片側顔面痙攣で、頭蓋内微小血管減圧術手術後7日目朝。
手術からまるまる一週間が過ぎたわけだ。


特別に辛く苦しいことも、
我慢していることもないので、


漢字一杯の病名や術式を書かないと、
どうも盲腸で入院した記録みたいになってしまう。



ほんとうに私は調子がいい




いつもの通り朝4時頃から目覚めて、5時にデイルームへ移動。
携帯、筆記用具、入院・手術記録ノート、ナイフを入れたカバンと、
リンゴ1個とオレンジ1個を持参。
朝食前にかなりな腹ごなしが完了。食べ過ぎ?




部屋に戻って朝食を待っていたら、
Mr.脳外 = ウルトラマン = A医師 がやって来た。
いつもの通り、気づいたらもう傍らにいる。


抜針。」と一言。
「麻酔なし?」
「そう。」
A医師は、ふだんは決して無駄な言葉は使わないのだ。


今回は「それは嫌」と言う暇はなく、
気がついたら、A医師に言われるままに、
自分の指をからめてお祈りするみたいな姿勢で前を向いてた。


有無も言わせず‟抜針体制‟を取らせるなんて、
A医師は、きっと調教師にもなれるに違いない。




心構えなんてする暇もないまま、
いきなりバチバチ、バラバラっと抜針が進む音が聞こえた。
ホチキスの芯みたいなものが脇に落ちていくのが見える。


痛くなかった

全然痛くなった


痛くない
から心に余裕もできたし、
先生はまだ作業をしていたから、昨晩のKさんのお話しをした。

「女医の友人が目に涙を浮かべてましたよ。」

「なんで?」
「綺麗に縫ってもらって良かったね」って。
「そう。」
「でも、器用な人間がいい外科医になるわけじゃないよ。」

「・・・」
「器用な方が得だけどね。得は得だけど。」
正しい理論と、正しい心がある外科医が良い外科医だ。」
「退院前説明はまた後で!。」

と言ったか言わないかで、
もう病室から出ていく背中が見えた。




隣のベッドのNさんと、
「カッコイイ~!!」
と歓声をあげたけど、A医師には聞こえなかったに違いない。
A医師は、理系の哲学者でもあった。





入院中で一番長い回診だった。
3分以上は部屋にいたかな。

”はっ” と我に返って、
ホチキスの芯みたいな物を記念に貰おうと思って
廊下のA医師を追いかけてお願いしたけど、ダメだった。
廃棄処理しなくちゃならないって。



ちぇ、記念に写真撮っておくんだった。残念。
本当に、ホチキスの 芯の大きいのみたいなやつだった。



抜針直後術創』は、
他の患者さんにお願いして無事写真に納められた。
きっと、
片側顔面痙攣手術を考えている方たちは気になると思うから、
写真をアップしておきますね。
抜糸後初お披露目。


抜針前の『ホチキスの芯付きの術創』写真も興味も興味あるかな? 
見て怖くなると困るので、
アップは控えておきますね。


もしも、
「見ちゃった方が安心する!」と言う方がいれば、
コメント下さいね。





~追記1~2015年5月
リアル『抜針』!


12月にA医師から片側顔面痙攣手術を受けたHIROさんが、
『針』の写真を提供して下さいました。

術直後の術創は、皮膚の表層をこの「針」で、
バチバチと留めてあります。
Hiroさんご提供。抜針\(◎o◎)/!(2015.12)  HIROさんの術創にあった『針』


2015年5月現在、
HIROさんはすっかり元気になられ、
お仕事と、趣味のテニスと両方を楽しまれているそうです~。





~追記2~2017年10月

「アンさん、私の術創はこんなに酷い…」

と嘆く方がいたので、


一度だけ『ホチキスの芯付き創部』の写真を送ったことがあります。

私の、抜針前の写真を見たら、
とっても安心されていました。


抜針前の術創写真は…
どんなに丁寧に処置されたものでも、
素人目には、けっこうエグイです。
痛くはないんですけれどね…






◆KoKoRoの声◆

片側顔面痙攣という稀な病気、
微小血管減圧術という手術の成功率、
A医師との面談、
M記念病院への入院…etc.etc.


全ての中で、
夫が一番興味を見せたのが『ホチキスの芯』みたいなものの材質だった。
私に根ほり葉ほり尋ね、
手術創(=傷口)の写真を見、
その材質がなんであるか検討していた。


何でそんな物にそこまで興味があるのだろう?
私の体の一部として残っているならともかく、
もう取り去られてしまった物なのに…。


男って不思議な生き物だ。
って、こんなのうちの夫だけかな


 注目 
手術創(創部)の髪が伸びました。
美容院で指摘されるまで、髪を剃ったことを忘れていました~。今の様子はこちら。
「片側顔面痙攣手術後1年~近況報告~手術創部写真♪」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-277.html
スポンサーサイト