今日で、片側顔面痙攣という症状で微小血管減圧術手術を受けてちょうど1ヵ月。

だからどうよ。って話なんだけれど・・・。
だからどうよ。って話だから、今日は土曜日だけれど誰も家にいなかった。

特別な日ってわけではないけれど、自分的にはちょっと嬉しい日だな。って思う

手術前には、かなりの覚悟を持っていた。
ふつう「良くなれる」自信を持って手術を考える人が多いのだろうけれど、
私の場合は、
「努力を続けることに疲れてしまった。」
「違う展開が欲しい」
って感じだったのだと思う。

自分のことなのに「・・・と思う」って書き方は変かな。
でも、人間って、自分の事を、自分の思考回路を、自分の気持ちを
いつも明確に分かってるわけじゃない。

あの頃の私は、いつもの私に比べてかなり“混乱”していたんじゃないかと思う。
(両側に痙攣を感じてきて、“冷静”の限界を超えちゃったのかな
多少の障害が残ろうとも、とにかくその時の状況を変えたかった。
症状が悪くても、(通院を)2年は頑張るって決めてた。
(この頑張りはOKて思ってた。この辺が既に混乱


術後本当に容態が悪かったら、実際はどう思ったんだろう?
手術をしたことを後悔したのかな?
先生を恨んだのかな?

そうならないように、熟考に熟考を重ねた。
後悔したり、責任転換したり、自分はそんな人間じゃないと思ってる。
でも、ほんとのところどうだったのか。
今となっては分からない。

今回の手術は、自分という人間を試される時ではなかったらしい。


私は、この時点で、とっても体調はいい。    
多少痙攣は残っているけれど、さほど気にならない。
退院後から続けている1時間のお散歩は、距離がほぼ倍になった。
もう周りの人と変わらない速度で歩ける
手術創(=傷跡)はちょっとピリピリするけれど、
炭酸水を飲んだ時に、喉がピリってする、あれと同じ程度。

重い物を持つことと、パソコンを長時間することだけが、今制約を感じることかな。

こんな感じで、かなり調子がいいから、自分一人でお祝いをすることにした。

東京都渋谷区にある表参道の根津美術館に行ってみた。
折角の表参道だから、おしゃれをして行きたかったけれど、ここはペタンコ靴で我慢した。
一応まだ通院中の身だから。

根津美術館は、その庭園の美しさでも有名だ。
なので、美術館&庭園とちょっとした距離を歩くことになった。

全く問題なし。
痙攣のことも全く忘れていた。

雰囲気が良くて、人気の理由が分かった。
ただ、特別お気に入りのものは見つけられなかったけど。

今日一番の収穫は、庭園の美しさだった。
自分に自分で ≪
花束よりずっと大きなお花達を平穏な心で愛でた。

2014年5月3日。根津美術館の庭園にて。   根津美術館。たくさんの燕子花を愛でる。   根津美術館。術後一ヵ月のお祝い♪今日の私のビタミン

スポンサーサイト
関連記事