片側顔面痙攣で微小血管減圧術の手術を受けた翌日。
待ちにまった朝5時半過ぎ。

ハイジちゃん(私の担当看護師さん)が、
「おトイレ行きますか?」
と尋ねてきた。
フラフラと起き上がったら、(←思いがけず、力が入らなかった
「まだ止めますか?」
と言われたので、慌てて
「行きます!」(←結構、きっぱり)
と言って、なんとか立ち上がった。

この時点では、
「早く起き上がった方が手術術後の経過がいい」とか「頑張るべき!」
(こういう考え方を早期離床と言います
とは全然考えていず、
ただただ、背中が痛くて、じっとしているのが辛くて起き上がりたかっただけ。


起き上がってみたら、思った以上に歩けなかった
ハイジちゃんの手をかりながら、点滴をかけた棒と共にゆっくりゆっくりトイレへ。

トイレで手術中から入れっぱなしの排尿管を抜いてもらった。


実のところ、そんなものを挿入されていることにちっとも気づいていなかったし、
今も、どんな風に挿入されていたのか、
どんな風にハイジちゃんが抜いてくれたのかよく分からない。
それくらい、違和感や痛みは感じていなかった。

部屋に帰ってきて、
ハイジちゃんに手伝ってもらいながら、
手術前に着たガウンみたいなものから自分のパジャマに着替えた。


賢い私はこうなることを予想し、
手術前にパジャマと下着を分かるように揃えて置いておいた!(プチ自慢
しおりには書いていなかったけど、
看護師さんの手を煩わせたくない人、自分の持ち物を触られたくない人は、
術後に着るものを、誰がみても分かるように揃えておくべし



いざとなると、人って恥も外聞もなくなるものなんだな~と思う。
トイレに同伴で行くことも、着替えを丸々手伝ってもらうことも全然恥ずかしくなかった。
自分がそんな人間とは知らなかった。
新しい発見



無事に着替え、
ちょっと動いたら背中も気分も楽になって、またベッドに戻った。
朝食は抜き。
まだ点滴のみ。


その後、A医師が朝の回診。

私はまだぐったりしていたから、ハイジちゃんが起こしてくれた。
頭をきちんと上げられず、
掛け布団を見つめながらA医師に包帯下の術創をチェックしてもらった。
A医師が何かおっしゃった事に返事をした。
質問は覚えてないけど、何か返事をした。
A医師は、更に、耳の脇の包帯下にペンを入れてパチパチやって、
音が聞こえているかをチェック。


そうだ!
聴覚障害があるかもしれなかったんだすっかり忘れてた

昨日から、夫とも娘とも喋っていた。
音がこもることも、耳鳴りも何にも違和感はなかった

いつもはA医師のお顔を見てお話しをするけれど、
この日の朝は顔を上げる元気はなかったし、愛想をふりまく余裕もなかった。


でも、よく考えるとこれって片側顔面痙攣手術後一日目の朝の話。
つまり、手術後まだ20時間も経っていない時


頭を開けたのに、結構凄くない???



注 目
 
“知識” が “治癒力アップ” に繋がると思うので必ずこちらでご確認 
術後に調べたことです。術後回復プログラムについて!
『手術後の回復を早くする最新医療!術後回復能力強化プログラム』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-336.html

術後の治癒力をあげるために早期離床を忘れずに
2014.04.05「手術後の経過をよくするKEY~早期離床について~予防!」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-50.html
スポンサーサイト