今日も朝5時にデイルームへ移動。
看護師のKさんが「おはようございます。」と元気に挨拶をしてくれた。
毎日ここに来ているけれど、挨拶を受けたのは初めてだ。
夜勤の看護師さんは3人体勢でなんだか忙しそうだから、声を掛けづらくて私からは掛けたことがなかった。
気持ちのいい朝の始まりだった



久しぶりに検査があった。

○尿検査
○血液検査
○CT撮影

手術後1日目のCT撮影時は、車椅子でハイジちゃん(私の担当看護師さん)に押されて行った。
今日は、ファイルを持って、軽やかに自分の足で歩いて行った。
4日前は、自分で撮影用の台に寝ることができなかったのに、今日は一人で台に上がれた。
さすがに、健康時みたいにゴロっと無造作に横になることはできず、
腹筋を使わないように(脳圧が上がるからダメ)横向きにゆっくり寝たけど。

撮影は、造影剤を使わないから体の負担も少ないし、時間も早い。
あっという間に終了。
M記念病院ではCT装置は東芝のAquilionONEを使っている。
術前の検査の時に、廊下に貼ってあるポスターを見て「東芝って珍しいな」って思ったからちょっと調べたことがある。
なんとなく、医療機器って、GEとかシーメンス、フィリップスってイメージがあったから。

調べてみたら、このCT装置がM記念病院の自慢の品であることが分かった。
ヘェ~日本のメーカーも頑張っているんだな~ってちょっと嬉しくなった。
頑張れニッポン

手術のために入院する時、ついつい執刀医に主眼がいきがちだけど、実はその周辺域にも手術を成功させるための大切なことが幾つもある。言いだしたら切りがないけれど、“使用機器が何か”も大切なこと。
調べるとその性能の差に驚く


それについて私が書くのはもう少し後のことになる。


興味がある方はこちらで調べてみては?「モダリティ・ナビ」



スポンサーサイト