第4回
『モントル―・ジャズ・フェスティバル・ジャパン・イン・かわさき』
が開催されました~



本家本元のモントルー・ジャズ・フェスティバルは、
スイスのモントル―&レマン湖周辺で毎年7月に行われる、
欧州最大、世界で2番目の規模を持つジャズフェスティバル。


今年2014年は日本とスイスの国交150周年で、
夏にはスイスのモントル―では
「ジャパンデー」が開催されていたそうです。ヘエ~







本日のグランド・フィナーレの目玉は、
ORIGINAL PONTABOX / エリックミヤシロ EM BAND。
モントルー・ジャズ・フェスティバル(スイス)出演アーティストたちの豪華共演!


エリックミヤシロ氏から成るEM BANDは、
“日本国内最高のメンバーで結成されているビッグ・バンド”と評されているし、
ゲスト出演の本田雅人氏は“天才”と呼ばれるアルトサックス奏者。
そしてPONTABOX村上PONTÅ秀一氏は、
知らない人はいないと言うほどの日本を代表するトップ・アーティスト。
その他、とにかく凄いづくしのアーティストたちが共演しています。




私はジャズ音楽に対する知識は何もないのですが、
観るたび聴くたびに、
「ジャズを弾く人たちは音楽を楽しそうに奏でるな~」
と思います。


仲間のソロパートの間も、
思い思いにリズムをとっていたり、
仲間とアイコンタクトをとっていたり・・・
まるで誰かの家の居間にいるかのように、
皆さん寛いでいるように見えます。
なので、会場の雰囲気もなんだかアットホーム
(コンサート会場:昭和音楽大学テアトロ・ジーリオ・ショウワ)


耳に心地よい、
心に温かいコンサートでしたブラボー






◆KoKoRoの声◆

温かいコンサートの中で、
ORIGINAL PONTABOXメンバーのピアニスト佐山雅弘氏が、
今月胃がんの手術をしていたことを発表されました。


帰宅してから佐山雅弘氏のブログを覗いてみたら、
「スキルス性胃癌・第二ステージ」「胃の下部2/3を摘出」と記載。
本来なら完全復帰にはもうしばらく掛りそうな病状です。
(前の写真と比べると随分痩せられていました



なのに、演奏中の佐山雅弘はとにかくパワフル!
全身を使ってお腹も背中もひねりまくり、
時には踊るようにダイナミックな演奏を繰り広げていました。



まさか、手術を受けたばかりだったなんて!
しかも、胃を2/3切除だとか。




音楽治癒力をアップする」とはよく効きます。
音楽家は、毎日毎日自分自身が音を紡ぎ出しているから
治癒力が最大限に発揮されるのかもしれません。

そう言えば、昔、雅楽の東儀秀樹氏は、
自身の癌が治癒できたのは音楽のおかげかも・・・
とおっしゃっていたのを聞いたことがあります。



音楽と治癒率・治癒力
侮れない気がします


注 目
医師の誤診!について佐山雅弘氏がブログに書かれています。
是非知って欲しいこと
 「胃カメラはすぐ飲もう。痛くも怖くもないから」
 睡眠導入剤を使ってもらえば”眠いかな?”と思ってる間に済む

という言葉は皆さんのお役にたちそうです。佐山氏ブログ
「Sayama Masahiro Official Site 佐山正弘 ブログ」




私が受けた医師の誤診他。最善の病院・医師を選んでいただくために
「医療ミス・誤診~病院の質・医師の腕」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

専門医たちは「胃がん検査にバリウムは不適切」と感じています
『日本人には大問題~もっと知ろう胃がんとピロリ菌~公開講座』Part.1
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-161.html

音楽の持つ力について書いています。治癒力アップのために
「ハイレゾ音源による自然音・癒し系音楽♡治癒力アップ」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-138.html

スポンサーサイト
関連記事

9月から通い始めている、
ル―シ―ダッドン  のご紹介をしようと思います。
(RusieDutton)


友人から「簡単なヨガみたいな健康法と誘われて通い始めたお教室ですが・・・
今、(ほんとにたった今!)調べたら、全然ヨガと関係ありませんでした。


てっきり、ヨガを習っているんだと思っていたのに・・・
私って、実は結構こんないい加減なところがあります。


気をとりなおして・・・

今気に入っているル―シ―ダッドンをご紹介します。
一言でいうと、タイ式健康法(タイ式ヨガでした


■【特徴と効果・効能】
(日本ル―シ―ダットン普及連盟 公式サイトより)

インドヨガに見られる体の柔軟性や、アメリカ式ヨガ(パワーヨガやピラティスなど)の様な筋力・体力を要求されるポ―ズがほとんど無い
幅広い層が気楽に参加し、長く楽しみながら健康を維持できる。

独自の呼吸法(伸ばす時に吸う、ポーズで息を止める、戻す時にゆっくり吐く)
リラクゼーションをもたらすだけでなく、体の温度を内側から上げ、血液循環を活発にする効果がある。

体全体の血液やリンパの流れに最も影響する『足』を重点的に鍛え、刺激するポーズが多い
足痩せや、お腹周りのダイエットにも効果的。

血流を活発にする事は、タイ伝統医学が最も重視する健康効果。




ル―シ―ダットンは、タイ保健省直轄のタイマッサージ師養成学校において
『マッサージを施される機会が少ないマッサージ師が、自己の体調管理および精神安定の為に必ず身に付けなければならないもの』 とし、必須プログラムとして組みこまれています。


とのこと。
何だかちゃんとしてそう。
益々気に入りましたー。


目に見えるほどの体の変化は、レッスン継続後。(に、くるはず!)
血流の変化(?)、リンパの流れ(?)の様なものは、レッスン中に直ぐに実感。
サ―っと流れる感じが、初めての感覚で面白い
体の中がじわじわ温かくなってくるせいか、
どんどん可動域が広がって、ちょっと柔らかくなった錯覚すらしてきます。
(実は、体がすっごく硬いんです。


そして、何と言ってもリラックス効果
日頃、
「ぼーと頭を休める。」
「何も考えないで寛ぐ。」
なんてことができない私。
レッスンの間は、ポーズと呼吸に集中していて一心不乱
考えないって、実はリラックスに繋がるんですね

私の場合、
レッスン途中から激しい睡魔が・・・

総鏡張りみたいなお部屋で、
自分の痛々しい姿を見つめているのに、
(先生はお美しい。何故か私がやると痛々しい。。。)、
なんで眠くなるのか・・・。


今日は、最後に横になって呼吸を整えている最中爆睡。
もちろん、ほんの数分間ですが。。。
静かに寝ていたならいいんですが・・・自信がありません。

が、
寝ていたのは私だけではなかったようで、
「今日のポーズは、特に眠くなるんですかね~?」
「前の時間でも、たくさん寝てらっしゃいましたよ~。」
と講師の方のコメント。


いや~
スッキリしました。

本当は、”目に見える体の変化”があってからご紹介しようと思っていたのですが、
あんまり気持ちがよかったので、早めにご紹介。


血流を活発にする・デトックス効果があるとされる健康法をした後は、
人によってはだるくなる・酷く疲れる・極めて眠くなるなんてことがあるようです。

ヨガやル―シ―ダットン等をこれから始める予定がある方は、
開始時は、予定を詰め込まず、レッスン後はゆったり過ごすべし。


今日の私の実感は、
続けていると、なんだかもっといいことありそう

これからも、右側の片側顔面痙攣が再発しないよう、
左側の痙攣が進行しないよう、
自分でできることをみつけて頑張りたいと思います。





ル―シダットンの素敵な先生と生徒さん。素敵な言葉をご紹介
2015.04.07 「ル―シ―ダットン(タイ式ヨガ)~体も心も美しく」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-254.html

RUSIEDUTTON は、全国展開されているようです。ご興味のある方はこちらから。
日本ル―シ―ダットン普及連盟 公式ウエブサイト

関連記事

今日2014年12月3日13時22分04秒。
小惑星探査機はやぶさ2が、
鹿児島県の種子島宇宙センターから発射されます。




はやぶさ2の打ち上げがカウントダウン「はやぶさ2特設サイト」
ライブ中継パブリックビュー「打ち上げパブリックビューィング一覧」
各メディア情報「はやぶさ2打ち上げライブ中継」






日本のオンタイム率は抜群です。
時間にはスタンバイをして、発射をお見逃しなく!
(今回は11月30日発射が、
天候の影響を考慮して延期された上での発射予定)

NEW
 
日本のオンタイム打上率は94.1%。
アメリカやヨーロッパが75%以下なので、日本がダントツです。
日本のものづくり技術や、用意周到な準備に支えられた
「時間を守るロケット」が、世界から信頼されつつあります。

とのこと。
経済産業省HP60秒解説】より
(2015年12月14日更新)



ところで、
2010年6月13日に地球に帰還したはやぶさのことは、
まだご記憶にありますか?

元々2003年に地球を出発2007の帰還予定。
2005年に目的地「イトカワ」に到着したのに、
交信が途絶えて一時期帰還は絶望視。
その分、2010年の帰還時には大きな話題になりました。ブラボー


帰還カウントダウンが配信されていたので、
はやぶさくん、頑張れ!」
と帰還を応援していた皆さんは、
むしろ帰還前の方が興奮していたかも。



2010年、
地球に帰還したはやぶさくんは、
地球の大気圏に突入し、いなくなってしまいました。
地上まで辿りついたのは内部カプセルだけ。


そして今回、はやぶさ2は地球に戻らず、
小惑星のサンプルだけを再突入させると、
そのまま次のミッションに向かう予定だそうです。
働きものです。。。


はやぶさ2の地球再接近は、
2020年の予定。


応援してます。フレーフレー


今後もはやぶさ2の情報はこちらから。
「はやぶさ2特設サイト」
http://fanfun.jaxa.jp/countdown/hayabusa2/

はやぶさ2応援はこちらのサイトからもできます。
『HYABUSA2』
http://hayabusa2020.jp/




豆 知 識

はやぶさ帰還後は、映画が何本も制作されていました。
JAXAの職員、その他関係者、その家族の方々がどれほどの苦難を乗り越え、
この難しいミッションを成功させたのか、
素晴らしい『チームプレー』が映像化されていました


「チームプレー」
は日本人の琴線に触れる言葉だと思います。
「チームプレー」を見たり聞いたりするとつい応援してしまいます。
元々興味がなかったことでも。



JAXAのチームの熱い想いは、こちらから。
小惑星 「はやぶさついに帰還」
http://www.jaxa.jp/article/special/hayabusareturn/index_j.html

誰でも応援団になれます。
JAXAチームプレーの応援・寄付はこちらから。
宇宙航空研究開発のためのさらなる発展のために・・・
http://www.jaxa.jp/about/donations/index_j.html

夢があってわくわくするキャンペーンもありました。
JAXA「星の王子様にあいにいきませんか」
http://www.jspec.jaxa.jp/hottopics/20130329.html
「自分の名前やメッセージを、
未知の小惑星「1999JU3」にターゲットマーカーとともに残す」
というキャンペーン。(無料企画)




JAXAは、たくさんの夢のあるプロジェクトを企画中。
何かのプロジェクトにちょっと参加して(或いは寄付して)
一緒に夢をみるのは楽しそう。



「夢をみる」「夢を持つ」は、治癒力を大きく高めそうです。
自分の夢が見つからない時は、『夢企画』に参加するべし


宇宙開発は、病気や経済問題を解決できるKEYとなる分野でもあります。
「宇宙ステーション・ロケットにおける夢・きぼう~病気との関連から考える」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-148.html

日本のチームプレーは宇宙だけではないです。新幹線も頑張ってます。
術後の新幹線利用についても記載。
『世界に誇るメイド・イン・ジャパンを輸出~新幹線~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-466.html
関連記事

はやぶさ2打ち上げ成功
はやぶさ2くん行ってらっしゃい~」




はやぶさ2
を応援するのは勿論のこと、
同時に忘れてはならないのが、
はやぶさ2を搭載した“H-ⅡA26号機”
の存在です。



はやぶさ2への期待は、
「生命の起源、太陽系の誕生や進化のなぞの解明」という学術的なもの。
国産ロケットH-ⅡAへの期待は、
宇宙ビジネス市場で“日本の技術の結晶”をアピールすること


国産主力ロケットH-ⅡAは、
宇宙ビジネスでの日本の存在感を高めるために、
メイド・イン・ジャパンとして大きな期待を背負っています。







世界では、
宇宙ビジネス競争が一段と激化しています。



米国では、
NASAは、ロケット打ち上げの一部を民間に委託。

民間企業が“ロケット打ち上げ事業に参入し始めました。
2013年、米国スペースX社はロケットファルコン9で
打ち上げの請け負いを約70億円で開始。
欧州のロケットアリアン5の打ち上げ費用約190億円と比較すると、
驚くほどのバーゲン価格です。





日本も、国産ロケットH-Ⅲ(2020年度打ち上げ予定)は、
現行100億円からの半減をめざしているとのこと。

日本が、宇宙ビジネス市場で成功するために、
JAXAの益々の活躍に期待したいですね~


※ただし、米ファルコンはここのところ失敗が続き。
打ち上げ成功率77.8%





補 足~こちらも
   
国産ロケットH-ⅡAには、
はやぶさ2の他3基の衛星が相乗りしていました。
どの衛生も、携わった皆さんの夢と共に奮闘中

「しんえん2」(九州工業大学など)
「プロキオン」(東京大学など)
「アートサット・ツー・デスパッチ」(多摩美術大学など)



NEW~2017年3月17日追記~
  
2015年3月26日  H-ⅡAロケット、打ち上げ成功。
22回連続成功達成。成功率96.4%
国際的信頼性の目安とされる95%を維持。

2015年 8月20日時点
H-ⅡAロケット、H-ⅡBロケットの合計打ち上げ成功率は97%
(32/33回成功)



2017年3月17日
H-ⅡAロケット、打ち上げ成功。
27回連続成功。成功率約97%達成
 

前回の打ち上げから最短52日後の成功。
打ち上げ間隔の一層の短縮が課題。




★KoKoRoの声★

2010年のはやぶさ帰還時。
JAXA相模原キャンパスに行ってみました。



一人で行った私は、同じく一人で見学していた
年配のおじい様とお喋りしながら見学。


「戦艦大和」の展示物の前で(何故か展示?)、
「いや~信じられないよね。
ちょっと前に大和を造っていたのに、もう宇宙だよ!」

っとおっしゃるので、
「私は、宇宙戦艦ヤマトを見て育ったので、
まだ自分が宇宙にいけないのにビックリです。」

とつい正直に応えてしまいました。


おじいさんの驚いたこと驚いたこと。
よほど私の感想が衝撃的だったんでしょう。


おじいさんと私の年の差は、30歳位しかありません。
30年という年の差で、
こんなにも「宇宙」というものへの感覚は異なるんですね~


この日は、
JAXA相模原キャンパス正面にある相模原市立博物館の
プラネタリウムで上映中の
「HAYABUSA-BAUC TO THE EARTH」~帰還バージョン~
を観ることができました。


「はやぶさ」の打ち上げに関わる人々を描いた映画が幾つも上映されていますが、
「はやぶさ」に感情移入できるこちらの映画が、個人的にはお薦め。
どこかで観る機会があったら、絶対ご覧下さい!






宇宙開発と病気治療は、実は関係が深いです
「宇宙ステーション・ロケットにおける夢・きぼう~病気との関連から考える~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-148.html

私の微小血管減圧術の手術の際のチームプレーはこちら
「片側顔面痙攣 M記念病院~③手術のイメージはF!チーム!」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-86.html

H-ⅡAロケットについてはこちら。
JAXA 宇宙輸送ミッション本部
http://www.rocket.jaxa.jp/rocket-engine/rocket/h2a/

JAXAのチームプレーが応援できます。
宇宙航空研究開発のさらなる発展のための支援
「ふるさと募金」で美味しいものをもらうと嬉しいけれど・・・
「ちょこっと募金」で夢を見るのは更に嬉しいかお。

その他、ロケット打ち上げに興味がある方はこちら。分かりやすい
サイト内「宇宙事業」もクリックして見て下さい。サイトが充実
三菱重工業 MIH打上げ輸送サービス


2014.12.04 日本経済新聞 「欧州ロケット 費用半減 価格破壊世界に波及」より。
  2014.12.04 日本経済新聞「はやぶさ2 打ち上げ成功」より
関連記事

いきなりですが・・・

脳神経外科手術後2年以内は、てんかんが発症しやすい。
そんな事実があるそうです。

開頭手術後にてんかん症状のおこる頻度 約10%
脳腫瘍の開頭手術後          20~36%(2年以内)
重傷の頭部外傷後                                 15~30%(2年以内)      

なんて数字も挙げられています。
脳神経外科での手術って・・・
脳梗塞、脳溢血、脳腫瘍etc.聞いたことのある病名だけでもけっこうありそう。

心配になってしまいますが、開頭手術後のてんかん発作に対する対策として、抗てんかん薬の投与という方法があります。

その他、例えば年間約 1000 例の脳外科手術を手掛ける東京女子医科大学では、
手術直後のてんかん発作の抑制を目的に、ホスフェニトインナトリウム注射液(以下、ホスフェニトイン)投与に係るパスを作成。手術に伴い、多少なりともてんかん発作が生じる可能性のあるすべての症例を対象に、ホスフェニトイン投与をルーチンで行っています。
(東京女子医科大学病院「脳神経外科後のてんかん発作の予防」参照)

なんて記述もみつけました。
ちょっと難しいかな
開頭手術後に心配なてんかん発作ではありますが、どうやらきちんと対応策も考えらているようです。

・・・とここまでは、一般的なお話し。

では、片側顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛患者さんが対象の微小血管減圧術の場合はどうでしょう?

微小血管減圧術を受ける場合、開頭手術後にてんかんの予防は必要ありません。


最初から心配されてない。
微小血管減圧術は、てんかん発作を心配する必要のない手術なんですね~

【理  由】
てんかん発作は、ほとんどの場合「大脳」に起因する。
・手術で大脳をさわる。
・少しでも損傷を与えた可能性がある場合(脳腫瘍の手術で正常脳と腫瘍の境界を分ける等)
微小血管減圧術は、「小脳」しか触らない。小脳を起因とするてんかん発作はない。


 注 意 
  
脳神経外科で大脳を触る・損傷を与えた可能性がある手術を受けた場合は、どんなにお元気そうでも、数年は「運転はしてはいけない。」場合が多くあります!
ついつい退院後元気になると、本人は病院での諸注意は忘れがちになると思いますが、そんな時、こんな情報を持っていれば周囲の人間が上手に注意を促してあげられますよね。


そして、てんかん発作の心配のない微小血管減圧術の手術後は、「運転制限はなし」ということになります。
ただし、私の場合、暫くの間は手術創が痛んで後ろをふりむけなかったので、車の運転は控え目にしていましたが。
私の経験もご参考まで。


今日はお仲間さんからの質問を受けて、「開頭手術後のてんかんについて」調べてみました。

これから微小血管減圧術をお考えの皆さんは、「てんかん」については心配されずに手術に臨んで下さいね。
「ストレス」がないこと、不安がないことが何よりも治癒力をアップさせるようです。



手術後の体調が気になりますよね。
私の退院後の様子をまとめた頁はこちら。あくまで“私の場合”です。
2015.06.026「退院後の片側顔面痙攣~術後の症状/術後の体調のまとめ」

幸福感が強いと治癒力があがるそうです。ご参考に!
2014.09.11「ストレスホルモン退治~コルチゾ―ルと治癒力
執刀医への信頼も治癒力を高めるそうです。こちらもどうぞ!
2014.09.09「信頼~師弟関係♡医師と患者~」

日本未病研究学会なるもののサイトを開いたら、いきなり
 未病と言う言葉は、日本語には有りません。
広辞苑、現代用語辞典、イミダス等にも掲載されておりません。
と言う文言が目に飛び込んできました。


日本未病研究学会が学会名を登記しようとしたところ、
法務局の登記官が、

未病は、日本語ではありません。」
「登記は日本語でなければできません。」
と説明してくれました。

とのこと。



どうやら、
未病は日本語ではないらしいです。

未病
良く聞く言葉のような気がしていましたが。




どうゆうこっちゃ




恐らくは未病という言葉を一般化したと思われる(私見です)
某会社さんのサイトを覗いてみたら、
未病の説明がありました~。


未病=東洋医学の病理概念の中にある言葉

病気と言うほどではないけれど、病気に向かいつつある状態のことです。
例えば、手足の冷えや体の疲れ、胃腸の不調。それは病気のサインかも知れません。
未病は病気と言うほどではないけれど、健康でもない状態のこと。
健康診断や検査などで異常がなくても、
自覚症状がある場合は、未病の状態である可能性があります
とのこと。

とても分かりやすい説明で、
未病の定義が明確になりました。







神奈川県が、
この未病を商標ME-BYOとして使用許諾制度を開始します。
目的は、未病の概念を広く普及させ、関連産業を育成すること。

使用許諾を得るには、
県に書面を提出し審査を経る必要はありますが使用料は不要



企業が広告やHPなどに表示することを認め、
ME-BYOのブランド化を図るほか、
さらに協賛企業の拡大を進めていくそうです。





今夏「未病産業研究会」を発足し、
富士フイルム味の素など医療関連企業を中心に
既に110社・団体が参加しています。

なるほど
県が概念の浸透に協力し、
企業が概念を実践するための具体的提供をする。
県民は健康になり企業は儲かる、って構図かな。

いいことづくしのように見えます。
計画通りにいきますように。









「未病」は日本語にはないそうですが、加えて・・・
「未病」は英語にも該当する単語はありません。


「EDAMAME」「TOFU」「TUNAMI」「KARATE」「KARAOKE」etc.
今や、日本発の言葉はたくさんあります。
日本発「ME-BYO」も海外に広まるといいですね。



あ、
「未病」は日本語にもないそうですけどね。ムズカシイ~




ME-BYO(未病)は2016年注目の活動です!
『未病 「ME-BYO」、神奈川から世界に発信~未病サミット~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-420.html

『こどまでが健康でどこからが病気かなんて分けられないよね~ME-BYO』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-261.html

『健康寿命を延ばすための取り組み~ME-BYO(未病)~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-443.html



豆 知 識~日本経済新聞より~

2015年10月16日

神奈川県は、2015年度のモデル事業を10件採択。
味の素『アミノインデックス』、DeNAライフサイエンス『マイコード』など。
詳細はこちら未病産業研究会HOME


2015年5月27日
神奈川県「ME-BYO」ブランド1号が決定しました。
スマートフォン向け音声解析システム開発キット『ミモシモ』
メンタルヘルス改善を期待される商品で、
神奈川県では、県の職員向けに導入を検討中とのこと。

電話での解析を通じて声を分析し、ストレスや抗うつ状態をリアルタイムで掴める。
長期的に計測することで、「通常」と「振れ幅」が自分でわかる。



ストレスについて書いています。お時間がある時に
「ストレスの日本語訳って知ってますか?~身近すぎて見えない」
20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-199.html

これまでご紹介した未病についてはこちら
『どこまでが健康でどこからが病気かは分けられない!~未病ME-BYO~』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-261.html


『未病「ME-BYO」、神奈川から世界に発信~未病サミット』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-420.html

『未病「ME-BYO」関連商品・サービスの割引~神奈川県発ME-BYO(未病)』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-440.html

株式会社サイキンソーの『マイキンソー』検査を受けました!
『自分のタイプを調べる♪~腸内細菌の話~健康、美容に役立つ検査』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-572.html


2014.12.03 日本経済新聞「商標の活用に道」より
2015.05.28 日本経済新聞
 『県、未病ブランド認定~第一号「声でストレス把握」に~』より

神奈川県の取り組みはこちらからどうぞ。
「未病産業の創設に向けた取り組みが始動します」
未病の説明はこちらサイトを利用させていただきました。
薬用養命酒「未病」とは 

関連記事

「日本は、世界でもっとも速い軌道にある。」

とはいったい何のことでしょう

再生医療商業化にむけての動きのことでした。

日本が“最も速い”なんて言われたのはいつの頃ぶりでしょう?
「独自性」とか「新分野」「最先端」なんて言葉では、「装飾」されることのある日本の研究や技術etc.
素晴らしいもの・ことって、人さま(国外)から評価なんてされなくても、よーく(?)分かってます

ですが、その素晴らしい研究・技術を、“商品化・実生活に応用”する段階で、ヘマっちゃうこと、多いみたいですよね。日本って。
何でだろう???
理由はいっぱい。
色々な学者さん、経営者さんが考察・検討・解説?されています。

色々な理由のうちの大きな一つに“法制度”があります。
概ね日本は遅いみたいです。“法制度の改革”
“新しい”ものに対応するためには、制約する制度を変える、推進する制度を制定するって作業をしなくちゃならないのに・・・。
「スピード」って、時として何にも優る「成功因子」となります。


今日の新聞では、日本の苦手中の苦手、「制度の改革・推進」が、世界でもトップスピードで行われ、結果、「世界の再生医療の目が日本に向いている」状況が記事になっていました。

日本での共同開発パートナーを探している、米ナスダック上場のバイオ企業プルリステム・セラピューティクスの言葉。

再生医療商業化に向け日本は世界で最も速い軌道にある」
(嬉しいから2回書いちゃいます

って、物凄い褒め言葉だと思うんですが、違いますか?


再生医療企業が注目する法】

2014.11.25「医薬品医療機器法(旧薬事法)
薬事法改正つにつては厚生労働省こちらの頁薬事法等の一部を改正する法案について
2014.11「再生医療等安全性確保法」施行
再生医療については厚生労働省のこちらの頁再生医療について

制度改正後

日本では、安全性が確認できれば、有効性が推定される段階でも再生医療品は事業化承認を得られる。

よって、世界の製品化を急ぐ再生医療企業の目が向いているんですね


軌道に乗ったくらいで安心していてはいけないことを、既にはやぶさでも経験している私たち。(全然身近で無いたとえでした
この好機を逃さないよう、さらなる制度改革も必要なようです。


再生医療については、今後も積極的にご紹介したいと思います。
“再生医療”は誰もが使える魔法の杖になるはずですから。


今は“難しい”と言われる治療も、近い将来、簡単にできるようになるかもしれません。
今、辛い状態の皆さんにも、ちょっと明るい光をお伝えできていますように

2014.12.12 日本経済新聞 「追い風と旧弊のはざまで」先端技とルール より


新 情 報

2014年12月 再生医療などで細胞を培養する時に使うバイオ材料を研究用に販売。
●従来品より安全性が高い
●加工しやすい

再生医療が普及した際には、標準的に使われる製品となることを目指す!

関連記事

ブログを書き始めてから気づいたこと。

「必要な時に必要な言葉に遭遇するんだな~。」
ってこと。
もしかしたら、私だけかもしれませんけれど・・・。



ここのところ、
平等』について『考えざるおえない状況』していたら、
タイムリーに『平等』についての記事を発見しました。

愛読新聞(?というか、これしか家にないので)の
私がとても好きな連載のひとつ。
「やさしい こころと経済学」「第6章 男女の行動の違い」7
(2014.12.12 日本経済新聞  一橋大学準教授 竹内 幹氏著)

社会的選好の中でも、性差が顕著なのが不平等回避です。
女性の方が不公平を回避し、
自分の分け前が減っても、
他人と平等に謝礼を分け合おうとする行動が繰り返し観察されています。

とのこと。

「女性の方が平等重視」
「女性の方が正直という実験結果もある。」
とも書かれていました。


平等」の概念・行動に、
性差が存在するなんて考えたこともありませんでした。
が、こんな結果を見ると、
「女性の方が社会的」
「女性の方が民主的」みたいで、優越感に浸れました~。



とは言え・・・
「きっと男性陣は、外の世界で戦って、
少しでも多くの戦利品を家庭に持ってこようと孤軍奮闘しているに違いない。」
と考える方が、
賢い女性なのかなとも思います。


詳細は省きますが、
この他実験結果は以下の通り。

男性の55%がウソをつく一方で、
女性は38%しかウソをつきませんでした


ふ~ん。
そうなんだ。
でも・・・

男性の方がウソをつきやすくても、男性のウソは女性にはどうせばれる。
女性の方がウソをつきにくくても、女性のウソは絶対男性にはばれない。

な~んてことも女性なら考えそうです。



「社会的選好の性差」について、
経済学の見地から解説された、竹内幹氏の分かりやすい文章を読みながら、
あらぬ方に思考が飛んでいってしまいした。。。
結構 “真理” をついた考察のような気がしますが、
皆さんはどう思われますか?



ばれるウソをついてるうちは、可愛いもんです



これ、一般的な話ですよ。
念のため。




KoKoRoの声

実験結果が出ているので、
この情報はそれなりに信ぴょう性があるんだと思います。
ただ・・・
敢えて言うなら、
「女性」「男性」「母性」にジャンル分けした方が正確な実験結果がとれる気がします。

“個人としての女性” と “母としての女性”
は、別の生き物の様な気がします。



“個人としての男性” と “父としての男性” に違いについて 
は、夫を見ている分には、全く違いは感じませんけれど・・・。




医療の平等が認められていることは、とても大きな恩恵だと知っていますか?
『平等とは?~見える平等、見えない平等~フリーアクセス』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-180.html

平等と便利は反比例?
『不平等の上になりたつ便利~平等と便利は反比例?』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-449.html
関連記事

患者の幹細胞を培養して
本人に再移植する方法で神経再生に挑む


動物では既に成果が得られており、
臨床試験(治験)によるヒトへの効果検証も進む

との新聞記事。


神経細胞は再生するというのは、
もはや常識。
専門家の論文ではなく、
新聞紙面にも何度も書かれています。
『アンの日記』にも既に話題にしました~



神経細胞は再生するという事実を、
いかに臨床の現場で活用していけるか』が、
現在の課題のようです。



今回の記事では、
幹細胞は体内の傷ついた場所に集まる性質がある。
再移植された幹細胞は脳や脊髄等の患部にも
自然と集まり、血管が新生し、神経細胞が再生される

とのこと。


つまり、
自分の細胞を培養し、自分に戻し、
それが自然に患部まで移動してくれて治っちゃう!

と言うことですね!


何だか、魔法の治療方法みたいです。



幹細胞は脳内の患部まで到達できることが分かっているので、
静脈内への投与でも成果が得られるとのこと。
(脳内治療のケース)
幹細胞の採取時間10~15分(局所麻酔利用)
培養後の投与時間30~60分

この程度の負担なら、
「簡単な治療」と言える気がします。


継続的な治療を受けていると推測される
脳血管疾患(脳出血や脳梗塞)患者数は133万9,000人(2009年調べ)。
そして同様に治療が期待できる脊髄損傷患者数は累積で10万人超

長期療養を余儀なくされている多くの患者さんのために、
iPS細胞やES細胞とは違った観点から、
神経細胞の再生は、
2018年以降の実用化が目指されています。






実際に研究しているのは、
札幌医科大学の医学部付属フロンティア医学研究所
本望修教授らの神経再生医療学部門のチームの皆さん。
多くの患者さんとご家族の皆さんと共に、
私も応援したいと思います。フレーフレ



豆 知 識

ニプロ株式会社の活躍
注目されています!
再生医療の一般化のために~

札幌医科大学
「脳梗塞及び脊髄損傷の治療に用いる自己骨髄間葉系幹細胞
の特許についてライセンス契約締結。
(2013.04.09
「骨髄間葉系幹細胞の産業応用に関する研究」の共同研究契約)

純国産の細胞医薬品を開発。
再生医療医薬品として国内初の製造販売の全国展開事業化を推進中。


難しい言葉は読み飛ばしてください。
大切なことは、
事業化(十分な供給量・販路)によって、
再生医療の一般化、保険診療が期待できる

という事です。



医療をただ進歩させるだけでなく、
治療が平等に受けられるように開発が進むことが大切ですよね。





KoKoRoの声

初期段階では、患部に直接幹細胞を注射針で打ち、
効果を確認していた幹細胞による神経再生。
「開頭手術を伴うのでは、患者負担が大きい」と、
静脈投与の研究がされたようですが・・・

微小血管減圧術で開頭したついでに、
幹細胞を直接患部(圧迫されていた神経)に打ったら、
「『神経が再生。全員が痙攣消失』
何て事にならないのかな~。」と考えてしまいました。


“稀な”と称される片側顔面痙攣患者向けの新しい研究は、
なかなか進みそうもありません。。。


再生医療は、世界の中でも日本が注目されている分野です。
2014.12.12「世界でもっとも速い軌道!⇒ってはやぶさ2ではないですけどね!」

NEW
 
2015年11月11日新たなニュースが入り、改編しました。
2015.11.12「脳神経を鍛えるリハビリ~ニューロリハビリテ―ション~」


2014.12.04 日本経済新聞 知の明日を築く「神経細胞再生に挑む」より
関連記事

片側顔面痙攣になった原因はありましたか?」
「手術が成功したのに、
痙攣が出たり出なかったりします。不思議です。」



そんなコメントを頂きます。
ほんとうに不思議なことです。

今更、とも言えますが・・・
疑問にお応えするつもりで、
今一度、痙攣の原因について考えてみたいと思います。



■【病院でわかること】(MRI画像検査によって)

1.顔面神経が圧迫されているかどうか。
2.圧迫の原因は何か。(大きくわけると2種類)
  血管(多くの患者さんの原因)
  脳腫瘍、動脈瘤、血管奇形、強いくも膜注 意大きな病気の心配もあります。

どの神経が圧迫されているかによって、
片側顔面痙攣」「三叉神経痛」「舌咽神経痛」と症状が異なります。



のはずなんですが・・・
MRI画像ではっきり圧迫物がわからない時がある。
MRI画像で血管が圧迫されていても、痙攣がおこらない人もいる。




なんでやねん!
「それじゃ、MRI検査は意味がないのか」と、
がっかりしていまいます。

それでも、
大きな病気の有無を確認するためにMRI検査は早期に受けましょう。 


そして、結局は画像診断ではなく、
症状」で判断されるべきなのが片側顔面痙攣という病気です。


エキスパートの医師は、
MRI画像だけで片側顔面痙攣の有無を判断することはありません。

もし、
症状があるのに病名の診断が下されない方は
エキスパートの医師を受診すべ



逆に、
“あきらかな症状がない” 場合、
いくら自分が訴えても、それは片側顔面痙攣ではありません。




血管が圧迫していても症状が現れない方はこちらをどうぞ。
2014.04.10「右側の片側顔面痙攣完治。左側は?」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-67.html





■【病院でわからないこと(「神経圧迫」以外の原因)

ストレス」の一言で片づけられてしまいます。

医師に「ストレスです」と言われると、
「やっぱり!そんなんです!ストレスが大きくて・・・。」
とも思うし、
「何でもストレスで片づけて!」
とも思います。

直ぐに、
ストレスありますよね。」
「みんなそうですよ。」
なんて言ってくる “優しい医師” にはご用心。
『その医師には分からないだけ』
かもしれません。





■【私の場合】

“アンの日記” をご訪問下さる方には、ここからが“生の声”です!

最初からMRI画像で圧迫血管が見つかりました。
ただし、当たっている血管の様子は、医師によって見解が異なりました。
(因みに手術は右側。左側も圧迫血管があります。)
生活習慣病は、「全く無し」です。
(健康診断書より。中性脂肪、コレステロール、BMI指数)
毎日の運動習慣あり。(水泳、ステップ運動、Wii)
お酒・たばこは全く無し。
趣味:読書、友人との会食、手作業(内緒。時々販売してます。)


人よりストレスが多い方か?というとだと思います。
人より生活習慣が悪いかというと、絶対です。

※片側顔面痙攣の発症原因は、生活習慣と書かれているサイトがあります。
『1つのケース』であっても、全部に当てはまるとは全く思いません。



MRI画像診断による血管についての見解、
治療の方針は同じ脳神経外科医師でも異なりました。
自分にあった治療法を選択するためのご参考にどうぞ。
2013.12.15「セカンドオピニオン~6人の医師の見解の相違~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-23.html



長くなったので、この先はPart2で。
痙攣が実際におきるタイミングを考えてみました。
(お仲間さんからご協力いただいてます。多くの方のご参加お待ちしています。)
次はこちら



 注  目 
■【専門医受診の勧め】

微小血管減圧術の対象患者であると判断がつかず(病名が特定できず)、
眼科・歯科・内科・神経内科・脳神経外科を
“たらいまわしにされる患者さん”が多くいらっしゃいます。
また、間違った診断を下されている方もいます。

“正しい診断”が下されない状態での治療・投薬は、
無駄な費用・時間がかかり、ストレスを増大させます。



「もしかしたら?」と思われた方は、
微小血管減圧術の専門医を受診して下さいね。


私が受けた専門医のご紹介はこちら。
2014.04.10「片側顔面痙攣 M記念病院脳神経外科のA医師について」





KoKoRoの声

病気の物理的原因は『神経の圧迫』です。
なのに、
どうしてずっと痙攣していないのだろう。
圧迫加減は同じなのに、痙攣してない時期があったり、酷い時期が続いたり。
痙攣が一定ではないのは何故なのだろう?

(血管の拍動と痙攣も違う間隔。)

“圧迫箇所はずっと同じ” なのに、
痙攣の様子がコロコロ変わるのが不思議でなりません。


ストレスは、コントロールすることが大切です。是非是非ご参考に!
2014.09.11「ストレスホルモン退治~コルチゾ―ルと治癒力~」
2014.10.11「絶対に知っておきたいセルフコントロールのコツ~自分でできること」
2014.10.11「自宅で写経~功徳あるいは治癒力アップ~するといいな。」
2014.10.24「自分でできるストレスコントロール~・・・」
関連記事

前回に引き続き片側顔面痙攣痙攣について。
前回はこちらPart1


片側顔面痙攣については、
医師にも分からないことがまだまだあるように感じます。

例えば、
“耳の痛み” や “光に対する反応” は、
医師たちは病気と関係ないと考えていますが、
患者同士が話してみると、関係あるように思えてしまいます。。。


この頁は、
「他の片側顔面痙攣患者さんは、どんな感じなんだろう?」
という疑問の応えを見いだせる頁に育つといいな~と思って作った頁です。


私の症状と、
“アンの日記”を通して広まったお仲間さんの症状を列挙してみました。

今はまだ科学的、医学的根拠がないことでも、
後々片側顔面痙攣と関係があったと分かることがあるかもしれません。



Q.
痙攣の起こりやすい時・酷くなりやすい時はどんな時?



・洗濯物を干す時
・日の方、照明の方を向いた時
・車の運転中(対向車の光)痛みを感じるお仲間さんあり!
・パソコンをしている時
・テレビを見ている時
※光が眩しい、目の奥が痛いと感じる方も多数います。

対人
・人の目をじっと見て話している時
・仕事で面談をしている時
・たくさんの人の中にいる時
・初対面、緊張下での会話時
・仕事の時

睡眠
・痙攣側を下にして横向け寝の時
・仰向けに寝ている時
・就寝中ずっと

その他
・嫌だな~と思った時(瞬間)
・嫌だな~と思っている時(継続)
・外で強い風にあたった時
・車の運転中(運転している行為によって)
・電車に乗った時
・特定の場所に行った時
・家で一人でいる時
・食事の時
・コーヒーや紅茶を大量に飲んだ時
・目が覚めた時★ 
忘れてました!
私も毎日そうでした!目が覚めたばかりなのに何でって思っていました!


Q.逆に、痙攣が軽減していた時はどんな時?


東洋医学系
・鍼治療
スーパーライザー(直線偏光線近赤外線治療器)←HIROさん:h&mさん♪
・スマーティー(有機遠赤外線ドーム型サウナ)←アン:自宅購入しました 

スマ―ティ―(フジカ)について
『家庭画法』2015年新春号に掲載されました。医療機関、エステ等でも利用されています。
スーパーライザーについて
h&mさんは、鍼・東西洋医学・エステ等の中でスーパーライザーが一番お気に入りとのこと。

その他
・背中の筋肉をほぐした時
・電車に乗って外出している時
・友人とランチをしている時
・マウスピースをした時(一ヵ月程は停止。その後復活)
・一人でリラックスしている時
・お風呂あがり
・ペットを飼ってから




同じことでも、
Aさんには痙攣が軽減するように感じ、
Bさんには痙攣が増すように感じるようなこともあります。

また、どのケースでも『いつも同じ反応』とは限らないようです。


片側顔面痙攣の痙攣は、
出たり出なかったり。
強かったり、弱かったり。
宿主の意思と関係なく、気ままにふるまう。
そんな印象ではないでしょうか。


人前で出るのは嫌だけれど、
一人でいる時や寝ている時に出られると、
余計にイラっとしたり、悲しく感じたりします。


こんな調子だから、
周りの人たちには大変さが伝わらないんだと思います。






 ★★★
注 目
 ★★★

  
“アンの日記” を通して広まった情報の輪。
皆さんに、感謝感謝です。いつもご協力ありがとうございます。
 ご協力頂いたお仲間さん 
HIROさん h&mさん はるさん Keikoさん  ひろさん、他♪

他の皆さんのコメント、お待ちしています。
(ご希望の通り、記名・無記名にしますのでご安心くださいね。)

※追記できていない情報もありますね ゴメンナサイ。
「抜けてるぞ!」と思ったら教えて下さいね~





 KoKoRoの声 

昨日に引き続き、片側顔面痙攣のお仲間さんの疑問。
「手術したのに、
顔面痙攣が軽くなったり酷くなったりして不思議です。」



「そう。そう。」
既に手術をした片側顔面痙攣のお仲間さんの反応。

「そうなの!」
まだ手術していない、片側顔面痙攣のお仲間さんの反応。


こんな感じなのではないでしょうか。

片側顔面痙攣の痙攣は、主として血管の圧迫が原因で起こります。
微小血管減圧術という手術(特にトランスポジション法が有効)によって、
血管の圧迫を取ることができますが、
“痙攣” は、直ぐに治まるとは限りません。
また、年に数回おこったり、数年に1回起こったり、
原因がなくなったはずなのに、痙攣が起こることがあるようです。



一旦治療が終了してしまうと、
相談の相手もいず、一人で不安になることもありそうです。
そんな時には、
“アンの日記” がお仲間さんとの情報交換の場になるのではないでしょうか。

こんな風に情報交換していたら、
お仲間さん同士で発見できることがあるかも?
あったらいいですよね


“アンの日記” が皆さんの見やすい場所にいるためには、
皆さんからのアクセスが大切なようです。
ご協力、宜しくお願いいたします。


 皆さんが、皆さんにとって最善の治療を選択できますように。
皆さんの治療が、他の皆さんの最良の治療への一歩となりますように。 
アンより


2015年6月現在、私の手術をした右側片側顔面痙攣は、
完全に痙攣は止まっています。
NEW2015年11月現在、右側は一度も痙攣を感じていませんよ~


もう一度。痙攣Part1はこちら。
『片側顔面痙攣~MRI画像が全てではない!症状優先!』Part1
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-183.html

新しく痙攣について書きました。
痙攣の進行速度~最初に痙攣がおきてから口元が引きつるまで~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-253.html


私の術後の体調・気をつけたこと、
サプリメント情報はこちらをご確認ください。

2014.04.16「退院後の片側顔面痙攣~光の影響?~③頭痛について」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-79.html

2014.06.26「退院後の片側顔面痙攣~術後の症状/術後の体調のまとめ」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-91.html

2014.10.15「片側顔面痙攣に効くサプリメント?~・・・」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

2015.6.11「痙攣に効く薬はあるのか?~ビタミンB12、メチルコバラミン、メチコバ―ル」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-304.html

2015.9.13「片側顔面痙攣の手術後の痙攣について~マグネシウムについて~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-366.html

手術をお考えの方は、病院・医師を選択する前に、こちらをご確認
2013.11.19「意思にして欲しい大事な質問~手術の成功率をあげるKEY(詳細版)」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

関連記事

すっごくつまらないことなんですが・・・。

正直、単なる愚痴です。
公共電波(?)で愚痴るって、私の本来の性格から言うと許されない気分なんですが・・・・

でも、今朝はちょっと聞いてください。

毎日毎日、ブログ作成画面を開くと、何故か「婚活」の広告が、何種類も入ってきます。
これを見ずにブログ作成はできないので、毎回画面を開くたびに見ることになります。

「こっそり始めない?」とか
「さびしかったら・・・」とか
お誘いを受けるわけです。(広告から・・・)

こんなに毎日、病気のことやら治療のことを書いているのになんでなんでしょう・・・。

ブログって一人仕事です。
話しかけてくれる(?)相手(アニメだったり、実物人間だったり)の誘いに、うっかり乗ってしまいそうです
ちょっと興味もありますし。
クリックした先って、どんななんだどろう???って。


でも、一度クリックしたら、それだけで恐ろしい位の広告がなだれ込んで来るのが明白なので、興味本位ではクリックしちゃだめですよね!


年末年始、Web検索をしていると、なんだかちょっと面白そうな広告をクリックしたくなっちゃうかも???
でも、怪しいサイトほど皆さんの個人情報の詳細を収集する高度なシステムを採用していると思います。

「見た目がきれい。フツー」でも、「広告先が一目でわからない」広告はクリックしないように。


ブログ運営者の方は、「広告のための登録」はしても、一つ一つの広告をチェックしているわけではありません

どうぞ、ご注意を。


と、自分自身にも、文字にして言ってみました。
(目からのアピールって強いですね~。ついついクリックしちゃいそうです。己との戦いです。こういう時好奇心旺盛な自分の性格が疎ましくなります


目からのアピールと言えば・・・。
話は全然変わりますが・・・。

自分自身に暗示をかけるって大切らしいです。

昨日のブログでご協力いただいた片側顔面痙攣のお仲間さん、HIROさんから以下のようなメールを頂きました。

朝起きたら『おはよう』と鏡の前の自分に向かってニコッと微笑む。
鏡に向かって『○○子。頑張ったね。素敵よ。』など、自分誉める。自分の名前を言うことが重要!
誰も誉めてくれなくても、認められた気持ちになれる。
腕を組んで自分を抱き締める形で『○○子。大好き!』と自分に向かって声をかける。
鏡の自分に『○○子。今日も洋服も似合ってるし、素敵よ。綺麗だよ。』と自分自身を誉める。
自信が湧いてくる。

 ポ イ ン ト 
鏡に向かって、自分の名前を言う事=自分自身に早く落とし込める

とのこと。
こちらは、俳優の木村拓也氏の実母木村 まさ子氏の講演会内容の一部。
ポジティブになれる、免疫を上げるとして講演されているようです。
こんなに簡単にできて、気持ちよくなる、免疫をあげられるなら、絶対やってみるべし
これも自分でできることですよね!



我が家では、最近オキシトシンが流行ってます。
「名前を呼んでもらいながらハグをされると、愛情ホルモンのオキシトシンがアップする」と言う私のブログ記事からです。
「ママ、抱っこして。ハグして。」と言うような年を越えた娘が、
「ママ、オキシトシン!」と言いながら抱きついてくるので、名前を呼びながら背中をたたいてあげています。
こちらは、周りの大切な人にしてあげられる免疫力アップ行動ですよね。

オキシトシンについてはこちら
2014.10.24「自分でできるストレスコントロール~オキシトシンUP♡コルチゾ―ルDOWN」

自分に優しくして、大切な人に優しくして、皆で元気になれたらハッピーですね


愚痴で始まった今日のブログでしたが、
どうやら今日も前向きに終えられました。

今朝は、鏡に向かって自分を誉め、自分を激励し、私も一日頑張ろうと思います。


次の記事は、ちゃんと病気に関して。
「手術の精度を上げると期待される、8Kカメラ」についてご紹介します。
外出前にアップするのは・・・・無理かも。ですが

関連記事

普段は興味深いなーと思って読んでいる日本経済新聞の「やさしい こころと経済学」
テーマ毎に数回連載されます。
私は、特に気に入った時は、切り抜いて取っておくことにしています。
(アナログです電子版も登録してるのに・・・。)

今回のテーマは、差別と偏見」
なんとなくテーマが好きでなかったので、実は暫く読んでいませんでした。

今日見たら、既に第7章。
ちらっと読んだら統計的差別という言葉が目に入ってきました。


私は、自分の子供には、常に「数字とグラフを読める人間になりなさい。」と話しています。
なぜなら、そこには誰の意見も介入していないから。
人の意見に耳を傾けることはとても大切ですが、
人の意見を鵜呑みにして、
自分の頭で考えない人間になって欲しくないからです。


そんな意見を持っている私にとって、数字差別って、とっても対極的なイメージです。
統計数字的なことには、差別なんて感情は入り込む余地がなさそうなのに・・・。


統計的差別という言葉、皆さんはご存知でしたか?

統計的差別米経済学者:ケネス・アロー

侮蔑的な意図からではなく、過去の統計データに基づいた合理的判断から結果的に生じる差別のことです。労働者個々の能力を正確に把握できなくても、企業は過去の統計に基づき、労働者の業績と性別・年齢・学歴などの属性との関係について平均的な傾向がつかめるので、属性間で業績に明らかな違いがあれば、より業績のいい属性を持つ労働者を厚遇しようとします。このように経済合理性を求めて行動すると、結果として差別が生じる状況。

う~ん。
なんだか難しいですね~。

難しい文章は、読み飛ばして大丈夫です。

新聞記事では、例を挙げてとっても分かりやすく説明されていました。

  例 

経営者が、白人か黒人の雇用者を採用する時、何を判断基準とするか?


黒人・白人の両候補者は、全て同等の資格を有している
   
平均的に白人の方が黒人より生産性が高いというデータがある
   
経営者は、統計データから、白人を採用する。

もっと簡単に言うと・・・
お店の店主が店員を雇いたくて、白人と黒人、二人とも同等で迷っている時、「今までは白人の方がよく働きました」ってデータがあったら、白人を雇うよ。ってお話。

この場合、経営者が偏見を持っていなくても、統計をみることで「差別的扱い」をしたことになります。
このような差別が、統計的差別


目からウロコとは、このこと。
私は“数字”は、公正で公平なもののように感じていましたが、確かにこういう事ありそうです。

考えてみたら、学歴とか性別とか、地域制とかの差別って、結局は「過去のデータ」による統計学的差別として表せます。
本人の能力には関係なく、「過去の統計データ」から不利益を被ることってあるに違いありません。

 
「差別」って、心のお勉強をすれば無くなるのかと思っていましたが、やっぱりそんな簡単なものでは無さそうです。
   
 

今日、統計学的差別について書いたのは、「統計」と「差別」の言葉の繋がりが面白かったことの他に、統計学的差別の租:ケネス・ジョセフ・アロー氏(Kenneth Joseph Arrow)をご紹介したかったから。

ケネス・アロー氏は、20世紀最高の経済学者の一人と言われている方です。
覚えていて損はないです

「医療の不確実性と厚生経済学」
(Uncertainry and the Welfare Economics of Medical Care.1963年)

 なんて論文も有名です。
この論文は、保険分野にも大きな影響を与えています。
私のブログは、病気や医療について書いているので、この偉大な経済学者さんについても今後また改めてご紹介する時があるかな~なんて思っています。


今、「当たり前」と思っている「考え方」や「制度」って、実はちょっと前の「現存している学者さんのアイディアだった」なんてこと、いっぱいある気がします。
ほんとに、「天才」ってありがたいです。

「出る釘は打たれる」なんてこと、絶対あってはならないことです。

「出る」能力の無い私は、
「出よう」としている才能に、せめてエールを送りたいと思います。フレーフレー


KoKoRoの声

こころの声と言うか。
告白。
「あ~あれは、統計的差別だったんだ・・・。」
って今日、納得できたこと。

私は、人を人種や肩書き・学歴・見た目なんかでは差別はしない。
と固く自分を信じていました。
でも、脆くも「自分は偏見を持っている。」と現実を突きつけられていた時期があります。

子育てが始まったばかりの頃のこと。
当時海外で生活していた私は、「見せるお金」としての僅かなお金と、保険カードのみをポケットに入れて毎日のように公園に行っていました。

「見せ金」は、万が一襲われた時に直ぐに相手に渡せるように。
当時は、渡す物が無いと、かえって酷い目にあうと言われていました。
「保険カード」は、自分が保険に加入し、支払い能力があることを示すため。
怪我をしても、支払い能力が無いと判断されると正しい治療が受けられないからです。

そんな風に、私の子育てはちょっと緊張感を伴うものでした。



ある時、公園にヒスパニック系の方が歩いてきました。
それを見て、私は即座に子供を抱き上げました。

その後、別に何もなく、その方は通り過ぎていきました。

私は、自分の行動にビックリしました。
それまで、ヒスパニック系だからと言ってお話ししないとか、隣に座るのが嫌とか思ったことはなかったのに・・・。

私の中に、本当は偏見があったんだな。と、自分が情けなくなったのを覚えています。

それでもその時期、私は同じような行為を繰り返していました。


今回この記事を読んで、
あの自分の行為が、統計的差別だったんだと分かりました。
「統計的に事件を起こす可能性が高い人種」のデータを知っていたから、自分の子供を守りたかったんだと思います。

結局一度も事件はおきませんでした。


統計データは、正しい考えを導き出すとても大事な指標になると思います。
でも、統計データのせいで、差別を助長することがある事も覚えておきたいと思いました。

今日は、10数年後の懺悔になりました。
2014年。
私には、色んなことがおきました。

幾つになっても、日々お勉強することばかりです。



2014.12.23 日本経済新聞 
やさしいこころと経済学 「第7章 差別と偏見」東京大学教授 松井彰彦氏
ケネス・ジョセフ・アローについては、wikipedia フリー百科事典より引用
統計的差別の説明はこちらを引用させていただきました。
日本最大のHRネットワーク 日本の人事部 「統計的差別」
関連記事

少し前にも、
「神様からの贈り物」とか
「夢のある・・・」
と表現していた飛行船

飛行船って、なんだか夢があります


私にとっては、飛行船は(気球も!)、
目の前(目の上?)を飛んでいる姿を見ている時でも、
なんだか非現実的に感じる浮遊物です。


飛行船や気球は、
おとぎ話の世界がよく似合う。

あるいは“冒険心”をくすぐったりとか。





近年はその“お役目を終えた”と思われ、
存在価値が希薄になっていた飛行船を、
積極的に活用しようという動きが世界中に広まっているそうです。


今回ご紹介するのは、
無人飛行船による警備サービスについて。


■【大手警備会社セコムの取り組み】 

●無人飛行船を製造:全長15m / 最高時速50㎞ / 最長飛行時間2h
●イベント会場・被災地の上空などに飛ばし、
不審者の追跡・非難誘導など防犯・防災に活用。
●地上の監視カメラ・警備ドローン(=無人機)とも連動など、
IT利用で安心・安全事業の強化。
●使用料:一日100万円。
●2020年東京オリンピック・パラレンピックでは、効果的に活用
●2016年に実用化をめざす

飛行船の活用で、
広域を警備する能力が飛躍的に向上する

とのこと。


おとぎの国の飛行船は、私達の上空100m付近で、
『町のパトロール隊』として活躍する日はもうすぐそこみたいです。
ちょっとワクワクします



小さなワクワク、ドキドキでも、治癒力が上がるようです。
皆さんの生活の中に、小さなワクワク、ドキドキがたくさんありますように。





NEW
 
2015年3月3日~6日開催の、
「セキュリティ
ショー2015」セコムが出展。

日本初、自立型飛行船「セコム飛行船」1/3サイズモデルが展示されました。
民間防犯用に飛行船投入も、日本初の試み!
『静かに長時間同じ場所に留まっていられることが強み』
とのこと。

セコムHPのこちらでご紹介
『金曜コラム セコムニュース』


文部科学省資料ですが、読みにくいです。
飛行船分野における研究開発

面白い開発は、エキサイトニュースより。
 『NASAによる金星探査のための飛行船や「空中都市開発」』






 豆 知 識 ~Weblio辞典より~

ドローン(英:drone)
無人航空機。
コンピュータによって遠隔操作されることが一般的。
ラジコン等の文具も含まれるが、軍事用無人航空機を指して用いられることが多い。
【世界に広がる「空」の活用―例ー】

■米グーグル
気球をネット接続の中継に利用する計画を推進中。

■米アマゾン・ドット・コム

ドローンで、通販商品の宅配を計画。

■日本 総合警備保障(ALSOK)

ドローンで、メガソーラーのパネルの不具合を調査。


他にも小さな計画、そして壮大な計画が世界中に溢れています。
「空」は果てしなく広がって、「発想」や「応用」の宝庫なのかもしれません。



 KoKoRoの声  

“飛行船で監視”で思い出した忌まわしい記憶。

もう20年位前のことです。
米国 ニューヨークからボストンへ、
車で3時間半~4時間位の距離を移動中の時の出来ごと。
(一般的に、男性は距離で、女性は時間で移動を示しますよね。
正しく表せるのは勿論距離です。


ハイウェイを20台位の自動車が連なって走行していたところ、
パトカーに一斉に誘導されました。

米国のポリスは、かなりカッコイイです
「映画みた~い。」
「キャー何???」
と思っていたら・・・

スピード違反の一斉検挙でした。

なんと、
ヘリコプターで上空から監視
していたんだそうです。


周りの車と同じ速度で走行していたので、
全然罪悪感がありませんでした。




何キロオーバーだったのかは忘れました。
罰金が240ドルだったことは忘れられません。



今後は日本でもそんなことがあるかもしれません。
皆さん、上空にもご注意を!


2014.12.25 日本経済新聞 「セコム、飛行船で広角警備」より

飛行船について書いています。
2014.08「日本で唯一の友人飛行船~奇跡?それとも神様からの贈り物?~」
2014.08「日本で唯一の友人飛行船~小さな作業が大きな成果~チームプレー」


関連記事

私のブログ、記事が溜まり過ぎています
興味の対象記事を見つけたい方は、右側の「カテゴリー」からご選択ください。(PC画面)

「カテゴリ―」上部は、片側顔面痙攣関係。
「カテゴリ―」下部は、「その他」です。

近々テンプレートを変えて、見やすくする予定です。
(予定があります。できたらいいな・・・雰囲気が変わっても、ご訪問くださいね。)


そして、今日の記事はカテゴリー「コーヒーブレイク」に分類しました。

正真正銘「コーヒーブレイク」。
コーヒーについての話題です。

少し前に、コーヒー健康効果が続々と明らかに」という記事をよみました。
私が若い頃は、コーヒーは“単なる嗜好品”だったと思います。
「体にいいからコーヒー飲んでる」なんて会話をした記憶はありません。
私は、ものすご~くコーヒー党なので、“コーヒーは体にいい”という話題は大歓迎です。


記事にされていたのは、聖路加国際病院脳神経外科 篠田正樹医師の調査結果。(2015年学会発表予定)

コーヒーを週に1回以上飲む人は、飲まない人に比べて脳内の微小出血が少ない。
コーヒー常飲者は、飲まない人と比べて脳微小出血の発症率が4.46倍少ない。
これまで飲んだコーヒーの積算量が多いほど脳微小出血が少ない

※脳微小出血:脳内の数mm程度の極小さな出血のこと。脳微小出血では症状は無い。
 大きな血管で出血を起こす人は、脳微小出血が多いため注目が集まる。

とのこと。
お薦めのコーヒー習慣は、毎日1~3杯程度を目安として、適量を飲み続けること。

いくら健康効果が期待できるからといっても、
元々習慣の無い人や、急に多量に飲むことは、カフェインの影響があるのでご注意を!



今回の記事は、『週刊 日経ビジネス』の記事。
夫が、
「そうか!そういう事だったのか!分かったぞ!」
と、興奮気味に私に見せに来たんです。

彼が注目したのは、健康効果ではなく、記事の最後にチョロっと書いてあった

コーヒーを飲む人は皮膚にシミが少ない

夫曰く、
「普段、君は顔にシミがないのに、術後増えたな~と思っていた。でもまた最近シミが無いよね?」
「きっと、入院中や術後はコーヒーをあまり飲んでいなかったのに、最近はすっかり元通りに大量に飲んでるからだね!」
だそう。

術後、私の顔にシミが増えていたとは気づきませんでした。
もっと言うなら、ここ数年自分の顔のシミの量なんて全然気にしていませんでした。

友人たちの
シミが・・・」
とか
「しわが・・・」「たるみが・・・」
と言うお話しを、心の中で羨ましく聞いていた位ですから。

鏡でチェックするのは、「痙攣」や「顔の歪み」ばかりでした。


ところが、元々片側顔面痙攣に対する理解のなかった夫は、痙攣消失より、私の顔のシミが気になっていたんですね・・・

術後に増えたのかどうか。
コーヒーがそんなに短期にシミに影響するのかは定かではありませんが、私のシミが年のわりに少ないのは確か。かも。
普段はスーパー程度ならノーメークで出かけてしまう私ですから、「シミ専用のケア」なんて全くしていません。
私が、リンゴ以外の果物はほぼ食べないことは既にブログでも公表済み。(美容に良さそうな柑橘類、全く食べません。)

そう考えると、30年近く飲み続けているコーヒーが、シミに効くらしい唯一のことかも。
なんて確かに思えてきました。

ただし、私のコーヒーの量。半端ないです。
1日6~8杯位はコーヒーを飲みます。
朝6時前、起きて直ぐにコーヒーを飲み始めて、午前中には3~4杯飲んでしまいます。

過ぎたるは及ばざるが如し

きっと、どこかに“副作用”が出ていそうな気がします。

何事も、「適切な量」「適切な回数」であることが大切。
「適切」って、“アンの日記”ではKey Wordになりつつあります。



今日は、記事に追記する形で、今言われているコーヒーの健康効果について一挙ご紹介。

 香りから生まれる、癒し・集中力
2  善玉コレステロールの量を増やし、機能を高める
 血栓を作りにくい⇒心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中etc.リスク軽減
 大腸がんの発症を抑制
 糖尿病予防⇒研究報告についてはこちら
 がん細胞を抑制⇒研究報告についてはこちら
 脂肪肝を抑制
 肝機能の改善
 シミの改善

全日本コーヒー協会のHPを引用して、「簡素に列挙」しました。
HPでは、「自分の興味がある項目」をクリックすると、根拠を導き出した研究の詳細がわかります。
また、“実生活では?”の問いにはQ&A形式で分かりやすく対応されています。
日本コーヒー協会 『コーヒーと健康』

まだまだ、コーヒーマジックが発見されるかもしれませんね。


2002年 オランダのコポート研究(大規模追跡調査の解析)で、「コーヒーを一日7杯以上飲んでいる人は、2杯程度の人に比べて糖尿病になる危険が半分になる」という発表を見つけてちょっと安心。大量に飲んでも大丈夫かも。かも?

2014.11.10 No.1765 「日経ビジネス」より
社団法人 全日本コーヒー協会HP参照
関連記事

「人の動きを助ける世界初の装着型ロボット」と表現される、
装着型ロボット HAL
或いは、ロボットスーツ HAL


開発している
筑波大学発のベンチャー企業サイバーダイン(CYBERDYNE)とオムロン
ロボット事業で業務提携しました。



社会実装を効率的に進めるための他社との提携とのこと。


山海嘉之氏は、
HALを必要とする方々へ届けるために、
自分自身の貯金を使い、自分自身で銀行と交渉し、
サイバーダインという会社を立ち上げました。

2014年には、
「(買収)で軍事産業に転用される可能性があり、平和目的での利用を確保するため」
として議決権種類株式での上場を行い話題になりました。
※この方式での株式上場は、日本で初めて。
  米国ではGoogle、FacebookなどIT企業が同様。



つまり、
山海氏は今回の提携により、
「悪用されないよう、
困っている人や世界の平和のためだけに正しく使ってもらえるよう、
HALは自分の監視下におきます。」
と宣言し、そうできるようなしくみを作っていたけれど、
「やっぱり、早くたくさん皆さんに使っていただくためにお仲間さんと協力します!」
新たなしくみを作ったという事。




今回の業務提携によって、
日本発の「世界初装着型ロボ HAL
世界拡販が一層加速することを願います。フレーフレー




『発想力』『応用力』に加え、『実行力』をもち、
“人に役だってこそ” という一人よがりでない信念を持って頑張っている山海嘉之氏。
ほんとにカッコイイです。
日本国を挙げて応援する気運が増しています。



日本の技術で世界中にhappyな人が増えるに違いありません!




業務提携先オムロン株式会社の提携報告はこちら
2014.12.24  ロボット事業さを含む基本合意書の締結

2015年1月7日
オムロンは、東京証券取引所より、『2014年度 大賞』受賞。
株主から調達した資金を有効活用し、企業価値を向上させている企業に贈られている賞。

受賞後のオムロンのコメントはHPをどうぞ。 『企業価値向上表彰』



HALの構造発明者の山海嘉之については
東証マザーズ上場会社社長インタビュー「創」で詳しくご紹介されています。
「工学博士の一念が作り上げる、人とロボットの未来」前編~HAL誕生の原点~
「工学博士の一年が作り上げる、人とロボットの未来」後篇~
人に役だってこそという信念を貫くために~



サイバーダインはこれまでにも様々な取り組みをしています。
「頼りになるねHALくん!装着型医療ロボ~サイバーダイン~補助とリハビリに期待」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-166.html


NEW

 
2015年11月11日
HALが厚生労働省により医療機器として承認されると発表
ロボットスーツHAL医療機器として承認~サーバーダイン社」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-398.html


議決権種類株式の上場の意味に興味ある方は、こちらが大変分かりやすいです。
法と経済のジャーナル Asahi Judiciary
『サイバーダイン社の上場:議決権種類株式を用いた日本初の事例』松尾拓也氏


2014.12.29 日本経済新聞 企業の軌跡 「装着型ロボを開発・生産」より

関連記事

今年最後にどんなことを書こうかと思っていたら、
「ふさわしい」記事に出会いました。
アンの日記』書き始めてから、こういう事がよくあります。


世の中は言葉で満ち溢れていますから、
毎日のように、人は必要な言葉に出会っているんだと思います。
知らぬ間に耳や目から入って、
頭に留まったり、に響いていたり。

ただ、ほとんどの場合、
そのことは意識されないのかもしれません。


素晴らしい言葉にも、
やはり出会いのタイミングがあるようです。




今日の出会いは、またまた日本経済新聞の
『やさしい こころと経済学』  第7章 差別と偏見  10


人間は面白い。
今回の『差別と偏見』シリーズを、私は「好きではないな~」と感じて
には読んでいなかったのに、
このシリーズに一番考えさせられたような気がします。

『好きな内容』『好きな文』より、
『好ましくない内容』『好きでない文』の方が、
刺激になったり、勉強になったりするものなのかもしれません。
(東京大学教授松井彰彦 氏が・・・と言う意味ではなく~


この章は本来「やさしい こころと経済学」ですが、
今日は哲学っぽい感じ。
(しかも、あえて経済学っぽい部分を省略。松井氏ごめんなさい。)




今日の書き出しはこんな感じ。
ある社会状態ができあがると、
人々のもそこでの経験を基準にして変わっていきます。


古代ギリシャの哲学者 プラトン
自分の狭い経験だけから物事を判断しようとする人間の性向を
「洞窟の中の囚人」と表現。


東洋 ブッダ
「物事はに基づき、を主とし、によってつくり出される。」
「もしも汚れたで話したり行ったりするならば、苦しみはその人につき従う。」
「もしも清らかなで話したり行ったりするならば、福楽はその人につき従う。」



を考えずにどんな手段で効用満足度)を考えるというのでしょうか。
が変われば、進むべき道も違って見えてきます。~略~
未来はのあり様で変えられます。
ブッタが言うように、ものごとはによってつくり出されるのですから。

締めくくりはこんな感じ。




言葉は、
自分の今の気持ち、置かれた状態・環境によって響き方が変わります。
同じ言葉でも、
強く響く時もあるし、全く響かない時もある。


今日の私には、言葉が響くタイミングだったみたい。

心を変えずに、
どんな手段で効用満足度)を考えるというのでしょうか。


私は“稀な”と言われる片側顔面痙攣という病気になり、
「ついてない、可哀想な自分」
から、
「ちょっと必要な経験を積んでる自分」
に心を変えて、
「進むべき(進みたい)道」
を自分で選んだら、
「頑張った自分」
「自分を認められる自分」
に出会えました。



が変われば、進むべき道も違って見えてきます。

私は“稀な”と言われる片側顔面痙攣という病気になり、
「絶対治らねば。」
から、
「こういう医師に出会えて、手術してもらえて幸せだな」
と心を変えられたから、
100%とは言えない成功率でも、
100%満足できると思えました。

心を変えられたから、
退院後帰宅してから痙攣が続いた時も、
家族に八つ当たりせずにすみました。
自分の心を強く持ち続けられました。



響いた言葉に、
2014年をしみじみ反芻しました。





では、
「自分の治療結果がよくなくても、満足と思えたか。」
と問われると、本当のところは分かりません。
結果が悪くても、絶対後悔しなかったとは言い切れません。
実際その状況にないんですから・・・。。。

「今回の手術は、私と言う人間が試される時ではなかった。」
と言うのが本心です。



でも、
A医師に出会い、A医師の患者に対する想いに耳を傾け、
手術直前は、
「たとえ結果が臨むものでなくても後悔はしないな。」
と思えていたのは本当です。
その意味では、手術をする前から既に満足はあったと言えます。



「2014年、自分頑張った。偉い!」
と、自分で自分を誉めたいと思います。


そして、この医師なら後悔しないと思わせてくれた
A医師には心からの感謝を。





必要な言葉が、必要なタイミングで皆さんに届きますように。
アンの日記” が、少しでも皆さんのお役に立てていますように・・・


関連記事

今日初めて “アンの日記” をご訪問の皆さんへ。

アンの日記”は、
“稀な”と称される片側顔面痙攣という病気になり、
唯一の根治治療となる「頭蓋内微小血管減圧術を受けた私の
手術までの記録と、その後の様子を綴ったものです。

病気と向きあう上での心のケア
手術の成功率を上げるKEY
最新医療療事情 etc.
をお届けしています。



2014年の最後の最後に・・・

感謝を込めて。

日本の心、富士山♡
 ちょっと前の富士山ですけれど縁起もの

同級生からラインにて。光が生まれる時。 同級生からラインにて。光。 光の誕生
写真は、同級生からのご提供♪

2014年は、大小の同窓会が盛りだくさんでした。
躊躇なく参加できたのは、A医師のおかげ。
もし手術していなかったら、きっと今頃はもっと痙攣が酷くなっていたはずです。
A医師には、感謝の気持ちでいっぱいです。




アンの日記は、過去の自分のメモを元に2014年7月3日から書き始めました。
そして、カウンターは7月下旬につけました。
今みたら、これまでに少なくても13,578人以上の方がご訪問くださったようです。
(2014年最終集計は、延べ13,589人でした。初めから数えるべきでした。)


書き始めた時には、
こんなにたくさんの方々に読んで頂けるとは思っていませんでした。
こんなにたくさんの方からコメントを頂けるとは、
夢にも思っていませんでした。

たくさんのお仲間さんに励まされ、
時には心配していただきながら、
この半年近くブログを更新し続けられました。
本当にありがとうございました。

今は、
読んでくださる皆さん、コメントを下さる皆さんへの感謝の気持ちでいっぱいです。
(なんだか日記じゃなくなっちゃいました。


反面、
元気に過ごしていると、病院での記憶がどんどん薄れていきます。。。
でも、A医師・看護師さん・その他医療関係者の皆さん。
家族・友人たち。
関わってくれた皆さんへのあの時の感謝の気持ちは忘れないように。
って思います。
“感謝を忘れない” って、人として大切なことですよね。


ついつい、いつも最後になってしまいますが・・・
毎日毎日、家事もたいしてせずブログに没頭している私を温かく見守ってくれている夫には、
スペシャルな感謝を。



ウソみたいですが、今某TV番組で、私の頑張る力になった
「アナと雪の女王」の「Let it go!」が歌われていました。
周囲の反対の声を振り切って手術に踏み切れたのは、
A医師とそしてLet it goのおかげです。



どうぞ、来年も “アンの日記” の応援を宜しく願いいたします。 


微小血管減圧術の現状(2014.12月)

かつて“最新”であった医療の常識も、
あっという間に“過去の遺物”と成り得るのが現在の医療です。
手術をお考えの場合は、
「手術の成功率をあげるKEY」を読んでから病院・医師選びをして下さい。

『手術の成功率をあげるKEY』はカレンダー下【リンク】から、いつでも読める頁です。

最 新 情 報

 
2015年1月17日「第17回日本脳神経減圧術学会開催。
畑山 徹会長の「ご挨拶」は、微小血管減圧術の現状をよく表したお言葉だと思います。
そして、心温まるものでもありました。
必読「日本脳神経減圧術学会 畑山 徹会長のご挨拶」



終わりに。
微小血管減圧術の対象の片側顔面痙攣・三叉神経痛・舌咽神経痛は、
「外科手術の対象となる病気」です。
「心の病」ではありません。
手術についての知識を得ることは、
「手術をする、しない。」にかかわらず、
きっと「心を軽くすること」に繋がると思います。


アンの日記が少しでも皆さんのお役に立てていますように。
皆さんの選んだ病院・医師が、皆さんに最善の結果をもたらしますように。
皆さんの選んだ治療が、他の皆さんの最良の治療への一歩となりますように。


片側顔面痙攣微小血管減圧術についての情報は、ご案内頁からどうぞ。
2010.01.01「片側顔面痙攣・三叉神経痛・舌咽神経痛
~微小血管減圧術の手術の成功率をあげるためにできること~」
関連記事