けないことに、「気持ち悪さ」「痛さ」について、覚えていることは全くない。


覚えていないから、全く気持ち悪くなかったのか、
痛くなかったのかと言うとそうでもない。

夜には、自分で、痛みと吐き気を2回くらい訴えたのを覚えている。
後で確認したら、痛み止め・吐き気止めは、座薬2回で、点滴には6~7回入れたとのこと。
回数で、記憶が飛んでいる部分があるらしい。

そして、帰室後1時間後、3時間後、6時間後と21時、24時の検温時や点滴の確認なんかで来てくれる度に、
私の担当看護師のハイジちゃんに、お水で口をゆすがせてもらったのも覚えてる
手術前朝6時半から翌朝5時半まで飲水禁止だったので、ゆすぐのみ。

喉が渇いていた感覚は記憶になくて、
“ハイジちゃんが、口をゆすがせてくれて気持ちよかったー”という記憶だけが残ってる。

なんだか面白いよね?


今回は、痛みは我慢しない」って最初から決めてた。


あんまり痛い思いをすると、その痛みの経路が残っちゃって、傷そのものが治ってからも何故か痛みだけが残っちゃうってことを読んだ事があったし、過去の自分の経験からどうやら我慢しない方がいいらしいと感じていたから。

体に多くの薬を入れることに抵抗があったり、賛否があったりするのも知っているけれど、私の場合は、「我慢しないで、すぐに薬をもらう」を徹底した結果、たいして不快な記憶は残らず、「親切にされた気持ちいい記憶」だけが強烈に残ったのかなって思う。


私の術後一日目は、辛い記憶ではなくて、「ハイジちゃんに優しくされた、気持ちいい記憶」として残ってる


ただ一つ、ハイジちゃんにもどうしようもなかった痛みがあった!
それは背中痛。ずーーーーとほぼ同じ姿勢で(手術側は向けない)寝ていたから(?)肩甲骨の当たりの背中が痛くてしょうがなかった。
後で処方箋を見たら、A医師はモーラスパップと言うシップ薬を処方してくれてた。
最初からシップを貼ってもらえばよかった。。。
とにかく背中が痛かったから、AM2時位からは、起き上がれる5時半が待ち遠しくて待ち遠しくて時計ばっかり見ていた



スポンサーサイト