片側顔面痙攣の微小血管減圧術の手術後、4日目。
今日も朝の4時頃から目が覚めていて、5時とともにベッドがら起き出した。
手術後二日目からこのペースで毎日デイルームに行っている。

リンゴ、ナイフ、筆記用具、入院手術記録ノート、携帯電話。
これらを移動用の小さいバッグに入れてサイドテーブルの上に準備しておいた。
準備をしておけば、音を立てずに部屋を出られる。
4人部屋なのだから、マナーは守らなくちゃ。


私の場合、最初から病院でぐっすり眠れるなんて期待は持っていなかったので、早起きは全然気にならない。


入院手術の記録は、この時間を有効活用。
でも、ちょっと長く下を向いていると首が痛い。
肩まで張ってくる感じがして、書きものが思うように進まない。
実は、携帯を見る角度も気をつけないと首?肩?が重くなってくる。

思うように進まなくてちょっとイラっとした。


A医師に、「内疾患じゃないんだから、何でも好きなものを売店で買って食べなさい」と言われたのを思い出して、売店に行ってみた。
好物のベーグルが売っていたから購入。
朝食の時に、パンの替わりにベーグルと食べた。美味しい
お隣のNさんと、「上げ膳据え膳でありがたいよね~。」なんて言いながら食べていたから、尚更美味しく感じたのかも。


病院内での一番の(唯一の)楽しみは、やっぱりお食事の時間だから、
美味しいものを食べられた方がいいし、一緒に食べられる人がいればもっといい



ちょっと遅めの10時ごろMr.脳外(=A医師)が回診にやってきた。

A医師は、いつも私が気づくより早く私の右傍らに立っている。
手術創(=傷口)を見ているA医師に 「 満足? 」 と聞くと
「 95% 」 という答え。
え?100%じゃないの???

聞き返す前に、「××××」と言い放って、私の包帯を持ってもういなくなってしまった。

なんて言ったんだろう?
暫く考えて思いついた。
「洗髪」って言ったんだ!


この日私は包帯が取れ、手術後4日目にして初めてシャワーを浴びて、洗髪もした。
(体は、毎日持参したウェット使い捨て体拭きで拭いていましたよ!そのくらいのプライベート空間はあります&看護師さんにお願いすればお絞りをくれます

まだ抗生剤の点滴を入れるための針(?)を腕に刺したままなので、そこが濡れないように看護師さんにビニールに包んでもらって、昼間のうちにお風呂へ。

洗髪時の注意 


 1.頭を下げないよう
 2.傷口を引っ掻かないよう

注意と指導は受けたけれど、特に介添えなく一人で入浴
頭は、注意されなくてもそもそも下げられない。深く下を向くと痛い。

片側顔面痙攣の手術創(=傷口)は、場所的に自分では見えないから、丁寧に洗うことは難しい。
恐る恐るやっていて、結局手術創(=傷口)はしっかり洗えなかった。お湯でじゃんじゃん流しただけ。
ちょっと触っただけでも、かなりの傷跡だと分かるけれど、お湯を当てても全く痛くない。
この時点では、むしろ麻痺していて感覚がない。

なので、まったく怖がる必要はなかった!
単に、久しぶりに清潔になってすっきりした~爽快~って感じただけ。


洗髪後は、看護師さんとA医師のダブルチェック。
怖くて手術創(=傷口)周辺は洗えていなかったような気がしていたけど、綺麗に流せていたらしい。
つまり、手術創はお湯でじゃんじゃん流せばいいらしい。
ハイジちゃん(私の担当看護師)は、手術創(=傷口)はとってもきれいだと請け負ってくれた。
ハイジちゃんは、たくさんの片側顔面痙攣の患者の手術創(=傷口)を見ているのだから、
きっと本当に大丈夫なんだろうとちょっと安心した。

包帯を巻いている間は特になんとも思っていなかったけれど、取ってみたら頭が軽かった
楽チンだった!
包帯って普段はなんとも思わないけれど、結構重さがある。
特に片側顔面痙攣の包帯(M記念病院の場合?)はなんだかクッションみたいなものが入っていてちょっと厚さがあるのでなお重い。取ったら、それがよく分かった。
手術後4日で取ることって、それだけ首や肩への負担が軽くなるって意味でも◎


ドライヤーは、廊下にある洗面台に設置されている。洗面台もドライヤーもたくさんあるので、誰かと重なって困るなんてこともない。


4日ぶりにすっかり清潔になったところに、私の父母が来た。
車で一時間半ほど掛ったとのこと。
申し訳ない。。。

病院内にあるカフェレストランで、お食事&お茶をした。
久しぶりに綺麗さっぱりしていたし、何より大きな包帯姿を見せないですんで良かった





病室に戻ってから、みんなに手術創(=傷口)を見せた。
みんなが、傷口が真っすぐでとってもきれいだと言ってくれた。
自分では簡単に見られないし、見たいとは思わなかった。

みんなきれいだと言ってくれるけど、手で触るとやっぱりゴツゴツして醜い傷跡が想像できちゃうから。
「髪でかくれるから大丈夫。とにかく膿さえしなければOK.」
って自分で自分に言い聞かせていた。

今日は、シャワーを浴びて、洗髪をして、父母と長い時間お喋りをして、とっても楽しかった。

そして、夜には夫がやって来た。
入院6日で、3回のお見舞い・・・。

夫はとっても忙しい。
私の平均睡眠時間は、5、6時間だけれど、夫のそれは多分もっと短い。
誰にも迷惑をかけないようにと思ったけれど、やっぱり迷惑をかけてしまった。
とても申し訳なく思う。
元気になったら、良い奥さんになろうと思う。


多分、元気になったら忘れちゃうんだろうと思うけど・・・。アハハ


ここに書いたから、たまには自分で読み返そう(*^_^*)


久しぶりに気持ち良くて、本当に楽しい一日だったけれど、夜鏡を見たら、びっくりする程顔がげっそりしていた
手術後四日にしては、ちょっと起き上り過ぎというか、朝起きてから一分たりともベッドにいない一日だった



どうやら、今日の一日のスケジュールはオーバーワークだったみたい。


スポンサーサイト
続きを読む