今日は、
テニスの全米オープン男子シングルス決勝大会が、
アメリカニューヨーク州で行われました。

日本人初の準優勝を飾った錦織圭選手への
祝福、賛辞のコメントが直後からたくさんテレビで放映されていましたね。
勿論、今日の新聞紙面は錦織選手一色。


テニスを全く知らない私も、
“日本人初”とか、
“幼少期より夢に向けて単身渡米”
なんて聞くと、
錦織選手の大大大ファンみたいな気になって
思わず目頭が熱くなりました。





今日私が書きたかったのは、
素晴らしいテニスの試合のことではなく信頼について。


元々力のあった錦織選手ですが、
今回の快進撃の裏には、
コーチであるマイケル・チャン氏の力があると言われています。

各種記事では、
信頼するマイケル・チャンコーチと・・・」とか、
信頼を寄せる・・・」とか、
信頼と言う言葉が目につきました。


信頼
って言葉、
『アンの日記』でも多用している気がします


でも、
果たして信頼とは何でしょう???


心理学者のアドラー(1920年代に国際的地位を確立していたオーストラリアの精神科医)は、
「信頼とは、他者を信じるにあたって一切の条件をつけないこと。
たとえ信用に足るだけの客観的根拠がなかろうと、信じる。
無条件に信じることそれが信頼です。」

と書いています。

つまり
信頼=客観的根拠がなくても無条件で相手を信じる  
なんですね。
アドラー心理学では)

遠くで平和の鐘が鳴り響いていそうです
                      


片側顔面痙攣と言う病気で病院・医師選びをしている時、
最終的にどんなに調べてもM記念病院のA医師の経歴がはっきりせず、
A医師に執刀をお願いする
『客観的根拠が少なすぎる』と困惑し、
『客観的根拠がないのに信頼していいのか』
と自問自答していたのですが、
アドラー心理学によると、
人が人を信頼するには客観的根拠はいらないですね

なんだ。
もっと前に読んでおけばちょっと心が軽くなったのに。。。






マイケル・チャンコーチは、
以下の2つを達成することを心がけるそうです。
●成果を生むために現状より高い目標を掲げて行動できるようにする。
●その間精神的に安定した状態を保てるようにする。


試合に勝つためには、
の両方の成長が必要だということです。


そして、
師弟の間に信頼関係があればこそ、
コーチングは上手く機能する

とのこと。


二人について書いている記事には(NumberWebより)
「選手を鼓舞するコーチと、それに応えようとする錦織は、
今や心情を共有しているに違いない」
とありました。


結果が出たから、コーチを信頼する。
ではだめなんですね。
結果が出る前にいかにコーチを信頼できるかが、
実は大きな成果を生むための一つの要素になるのかもしれません。


錦織選手の今後の活躍を期待しています





『アンの日記』は病気・治療について書いているので、
コジツケかもしれませんが書いちゃいますと、

手術する前にいかに執刀医を信頼できるかが、
手術の成功率をあげるための
一つの要素になるにちがいありません




私の手術後経過が良いのは、
執刀医のA医師への信頼の力だと今でも思っています。
証明はできませんけれど。
技術を信じていることは言うまでもありません!
でなければ、再発が心配になってしまいます。)



因みにデジタル大辞泉の解説では
 【信頼】
 信じて頼りにすること。
頼りになると信じること。また、その気持ち。


アドラー心理学。最近日本でも注目されています。誰でも実践できます。
2014.09.10「人が幸せになれる条件~アドラー心理学より~
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-97.html

別の方面から心のお勉強。
「レジリエンス」=「折れない心」「しなやかさ」はご存知ですか?
私は、心がざわめく時は“自分に心地よい” ものを取り入れればいい!
そんな風に考えています。レジリエンスについてはこちらから
「知っておきたい言葉レジリエンス~回復力、しなやかさ♡~その1」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-270.html

私の信頼できるA医師のご紹介はこちら
2014.04.02「片側顔面痙攣 入院1日目~手術前説明~A医師から」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-33.html


スポンサーサイト

昨日は、
精神科医アルフレッド・アドラー(Alfred Adler)の書を引用して、
信頼について考えてみました。

アドラーは、オーストリア出身で、67歳で亡くなるまでの間に、
フロイトやユングと並んで心理学の礎を築いた学者さんです。
(今の心理学の礎は全てアドラーの書から発していると言う学者さんもいます。)



信頼についての考え方も色々あるのでしょうが、
アドラーによると、

信頼
客観的根拠がなくても相手を無条件に信用すること

だそうです。



人間の理想的な関係だなと思いました

全人類がお互い信頼しあえたら、
きっと平和な世の中になりますね

       


でも、実生活では、
信頼という言葉は「深く」とか「厚く」という言葉と結びつけて、
「深く信頼する」
とか
厚く信頼をよせる」
といった使われ方もしています。


「深い」「厚い」という、
量を比較する形容詞と結びつけて表現されるわけですから、
アドラーが論じているような
“無条件の信頼” は、
もしかしたら簡単なことではないのかもしれません。






更にアドラー心理学を読んでいたら、
人が幸せになれる条件を3つあげていました。

 自己受容=自分が好き 
 他者信頼=他人を信頼できる
他者貢献=社会に貢献できる
なるほど。



なるほどって思うけど・・・
この簡単な文を実行するのは結構難しい・・・カナ



アドラー心理学に限らず、
自分を好きになることは、
多くの宗教や精神理論でも大切なこととして説かれています。




自分は自分のことを好きかなと考えてみると、
ちょっと自信がないです 

でも、
好きになれるように、
小さな継続、小さな努力をする事にはしています



退院後、痙攣や食事、就寝時間の記録を毎日書きました。
退院した日からほぼ毎日欠かさずお散歩をしています。
今では、階段300段の昇降も含めて歩けるようになりました。
「自分、頑張ってるな」
「自分でできることはしてるな」と思えると、
ちょっと自分が好きになれます。
・・・気がします。


“自分で自分を好きになること” は、
簡単なようで努力が必要なことかもしれません。





について。
病気になって一皮剥けた気がします。

私に障害が出ても、
夫や娘がカバーしてくれるという信頼があったからこそ手術に踏み切れました。
自分の人生全般に関わるようなことを相談できたのは、
友人たちを心底信頼できたからでした。
そして何より、
A医師のことを信頼できたので執刀をお願いしました。
(見ず知らずの人を信頼するわけですから、
これぞ正にアドラー心理学の信頼ですよね!


こうして考えてみると、
病気になるのも悪いもんじゃないなって思えます。
ものは考えようですよね




について。
社会貢献『アンの日記』 がなれたらいいなと思っています。

情報の少ない片側顔面痙攣の患者の皆さんに、
私の経験した片側顔面痙攣の発症から完治までを
“1つのケース”としてご紹介しようと思いブログを書き始めました。
“色々なケース”にも対応できるようお問い合わせいただいた事は追記しています
(患者の皆さんは、ときどき過去に戻ってチェックしてみて下さい!
また、画面右下のコメント欄は、皆さんからのコメントがご一読できます。)


最もお伝えしたいことは、
『手術の成功率をあげるKEY』です。
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-16.html


片側顔面痙攣・三叉神経痛・舌咽神経痛患者の皆さんに、
手術を受ける際の注意点を読んでいただけるよう、
ブログを更新していくつもりです。
(検索されやすい場所にいるためには、アクセス数が大切と考えています。
ご協力お願いいたします。m(__)m)




最初、
難しいカナ・・・と思ったアドラーの幸せの条件3つ。
こうして考えてみると、
どうやら自分でできることみたいです。


つまり、
3つの幸せの条件は、
自分しだいで誰にでも満たせるもののようです。




注 目
 
自尊感情(自分を好きになれる)の向上は、習慣によって可能だと証明されています。
「レジリエンス」=「折れない力」「しなやかさ」
はご存知ですか? 
『レジリエンスを鍛えること』は、震災・有事に備えての国家戦略として掲げられています。
詳細はこちら
「知っておきたい言葉レジリエンス~回復力、しなやかさ♪~その1」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-270.html

治癒力アップに繋がりそうな、アドラー心理学における信頼
  2014.09.09 「信頼~師弟関係♡医師と患者~アドラー心理学より~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-96.html




NEW(2015年11月18日記)
 セミナー情報 

世の中狭い。
と思うことがしばしば。

私の高校大学の友人が、
アドラー心理学に深く関わっていました。


大学では哲学を専攻、
子育てをしながら、実は企業の社長でもある女性が、
社員マネージメント&子育てのためにも有効
と感じたのがアドラー心理学だそうです。

と言うことで、
「アドラー心理学 勇気づけ勉強会」
「勇気づけの子育てミニ講演会」
を主催している日本支援助言士協会をご紹介します。


人間関係、親子関係を心地よいものとするために
『アドラー心理学を実践形式で習得する講座』
を各種企画しているそうです。

ご興味がある方はこちら
一般社団法人支援助言士協会ホームページ
http://www.sienjogensi.org/




ご 参 考
アドラー心理学。マンガも発売されています。気軽に、気分転換に。
● 『アドラー   明日を変える心理学』あさ出版
日本臨床・教育アドラー心理学研究会会長 鈴木義也著 緒方京子マンガ。1,296円
●『コミックでわかる アドラー心理学』 KADOKAWA
向後千春監修 ナナトエリ作画 1,000円  
只今(2015.6月)
早稲田大学「しあわせに生きるための心理学~アドラー心理学入門~」Web講義受講中。
お勉強した内容は、追ってご紹介します。

最近(少し前から?)
『嫌われる勇気』
~自己啓発の源流「アドラー心理学」の教え~
岸見 一郎、 古賀 史健著(ダイヤモンド社  2013/12/13)
が話題になっています。



日本では、能力開発や自己啓発セミナーなど、
ビジネスの場から広まったアドラー心理学ですが、
今では誰でも(ビジネスマン、主婦、父、母、学生etc.)
何処でも(ビジネスの場、教育の場、家庭etc.)
活用されるようになりました。

何でも「アドラー流」と言えば、
「今風」みたいにトレンドになっています。




私も、無料のWEB講義
アドラー心理学を受講してみました。
今日は、その中からさわりだけご紹介したいと思います。

さわり の解釈もいろいろあるのでしょうけれど、
今日は、アドラーのシンプルな言葉、
どうしたら幸福になれるのか。
幸せになるためには、他の人の為に生きるということです。
について。




Q.私が幸せになるにはどうしたらいいのか


A.私が幸せになるためには、私自身だけが幸せで真に幸せになるということはなくて、
私を含めた共同体全体が幸せになった時に初めて私自身も幸せを感じることができるので、
それを目指して生きていきましょう。(共同体感覚と定義されています。)


遊ぶことも、学校での行事も、仕事も、
全部他者との関係なしでは成立しません。
人は、自分の人生を歩む中で、
自分以外の人、他者と協力していくことを学んでいきます。
人は、他の人と協力していくことを生涯をかけて学んでいくと言えます。

他の人と一緒に協力して結びついて、何事かを成し遂げようとすること。
これこそが人生の到達地点です。

さわり はこんな感じ。



そして、その“さわり”すら、
アドラー心理学では、
アドラーの単なる1つの提案にすぎないとされています。


アドラー心理学は、
“全ては、アドラーが提示する1つのアイディア”
であって、あくまで、
「人生の選択肢はあなた自身にある」 
と提示しています。



つまり、
もし、今のあなたがこの案を心地良いと思えるなら、
この案を受け入れてみてください」
もし、こんな風に生きたら良いと思えたら、こんな風に頑張ってみてください」
もし、今これを受け入れるのがしんどいなら、
別の案を受け入れてみてください」

みたいな感じにフレキシブル。






受講してみると、アドラー心理学は、
私の大好きな『選択の自由』という概念を残しつつ、
『生きるのが楽になる提示』をしている学問でした。

他の心理学や哲学・宗教なんかより
押しつけがましくないところがいい感じvery good




今日のご紹介はさわり のみ。
ご興味出た方は、書店へGO!
色々な種類の本が並んでいます。流行ってる~



置かれた現状は変わらないけれど、
考え方次第で気持ちは変えられるようです。
今日も皆さんの治癒力が上がりますように。
  



豆 知 識

さわり(触り)

=元々浄瑠璃用語。曲の聞かせどころのこと。
転じて、
話しなら「話しの主要な部分」、
映画なら「名場面・見どころ」、
音楽なら「サビの部分」

最近は、
「話の初め」「曲のイントロ部分」など誤用が多いようです。



自分が正しく使っても、相手が誤解していれば、
結果として正しく伝わりません。
誤解を招くこともあるかも…
日常会話では、使わない方が無難な言葉かもしれません。


言葉って難しい…

文化庁月報に「さわり」の調査報告が出ています。こちらから
2012年7月号 文化庁『さわりだけ聞かせるの「さわり」とは?』





◆KoKoRoの声◆

少し前の私なら、
アドラー心理学の講義を受けても、
“美談”としか感想がなかったかも。。。


でも、今は、
共同体感覚」が人を幸せにすると言うことが理解できます。


私は、私の得た体験・情報を皆さんにご紹介したいと思いました。
そして、その情報を“役に立つ”と感じて下さる皆さんがいた。
その皆さんから頂くコメントが、
他の皆さんに更なる情報として伝わっています。

~省略~

この部分、書きだしたら、
これまでの感動やら、皆さんへの感謝やら、これからの意気込みやら・・・
取り留め無く長くなってしまいそうなので省略。


一言だけ。
いつも『アンの日記』の応援をありがとうございます。


アドラー心理学を知ったきっかけは、『信頼』についての考察でした
「人が幸せになれる条件~アドラー心理学より~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-97.html

言葉が医師と患者の壁になっています
『医師と患者のまるでコントなコミュニケーション~苦笑(^^;)~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-665.html

昨日は、「大失敗をした」と思い、
夜は後悔でいっぱいの気持ちのままベッドに入りました。

でも、
今朝お散歩をしてきたせいか、
今は気分がスッキリ。

やっぱり、お散歩はいいもの。
或るいは、
やっぱり、習慣は人の心を安定させます。



いつまでもクヨクヨしていても仕方ない。



よくよく考えたら、
昨日は深く後悔したおかげで、
『折れない心』
『困難に打ち勝つ力』、
『挫折から回復・復元する弾力性』etc.etc.
と表現されている
生きるための力:レジリエンス
の総復習ができました。

『アンの日記』の中のレジリエンスの頁を
皆さんに改めてご紹介できた事もOK。


そんな風に考えたら、
胸に重かった後悔も消えてなくなりました。
(「自分でできるお詫び」を形にしましょう。)




不思議なことに、いつでも、
必要な言葉は羽をつけて飛んでくる


昨晩は、アドラー心理学についての新聞記事
『勇気づける心理療法』まで見つけたので、
今日は、レジリエンスから引き続き、
「生きるための力」となる考え方のご紹介です。



“職場でのストレスチェックが義務化”
されるくらい、最近では社会全体で、
“心”の問題に取り組むシステム作りが進んでいます。
※ストレスチェック制度についてはこちら


そんな中、
アドラー心理学に基づいたカウンセリングや心理療法が
話題になっています。


他の多くの心理学が、
「人の行動は過去の原因によって決まる」とする中で、
アドラー心理学では、
「どんな目的でその行動を選んだのか」
と言う点に注目します。


変えられない過去に拘らず将来に目を向けると、
新しい行動、前向きな生き方ができるようになる。

こんな考え方です。

個人の目的を明確にし、
「今自分にできること」を意識し、
未来に向かって自分で選択していく。

心理学でありながら、
実践的な手法とも言えます。




新聞では、
目的を見つける」と書かれていたけれど、
目的を明確にする」の方がアドラー心理学っぽい。


人は誰でも、生まれた時から目的を持っている。
人は誰でも、それぞれの目的にむかって歩いている。


アドラー心理学ではそんな風に考えます。




今心が迷っている方、
今やりたい事がないと思っている方も、
目的がないわけではない。
“あなたの目的”が明確になっていないだけ。

「あなたにはあなたの目的があるはずだよ~。
あなたの人生の主役はあなた。
あなたは、あなたの行きたい(生きたい)道を選んでるんだよ~。」
「未来は、あなたの選択で決めて行けるんだよ!」

フレーフレー
こんな感じかな。


アドラー心理学は、
「勇気づけの心理学」
と呼ばれています。


勇気づけられましたか?



『心地よい』と感じることは免疫力・治癒力をあげます。
今日の勇気づけが、『心地よい』に繋がっていますように。
 






KoKoRoの声

「勇気づけの心理学」
と呼ばれるアドラー心理学。

「変えられない過去にこだわらない。後ろを見ない。」
「未来は自分で変えられるもの。前を向いて歩こう。」


一見優しげな心理学です。


でも、見方を変えると、
今の現状は、環境のせいでなく、偶然のせいでなく、
運命でなく、何かのお告げではない。
「全てがあなたの選択の結果」
「あなたの人生はあなた次第」
と言う厳しい心理学でもあります。


どんな心理学、どんな考え方も、
「生きるための力」として
自分のために役立ててこそ意味がある。




アドラー心理学は、各地でセミナーが開かれています。
ふだん“心理学”に馴染みがなくても、
アドラー心理学の基本的な考え方、
行動の仕方について学んでいけるとか。
(私はWEB授業で数カ月学習)
ご興味がある方は一度体験を。


新聞で紹介されていたアドラー心理学セミナー開催団体はこちら。
東京都新宿区:『ヒューマン・ギルド』
https://www.hgld.co.jp/humanguild.html


同様のセミナーはこちらでも。
全国で開催されているアドラー心理学セミナーの開発者の1人、
鶴田先生には、只今私の友人関係向けセミナーを開催していただいています。
講師であり素敵な先輩女性♡

神奈川県横浜市:『日本助言士協会』
http://www.sienjogensi.org/


アドラー心理学。
2015年に受講した早稲田大学WEB授業をご紹介していませんでした。
まずはこちらから。
『アドラー心理学~共同体感覚~まずは「さわり」だけご紹介』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-319.html

『人が幸せになれる条件~アドラー心理学より~』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-97.html

『信頼~師弟関係♡医師と患者~アドラー心理学より』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-96.html

目標を定めたり、選択をすることが大変な時もあります。
そんな時はまずはこちら。楽になることは治癒力を高める
『どっちが正解?~目標を定める、目標を定めない
~根っこは一緒。レジリエンスを高める』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-436.html

2016年4月28日日本経済新聞  『勇気づける心理療法』より

数日前の会話が、なんとなく引っかかっている。

日頃「人間関係には悩まない」と決めている(←決めてるの!
私なのに、
「言葉」が魚の棘のように心に刺さったまま、
なかなか取れないな~。

なんて事を考えていたら、
2016年7月に書いたこの頁が目に留まりました。

いつものように、
必要な言葉が羽を付けて飛んできたのでしょう。

皆さんの中にも必要な方がいるかもしれない、
そんな風に思えたので移動してみました。
必要な人に、必要な言葉が届きますように。







ここ関東、今日はです。


で濡れる。
で涼しい。


模様で憂鬱になる。
模様で心落ちく。


同じの日でも、感じ方は人それぞれ。
同じ人でも、感じ方は時と場合によって。


当たり前のことですね。





今日の雨はしとしと雨で、薄曇り。
今日の私は心が疲れているので、
少しうす暗くて、
いつもよりシ~ンとしている今日みたいな日は心地よい。


太陽がまぶしくて、
空気がカラッとしていて、
周囲がにぎやかである。
それを楽しいと感じるには、自分が元気でいる必要がある。




何が疲れるって、人間関係ほど疲れるものはありません。
流行りのアドラー心理学では、
「全ての悩みは人間関係である」
とまで言い切っています。

私は、常々
「人には人の価値感がある」
「人には人のタイミングがある」

と考えているので、人間関係で悩むことはほぼありません。

自分が嫌われていると感じる時、
不愉快なことを言われた時でもほぼ気になりません。
(“全くない”と言い切るのはやめておきます。)


「もっと別の言い方をすればいいのに」
とか、
「相手に気持ちを気取られるなんて、大人気ない人だな」
とか、
「私は役に立つのに、私を嫌うなんて損な人だな~」
って思う。



そんな私がほとほとストレスが溜まるのが、
”常に話が通じたフリをする”
”常に気持ちが分かっているフリをする”
そんな人との会話。


フリ”をする人は、
内容に関係なくその場に合わせて同意してくるから、
時と場所と相手が変わると、全然違うことを言いだす。

本人は、そのことを分かっているのか?
それとも分かっていないのか?

或いは、病気なのかな~?
なんて事まで考えてしまった。



全くもって無駄な時間。



アドラー心理学では、
『目の前のことに一所懸命に打ち込んでいる人は、
人間関係に悩むことはない。
今できることに真剣に丁寧に取り組むことで、不要な感情を手放すことができる。
「いま、ここ」を真剣に生きましょう。』

と考えます。



全くもってそうでした。



『自分でできること』をする。
『今、ここで、自分でできることをする』

それが私が私らしく生きる手段でした。




『アンの日記』が必要な人に届きますように。
手術を成功させる秘訣、術前術後について、
手術を選択しない生き方について・・・
そんなことも書いています     








KoKoRoの声

”変わらず同じ”と思っていても、
実は同じでないものは沢山あります。

と言うか、変わらないものを探す方が難しいかも。


頭上に広がる空は、常に刻々と変わる。
足元にある確かな大地ですら、
実はずっと動き続けてる。




この世に不変のものなんてないのかもしれません。




そう考えると、
人が安易に発言を変えたり、
人が容易に立ち位置を変えたりするのも
仕方のないこと、当たり前のことのようにも思えてきます。


ものは考えようか。



いや、
不変のもの、欲しいな~
信頼できる人間関係とか。





今日は7月21日。
友人から頂いた『愛と励ましの言葉』渡辺和子著
の7月21日の頁は、

~人間としてどう生きるか~
今の日本の国で、欲望はお金があればほとんど満たされます。
欲しいものはほとんど手に入る。
しかしながら、お金で解決できない、
人間の心の奥底にあるアンバランス、
満たされないものにもっともっと目を向けていきたいと思います。

とありました。


“必要な言葉は羽をつけて飛んでくる”
そんな風に思うことがしばしばあります。



他人の言葉に流されたり、
他人からの評価を気にしたりして、
自分の信念が流されないよう、
今日も、必要な言葉が飛んできたようです。




“自分はどう生きたいか” “どんな自分で在りたいか”は、
何かを決める時もっとも優先されるべきことだと思います。
『アンの日記』の中に、お役に立つヒントがありますように。 






2015年に受講した早稲田大学WEB授業をご紹介していませんでした。
まずはこちらから。
『アドラー心理学~共同体感覚~まずは「さわり」だけご紹介』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-319.html

その他、アドラー心理学について、幾つか書いています。
『話題のアドラー心理学は実践的』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-503.html

『人が幸せになれる条件~アドラー心理学より~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-97.html

『信頼~師弟関係♡医師と患者~アドラー心理学より』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-96.html