時々だった引くつき?ピクピク?ギュー?と言う眼の下の部分の動きが、
だんだん頻繁になってきた。


焦って、夫に訴えた。

「あるある。俺もあるある。」
「いつの間にか治まるよね。」


「うん・・・。」 



素直に返事をしたけれど、
その年の終わりにはちょっとストレスに感じてた。



ストレスで眼に痙攣が起きると言うよりも、
眼に痙攣が起きていることがストレスだよ! って自分に腹が立った。


『ストレス解消!』 
『疲労回復!』 
と言うけれど、一体何をしたらいいのかな?





2011年新年。
今年の目標は、もうちょっと要領よく生活すること。
もうちょっと長く寝なくちゃなー。
そろそろ年か・・・。
なんて考えてた。


今思えば、なんてお気楽。


まだまだ前向き。って言うか、
本当に全然心配なんかしてなかった。


たかがチック
でそんなに心配する人なんていないよね?


モデルじゃあるまいし。。。


スポンサーサイト
関連記事

2011年。
多くの人の心に、特別な意味で刻まれる年となった。



2011年3月11日、東日本大震災発生。
死亡者は、16000人近く。
ここ関東でも、家族、親戚、友人知人を失った方々がいた。
本当に悲惨な出来事だった。


そして、日本全体が一体となって、
復興、復旧に向けて皆が出来ることをしようと心を合わせていた年だった。


私たち家族も、
「何ができるか?」
「何をすべきか?」
自分ができることを、自分たちなりに考えた。


私たちがした日々の節電や節約は、本当に微力だったけれど、
できるだけの事はしたと思う。

そして被災地への寄付。
阪神大震災の時の10倍の金額を寄付した。
サラリーマン家庭にとってはかなりの額だった、と思う。



夫も私も現地に赴きたかったけれど、
夫の仕事は毎日忙しく、日本にいないことも多かったし、
私の痙攣も頻発していたから、
知らない場所、知らない人に会ってお手伝いできる気がしなかった。



その点、義母は本当に偉い。
80歳になろうと言う年なのに、自分で現地に行って、
タオルセットを配るなどの活動をして来ていた。



「何ができるか」って、
本当は”何をしようか
決めて、実際に行動する”ただそれだけの事
なんだと思う。

しようと思えばできるのに、
理由を、言い訳を作って何も行動しなかった自分が恥ずかしい。




そんな気持ちが大きくなっていたからか、
眼が引くつくとか痙攣するとか、ギューとなるなんて事で苛ついたり、
気が滅入ったりする事はなかった。



人って、幾つもの事にいっぺんに気を取られたりできないものだ。
一番痛いところにだけ意識が集中する。
すごーく痛いところがあると、そこばかりが気になって痛む。
そして、そこが治ると、違う二番めに痛かったところがすごーく痛むようになる。
それと同じ。




心がとても痛んでいたから、
眼のことはあんまり気にならなかったんだと思う。
或いは、そんな事を気にするのが情けなくて記憶に無いのかも…。


とにかく、2011年を振り返る時、
不思議と痙攣について細かい事は何も思い出せない。
関連記事