片側顔面痙攣、頭蓋内微小血管減圧術後の7日目朝。
まるまる一週間が過ぎたわけだ。


漢字一杯の病名や術式を書かないと、
どうも盲腸で入院した記録みたいになってしまう。
ほんとうに私は調子がいい




いつもの通り朝4時頃から目覚めて、5時にデイルームへ移動。
携帯、筆記用具、入院・手術記録ノート、ナイフを入れたカバンと、
リンゴとオレンジを持参。
朝食前にかなりな腹ごなしが完了。




朝食直前に、Mr.脳外 = ウルトラマン = A医師 がやって来た。
いつもの通り、気づいたらもう傍らにいる。


抜針。」と一言。
「麻酔なし?」
「そう。」
A医師は、ふだんは決して無駄な言葉は使わないのだ。
今回は「それは嫌」を言う暇もなく、
気がついたら、
私は自分の指をからめてお祈りするみたいな姿勢で前を向いてた。



A医師は、きっと調教師にもなれるに違いない。



いきなりバチバチ、バラバラっと抜針が進んだ。
ホチキスの芯みたいなものが上の方から落ちていくのが見える。

痛くなかった
全然痛くなった


痛くない
から心に余裕もできたし、
先生はまだ作業をしていたから、昨晩のKさんのお話しをした。

「女医の友人が目に涙を浮かべてましたよ。」
「なんで?」
「綺麗に縫ってもらって良かったね」って。
「そう。」
「でも、器用な人間がいい外科医になるわけじゃないよ。」

???

「器用な方が得だけどね。得は得だけど。」

正しい理論と、正しい心がある外科医が良い外科医だ。」
「退院前説明はまた後で!。」

と言ったか言わないかで、
もう病室から出ていく背中が見えた。






隣のベッドのNさんと、
「カッコイイ~!!」
と歓声をあげたけど、A医師には聞こえなかったに違いない。

A医師は、理系の哲学者でもあった。





入院中で一番長い回診だった。
3分以上は部屋にいたかな。



我に返って、A医師を廊下に追いかけて、
ホチキスの芯みたいな物を記念に貰おうと思ったら、ダメだって。
廃棄処理しなくちゃならないって。



ちぇ、記念に写真撮っておくんだった。残念。
本当に、ホチキスの 芯の大きいのみたいなやつだった。





抜針後、他の患者さんに写真を撮ってもらった。

きっと片側顔面痙攣手術を考えている方たちは気になると思うから、
写真をアップしておきますね。
抜糸後初お披露目。

抜針前の、ホチキスの芯付きの写真も興味あるのかな???
コメント頂ければ・・・。 
見て怖くなったら嫌だものね。
それとも、見ちゃった方が安心するのかな・・・?




KoKoRoの声

片側顔面痙攣という病気、A医師の選択、微小血管減圧術という手術、M記念病院への入院。
全ての中で、夫が一番興味を持ったのが、このホチキスの芯みたいなものの材質だった。
私に根ほり葉ほり尋ね、
手術創(=傷口)の写真を見、
その材質がなんであるか検討していた。


何でそんな物にそこまで興味があるのだろう?
私の体の一部として残っているならともかく、もう取り去られてしまった物なのに・・・。

男って不思議な生き物だ。
って、うちの夫だけかな???





 注 目  

Hiroさんご提供。抜針\(◎o◎)/!(2015.12) HIROさんから、「抜針写真のご提供を受けました。

これが、手術創から抜いた「針」です。
皮膚の表層は、これでバチバチ留めてあったんです。

HIROさんも、A医師の執刀で手術をされた片側顔面痙攣のお仲間さん。
HIROさんは、
今ではお仕事も、趣味のテニスも再開されるくらい元気になられました~。
(2015.05現在)
 
 NEW 
  
手術創(創部)の髪が、伸びました。
美容院で指摘されるまで、髪を剃ったことを忘れていました~。今の様子はこちら。
「片側顔面痙攣手術後1年~近況報告~手術創部写真♪」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-277.html
スポンサーサイト