気になる情報、大切だと感じた情報をキャッチしたら、
直ぐにメモをとることにしています。覚えられない~
検索で正確な情報を得られる世の中なので、
Keywrd(キーワード)だけ正確にメモ。
今日はそのメモの中から。




レジリエンス回復力
ってなんだっけな?

私のネタ帳、じゃないメモ帳に大きく書きこまれた言葉ですが、
何で書きこんだかサッパリ思い出せないまま調べてみると、


レジリエンスは、
困難に打ち勝つ心の力、挫折から回復・復元する弾力性

とのこと。

日本では、企業のメンタルトレーニングで活用されてきましたが、
人々が日々を元気に乗り切るための対処法の一つとして、
一般でも注目されはじめているそうです。





レジリエンス
レジリエンスは、このまま日本語として定着する言葉かもしれません。
(ポジティブ、フレンドリーetc.みたいな感じ。)


あるいは、適正な日本語訳がメジャーな地位を得るのかも。
レジリエンスしなやかさ と訳される事もあるとか。
ひびきがステキ~




ここのところ、“必要な言葉は羽をつけて飛んでくる”
と思うことがよくあります。



今調べ出したばかりだけれど『レジリエンス』は、
今の私にも必要だし、『アンの日記』 を読んで下さる皆さんにも、
お役に立つ言葉みたいです。






次回から、レジリエンスの考え方、そして実践法をご紹介します。
実践法のない理論は、難しいだけで役に立たないですものね。
次はこちら

スポンサーサイト

レジリエンス(=resilience )
について。

私たちの日々の生活に必要なのは、
難しい理論より、実践方法!

なんですが、
レジリエンスは、これから益々メジャーになる言葉なので、
まずはやっぱり豆知識から。



レジリエンスresilienceは、
元々はストレス (stress) とともに物理学の用語。 
ストレスは「外力による歪み」を意味し、
レジリエンスはそれに対して「外力による歪みを跳ね返す力」。




日本では、
ストレスを物理学用語だと理解する人の方が少ないですよね。

日本では心理学的用語としての認識の方が高い2語は、
今後は、
ストレスレジリエンス
みたいな認識になっていくのかもしれません。

注:)言語的には、resilienceレジリエンス:回復力)⇔vuluerability(バルネラビリティ:脆弱性)です!
お間違えなく。学生さんでないと関係ないかな。



「レジリエンスは人生において最も重要なものです。」

なんて言っている心理学者もいるようです。

人生において“最も重要なもの(事)”人それぞれでしょ~。
と思うんですが・・・。




研究によって分かってきたのは、
レジリエンスは、一人一人の中に備わっている。
レジリエンスは、複数の因子によって規定されている。
レジリエンスは、日頃の訓練によって高めることができる。
ということ。



生来、
「心が弱い」
「心が脆い」
と自分で思っていたり、
または、周りの方から、
「あなたって、心が弱いよね。」とか、
「ちょっと、いろんな事を気にしすぎじゃない?」
なんて言われる方、いると思います。

そんな元々、
「性格的な脆弱因子」が多いと思われる方でも、
「レジリエンス因子」を十分に機能させれば、
困難に立ち向かう強さを養うことができる。
困難に思えることも、(心理的に)深刻な状況にならない。
と考えられています。



この考えのもと行われるのがレジリエンストレーニング。
(臨床的には、うつ病や不安障害の予防に効果があるとされる。)

研究によって分かってきた、
レジリエンスを規定する因子や、高めるためのトレーニング方法。
研究者によって多少異なっています。

私が理解しやすいもの、自分でも実践できるな~と思うものを、
ご紹介していきますね。


次はこちら

最初はこちら




KoKoRoの声

唐突に「レジリエンスって知ってる?」
と質問したら、夫に笑われてしまった。。。

夫的には、「レジリエンス」はとても普通の言葉だったみたい。

「He has high level of resilience.」

なんて会話は、ビジネスの世界ではよく使うとのこと。

そもそも、レジリエンスがhigh levelでない人材は起用されないらしい。
因みに、昨日ご紹介した超訳、
resilienceしなやかさ について聞いてみたら、
「違うだろ~。」との返答。

欧米ビジネスマン社会での使用感覚的には違うらしい。
それでも、
私は レジリエンス=しなやかさ って好きだな


 Let it go! = ありのままで の超訳ヒットもあることだし。
日本では定着するかも。



「He has・・・」の英文をそのまま検索にかけたら、沢山の論文がヒット。
ストレス」がかかり「レジリエンス」が働いて、
生化学的にどう変化するか、なんて研究も進んでいるみたい。

生化学的変化にご興味ある方は、
英文を使って検索を!



レジリエンスを高めるための実践方法。『習慣にできること』はこちら。
2015.05.05「レジリエンスは習慣で高められる~実践!自分でできること」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-276.html

“アンの日記” には、カテゴリーストレス・心があります。
カテゴリー右下をしてどうぞ。
例えば・・・こんな感じ。
「ストレスは生活のスパイス♪~解消するものでなくコントロールするもの」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-200.html

レジリエンス(recilience)について。



近年、研究がたくさん行われていますが、
対象
「幼児」「青少年」「看護師」「研修医」「教育者」「スポーツ競技者」、
「災害被害者」、他特定の疾病患者さんだったり、
目的
「受験対応」「家族の結びつき」「パフォーマンスの発揮」「精神的健康」「震災対応」、
果ては、「経済効果」「国家戦略」だったり。

何にスポットをあて、
誰に向けての内容なのかによって、
幅広い概念で捉えられていて、
定義そのものが不明瞭な感じ



レジリエンスを高めるためには、
思考の柔軟性が大切、しなやかな心で、
と言うけれど・・・
何も、定義までそんなに柔軟でなくても・・・





こんな感じなので、
レジリエンスを規定する因子も、資料によってマチマチ。
(区分の仕方や内容が異なり、4~10程度)


ただし、どの資料でも大切な因子とされているのは、

楽観性
自尊感情
感情調整(感情コントロール)
人間関係(ソーシャルサポート)

その他、柔軟性、客観性、忍耐力、自己効力感、大局感etc.

意味や違いが分かり辛い言葉もあるかも。



一つ一つの言葉の意味を理解しようとするより、

 レジリエンス α (目的や対象)で検索。
自分にとって最適なレジリエンス情報をゲットすべし。

自分にとって最適な『レジリエンス情報』を見つければ、
そこに書いてある規定因子が、
自分にとって今必要なものに違いありません。

例えば・・・
受験生を持つ親の私は、『受験生』のためのレジリエンス向上論文を発見。
正に必要なタイミングでの出会い


一つ、
“アンの日記”をご訪問いただいた誰にでも
“おもしろ~い”  と思ってもらえそうな、
ユニークな学生さんのレポートがあったのでご紹介。

『因子分析によって4つの心理的特性を明らかにしている』とのこと。

 I AM   自分自身の良いところ悪いところも全て受け入れる力
②   I CAN   問題解決能力
 I WILL   自分自身で目標を定め、そこに向かって伸びていく力
 I HAVE  他者との信頼関係を築き、ネットワークを広げていく力

こんな4語なら、簡単に覚えられそう。

① 私は私。

② 私にはできる。
③ 私にはきっとできるはず。
④ 私には家族・仲間がいる。

こんな意味ですよね。



レジリエンス。
長々ご紹介しています。
調べているうちに、どんどんイメージが変わるんですよね~この言葉。
その1その6+番外編(国家戦略としてのレジリエンス)まで。
じっくりどうぞ。

次はこちら

最初はこちら






KoKoRoの声

夫に、
レジリエンス=しなやかさ(超訳)
と言ったら、
「違うだろ~」と一蹴された理由が分かった。

レジリエンストレーニングは各地で開催されているのだけれど、
その広告文句は、
『重圧が高く変化の早い状況でも柔軟に対応し、失敗や困難を成長へと導く力』
『様々なストレスやプレッシャーがある中でも、本来の能力を発揮し、結果を出すことができる力』
なんて感じ。


なんだか、学術論文で説明されている
 “レジリエンス” 
とは、雰囲気がずいぶんと違う。。。

言葉って、本来の意味だけでなく
“まとっている雰囲気”ってある。

『レジリエンス』は、
今後日本社会で、どんな雰囲気をまとう言葉になるのかな~。

なんだか興味深い。



豆 知 識 

2011年、東日本大震災時の日本人や、ナデシコジャパンの優勝は、
世界中で「レジリエンスの高い日本」と報道されていました。

2013年、スイスの世界経済フォーラム(通称:ダボス会議)で、各国の国力評価が発表。
国際競争力が高い国ほどレジリエンスも高い評価結果。
日本は、経済的な競争力に比べレジリエンスが低く評価。(例外的存在)

グローバルで議論される時は、
「変化に抵抗し、ダメージを抑え、創造的に飛躍することで最後は成長につなげられるという考え方が、
レジリエンスのニュアンスにもっとも近いと言えるでしょう。」

とのこと。

 「未来を変えるプロジェクト」DODAより
 神戸大学の学生さん(名前は載せない方がいいかな?)



レジリエンスresilience)。
なんとなく、馴染み深い言葉のように感じてきました。


「私の中のレジリエンス、頑張って行こう」
\(^o^)/
と唱えていると、
『ポジティブシンキング』みたいに、
意識することで良い状況(心況)を作りだす
そんなこともありそうな気がします。





欧米各国に比べると遅れている日本のレジリエンス研究。
最近では、TVや雑誌などで、
『折れない力』『しなやかさ』
と一言で表現(日本語訳)されていたりします。
(論文ではそのままレジリエンス、レジリアンスで使用多数。)




レジリエンス最も期待される観点は、
それが 、
“トレーニングで向上可能な一種のテクニックである”
しかも 、
“トレーニングは、日常に取り込める(習慣化)できるものである”
点だと思います。




各地で、
レジリエンストレーニング』が数多く企画されています。

カリキュラムの中には、
●逆境体験を教訓化
●失敗を分析し、経験を生かすためのプロセス化
なんて単元を設けていることが多いけれど、

実際出ている研究結果は、
経験値や体験記憶といったものより、
本人の気質、習慣力がレジリエンスを規定する(向上させる)

しかも、短所を克服するよりも、
自分の長所・強みstrength)を生かすことが高いレジリエンスを生む
なんですよ。


自分の長所・強み(strength)=自分らしさ
 です。

だからこそ、
レジリエンスは、自分らしく生きるための武器になるよ





自分らしさを大切にしながら、
人生においてもっとも重要なもの(事、人、夢)を、
守ったり達成したりしやすくする。


“レジリエンス”は、
そんな力みたいです。




次回は、レジリエンスを高める習慣をご紹介。
理論より実践しなくちゃ! 


次はこちら

最初はこちら






KoKoRoの声

「な~んだ、別に大変な経験をわざわざしなくていいんだ。」
と思われる方がいる反面、
「え! じゃあ、今までしてきた辛い経験は無駄ってこと。」
と思われる方もいるかも。
(一般的には後者が多い。カナ


あくまで、
強みを生かせる」 「習慣で強くなれる」
という利点を喜んで下さいね。





豆 知 識

レジリエンストレーニングは、一般企業で研修に使われる他に、
医療法人や大学病院などでも導入されています。
その中には、グラクソ・スミスクライン(ボトックス注射の販売元)の名前も。


知らないと思って調べてみたら、
意外に身近なものだった。
深く自分とも関係していた。
なんてことも、あるもんなんですね~。


レジリエンスの解説本、多数出ています。ご参考まで。
●『リジリエンス』ジョージ・A.ボナーノ著
●『ミルトン・エリクソン心理療法:〈レジリエンス〉を育てる』
ダン・ショート(著),ベティ・アリス・エリクソン(著),ロキサンナ・エリクソン-クライン(著)
●『世界のエリートがIQ・学歴よりも重視!「レジリエンス」の鍛え方』久世浩司(著)

 レジリエンスresilience)とは、
困難に打ち勝つ力、挫折から回復・復元する弾力性。
最初に、そんな風にご紹介しました。
その他、
「折れない心」「しなやかさ」なんて表現もされています。


調べていくと、この心理学用語は概念が広く、
対象や目的によって、定義まで柔軟に変わるようです。





『アンの日記』 でご紹介するのは、勿論、
対象: 病気の治療中の方。健康に興味がある方。
目的: 治癒力アップ。健康へ一歩進む! 

です。




しつこいですが、
レジリエンスは、経験値や体験記憶より、
本人の気質と習慣

何かを習慣化すれば、レジリエンスを高めることができます
 
“心”や“考え方”みたいに抽象的なものではなく、
具体的で実践しやすいですよね。


“本人の気質”については、強み(Strength)テストで確認。こちらから。
2015.05.17「長所・強み(Strength)をテストで確認~VIA-SI」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-278.html




実 践 
  
自分でできることレジリエンスを向上させる習慣のご紹介~

■運動系

インターバルトーニング
高負荷のエクササイズと休憩時間をセットにして、一定時間内に繰り返すトレーニング。
マラソン、ランニング、水泳の他、サッカー、テニス等球技の練習にも取り入れられています。
※体力の限界を越える経験を通じて、自己効力感が養われるとか。

自分の好きなスポーツをする。
体を動かすことは健康に良いし、気分転換にもなります。
楽しく過ごせば、不安感情なんか忘れて、楽観的に。

運動(体操)を毎日続ける。
“継続” は、どんな些細なことでも難しいものです。
「とっても難しい運動、辛い運動」を1回するより、
簡単な運動を「継続」することの方が、健康にも精神自尊感情にも効きます。
小さい事でも「続けられた自分」を誉めてあげましょう~。



■趣味系

「趣味を持ちなさい」とはよく言われますね。
自己効力感、楽観性を向上。

参加型楽器演奏、陶芸、フラワーアレンジメント、園芸etc.

非参加型映画鑑賞、音楽鑑賞、美術鑑賞etc.



■食事方法ちょっと意外?

少量を頻繁に食べ
、血中のブドウ糖濃度を一定に保つ。
脳にエネルギーが安定供給されることにより、集中力の維持、感情の安定が図れる。
(3時間間隔くらいがベスト。)

ただし、
間食しても1日の総摂取カロリーはオーバーしないこと。
自分の適性総摂取カロリーを分割して摂取が正解。

※これはあくまで、レジリエンスを向上させる(感情調整のための)食事方法として。
ダイエット、美容、治療のため・・・食事方法、悩ましいです・・・。



■その他習慣

自分が続けられること何でもOK

自己効力感、自尊感情を高められます。
自分で自分を好きになるって、ちょっと努力が必要みたいです。


ヨガ、座禅 etc. (私はタイ式ヨガ=ルーシー・ダットン)
呼吸を整え、感情のコントロールを学べるそう。

日記を書く!   誰でも、直ぐにできること






最後にもう一度。
習慣をつくりましょう!キイテ~
レジリエンスの向上は 自分でできることです。




自分でできること幾つも発見・習慣化して、
皆さんのレジリエンスがどんどん高くなりますように。  



次回は、レジリエンスの総論。
こちらから

最初はこちら





豆 知 識

日記を書く。
綴ることについて。


『アンの日記』では、以前
“嫌なことを書く”ことを、ストレスコントロール方法としてご紹介しています。
(研究論文結果より)


今回レジリエンスについて調べていると、
感謝の言葉を綴る”
ことを勧めている研究発表がたくさんあります。



「嫌な事を書く」と「患者の言葉を綴る」は、
相反する行為のように思えますが、
レジリエンスを高めるためには、
どちらも正解
な気がします。



私がお勧めする方法。
日記に、嫌なことも感謝の言葉も好きに書いちゃおう。
(自尊感情・自己効力感・自己思考性・人間関係etc.向上)

感謝や愚痴を毎日思いつかなくても、
「痙攣」やその他「体調」、
治療(投薬・注射・入院)の記録をすれば一石二鳥。
毎日書くことを習慣にすれば、レジリエンスは高まるはずです。
(2,3行でも



日記の効用について、以前にもご紹介していますね。こちら。
『「ありのまま」ってどういうこと~前向きになるための日記の効用』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-206.html

これは、嫌なことを書いちゃうことのお勧め頁でした~。
2014.09.11「ストレスホルモン退治~コルチゾ―ルと治癒力」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

『手術の完結』について書くことは、レジリエンスを高めることにも繋がった気がします。
手術内容記録を書くこと、お薦めします。
「術後の手術内容の確認~記録の重要性について~最後の一歩を忘れずに~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-214.html




レジリエンスの向上に役立ちそうな頁のご案内です。
『確認』は、『衣類の虫干し』に似た作業かもしれません。
“何時でも使える” ように 、
記憶の引き出しを一度整理してみてください。

「趣味、無いよな~」という方はこちらの頁をのぞいてみて下さい。
「ストレスは生活のスパイス~解消するものではなくコントロールするもの」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-200.html

レジリエンスを高めるための食事。具体的にはどんなもの?
「おやつについて考えてみた。~脳によくて、体によくて、心によい食事~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-290.html

「弱音を吐く」も、こころの健康には大切なようです。
「弱音吐ける人こそタフ~「できない」を受け入れる~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-320.html

『習慣』は、人を幸せにするものなんですよ。私のケースをご紹介。
“アドラー心理学” でも習慣をお薦めしています!
「人が幸せになれる条件~アドラー心理学より~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-97.html




【レジリエンス参考資料】
SBクリエイティブON LINEより
DODA 「ビジネスパーソンが抑えておくべきレジエイエンス」より
「日本のレジリエンス尺度一覧と論文のリンク」より
「組織行動論へのレジリエンスの導入~マルチ・レベルで捉えるレジリエンス研究」より
NHKクローズアップ現代
「折れない心の育て方~レジリエンスを知っていますか~」より
ポジティブサイコロジースクール」より
PRESIDENT『困難に勝つ力がつく「レジリエンス・トレーニング」とは』より
「レジリエンスの資質的要因・獲得的要因の分類の試み:
二次元レジリエンス要因尺度(BRS)の作成」
平野真理氏より
その他研究発表・研修資料参考
※たくさん読み過ぎて混乱。これでお許しを・・・。

 レジリエンス(resilience

数回にわたり、くど~く語っていました。

“アンの日記” をご訪問いただいている皆さんの記憶の中に、
しっかり刻みこまれたことと思います。

あれ?
もう、とっくでしたか?
自分がカタカナ(英単語)が苦手なもので・・・スミマセン




最初に、
レジリエンスは、困難に打ち勝つ心の力、挫折から回復・復元する弾力性、
と説明されている、というご紹介をしました。


ここ数日、
色々な資料を読んでレジリエンスについての知識を深めた私は、
今は、ちょっと違う印象を持っています。


「困難を困難と感じない」
「挫折を挫折とはしない」
レジリエンスが高い”(強い)と言うことは、
今は、そういうことなんだと思っています。


つまり、
ものは考えよう ってこと。

なんてシンプル。




レジリエンスの大切な構成因子と言われる、
自己効力感自分が成長、前進していると感じる
自尊感情自分の力を過小評価しないで、自分自身を好きだと感じる
などを高めるためにはどうすればいいか?

日々できる習慣をみつけ、
小さいと思えることでも毎日コツコツやってみる。


つまり、
自分でできることをやろうねってこと。


やっぱりとってもシンプル。




ものは考えようと考え、
自分でできることをする。

今までずっと、“アンの日記”に書いてきたことです。




ふと、頭に浮かんできたのは、
『青い鳥』  という物語。(モーリス・メーテルリンク著)
“幸せの青い鳥” を探して旅に出たけれど、
青い鳥は、自分の家にいたと言うお話。


レジリエンスに関する研究は、とても新しい分野で、
尚且つ、単なる心理学としてだけでなく、
社会・経済、国家戦略なんかの面からも注目・成長の著しい分野。


だけど・・・
レジリエンスを高めるための思考・方法は、

おじいちゃん、おばあちゃんや親から、
昔から言われていることだな~。
絵本や小説なんかで、
ずっと語り継がれてきたことなんだ~。
しみじみ。。。
(こんなまとめじゃ、研究者に申し訳ない。)




一つ、新しいこと。
人生において、個人の強み(strength)を生かしながら成長する。
自分の長所を積極的に社会にアピールする。

これは、欧米では極あたり前なのに、
日本では長く受け入れられなかった考え方かも。

強みを生かすより、弱みの克服に時間を費やしたり、
短所は人に言うけれど、長所は自分で口にしないみたいな。
(短所と長所は、同じ個性を違う面から捉えたものだと私は思うけれど・・・。)

レジリエンスが広まることは、
個人が自分の強み(strength)を主張しやすくなる、
自分らしさを生かす場を見つけやすくなるということかも。
(女性であっても)




TVや雑誌では、視聴者・読者向けの、
耳心地よい言い回しでご紹介されているレジリエンス。

実際の資料・論文を読むと、
もうちょっとアクティブです。

しなやかにしたたかに
レジリエンスの高い人間は、そんな風になるんじゃないかと思います。




だからもう一度・・・
レジリエンスは、自分らしく生きていく武器になるよ。




最後に、
レジリエンスを高める大切な因子の一つ、
人間関係(ソーシャルネットワーク)について

「共感してくれる人がいる」
「信頼できる人がいる」
ことは、自分で意識している以上に自分を強くしてくれるに違いありません。
その強さは、確かに鋼のような頑ななものではなく
きっと、もっと “しなやかな強さ” なんだろうな~と思います。




家族や友人の支え、
医師やスタッフの皆さんの励まし。
そういったものは、病気の治癒力だけでなく、
人生をしなやかにしたたかに生きるための
レジリエンス能力も高めてくれるんですね。
医療の選択には、したたかさも大切です!)



病気になること、やっぱり悪いことばかりじゃないですね。
ものは考えよう

今日も、一つ見つけられました。



“アンの日記”は、片側顔面痙攣患者の皆さんのソーシャルネットワークです。
今ちょっと支えが足りなく思えている方も、安心してくださいね。 
今日もまた、皆さんのレジリエンスをが高まりますように。



個人の強み(Strength)は、テストでご確認できますよ~お遊び感覚で。
2015.05.17「長所・強み(Strength)をテストで確認~VIA-SI~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

『自分の性格』について。考えてみませんか?こちら。
2014.09.29「自分の性格って?~一番身近で一番見えない~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-113.html

「自尊感情」「自分を好きになること」は、心理学や宗教でも大切なこととされています。
自尊感情を高める方法について、「自分でできること」についてはこちら。
2014.09.09「人が幸せになる条件~アドラー心理学より~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-97.html


豆 知 識

『青い鳥』 モーリス・メーテルリンク著
なんて物語が頭に浮かんできて、自分でもびっくり。

検索してみたら、名言集に幾つかステキな言葉を発見。

みんなが考えているより、ずっとたくさんの幸福が世の中にはある。
たいていの人は、それを見つけられないだけなんだ。
逆境っていうのは、自分の魂を目覚めさせてくれるものなんだ。
幸せと不幸の違いっていうのは、
その人生を楽しんで見ているか敵意を抱いて見ているかの違いでしかない。
人生を堂々と見つめることだ。信念を持てば、幸福になる道が開けてくる。

『青い鳥』
なんだか、もう一度読んでみたくなりました。
今なら、子どものころ見えなかったものが見えてきそうです。



その他今朝のできごと。
星野源氏(ミュージシャン、俳優、ライター)がTVに出演(?)。
前後全く観ていなかったのに、この言葉だけ心に届いたのでご紹介。

「いつストップがかかるか分からないから、
楽しんで生きないともったいない。」


※2012年から数回に渡り、くも膜下出血の治療のため休業を経験。

モーリス・メーテルリンクの言葉は、『地球の名言』より。



ここから読んだ皆さん。レジリエンスについて長々書いています
最初はこちら

番外編
“国家戦略”はこちら

レジリエンスresilience)の番外編です。

元々は、物理学用語。
日本では、心理学用語としか認識されていないレジリエンス

ポジティブ心理学、メンタルヘルスなんかと同じで、
心のお勉強の時用の言葉、と思われがち。
TVや雑誌からの情報は、
その点のみに終始しているから当然。




でも、
せっかくだからもう少し豆知識。

毎年1月に行われる世界経済フォーラム年次総会
通称ダボス会議。(会場がスイスの都市ダボスだから。単純

何故か、
日本ではあまり話題にならないけれど、
世界を動かしている政治・経済のリーダー達の多くがこの時期ダボス会議に出席。
国際機関、国連、世界銀行、IMF、主要国リーダー、
民間グローバル企業のトップ、その他優秀な有識者の方々等等。
大事なことは、実はダボスで決定される。
とまでは言っちゃいけないか。 


前にも触れましたが、
2013年のダボス会議のメインテーマは、
レジリエンス・ダイナミズム』
(因みに今年2015年のメインテーマは『ザ ニューグローバル コンテクスト』)

ここでの報告で、
日本は経済的国際競争力に比べ、危機管理力、レジリエンスが低いと評価。

バランスよく成長している他先進国各国に、
レジリエンス劣っている、と烙印
押されてしまいました。(大袈裟すぎ。カナ)


2011年東日本大震災、世界女子サッカーでのなでしこジャパン報道時は、
レジリエンスの高い国ニッポン」と報道されていたのに・・・。




世界各国でレジリエンスが研究されている背景には、
政治、経済、自然、あらゆる面で 、
『脅威は回避できない、やってくるもの』
と認識され始めたことがあるそうです。
ちょっと・・・かなり、怖いお話しです。

そんなこんなで、
レジリエンスは、“経済学” の分野でも研究されています。

レジリエンス、ほんとに「定義」が広いです。

今日の話題は、“アンの日記” に全然関係ない
なんて声、聞こえそうです。





安倍内閣は、
レジリエンスの強化を国家戦略の一つとして掲げています。
昨年2014年12月発足の第3次安倍内閣においては、
担当として、国土強靭化担当大臣を任命しています。(山谷えり子氏)

2015年4月28日には、
「ナショナル・レジリエンス(防災・減災)懇談会(20回)」が開催。
(開催案内は4月22日配布。開催、されたのかな?未確認。



日本で国家的にレジリエンスに対する認識が高まったのは、
2011年東日本大震災からです。

懇談会の主要メンバー藤井聡氏の著作紹介文で、
世界恐慌や大地震を含めた如何なる危機が生じようとも、
致命傷を受けず、力強く成長し続けることができる「レジリエンス」を、
我が国日本が、
そして我が国を構成する個々の企業や地域コミュニティが手に入れるため・・・

~省略~

と熱く語っていました。


今、日本では、
「有事に備えて、
国家戦略としてレジリエンスの強化が進められているよ」



大きな意味あることですが、
豆知識として。


今回は、番外編として大きな意味でのレジリエンスをご紹介。
『個人に必要なレジリエンス』もじっくりご一読下さいね。必読ですよ
最初はこちら


これまでのナショナル・レジリエンス(防災・減災)懇談会の様子はこちら。
内閣官房 ナショナル・レジリエンス議事録他

懇談会の主要メンバーのお一人、藤井聡氏の著作紹介です。
全く知らない方にも、全体像が掴めるような解説です。是非ご一読を!
経済産業研究所「経済レジリエンス宣言」

2015年3月14~15日 『アジアレジリエンスフォーラム』開催。
テーマ 宇宙×防災
2015年3月16日  『第3回国連防災世界会議パブリック・フォーラム』開催。
テーマ レジリエンス・ダイアログ~災害に強い社会に向けて~ 




今日は、初めてご訪問頂いた方も多くいらっしゃると思います。
“アンの日記” は、特定疾患についての体験日記ですが、
“まじめなことを、簡単に!” を目指して、
その他医療の最新情報心と体の健康法などについてご紹介しています。

皆さんに関係のあることだと思いますので、どうぞ他の頁もご覧下さい。
政治・経済にご興味がある皆さんには、まずはこんな頁はいかがでしょうか?
病気・健康と経済は、切っても切れない関係について。こちらから。
『知っておきたい深い結びつき~健康と成長経済と格差~A・ディートン「大脱出」』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-176.html

今日は日曜日だけれど、
受験生の娘は早起きをして学校に行きました。


塾に行ったことのない娘には、
『受験だから』と言う理由で、
知らない先生や知らない生徒たちがいる場所に急に行くのは、
ハードルが高かったようです。

なので、娘はひたすら自習室なる場所でお勉強。
なので、私はひたすら早起きしてお弁当作り。


せっかく早起きしたから、
さっさとやるべき事をやればいいのに、
TVを観てのんびりしてしまいました。
(とは言え、立ったり座ったり・・・
なので、見てたり見てなかったり。。。




番組は、
『屋久島発 ! 輝け高校生 !! ~生きる力を育む授業~』
(南日本放送(テレビ朝日放送)制作  協力:文部科学省他)

通信制高校『屋久島おおぞら高校』の生徒たちの、
年1回の「スクーリング(1週間の特別授業)」の様子を追った番組でした。


屋久島で目指されるのは、
“今を感じる”授業。

『目標は設けず、屋久島で感じたこと』が全て。

大自然を巡り、地元の人と一緒に農作業を体験。
クラスでは、苦手でも人と話し、自分の思いを伝える。
とことん夢中になれる時間を過ごすことを大事にしています。
とのこと。

番組の詳細はこちらから
『屋久島発 ! 輝け高校生 !! ~生きる力を育む授業~』






昨日は、
夢を掲げること、目標を設定すること、
その叶え方、達成の仕方についてご紹介しました。

今日は、
目標は設けず、
『今を感じること』
『今を一生懸命生きること』
そんなお話しをご紹介しています。


こうして読むと、
てんでバラバラ。
相反するもののように感じます。


でも、実は深いところで根っこは一緒だな~
とも思います。

どちらも、
『個人のレジリエンスを高める方法』です



レジリエンスresilienceは、
一般的には、
『折れない心』、『困難に打ち勝つ力』、
『挫折から回復・復元する弾力性』etc.
と紹介されています。

もっと一言にまとめてしまうと、
『生きる力』 です。

レジリエンスは、
環境、友人関係、性格や体質など
自分では変えづらいものや、
更には、
自然や経済状況など
自分では変えようもないものに
(ようは、自分で思い通りにならないことに
対処するために、
自分で鍛えるものです。



夢を持つこと、
目標を設定すること、
今を感じること、
今を楽しむこと・・・
そのどれもが、結局は、
自分がおかれた環境で、
自分のレジリエンスを高めるための方法

です。



番組の終盤で、
別れ際に先生(?)がさりげなく生徒に贈った言葉は、
resilience』(レジリエンス
でした。



『アンの日記』では、これまでに
レジリエンス』についてたくさんご紹介しています。
今後、ますます話題になる、
今後、誰の人生にもますます必要になる、
持っていればhappyになれるものです。



Keyword=レジリエンス(resilience)、
もう一度、ご確認くださいね。




『レジリエンス(resilience)』=「折れない心」として注目されています。
『困難に打ち勝つ力、挫折から回復・復元する弾力性』そんな表現もされます。
全6回+αでご紹介しています。
『知っておきたい言葉レジリエンス~回復力、しなやかさ~その1』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-270.html

何かを習慣化すれば、レジリエンスを高めることができるそうです。 
直ぐに実践したい方はこちら。
前回ご紹介した、『PDCA』もレジリエンス強化の実践に役立ちそう。
『レジリエンスは習慣で高められる~自分でできること~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-276.html

『レジリエンス強化』は、安部内閣の国家戦略に入っています。
『レジリエンス強化は国家戦略って知ってました?~番外編』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-272.html



KoKoRoの声

この後観たのは、
『ボクらの時代』(フジテレビ系)

出演は、それぞれの分野の第一線で活躍する、
湊かなえ氏、永作博美氏、清川あさみ氏の女性3人。


それぞれ個性的な子ども時代を過ごされている点、
その個性をつぶさないような家庭だった点が、
3人の共通点。



系列の違う番組だったのに、
今日は朝から次々、
“自分らしさ”
“個性の重要性”や、
“個性を大切にする環境”
について考えることになりました。



何かのお告げかしら


番組中で、女優の永作博美氏が使ったセリフが、
「今も研究中です。」


「今悩んでるの」や、
「今不安なの」ではなく、
「今、私は研究中なの」
と言えたら、なんとなくカッコイイかも。


もう一つ心に残った彼女のセリフは、
「自分でやろうと思えば今は女性でも何でもできる時代。
自分との闘いがあるだけ。」



愛らしいお顔、
可愛い雰囲気なのに、
永作博美氏は、意外にカッコいい人なんだな。



豆 知 識

番組
『屋久島発 ! 輝け高校生 !! ~生きる力を育む授業~』
は、グラクソスミスクライン社の提供でした。
なんとなくご縁があります。

グラクソスミスクライン社は、
「たくさん社会貢献している会社だな~」
とも思うけれど、
「ボトックス注射の液を、少量販売してくれればいいのに」
と思わずにはいられません。

そうすれば、
片側顔面痙攣のボトックス注射代がもっと安くなります。



現在の注射液は、
1回につき、多分半分以上捨てられているんじゃないかな???
(それでも、現在は昔の半量で販売中)

少し前にショートトリップをしました。


ショートトリップ先は、埼玉県の川越。
都内から1時間程で行けるので日帰りできるのですが、
今回は娘と二人で宿泊してゆっくり楽しみました。




川越は『小江戸』と呼ばれ、
趣き深い蔵造りの街並みが今も残っています。


桜にはまだ少し早い時期でしたが、
レンタル着物の若い女性グループが、
あちこちで町に彩りを添えていました~





「小江戸と呼ばれる観光地」と言う印象だけで川越に行くと、
寺院の多さに驚きます。
宗派の異なる寺院が、仲良く肩を寄せあっています。


駅から小江戸の街並みに入る手前には、
室町時代に創建された浄土宗のお寺、蓮馨寺れんけいじ)があります。


蓮馨寺HPによると、
小江戸川越七福神の第五霊場として「福禄寿神」が祀られ、
人々を幸福へと導く神として参詣者で賑わっているお寺だとか。






境内で直ぐに目に入った文言は、
幸福とは苦労がないことではない
苦労を苦とせず
力強く生きる
心の豊かさである


入間東部 佛教会






なるほどな~、でしょ!



旅の第1日目、
最初に立ち寄った先で、
最初に目に入った文言でした。



“必要な言葉が羽をつけて飛んできた”
のかな。






境内の奥に進みお参りすると、
お賽銭箱の脇に真っ赤なおびんづる様」が鎮座していてビックリ。


おびんづる様は、別名、撫で仏(なでぼとけ)と呼ばれ、
おびんづる様の頭にさわってから
自分の病んだところを撫でると癒してくれる」

と信じられているそうです。



勿論、なでなでさせていただきました。



信心深くはありませんが、
わりと素直です。



動いていると出会いがあります。
人との出会いだけでなく、言葉との出会いも大切ですよね~
 





★KoKoRoの声★

「忙しくて~」と言いたいけれど、
「物忘れが激しくて・・・」の方が現実に近いかも。


なんだか、いろんな事が抜けてしまいます。
忘れないようにメモをするのですが、
どこにメモしたか忘れたり、
メモをしたことすら忘れていたり。いや、ワラエナイ~



今回、蓮馨寺れんけいじ)で読んだ文言に感心したのに、
暗記しきれず、翌日確認に行きました。


感心したので『アンの日記』でご紹介すると書いていたのに、
すっかり忘れていました。ゴメンナサイ




若い時はこんな事はなかったのに。
若いっていいな~


若いっていいな~なんてノンビリ思っていたら、
あっという間にもっと年を取ってしまうので、
“今”を楽しまなくちゃ。


“今”を楽しめるのは、
今の自分だけですよね。

川越美人♪  娘はレンタル袴で散策♪若いっていいな。

川越旅行の生中継はこちら
『歌で気持ちを伝える〜カラオケにて♪〜』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-640.html

おかれた状況で“今を楽しむ”ために
『どっちが正解?~目標を定める、目標を定めない~根っこは一緒』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-436.html

おやつ
なんだか優しい響きです。
私はこの響きが好きです

おやつ
私は、この響きに負けてしまっています。
食べる前から幸せな感じがします。


おやつ」よりも、
「ティータイム」tea time、
「コーヒーブレイク」coffee break、
の響きの方がお洒落なのかもしれませんけれど。





日本では、古くは江戸時代から、
八ノ刻(現在の2時過ぎ)に間食する習慣ができていて、
これが『お八つ』の語源と言われているそうです。
へェ~



江戸時代は、
今ほど食糧事情がよくないし、
今より肉体労働が多かったはずですから、
カロリーを気にする必要はなかったのでしょう。
(とは言え、江戸時代は白米食が広まり、
ビタミン不足による脚気が流行しています。)


飽食の現代では、
カロリーを気にせずおやつ間食)を食べていると、
どんなに“体に良いおやつ””脳に良いおやつ”でも、
栄養過多になってしまう恐れがあります。


加えて、
レジリエンス(折れない心・心の健康等)を高めるためには、
血中ブドウ糖濃度を一定に保ち脳へのエネルギーを安定供給すべき
だということが分かっていますから、
おやつ(間食)に、吸収しやすい砂糖などを大量に摂取することは
避けたいものです。


おやつらしい、甘~いおやつを食べると、
砂糖などを一度に大量に摂取することになるので、
急激な高血糖を引き起こし、
大量のインスリンが分泌されることになります。
そしてインスリンの過剰分泌が、今度は低血糖を起こす。
すると今度は、低血糖を回復させるためにアドレナリンが分泌される。
こんなシステムになっているそうです。


甘~いおやつを頂くと、
美味しくて幸せな気持ちになっていましたが、
体の中はてんやわんやだったんですね。
‟心に良いことは体に良い”
とは言い切れないわけです。





体の健康と心の健康(レジリエンスを高めるとか)
両方にとって良いおやつを考えると、
『穏やかな吸収』がkeywordになりそうです。

おやつ(=間食は、
適度なカロリーで吸収がおだやかな食品であるべし

です。


今日は、昨日のmeijiのスナック菓子『カール』に触発されて、
過去記事を加筆・編集しましたー。




食が体を作ります。
食は心も作るようです。
元気でいられる心身をコツコツコツコツ作っていきたいですね
 





★KoKoRoの声★

脳へのエネルギー供給源はぶとう糖だけというのは
体内のケトン体をエネルギーとして利用できる。

と言う説が今の常識だそうです。

また、
ケトン体を利用する方が、インスリン分泌が穏やかになり健康にも良い
という見解もあります。(一説です)


反面、
ケトン体利用は『飢餓状態の際のエネルギー供給システム』のことで、
これまで日本人の体の中では使っていなかったシステムなので、
“脳への栄養補給” 以上に、精神・心への影響が懸念される、
という見解が根強くあります。







精神・心への影響は、
実験や研究では確認し辛い分野です。
私は、心への安全・安心を考えて、長い歴史がある、
ブドウ糖に頼ったおやつ(間食)探しをしようと思います。


科学的には、
単糖類に分類されるブドウ糖そのものより、
ブドウ糖が幾つも結びついた多糖類の方が、吸収が緩慢になります


昔から伝えられる
”おばあちゃんの知恵”の中に、
体と心に優しいおやつが見つかりそうな気もしています。



おやつを食べたい人に朗報(笑)
『おやつを食べたい人のために~レジリエンスを高めるのでOK』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-291.html

 飢餓状態の際のエネルギー供給システムについてはこちら
正解はどちら?~脳のエネルギー源は、ケトン体かブドウ糖か』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-282.html

レジリエンス(折れない心・心の健康)についてはこちら
知っておきたい言葉レジリエンス~回復力、しなやかさ~
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-270.html

この時期に必要なページです。
ビタミンCは正しい摂取方法でしっかり体内で働かせましょう!
『夏のお肌にビタミンC補給~間違ってませんか?摂取方法』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

脚気について調べました。
江戸で流行った脚気患者が、再び増加しています
『医師の功罪~歴史を探る~脚気論争から』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-650.html


おやつ間食はダイエットの大敵。
の、ように言われます。


おやつ間食NG  
一般的にそう思われています。





でも、ここ数年注目されている、
レジリエンスを高めるための食事療法』
では、
おやつ間食)を食べていいどころか、
「積極的におやつを食べよう~」キイテ~
と、おやつ間食)を推奨しています。



理由は、
間食によって、脳へのエネルギーが安定供給され、
血糖値を一定濃度に保つことによって、心が安定するから
(心の安定=レジリエンスが高まる)






お勧めは、
活動時間中は3時間おきに食べること。

一般的な生活リズムの方だと、
朝昼晩の3食に加えて、
午前午後に1回ずつ間食すると適切な間隔になります



と言うことで、
「心の安定を保つ、或いはレジリエンスを高めるので、
午前と午後、一度ずつおやつを食べましょう~!」
と言うことになります。\(^o^)/バンザイ


 



血糖値を一定濃度にするためには、
脳のエネルギー源であるブドウ糖を含み(多糖類がベスト)、

吸収が緩慢なおやつ(間食)がベスト

とは言え、もちろん、
食べ過ぎは禁物。NG  

一度のおやつは、
エネルギーにすると100~150kcal程度がいい塩梅です

(脳は何もしなくても1時間に20kcal程度消費します。
たくさん頭を使えば、それだけ消費カロリーが増えるはず!)






おやつを我慢することは、
心を不安定にし、レジリエンスを低めているかもしれません。


「最近、思考が後ろ向きだな~」と思っている方は、
ちょっと贅沢なおやつを半分だけ食べてみると、
前向きな気持ちになれそうですよ~




心の安定、高いレジリエンスは、
治癒力をあげそうです。
時間・量・質を考えて、おやつを食べましょ 






豆 知 識★

温度と脳 の関係について。
脳の活性には、室温25度が一番適温ですが、
生活する空間はそれより高温です。
また、午後2時半頃は、
生体リズムで体内温度が一番高温な時間帯となります。
なので、
3時は、冷たいおやつで脳を冷やすとよい。
アイスクリーム・かき氷など


生体リズムは、人間の内臓機能に大きく影響を与えます。
午後3時頃は、脂肪をためこむ働きをするたんぱく質BMAL1(ビールワン)が最も少なく、
血糖値をさげるインスリンを分泌する膵臓の働きが最も活発になります。
なので、
3時のおやつは太りにくい!


ダイエットに効くと言われるココナッツオイルは、
消化吸収を緩慢にしてくれる。
(ケトン体利用のダイエットとしてでなくても利用価値あり!)


グレープフルーツの香りが食欲を抑えることは有名です。
加えて、バニラの香りが食欲を抑えることが、
科学的に証明されているそうです。
(論文そのものが見つけられません…


わらび餅は、低カロリー・消化吸収が緩慢になるので、おやつに最適。
ただし、市販のわらび餅は、でんぷん粉が代用されている品が多く、
栄養価が、わらび粉を使った品とは異なります。
本物は高価です。安価なわらび餅には注意



今日は、前回こちらからの続き
「おやつについて考えてみた~脳によくて、体によくて、心によい食事」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-290.html

おやつと言えばチョコレート
『チョコレートの効果・効能と危険性~ 適量 ~国民生活センター情報』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-218.html

レジリエンス「折れない心」「しなやかなさ」等と表現されて、
ここ数年話題になっている言葉です
「知っておきたい言葉レジリエンス~回復力、しなやかさ♪~その1」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-270.html

ご注意 ~最新医療事情~
血糖値の急激な上昇は、病気のサインかも。
「血糖値で膵臓がんを発見~健康診断結果のセルフチェックを忘れずに」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-293.html


レジリエンス(resilience)
海外では珍しい単語ではないそうです。(ビジネスマンの間だけ
少し前、日本でもかなり注目された言葉です。



もともと心理学用語ですが、
”これだ!”と言う、
ピタッとはまる日本語訳語がないようで、
「折れない心」「精神的回復力」「精神的耐久力」など、
現在はいろいろな訳語があります。


アイデンティティー、モチベーション、
エゴイズム、センシティブ、エモーショナル等々、
訳させれず、そのまま使われているカタカナ訳語はたくさんあるので、
近い将来、「レジリエンス」も、
そのままの言葉が浸透していきそうな気がしています。



レジリエンスは、生まれ持った性質というわけではなく、
鍛えられる性質、訓練して身に付けられる性質なので、
外交的な人も内向的な人も、
会社員も芸術家も、
大人も子供も、
男も女も、
各々が、どんなタイミングでも、
レジリエンスを高める工夫をすることができます。


あらゆる人が、
高いレジリエンスを持つことができるんですよ~






レジリエンスを高めるために、
まずは”自分でできること”として、
強みに関する調査票(VIA-IS)」
VIA-IS(Value in Action Inventory of Strengths)
という診断テストをお薦めしたことがあります。


診断テストVIA-IS』は、

‟自分の長所強み(Strengths)”
“自分を特徴づける強み(Signature Strengths)”
を知るためのツールです。


“自分の強み”=“素晴らしさ”が、 
24種の文章(回答)としてメールで送られてくるんです。ブラボー
「短所」や「欠点」「直すべき性格」などは、
一切書かれていません。

なので、誰に褒められなくても、
密かに自信がつきます。




テストの結果は、
‟自分の長所強み(Strengths)”
“自分を特徴づける強み(Signature Strengths)”

の確認になったり、
新たな自分の素晴らしい面に気づかせてくれます。



診断テスト『VIA-IS』の結果を読むと、
自分自身を文章で羅列されただけのはずなのに、
まるで初めて自分を発見したような、
そんな気分になるかもしれません。



テストの回答は、
良いアドバイスを与えてくれるとか、
変えるべき点を教えてくれるといったものではないけれど、
自分の”強みを知る”
ただそれだけの事が、
これからの人生に多いに役立ちそうです。



---《宝 箱》--------------------------------

◆強み診断テスト(VIA-IS

University of Pennsylvania(米国:ペンシルバニア大学)公式サイト内
Authentic Happiness
https://www.authentichappiness.sas.upenn.edu/ja

----------------------------------------------



今まで思っていた自分は、
ほんとうの自分ではないかもしれません。
今まで思っていた自分は、自分の中のほんの一部かも。ドキドキ



自分を特徴づける強み(Signature Strengths)診断テスト『VIA-IS』、
ペンシルベニア大学についての詳細はこちらでご紹介しています
「長所・強み(Strengths)をテストで確認~VIA-IS」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

レジリエンスについての詳細は、こちら


作業中





◆豆 知 識◆

2013年12月「国土強靭化基本法」が成立。
これを受けて、安倍総理を本部長とし全閣僚を本部員とする
「国土強靭化推進本部」が設立されています。

その後、
閣議決定された「国土強靭化基本計画」が円滑に達成されるよう、
産・学・官・民一体となって、
レジリエンス立国を構築することを目的として、
一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が設立されました。


詳細はこちらのHPから。
『強くて、しなやかなニッポンへ』
http://www.resilience-jp.org/

自分らしさ”って何だろう。
自分らしく生きる”ってどういうことだろう。


ふと、そんな事を考える時があります。




生活環境が変わったり、
人間関係が変わったりして、
「とにかく、今の状況に慣れよう」
「まずは、(仕事や用事を)こなそう」
と忙しくしている時はよいのですが、
嵐のような忙しや慌ただしさが去った後、
ふと、
自分らしさ”や、
自分らしく生きる”ことについて、
考え込んでしまうことがあります。






自分らしさとは、
自分の個性の長所強みStrengths)で、
自分らしく生きる
ということは、
自分の長所強みStrengths)を生かすこと

そんな考え方があります。



世の中には、
自分らしさや、自分らしく生きることについての
ノウハウを書いたハウツー(how-to)本がたくさんありますが、
誰かの書いた本を読むことに多くの時間を割く前に、
まずは”自分を正しく知る”ことが大切かもしれません。





自分の長所強みStrengths)を知るために、
科学的に開発され、
世界各国で利用されている診断テストがあります。

VIA-IS(Value in Action Inventory of Strengths
強みに関する調査票(VIA-IS)」です。


診断テストの結果は、
全てが“自分の強み”(Strengths)です


『これらの強みを生活や仕事などで活用することで、
人生の満足感や仕事の充実感が向上する』

という研究結果も報告されているツールです。







長所」や「強さ」の話をすると、
「特別な活躍をしたい人」や
「特別な人間になりたい人」が
使用するツールのように思われがちですけれど、
自分らしくあるために”
自分らしく生きるために”
使えるツールでもあります。



簡単に‟自分でできること”なので、
ご利用下さいね。

ふと、立ち止まった時に







前回の分かりにくいご紹介を反省して、
もう一度ご紹介したいと思います。
(紹介することを、再チャレンジ!)

----------------------------------------
◆強みに関する調査票(VIA-IS)とは?
----------------------------------------

Value in Action Inventory of Strengths


VIA-ISは世界190カ国260万人以上の人に使用された、
最も信頼性の高い診断ツール

わずか15~20分程度の回答時間で、診断できる
(最初のID登録を含めると30分程度)

■簡単な240の問いに対し、5選択肢から一つ選択する

24種類の強み(Strengths)が結果として出される
公正さ、勇敢さ、誠実さ、寛容さ、勤勉さ、創造性、楽観性etc.

トップ5の強みが、自分を特徴づける強み(Signature Strengths)






立ち止まること、お休みすることが必要な時があります。
でも、”悩む時間”が長すぎると治癒力が下がってしまいそうなので、
悩んでしまった時、迷ってしまった時には、
こんなツールを活用すると良さそうです。 
気分があがりますよ~
 






---《宝 箱》----------------------------------
University of Pennsylvania(米国:ペンシルバニア大学)
公式サイト内
強み診断テスト
VIA-IS
Authentic Happiness
https://www.authentichappiness.sas.upenn.edu/ja

※中央の部分下『Get Started』から。
メンバー登録をして始めます。
個人情報の入力は必要ありませんが、郵便番号(Zip-Cord)を記入します。
(Zip-Cordは、米国で、顧客管理用データ収集のために、
スーパー等でもよく聞かれます。)
----------------------------------------------------
※ご紹介したのは、無料・日本語対応可能な、
米国ペンシルベニア大学公式サイト内の診断テストです。
他同様のサイトをご利用される際はご注意下さい。





◆豆 知 識◆
~ウキィぺディアより~

1.ペンシルベニア大学(The University of Pennsylvania)
アイビー・リーグ(米国東海岸の名門私立大学連合)の1校。
米国大学ランキングでトップ8位。
世界大学ランキングでトップ13位。
米国及び世界を代表する屈指の名門大学。

日本の企業から留学する方多数。



ご 参 考

診断テストVIA-IS(アンケート)を受けると、
「とっておきの強み(個人を特徴づける強み)」として、
上位5に示された強みは、特に注目すべき強みであり、
それらの強みをより良く活用する方法を考えてみるとよいでしょう。

と言う文章と共に結果が送られてきます。

●結果とは別に届いたメール
Thank you for registering at Authentic Happiness. 

You may log in at any time to take questionnaires or change your account settings.

 --  Authentic Happiness team


●結果の一例(私の場合)
(英語を訳しています。時々意訳)

1.Capacity to love and be love
他者との親密性、特に互いに共感しあったり、思いやったりする関係に価値を見出す人です。
あなたが最も親しみを感じる人たちは、同じようにあなたに対して親しみを感じています。

2.Kindness and generosity
あなたは、親切で寛容で、たとえ忙しくても頼まれたことは引き受けます。
相手がよく知らない人であっても、良い行いをすることを楽しんでします。

3.Fairness and generosity
あらゆる人を公平に扱うことは、あなたの揺るぎない信念の一つです。
他者への判断に、個人的な感情を差し挟むことはありません。あなたは誰にでもチャンスを与えます。

4.Gratitude
あなたは、自分の身に起こった良い出来事に気づき、それらを当然のものとは受け取らない人です。
あなたはいつも感謝を伝えるように努めているので、あなたが感謝していることを家族や友人も知っています。

5.Judgment,critical thinking,and open-mindedness
あらゆる角度から物事を考え検討する人というのが、あなたを表す上で重要な要素です。安易に結論付くことはなく、決断は、しっかりとした根拠をもとにします。あなたは、考えを柔軟に変えることもできます。



延々と、24まで強み(Strengths)が続きます。
誰が受けても素晴らしい結果が返ってくるテストです



VIA-SI、自分の強み(strengths)で
『アンの日記』をご訪問いただいた皆さまへ



『レジリエンス』という言葉はご存知ですか?
レジリエンスは、「折れない心」「しなやかな心」と訳され、
話題になっている言葉です。
幸福感や満足感より安定した、
‟自分で鍛えられ、高められる心の力”です。

『心身共に健康的な状態を作る』
ために、
こちらもご利用ください。

レジリエンスは、長所・強み(Strengths)と関係の深い言葉です
「知っておきたい言葉レジリエンス~回復力、しなやかさ~その1」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-270.html


前回VIA-ISのご紹介はこちら
『自分を特徴づける強み~個性は全て強みになる~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-266.html