夕方4時頃、
Mr.脳外=ウルトラマン=調教師=哲学者 である
A医師から面談室で退院前説明を受けた。
(全部勝手に私がつけたニックネーム

きっと今日も、
微小血管減圧術(片側顔面痙攣・三叉神経痛・舌咽神経痛に共通の術式)
の予定手術があったんだと思う。



部屋に入ってからの最初の第一声は、
「風邪治ったね。」
だった。

ほぼ毎日会っていたのに・・・
その一言を今まで待たなくても・・・
A医師は、病室では本当に無駄なことは言わないらしい。




渡された「退院療養計画書」
に書かれていた文はわずか3行。

○微小血管減圧術を施行しました。 
手術所見:顔面神経に接していた血管を離して、固定しました。
○乳突蜂巣が解放しました。


その他療養上の留意点としての注意書きは、
●腹圧をかけない
●強く鼻をかまない
●トイレでいきまない
●力仕事を控える
&飛行機は1カ月控える


必要な説明があっという間に終わって、
外来予約日を決めて、はい終了。
早い。
やっぱり早い。
「やっぱりウルトラマンは3分しか時間はないのか!」
と思たけれど、今回はさすがに違った。






A医師曰く、私の脳は“環境適応能力”が高かったらしい。
“環境適応能力”は手術してみないと分からないって。

少しの脳圧の変化でも頭痛や眩暈が酷くなる人もいるし、

逆に感じない人もいる。


片側顔面痙攣の微小血管減圧術では、
患部が出るまで、頭蓋内の髄液を減らす(捨てる)。
最後には、人口液を注入して縫合するのだけど、
圧が手術前とピッタリ同じとはいかないらしい。

加えて、手術そのものの精神的肉体的ストレスもあるから、
色々な症状が出るのはごく一般的なことらしい。


「先生を信頼していたから、
精神的に良かったのかもしれません。」

と言ったら、
「うん。それもあると思う」って。


謙遜しないところが、
やっぱり欧米人的。





実のところ、私が相談した6人の脳神経外科のうち1人は親戚。
そんな話から、私の病院遍歴の話にもなった。


初診時、A医師は私に,
手術の難易度は中の上です。」
とおっしゃった。
でも、その意味は
「その人個人の状態として言っているのではなく、
片側顔面痙攣の手術を受ける患者さん全般にむけてのメッセージ。」
「命にかかわらない病気にも関わらず、
それなりのリスクを伴う手術なので、
仮に症状の重さと手術の重さを天秤にかけるとすると、
間違えなく手術の方が重い。」
「だからこそ舐めてかかる手術ではないという意味なんですよ。」
とのことだった。

「確立された微小血管減圧術という術式であるけれど、
けっして侮ってはいけない。」
「軽々しく考えてはいけない手術だから、

術者として丁寧に説明すべきだと思っています。」

「患者さんの思いも、知識の程度も差があります。
できるだけ
患者さんの気持ちに早い段階で近づくことは、
非常に大切だと思って外来に座っています。」
ともお話し下さった。


この話を、初診時にしていてくれたら、
その後+2人受診することは無かったのにな~
と思ったけど、口に出さなかった。




改めて考えてみると、
片側顔面痙攣の名医と言われるT医師の予約をキャンセルまでして、
M記念病院のA医師に執刀をお願いするなんて、
けっこう勇気ある決断だったと思う。

ほんとのことろ、私には、
世界的に有名な脳神経外科医師に執刀をお願いするチャンスもあった。
(少し時期を先にすれば予約可能だった。)


手術前説明、退院前説明の間、先生のお話しを伺っているうちに、
ちょっと怖そうと思いながらも(しつこく言っててゴメンナサイ
A医師に執刀をお願いして本当によかったな~と思った。



今は、A医師を選んだ自分に、
心から満足。




~≪追記≫~
新幹線利用について


病院からの紹介者も多いM記念病院には、
遠方からの入院患者さんも多くいらっしゃいます。


頭蓋内微小血管減圧術の手術後、
新幹線利用はよくないと言う医師もいらっしゃるようですが、
A医師の患者さんは、
新幹線を使って帰宅して問題が起きたことは今まで一度もない
とのこと。


A医師の略暦を聞きしました。新たに調べて分かったことも記載。
「片側顔面痙攣~M記念病院脳神経外科のA医師について~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-66.html



★注 目★

KoKoRoの声~2016年8月追記~

この日の会話で、A医師は、
「それなりの頻度で、診断が異なる患者が来る。」
「自分でも、診断に迷う時がある。
片側顔面痙攣でない患者さんにこの手術をしても絶対に治らない。」
「怪しい場合にはきちんと時間をかけて診断する」

とお話しされていました。

2014年7月~2016年7月までの2年間、
私も実際に、何度か、
「片側顔面痙攣と診断され、手術するかどうか何年も迷っていたのに、
いざ手術するために専門医師を尋ねてみたら、違う病気だった」
こんなコメントを頂いています。

今『アンの日記』を読んでくれているあなた、
あなたは、本当に片側顔面痙攣???

少ない症例数しか知らない医師から診断されている皆さんは、
一度専門にされている医師を受診されることをお薦めします。

症状が似ていて、実際は違う病気の場合、
薬が有効な場合もあります。
スポンサーサイト

私の病名は、右側の片側顔面痙攣
今回受けた手術は、右側の頭蓋内微小血管減圧術。きちんとトランスポジション法で手術することができた。

私には退院前にどうしてももう一度A医師に質問したいことがあった。
初診の時に先生に質問して、否定されていたことだったけれど。

「で、先生。私の左側はどうなんでしょう?」
「ほんとうに当たっている血管はないんですか?」

画像を見てチェック。
「当たってはいるよね。」

「ほらやっぱり!先生は私にウソをついてたんだ!!」

医師はびっくりした顔で、

「違うよ!」
「当たっているかどうかは、あんまり意味がない。」
「当たっていても痙攣しない人もいるから。」


「・・・・。何がいけないんだろう・・・?」
 
「いけないことなんてない。」
「貴女がいけないわけじゃない。」
「今言われているのは、イエローゾーンの存在。」


と図を描いて説明して下さった。



「こういう考えが主流になりつつある。」
とA医師もその考えを肯定している様子だった。

血管が神経を圧迫しても痙攣が起きない人がいる。
なるほど、それは事実なんだろう。

「でも、私は既に痙攣を感じてます。」

「また僕がやるから問題ない。」
「中程度になったらやりましょう。」


「ならないことを祈っていますけどね。」

医師は、最後におっしゃった。

「まずは、今を楽しみなさい。」

私は今度こそ、今度こそ本当に涙がこぼれ落ちそうになった。




私の調べでは・・・
顔面神経と血管の接触は、一般の人でも10~20%見られるらしい。
片側顔面痙攣患者のほとんどが、
脳幹部入口付近の特定部分での血管圧迫によって痙攣がおきている。
そしてMRI画像によると、私の圧迫部位は最も発症率が高いと思われる部位。
おまけに自分で痙攣を感じているのに、この先進行しないと信じることはちょっと難しい。
かな。。。

NEW2015.06追記
 
顔面痙攣と血管との接触は、一般人の20~30%という資料もあるようです。
(コメント頂きました。情報提供、ありがとうございます。

MRI画像で責任血管が認められない(見えない)のに痙攣がある方。
MRI画像で血管が当たっているのに痙攣がない方。
どちらもそれなりの人数がいそうです。
MRI画像だけで確定できない病気なので、やはり専門医の受診がお薦めです。

私が“アンの日記” を書きだしていから、
主治医を替えただけで気持ちが大きく前向きになった方がたくさんいらっしゃいます。


微小血管減圧術のための医師の団体があります。
会長ご挨拶は、手術の現状が分かるとともに、患者の気持ちも汲んで下さるものでした。

ブログを書き始めてから、両側に痙攣を感じる方が思っていたより多いと分かりました。
両側片側顔面痙攣についてご興味がある方はこちらもどうぞ。
2014.04.10「両側性片側顔面痙攣の早期手術について」