日本未病研究学会なるもののサイトを開いたら、いきなり
 未病と言う言葉は、日本語には有りません。
広辞苑、現代用語辞典、イミダス等にも掲載されておりません。
と言う文言が目に飛び込んできました。


日本未病研究学会が学会名を登記しようとしたところ、
法務局の登記官が、

未病は、日本語ではありません。」
「登記は日本語でなければできません。」
と説明してくれました。

とのこと。



どうやら、
未病は日本語ではないらしいです。

未病
良く聞く言葉のような気がしていましたが。




どうゆうこっちゃ




恐らくは未病という言葉を一般化したと思われる(私見です)
某会社さんのサイトを覗いてみたら、
未病の説明がありました~。


未病=東洋医学の病理概念の中にある言葉

病気と言うほどではないけれど、病気に向かいつつある状態のことです。
例えば、手足の冷えや体の疲れ、胃腸の不調。それは病気のサインかも知れません。
未病は病気と言うほどではないけれど、健康でもない状態のこと。
健康診断や検査などで異常がなくても、
自覚症状がある場合は、未病の状態である可能性があります
とのこと。

とても分かりやすい説明で、
未病の定義が明確になりました。







神奈川県が、
この未病を商標ME-BYOとして使用許諾制度を開始します。
目的は、未病の概念を広く普及させ、関連産業を育成すること。

使用許諾を得るには、
県に書面を提出し審査を経る必要はありますが使用料は不要



企業が広告やHPなどに表示することを認め、
ME-BYOのブランド化を図るほか、
さらに協賛企業の拡大を進めていくそうです。





今夏「未病産業研究会」を発足し、
富士フイルム味の素など医療関連企業を中心に
既に110社・団体が参加しています。

なるほど
県が概念の浸透に協力し、
企業が概念を実践するための具体的提供をする。
県民は健康になり企業は儲かる、って構図かな。

いいことづくしのように見えます。
計画通りにいきますように。









「未病」は日本語にはないそうですが、加えて・・・
「未病」は英語にも該当する単語はありません。


「EDAMAME」「TOFU」「TUNAMI」「KARATE」「KARAOKE」etc.
今や、日本発の言葉はたくさんあります。
日本発「ME-BYO」も海外に広まるといいですね。



あ、
「未病」は日本語にもないそうですけどね。ムズカシイ~




ME-BYO(未病)は2016年注目の活動です!
『未病 「ME-BYO」、神奈川から世界に発信~未病サミット~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-420.html

『こどまでが健康でどこからが病気かなんて分けられないよね~ME-BYO』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-261.html

『健康寿命を延ばすための取り組み~ME-BYO(未病)~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-443.html



豆 知 識~日本経済新聞より~

2015年10月16日

神奈川県は、2015年度のモデル事業を10件採択。
味の素『アミノインデックス』、DeNAライフサイエンス『マイコード』など。
詳細はこちら未病産業研究会HOME


2015年5月27日
神奈川県「ME-BYO」ブランド1号が決定しました。
スマートフォン向け音声解析システム開発キット『ミモシモ』
メンタルヘルス改善を期待される商品で、
神奈川県では、県の職員向けに導入を検討中とのこと。

電話での解析を通じて声を分析し、ストレスや抗うつ状態をリアルタイムで掴める。
長期的に計測することで、「通常」と「振れ幅」が自分でわかる。



ストレスについて書いています。お時間がある時に
「ストレスの日本語訳って知ってますか?~身近すぎて見えない」
20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-199.html

これまでご紹介した未病についてはこちら
『どこまでが健康でどこからが病気かは分けられない!~未病ME-BYO~』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-261.html


『未病「ME-BYO」、神奈川から世界に発信~未病サミット』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-420.html

『未病「ME-BYO」関連商品・サービスの割引~神奈川県発ME-BYO(未病)』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-440.html

株式会社サイキンソーの『マイキンソー』検査を受けました!
『自分のタイプを調べる♪~腸内細菌の話~健康、美容に役立つ検査』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-572.html


2014.12.03 日本経済新聞「商標の活用に道」より
2015.05.28 日本経済新聞
 『県、未病ブランド認定~第一号「声でストレス把握」に~』より

神奈川県の取り組みはこちらからどうぞ。
「未病産業の創設に向けた取り組みが始動します」
未病の説明はこちらサイトを利用させていただきました。
薬用養命酒「未病」とは 

スポンサーサイト

昨年の同じ頃、
 未病と言う言葉は、日本語には有りません。
広辞苑、現代用語辞典、イミダス等にも掲載されておりません。
と言う文言をご紹介しました。


昨年のご紹介はこちら
『「未病」が商標ME-BYO~神奈川から全国に発信~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-178.html



未病が日本語ではないと言うのは、
かなり衝撃的な事実でした。


因みに、
未病は該当する英語もないそうです。
こちらはなんだか納得がいきます。
なんとなく・・・ですが。



2014年6月27日
神奈川県が特許庁に対して出願していた、
未病の「ME-BYO」が商標登録されました。

商標「ME-BYO」は、
使用許諾が必要ですが使用料は不要です。



既に「未病産業研究会」が発足され、
ME-BYOのブランド化を図るほか、
協賛企業の拡大促進中。


現在は、
富士フイルム味の素など医療関連企業を中心に
110社・団体が参加しています。



そんな中、
2015年10月22~23日
「未病」という概念を発信するための
初めての国際シンポジウム
未病サミット』が開催されました。



開会の挨拶は、
本サミットは、世界有数の速さで超高齢化が進展する神奈川において、
学術、企業、団体等から世界の「知」を結集し、
「未病の普及」、「未病への科学的アプローチ」、「未病産業の創出」及び
「新たな社会システムの創出」について幅広く議論することで、
未病の価値を世界に発信することを目的としています。

とのこと。

超高齢化社会を乗り越えるため、
未病をキーワードにした方策や手段が話し合われたようです。



未病の価値

是非とも広めて欲しいと思います。キイテキイテ~



病気になってから掛ける労力より、
病気にならないように掛ける労力の方がずっといいです。

病気になって、
たくさんの労力を掛けたからこそ、
心からそう思います。



今健康な皆さんも、今は調子の悪い皆さんも、
明日が今日よりも健康になっていますように。





ME-BYO(未病)は2016年注目の活動です!
『「未病」が商標ME-BYO~神奈川から全国に発信』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-178.html

『こどまでが健康でどこからが病気かなんて分けられないよね~ME-BYO』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-261.html

『健康寿命を延ばすための取り組み~ME-BYO(未病)~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-443.html



未病サミットについてはこちら「神奈川 2015 in 箱根」

未病産業研究会につていはこちら未病産業研究会HOME

自分のタイプを知って未病を治すチェックシートはこちら。
(慶應義塾大学渡辺賢治教授監修)『未病チェックシート』

神奈川県の取り組みはこちらからどうぞ。
「未病産業の創設に向けた取り組みが始動します」

未病の説明はこちらサイトを利用させていただきました。
薬用養命酒「未病」とは 

2014.12.03 日本経済新聞「商標の活用に道」より
2015.10.23 日本経済新聞『「未病サミット」開幕』より

2016年。
『アンの日記』をどんな風に書いていこう?
なんて思っていたら、あっという間に一週間が過ぎちゃいそうです。


新聞を読んでいるだけでも、
新薬やがん研究は情報が満ち溢れすぎているから、
2015年の途中には追うのを止めてしまいました。
きりがない。。。



今は、まずは
自分の体質や性質を知って、
自分の体質や性質と向き合いながら、
上手にバランスを取っていく、
そんなことが大切な気がしています。



体質や性質に弱い部分があっても、
バランスがとれていれば、
案外大きな病気にはならなかったり。

反面、
一見とっても頑強で、弱さを微塵も感じない人でも、
残念だけれど大きな病気になってしまう時もある。
そんな時は、どこかバランスが崩れているのかも。



そんな風に考えてみると、
ちょっと人より弱いところがあっても、
実は大きな問題じゃないような気がしてきた。







健康と病気は、2つの明確に分けられる概念ではなく、
心身の状態は健康と病気の間を連続的に変化するものと捉え、
このすべての変化の過程を表す概念が『未病』である
こんな考え方があります。

つまり、
どこまでが健康でどこからが病気かなんて、
実は分けられませんよ~

ってこと。



2015年から神奈川県では、
未病という意味のME-BYOを商標登録して、
超高齢社会の到来に備え、
積極的な活動を展開しています。


2016年始まりは、
前にも少しご紹介した『ME-BYO』(未病)について、
もう少し詳しく調べていきたいと思います。


ME-BYO(未病)は2016年注目の活動です!
『「未病」が商標ME-BYO~神奈川から全国に発信~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-178.html

『未病「ME-BYO」、神奈川から世界に発信~未病サミット』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-420.html

『健康寿命を延ばす取り組み~ME-BYO(未病)~』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-443.html

『こどまでが健康でどこからが病気かなんて分けられないよね~ME-BYO』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-261.html

『未病「ME-BYO」関連商品・サービスの割引~神奈川県発ME-BYO(未病)』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-440.html

自分の体質を知るために
株式会社サイキンソーの『マイキンソー』検査を受けました!
『自分のタイプを調べる♪~腸内細菌の話~健康、美容に役立つ検査』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-572.html





KoKoRoの声

2016年、年始の告白。

私は秋田生まれの、
東京育ちの、
今は神奈川県人です。

たいした告白じゃないか。(笑)



日本共通、世界共通の、
医療についての最新情報もお伝えしていきますよ~。

2016年初頭のご紹介は、
未病について。

『アンの日記』では、
2014年末に初めてご紹介しています。
未病』は日本語ではない!
という事実の発見でした。
(確かに、我が家の何冊かある国語辞典には解説無し。
Web辞書には解説有り。)



未病は、
「聖人は己病を治さず未病を治す
として、
2000年以上前に、
中国最古の医学書『黄帝内経』に記されています。

本当の医師は、
病気になってからではなく発病前に治療をする

という意味です。


東洋医学の世界では、古代から
『病気』前の不調な状態、つまり
未病段階での治療が大切と捉えられていたんだと思います。




西洋医学が広まると、
長くこの考えは脇に押しやられてしまっていました。


でも、
2000年西暦2000年ね!)に、
WHO(世界保健機関)が、
健康寿命(英: Health expectancy, Healthy life expectancy)を提唱して以来、
単に寿命を延ばすのではなく“健康寿命”を延ばすこと
が世界的な課題となりました。

健全な社会・経済の発展のためにも、、
個人の幸せのためにも、
健康寿命を伸ばそう”キイテキイテ~
と世界のあちこちで叫ばれています。
(主として先進諸国)



そして、
健康寿命を延ばすため手段として注目されているのが、
神奈川県発、未病『ME=BYO』。

未病を治すであり、
『未病産業』です。


2015年には、
神奈川県が未病をME-BYOと商標登録して、
ME-BYOサミット』を開催。
未病の概念の浸透、未病産業の開発・拡大のための
国内プロジェクトがスタートして、
世界への発信も始まりました。




未病に気づき、未病を治せば、
多くの病気が発症にいたることのないまま健康に過ごせます。

また、未病を治して、良好な体調を維持すれば、
若々しさを保つことができ、アンチエイジングにもなります。
このアンチエイジングは、
“見た目”だけでなく、“脳の機能”心の状態”
にも繋がります



未病を治すと言う概念が広まれば、
時には、
「神経質」「気にしすぎ」
なんて言葉で片付けられてしまっていた
『未病の状態』での治療が進みそうです。


未病を治す
誰にとっても、
そして社会全体にとって、
必要とされる概念のような気がします。


日本発のME-BYO
世界に羽ばたけ~


 


神奈川県では、
未病を治す
・最先端医療・最新技術の追求

という2つのアプローチを融合する
『ヘルスケア・ニューフロンティア』の取組みが進められています。
次回は、再先端医療・最新技術のご紹介です。




豆 知 識

神奈川県では、
未病を治すを体感しよう!』をテーマに、
日頃の生活の中で心身の状態を整えて、
より健康な状態へ近づけていくための取組みを推進中。

県内の様々な観光施設等で、
「食事」、「運動」、「癒し」など、
“未病を治す”体感をすることができます。


2015年12月21日現在91施設登録
『未病癒しの里の駅』




豆 豆 知 識

健康寿命 ( Wikipediaより)
健康寿命(けんこうじゅみょう、英: Health expectancy, Healthy life expectancy)とは、
日常的に介護を必要としないで自立した生活ができる生存期間のこと。
平均寿命から介護(自立した生活ができない)を引いた数が健康寿命。


■2013年の日本の健康寿命(2014年10月1日 厚生労働省発表より)
男性71.19歳(対2010年比+0.78歳)
女性74.21歳(同+0.59歳)。
健康寿命と平均寿命の差は、男性で9.02歳、女性で12.40歳。
(この差が、介護が必要となる期間)

※ 神奈川の健康寿命は、 男性12位 70.90 、女性13位 74.36。

県別健康寿命はこちら  
公益財団法人生命保険文化センター『健康寿命とはどのようなもの?』

  


これまでご紹介した未病についてはこちら
『「未病」が商標ME-BYO~神奈川から全国に発信~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-178.html

『未病「ME-BYO」、神奈川から世界に発信~未病サミット』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-420.html

『どこまでが健康でどこからが病気かは分けられない!~未病ME-BYO~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-261.html

『病名のつく病気なんてなくなるよ~病気の予防・未病の予防が大切』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-456.html


『ストレス』は元々物理学用語です。
「ストレスの日本語訳ってしったますか?~身近過ぎて知らないこと」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-199.html

未病
ME-BYO

神奈川県が世界に向けて発信中です。キイテ~


認知度がまだまだですけれど。




神奈川県は、
超高齢社会という社会変化を乗り越え、
誰もが健康で長生きできる社会を目指すために、
ヘルスケア・ニューフロンティア政策
を進めています。

その大きな二つの骨子が、
・最先端医療・最新技術の追求
未病を治す




未病を治す』は、最先端医療・最新技術の追求とともに、
新たな政策の一つに掲げられています



未病」という概念を広めることで、人々の行動変容を起こし、
身心全体の状態を最適化する『未病を治す』ことに繋がる商品やサービス等、
健やかに生きる「価値」を想像する産業を「未病産業」とし、
「未病産業」の需要を創出するとともに、
「未病産業」の商品やサービスの有効性の検証や、
産業創出に向けて障壁となっている規制の改革等、
さまざまな課題を解決していきます。

とのこと。



文言では難しい未病『ME-BYO』の説明も、
動画で分かりやすく紹介されています。


海外へ発信しているだけあって、
日本語のほか英語、中語、独語、仏語も視聴可能!ブラボー

動画紹介はこちらから。
未病産業研究会 『未病・未病産業紹介動画』
http://me-byo.jp/movie/#movie5





神奈川県は、“国家戦略特区”という利点を活用して、
未病産業や最先端医療関連産業など
“新しいビジネスモデルを日本から世界に発信する”

に取り組んでいます



基礎研究で世界をリードしても、
実用化・産業化が下手くそ~なんて言われしまう日本。



ヘルスケア・ニューフロンティア政策
その中の、『未病』『ME-BYO』が、
どんな風に世界に広まっていくのか楽しみです。ワクワク



KARAOKEみたい、
世界中の人が知って心に留めるようになれば、
健康な人が増えそうです






必 見 得々情報
 
豆 知 識

神奈川県 未病市場創出促進事業として、
県内経済の活性化と未病の概念普及に向け、
未病関連の商品やサービスを、割引販売しています!
期限2016年2月末(各企業個別に要確認)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/0121/me-byo/item.html
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/0121/me-byo/002_001.html

商品・サービス提供企業一覧
●味の素株式会社 (1)
●株式会社ABC Cooking Studio (2)
●大草薬品株式会社 (1)
●KDDI株式会社 (1)
●株式会社 コナミスポーツクラブ (4)
●株式会社 サイキンソー (1)
●G-TAC株式会社 (1)
●湘南ロボケアセンター 株式会社 (2)
●セントラルスポーツ株式会社 (1)
●株式会社チェンジ (1)
●株式会社DeNAライフサイエンス (1)
●東洋リビング株式会社 (2)
●日本調剤株式会社 (3)
●株式会社 ファンケルヘルスサイエンス (11)
●株式会社 FiNC (3)
●株式会社 富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー (1)
●株式会社 ベネクス (1)
●株式会社 ルネサンス (2)



豆 豆 知 識

もう少し詳しく、幾つかご紹介。
神奈川県人は絶対お得なのでご興味ある方はお試しあれ

神奈川県人以外の方にとっても、
“公的に認めれれた企業”のサービスは、
受けてみる価値があるかも!



1.味の素株式会社

血液中のアミノ酸濃度を測定し、
健康な人とがんである人のアミノ酸濃度バランスの違いを統計的に解析することで、
がんに罹患しているリスクを評価する新しいリスクスクリーニング検査を開発。

リスク評価できるがん
男性・・・5種のがん(胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん)
女性・・・6種のがん(胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん)

●アミノインデックス®がんリスクスクリーニング(AICS®)
定価から3000~8000円引き



2.株式会社サイキンソー

腸内細菌叢(腸内フローラ)を手軽に可視化(数値化)する
検査キット「マイキンソー」を開発。
・ビフィズス菌、乳酸産生菌、酪酸産生菌、エクオール産生菌の割合を判定。
・腸内細菌叢の多様性に加え、肥満と関わりがあると考えられている
ファーミキューテス門菌とバクテロイデーテス門菌の比率を表示。

●自宅でできる腸内細菌叢検査サービス【マイキンソー】
通常価格:18,000円(税抜)⇒特別価格:11,000円(税抜)
※7,000円分をVISA商品券にて還付



3.湘南ロボケアセンター株式会社

世界初のサイボーグ型ロボット、
ロボットスーツHAL®を装着してのトレーニングを提供中。

●HALFIT®トライアルプラス
ロボットスーツHAL®にアシストを受けながら、
立つ・歩くなどの動作を行なうトレーニングパック。
(一人一人に合ったトレーニングメニュー 他)



4.株式会社DeNaライフサイエンス

自宅で唾液を採るだけで、
がんや生活習慣病などの病気のかかりやすさの遺伝的な傾向について
調べることができる、遺伝的検査キットを開発。

●遺伝子検査サービスMYCODE
・病気(がん、心筋梗塞、糖尿病等)と
体質(長生き、肥満、肌質、等)の280項目の遺伝的傾向を知るフルパッケージ。


<特別価格>
ヘルスケア:通常価格:29,800円(税抜)⇒特別価格:17,880円(税抜)
がんパック:通常価格:14,800円(税抜)⇒特別価格:8,800円(税抜)



5.大草薬品株式会社
特許成分配合で唾液のバリア機能を強化する口腔ケアサプリ「オーラケア」

日本では35歳以上の約80%以上が歯周組織に何らかの異常を持っていることが分かっています。
『オーラケア』は特許成分オーラバリアを配合。
もともと持っている唾液の作用によりお口の中を健康な状態に保つ働きが期待される商品。

●サプリを割引価格で提供。
歯周病は万病の元。近年盛んに研究されている分野です。『アンの日記』のご紹介はこちら。




全世界に向けて放送された、
、「未病サミット神奈川2015 in箱根」についての
NHK WORLD特集番組はこちらから視聴できます。(2015年12月放送)【英語版、和訳版】
『超高齢化社会への挑戦~古代からの知恵があらたな未来を開く』
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531787/p988237.html

ヘルスケア・ニューフロンティア政策についてはこちら
『ヘルスケア・ニューフロンティア政策とは』(2015年11月18日)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p795742.html

株式会社ABC Cooking Studioが開発した、
「未病を治す」ための様々なレシピや、健康にまつわるコラムを毎月紹介。
株式会社ABC Cooking Studioが開発の「未病を治すレシピ」
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531787/p864037.html#2015march




KoKoRoの声


KARAOKE。
これは、かなり世界を席巻した。

ストレス発散の機器・システムという意味では、
もし今の時代に開発されたなら、
“未病産業”
に選ばれていそう。


KARAOKEも
『未病』に役立ちそう~






これまでご紹介した未病についてはこちら
『「未病」が商標ME-BYO~神奈川から全国に発信~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-178.html

『未病「ME-BYO」、神奈川から世界に発信~未病サミット』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-420.html

『どこまでが健康でどこからが病気かは分けられない!~未病ME-BYO~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-261.html

株式会社サイキンソーの『マイキンソー』検査を受けました!
『自分のタイプを調べる♪~腸内細菌の話~健康、美容に役立つ検査』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-572.html

米国のハーバード大学、マサチューセッツ工科大学の教授陣も
実践的で先鋭的と感心したという

という文章を読んで、
「ハーバードやマサチューセッツに誉められちゃうくらい凄いんだ~」
と、妙に感動してしまいました。

ハーバード大学のことも、
マサチューセッツ工科大学のことも、
本当はろくに知らないんですけれど・・・




昨春開設した産学官連携の最先端医療研究施設
ナノ医療イノベーションセンターiCONM:アイコン)』
は、各方面で高い評価を受けているようです。


ニコンや興和、ナノキャリア、富士フィルム、味の素、
東大、慶應大、国立がん研究センターなど20近い組織が常に情報交換しながら、
自由に研究開発に取り組んでいる
ナノ医療イノベーションセンターiCONM)の目指す姿は、
「21世紀の健康医療を支えるシリコンバレー」
だそう。

これまでSF の世界でしか語られることのなかった
「体内の微小環境を自律巡回するウイルスサイズ(~ 50nm )のスマートナノマシン」を、
診断と治療に必要な要素技術をあらかじめ作り込んだ
機能分子(レゴ分子)の自動会合によって創製し、
人体内の「必要な場所で・必要な時に・必要な診断と治療」を行う
「体内病院」の構築を目指します。

とのこと。
iCONM研究統括 東京大学教授 片岡一則氏ご挨拶より)




あまりに革新的過ぎて、
ちょっとイメージできない。。。




もっと簡単にテーマだけ読んでみると、
医療にかかる手間やコスト、距離を意識することなく、
病気や治療から開放され、
日常生活の中で自律的に健康を手にすることができる
「スマートライフケア社会」の実現がテーマ

とのこと。

ちょっとだけ分かってきたかな?カナ・・・ムズカシイ


とにかく、
実現したらすっごい事になりそう\(^o^)/




最初の成果は、ナノキャリアの膵臓がんの治療薬。
2017年秋以降販売予定。


応援してます。 フレーフレー




ナノ医療イノベーションセンターiCONM)施設の、
主要な研究内容等の詳細については
COINS(Center of Open Innovation Network for Smart Health: コインズ)HPをどうぞ
http://coins.kawasaki-net.ne.jp/index.html

マサチューセッツ大学の注目される研究を1つご紹介しています。
『iPadは実は高齢者にこそ利用価値が高い!~AgeLabエイジラボの研究とは?』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-458.html


日常生活の中で自律的に健康を手にすることができる「スマートライフケア社会」
は、、『未病を防ぐ』ことが大事。未病はこちらから。
『未病が商標ME-BYO~神奈川県から世界へ発信!』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-178.html

2016年2月5日 日本経済新聞
ナノ医療イノベーションセンター『先端医療に産学官連携』より

引き続き健康とかエイジングケアの話。

今更ながら、根本的な話。


健康とは何か?


WHO(World Health Organization/世界保健機関)によると、
健康とは身体的にも精神的にも社会的にも完全に良好な状態をいい、
単に病気がないとか病弱でないということではない。

とのこと。



この健康の定義は、WHO憲章の序文に記されています。
WHO憲章は1946年7月22日に、61カ国の代表者達により採択され、
1948年4月7日から効力を生じるものとなったそうです。


7月22日。
ちょうど70年前の話。



「病気でないことが、健康な状態を示すわけではない」
と言う考え方が、
70年も前からWHOで定義されて世界に発信されていた

ことに感動。



この考え方が、長きに渡ってなおざなりになっていたのは、
『国民皆保険制度』の発足(1961年)と関係があるかもしれません。


『国民皆保険制度』の発足から、
「保険の対象なのか」、「保険の対象でないのか」が、
健康か健康でないのかの基準になってしまったのかも。


2015年12月に義務化されたストレスチェック制度は、
本来ならずっと前に導入されるべきものだったのかもしれません。








WHOは、2000年に新たに
“健康寿命”と言うことばを提唱しました。
キイテ~

健康寿命は、日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、
自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のことです。


WHOの健康の定義から考えれば、
“健康寿命”の発想は当たり前な気がします。ムシロオソイ~




転じて、2016年5月19日、
世界保健機関(WHO)が最新の世界保健統計を発表。

男女合わせた世界全体の平均寿命は71.4歳

・女性は73.8歳、男性は69.1歳
・2000~2015年の15年間で5年延長。
(1960年代以降で最も大きな延び)

国別の平均寿命は、
女性の首位:日本の86.8歳。
男性の首位:スイスの81.3歳の。
(日本男性は80.5歳・6位)



人類の目標は、不老不死の達成ではなく、
平均寿命と健康寿命の差を無くす事だと思います。 



・・・てか、不老不死を願う人って、
よっぼど幸せなんだと思う。





豆 知 識

先日、
『正しいアンチエイジングの理解とその実践』
~講師:東海大学医学部教授 西崎泰弘氏~
を受講しました。

講義の中で使われた言葉、
オプティマスヘルスについて調べてみました。

オプティマルヘルスとは、
その人にとって「最高・最善の健康状態」という意味です。
これまで健康状態は、
病気と病気でない状態の二つに分けて考えるのが一般的でした。
しかし、予防医学の観点から考えた場合、
病気でないことは、必ずしも「健康な状態」を示すわけではありません。
一人一人、年代や生活環境によって身体の状態は異なりますが、
その人にとっての「最高・最善の健康」を保つためにはどうしたらよいのか?
それがオプティマルヘルスの考え方です。
とのこと。

素敵な考え方だな~と思ったので、
ご紹介。



生まれ持った体質もあります。
求める“健康”も人によって違うかもしれません。
皆さんにとっての「最高・最善の健康」を見つけられますように。




日本オプティマスヘルス協会
http://www.johs.jp/about/welcome.html

ストレスチェック制度の詳細についてはこちら。
厚生労働省HP『ストレスチェック制度導入マニュアル』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/pdf/150709-1.pdf



注 目
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 厚生労働省HPより(2015年1月現在)

【日本の国民皆保険制度の特徴】
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou
-12400000-Hokenkyoku/0000072791.pdf


※高額療養費制度 /
公的医療保険の給付内容についても記載

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『アンの日記』では、
未病を治すとか、1次予防とか、アンチエイジングとか
エイジングケア、ヘルスケアについてのご紹介をたくさんしています。
(それぞれが別物、ではないです。
微妙に重なってたり、境界線が霞んでいたり~)


『アンの日記』は、
片側顔面痙攣という病気で手術した方、手術を受ける前の方、
その他、治療中の方たちにご訪問いただくブログだから、
「既に病気だし!」
「もう、遅いから!」
と思う方もいるかもしれません。


それが正しいのかも。



でも、私自身は、
片側顔面痙攣は、病気というより障害だと思っています。
生まれつきなのか、途中からなのか分からないけれど、
“血管の位置が悪い”という障害。


片側顔面痙攣は、稀な病気と言われてしまうけれど、
片側顔面痙攣は、稀な“障害”。


そう思うと、
「食事が悪かったのか」
「運動が足りなかったのか」
「ストレスがいけなかったのか」etc.etc.
的な発想はしなくて済むようになります。
(なりました。)





たまたまおこった障害

障害がある時、
人は、その障害を治そうとする人もいる。
障害と向き合って、うまく付き合っていこうとする人もいる。


どちらにしろ、
その他、“できるかぎり健康でいられるように”
体調管理や、体質改善に努めるはず。

だから、
健康のための知識はある方がよい。

だからこそ、
『アンの日記』では、
未病について、一次予防について、エイジングケアetc.について
これからもずっとご紹介していこうと思います。




「どうせ私は病気だし・・・」
なんて思わないでくださいね。



治った皆さん、
絶対に再発しないよう、健康管理をしっかりしましょう!
私たちが再発しないことが、
これからの皆さんの安心につながります。ガンバロー




『アンの日記』を読んで下さる皆さんに、
“健康のタネ”が届きますように。
“継続は力なり”です。上手に育てていきましょうね~
 



“継続は力なり”を証明してる人がいます。
『継続は力なり♪~普通のおじいさんから教わりました~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-220.html

片側顔面痙攣の手術を受ける前に必ず確認してください
『微小血管減圧術(MVD)の手術の成功率をあげるKEY』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

ブログのサイトマップはこちら。
『片側顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛の皆さんへ~ご案内頁~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

いろいろお悩みの方は、私が手術を決心し、病院・医師を選ぶまでをご参考に。
『アンの日記のはじまり・・・』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-1.html




豆 知 識

世界のヘルスケア産業は、
今後5年の間に、3~5%の伸びを見せる

という予測があります。

企業の、先進国向けの取り組みは、
疾病ケアから健康維持に移ってきています。




例えば、
ジョンソン・エンド・ジョンソン

この名を聞くと、誰でもすぐ、
ばんそうこうとか、スキンケア製品とか、オーラルケア製品とか、
思い出すはず。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、馴染み深い製品の他、
製薬、医療機器、ヘルスケア関連製品を扱う、
本社は米国にある多国籍企業です。


総売上高は、
およそ消費者製品が20%、薬品と医療器具が40%ずつ。


世界60カ国に250以上のグループ企業を有し、
総従業員数約127,000名。


主要格付け会社全てでAAAの評価を受けている優良企業。
(世界でも2社のみ)

長期的価値を重視して、
年1兆円近い研究開発費を投資しています。


どこをどう取っても、
“大きい” “でかい” 




最高経営責任者アレックス・ゴースキー氏は、
質の高いヘルスケアを手ごろな価格で提供することが、
社会の最重要の課題だろう。
利益を慎重かつ、透明に使うことが大切だ。」

と述べられています。


ヘルスケア産業が、5年の間に、
どのくらい成長するのか・・・
どのくらい変貌するのか・・・
もう、さっぱり想像もつきません。



疾病に関しては、
日本では国民皆保険制度での平等が謳われています。
制度外の医療・健康関連費用は、
各自の財力に頼るばかりです。


ジョンソン・エンド・ジョンソンの株価、最高値更新しました。
どうぞ、この情報もお役立て下さいませ。





アレックス・ゴースキー氏とは?


ジョンソン・エンド・ジョンソン最高経営責任者。

経歴が面白い。
とっても興味深かったからご紹介しちゃいます。


ウエストポイント陸軍士官学校の卒業生で、
元特殊部隊アーミー・レンジャー。
加えて、ペンシルべニア大学ウォートン校でMBAも取得だって。
(野口英世は、ペンシルべニア大学医学部で学びました。)


ウォートンスクールは、
1881年に世界で最初に設立されたビジネススクール。
全米では上位5指には必ず選ばれています。

(日本人卒業生も多く、
1,000人をこえる日本人卒業生ネットワークがあります。)



アレックス・ゴースキー氏は、
体が強くて(元アーミーレンジャーだから)、
頭が良くて(ウォートンスクール卒だから)、
写真で見たところ顔も良い。


今の社会、面白い経歴を持っている人が、
すっごい事をするのかも。フレーフレー



他のジョンソン・エンド・ジョンソンの製品のように、
誰もが知っていて、誰でも買える、
ヘルスケアのための製品が沢山できますように!




2016年7月18日 日本経済新聞 グローバルオピニオン
『ヘルスケア、世界で成長』より
ジョンソン・エンド・ジョンソン最高経営責任者アレックス・ゴースキー