遺伝子情報解析検査も、HBOCの検査も受ける決心がつかない私。
そんな私が、受けた検査があります。

それが、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査。

睡眠時無呼吸症候群という名前は知っていました。
「睡眠中に呼吸が止まってしまって、
昼間眠気が襲い、事故を起こしてしまう恐れのある病気。」
そんな風な認識。

睡眠時無呼吸症候群の方が、大きな交通事故を起こしてしまって、
ニュースになったので記憶に残っていた。程度です。

太っている方。
なんとなく男性の方。
昼間とっても眠くなる方。
日常生活に支障がある程、眠気が襲ってくる方。

そんな方の病気だと思っていたので、気に留めたことも無かったのですが、
自宅で出来る「簡易検査キット」のモニターを頼まれたので快諾。(2015年1月)

無呼吸症候群検査キット(簡易) 検査機器のパック♪  

簡易検査キット(写真左)は軽いし、小さなポーチの中に収まっていて自宅持ち帰りに便利。
装着方法は、図で解説。
諸注意もたいしてなく、超簡単。(写真上部のパウチされた説明書1枚のみ。)
寝る前にちゃちゃっと装着できました。


と、こんな感じで興味深々、
ルンルンして検査を受けた私だったのだけれど・・・
検査結果にびっくり。

なんと
「軽度の睡眠時無呼吸症候群」との検査結果を頂いちゃいました。


私は、
太ってはいない。(スタイルは良くないけれど・・・。)
昼間、それほどの眠気は感じていない
夜、周りに迷惑をかけるほど鼾が酷いわけではない。(時々してると指摘あり

まったく
無呼吸
とは自覚がなかったのに、
検査に引っかかってしまった


私が、
「時々、呼吸止まっているよ!」と指摘していた夫は、“ 正常値 ”。
時々呼吸が止まっている夫より、
私の方が頻繁に呼吸が止まっているのか・・・。
(夫から指摘なし。)


もしかしたら、
思ってもいなかった人が、
睡眠時無呼吸症候群(SAS)だったりするかも。
誰にでも、関係があることかも。


と言う事で、
慌てて調べました。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

次回から数回にわたって、ご紹介していきます。
今、自分には関係ないな。って思っている皆さんも、
私の事例がありますから、
念のため “アンの日記” でしっかりご確認くださいね

次はこちら


注 目
 
カテゴリー睡眠時無呼吸症候群(右下)をクリックすると、
睡眠時無呼吸症候群(SAS)についてまとめて読めます。(全8回)



非肥満型のSASについてはこちら。
「睡眠時無呼吸症候群(SAS,OSAS)になる人!~体型・生活習慣から見る」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-75.html


簡易検査の主流は私が受けた検査方式で、ほとんどの医療施設が同様。
ただし、他に酸素飽和度を調べる検査(パルスオキシメントリ―)もあるそうです。
検査方式によって、診療費も変わるので受診前には要チェック。


NEW
 
2015.03.17 日本経済新聞
『息の湿度から呼吸リズム』~「睡眠時無呼吸」検査に一役?より


東京大学 下山勲氏、竹井裕介氏が開発したイオン液体センサー』の、
睡眠時無呼吸の簡易検査へ応用が期待されています。
眼鏡型ウエアラブル機器やスマートフォンなどと連動させる考えとのこと。
完成されれば、簡易検査がより簡単になりそう。

まだ、詳細が何も発表されていませんが、キーワード イオン液体センサー
インフルエンザ対策にも期待されているみたいです。
ご興味ある方は、キーワードで検索してみて下さいね。


巷にあふれる情報。
なんとなくうろ覚えするより、キーワード一語覚えておくべし。

これが、現代流正しい記憶術だと思います。
後で、必要な時に最新の情報を得られます。(情報なんて直ぐに古くなります!)

スポンサーサイト
関連記事

只今、睡眠時無呼吸症候群について真剣に調べ中。

自分は、簡易検査で、
睡眠時無呼吸症候群(軽度の)と診断が下っていたもので・・・
すっかり皆さんにとって、
一番大切な情報を書き忘れてしまいました。


point
■Q.どんな人が、睡眠時無呼吸症候群になるのか。
閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)についてです。一般的
※中枢系型(CSAS)については、まだまだ未解明。

見た目の特徴 
   
見た目に特徴があるらしい
・肥満
・首が太い(首周りに脂肪が多い)
・首が細い
・首が短い
・下顎が小さい
・下顎が後方に引っ込んでいる
・扁桃肥大 ※原因の20%程度というデータも有り。耳鼻科で診察可能。
・舌や舌の付け根が大きい
・舌の付け根や軟膏口蓋の気道への落ち込み
・鼻の形状

生活習慣・その他 

・飲酒
・高血圧、糖尿病、高脂血症などの既往
加齢

これらの1つの影響、あるいは複数が影響しあって無呼吸状態に

NEW
合同研究文書発見
『循環器領域における睡眠呼吸障害の診断・治療に関するガイドライン』
(循環器,呼吸器,心臓病,心不全etc.合同。2008~2009年度研究報告。)
ちょっと古いけれど、大規模な研究の中では最新かも。

関係ありそうな部分をちょこっとご紹介。
日本における患者の1/4~1/3 は肥満であることに注意。
肥満患者では、しばしば頭蓋顔面形態の異状が みられる。
我が国を含めたアジア人種では、長顔、下顎の後退、小顎症などのため、
仰臥位で咽頭部が狭小化しOSASを発症しやすい。

良く分からないけれど・・・
私は、いかにも “アジアン”な頭と顔も大きさで、凹凸のない扁平顔だから、
きっとこの論文の中に表現されている容姿にあてはまるんじゃないかな・・・
   
 

■Q.どうして、“無呼吸”になるのか。

起きている時には、呼吸のための大きさが十分にある気道。
でも、寝ている間に筋肉の緊張がゆるんで(筋弛緩作用)、気道が閉塞されてしまうため。
加齢や病気による、気道周囲の筋力・組織の弾力性低下も気道閉塞の原因。

気道がつぶされて狭くなっちゃうイメージ






■Q.“無呼吸”状態になるのがそんなに悪い?
本人が気づかない程度なら別に気にしなくてもいいのでは?

苦しくなると、がんばって気道周囲の筋肉の緊張を戻し、呼吸しています。
だから、生きてます。\(^o^)/

でもその努力は、自分で思っている(想像している)以上。
高血圧、脳卒中、狭心症、心筋梗塞などのリスクが高くなってしまいます。
(高血圧、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病etc.リスクは2~4倍位とも・・・。)
※ 数字の開きがあまりに大きくて調査難航中



■Q.自分・家族が分かる様子は?
自分だから感じること / 家族だから見られること。

・寝汗をかく
・起床時に口が乾いている(口呼吸のため)
・起床時に疲労感・倦怠感がある
・起床時に頭痛がする。(頭が重く感じる)
・日中の眠気・居眠り
・イビキをかく
※中枢系睡眠時無呼吸症候群(CSAS)は、イビキをかきません。




睡眠時無呼吸症候群が話題になったのは、
大きな事故が起こり、マスコミが報道したからです。
 それなりに “あてはまる人物像 ” だったと思います。

しつこいですが、
私は、太ってはいないし、お酒も飲まないし、血圧も高くないし、倦怠感もない
(眠気は・・・少し・・・あるかな。。。

そんな私の簡易検査結果は、
無呼吸・低呼吸指数(AHI)8.9。(軽症
時々呼吸が止まっていると指摘していた夫のAHIは、1.9
(軽症でも、心血管系疾患による死亡リスク5倍以上とのデータ有り。)


皆さんは、ほんとうに大丈夫?

簡易検査は超簡単
簡易検査を受けてみるべし
(まずは問診からです)
とは言え、
簡易検査装置をレンタルしに医療機関に行くのはやっぱり大変
医療機関へ行くのは、そもそも気が重い
“全く思いあたるふしが無い”から
なんて皆さんは、
まずはこちらのサイトでセルフチェックをしてみては?
簡易検査を受診できる医療機関の一覧も検索できます。


 Step0 セルフチェック 
『 無呼吸ラボ 』 (サイト運営:フィリップスレスピロニクス)
http://mukokyu-lab.jp/  ※サイト内のセルフチェックをクリック!





簡易検査、無呼吸低呼吸指数(AHI)についての詳細は、次回ご紹介。
『睡眠時無呼吸症候群(SAS)は数字で発見~AHI指数 その3』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-248.html


これはとても貴重な資料 苦労して探しだした甲斐があった。
さまざまな学会の、たくさんの先生方、研究ありがとうございます。
『循環器領域における睡眠呼吸障害の診断・治療に関するガイドライン』
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010,momomura.d.pdf
関連記事

今日も、健やかな目覚めです。
私は、朝起きるのがおっくうと言うことは、まずありません。
ほとんどの日は、目覚まし時計無しで起きられます。
(寝る時間と起きる時間がマチマチなので、自分でも不思議。)

毎日、朝から元気いっぱいです。
(と言うか、朝が一番元気で、寝る頃にはやつれきっています。)

なので、
睡眠時無呼吸症候群(SAS)
との診断には、ほんとう~に驚きました。(軽度でも!)

つまり、
一般的に言われる、「眠気が強くて」とか「朝起きられなくて」なんて、
病気の徴候は、ぜ~んぜん無いんです。


でも、結果は結果。
真摯に受け止めるしかなさそうです。
何せ数字』 に出てしまってますから・・・。
ものすごーく 『客観的』 って感じがします。

今回は、
睡眠時無呼吸症候群』(SAS)の基礎中の基礎をご紹介。


■【名称について】

睡眠時無呼吸症候群とは、英語名Sleep Apnea Syndrome(=SAS)
・1976年、スタンフォード大学のギルノミ―教授が提唱。



■【睡眠時無呼吸症候群の種類】

1.閉塞型(obstructive Sleep Apnea Syndrome=OSAS)一般的
鼻から喉にかけての一部の上気道が狭くなることが原因。(鼾がある場合が多い)

2.中枢系型(Central Sleep Apnea Syndrome=CSAS)
指令を発する脳が、呼吸運動を停止させてしまう。脳の機能が原因。

3.複合型(complex sleep apnea syndrome:CompSAS
閉塞性睡眠時無呼吸(OSAS) と診断された患者の治療時に、
中枢性睡 時無呼吸(CSAS)が生じてくる現象。

■【検査ができる医療施設】
『受診施設が分かりにくい』ことが、無呼吸症候群の検査の障害

大学病院の他、専門クリニック、耳鼻科などで簡易検査ができる施設があります。
こちらの検索サイトが便利なようです。
『無呼吸ラボ』(サイト運営:フィリップスレスピロニクス社)
全国診療施設一覧をクリック


■【簡易検査の流れ】
2008年~保険適用。自己負担3000~4000円程度(自己負担比率による)

Step1 
まずは問診
・エプワ―ス眠気指数テスト(ESS: Epworth Sieepiness Scale)で昼間の眠気を評価。
・生活習慣病等の診察

Step2 簡易検査
  ・簡易型検査装置(PM:ポータブルモニター)使用。 

①医療機関より簡易検査装置を自宅に持ち帰る。
②寝る前に装着。(1~2晩)
③装置を医療機関に返却

簡易検査装置・装着ついて詳細は“アンの日記”のこちら
2015.03.29 『SAS~自覚の無かった私が検査に引っかかりました(>_<)』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-247.html


Step3 簡易検査結果から診断
測定した血液中の酸素、呼吸の状態から、
1時間当たりの無呼吸・低呼吸回数を指数(AHI)にして診断
 
≪ 診断基準について 
無呼吸・低呼吸の指数(AHI)で診断
 無呼吸 :10秒以上の呼吸停止
 低呼吸 :呼吸がしにくくなって目が覚めたり、酸素欠乏を生じる状態

AHI指数   5回未満   正常
              5~15回未満 軽症
            15~30回未満 中等症
                   30回以上 重症

その他、個人の自覚症状
AHI 5以上は、睡眠呼吸障害(SDB)と判断。
その中で日中の眠気・不眠・倦怠感などの症状がある人はSASと診断される。
ただし、AHI15以上は、症状が無くても、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と判断。



Step4 簡易検査でのAHI指数を考慮した対応 
a. AHI 40以上  睡眠時無呼吸症候群と判定  治療へ

b. AHI 40未満   確定検査へ(入院による精密検査)
専門医による、終夜睡眠ポリソムノグラフィー(PSG:Polysomnography)検査。
睡眠中の低酸素状態や脳波の覚醒状態、鼻口気流の途絶・再開、胸部の呼吸運動などを詳しく検査。

精密検査ならAHI 20以上で保険適用の治療を開始できますが、
正確性に欠く簡易検査では、その基準がAHI 40以上となります。




2011年~検査・規定がちょっと複雑化。
めんどくさい手続き・Stepが必要になりましたが、
国が積極的に“治療・対策に乗り出した” とも言えそうです。


私が受けたのは、簡易検査装置のモニター。
当初の目的は私の検査ではなく 『装置の検査』 です。

なので、今回私はStep1はSkip。
Step2から始めています。

そして、私の検査結果はAHI 8.9ですから、
次はStep4ーbに進むことになります。



睡眠時無呼吸症候群の良いところは、
「診断」が無呼吸低呼吸指数(AHI)で明確にできるということ。

つまり、誰でも簡単に、
自分が「無呼吸症候群」ではないか。
自分は、「無呼吸症候群」予備軍ではないか。
を、数字で見ることができるんです。


この頁から読まれた皆さ~ん。

簡易検査は超簡単
でも、簡易検査装置をレンタルしに医療機関に行くのはやっぱり大変。
医療機関を受診すべきかどうか悩んでいる。
もうちょっと、自分で熟考したい。
なんて方は、 
まずは、自宅で問診(= セルフチェックをしてみては?

Step0 セルフチェックは、アンの日記のこちらから。
睡眠時無呼吸症候群は、体型・生活習慣からもチェックできるらしい
「睡眠時無呼吸症候群ってどんな人がなる?~体型・生活習慣~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-75.html


カテゴリー【無呼吸症候群】をクリックすれば、SASについてまる分かり

『睡眠時無呼吸症候群』について
次はこちら
関連記事

無呼吸症候群(SAS)について。
続きです。前の頁はこちら
2015.03.30『自分じゃ分からなかった~SASは数字で発見~AHI指数』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-248.html

少しでも徴候のある方、周囲の方から指摘を受けた方は、まずは簡易検査へ。
(在宅検査で超簡単。費用は保険適用3000~4000円)
ここまでは、誰でもおんなじ。 ※詳細は前頁
(たまにオキシメントシー簡易検査の病院もあるらしい。こちらは格安。)

違いは
、簡易検査結果後の対応。  

Step4
a. AHI 40以上  睡眠時無呼吸症候群と判定  治療へ 
b. AHI 40未満  確定検査(1泊2日入院による精密検査)へ



Step4-b.
Q. 確定検査(1泊2日入院の精密検査)とは?

専門医による、終夜睡眠ポリソムノグラフィー(PSG:Polysomnography)検査。
睡眠中の低酸素状態や脳波の覚醒状態、鼻口気流の途絶・再開、胸部の呼吸運動などを詳しく検査。
PSG他、検査は痛みを伴うことはないのでご心配なく。




なんですが・・・
確定検査(1泊2日入院による精密検査)は、費用に大きな差がある

ここまでの診療は、どの医療機関でも保険適用で費用は同額。
なのに、精密検査の費用がどうしてそんなに違うのか?
と思ったら、「差額ベッド代」の違いでした。


無呼吸症候群の確定検査(精密検査)は、
宿泊を伴う、終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査。

無呼吸症候群の場合、
イビキが煩いので “個室入院” を依頼される事が多いようです。
“個室使用料”は、保険適用外なので実費をそのまま支払わなくてはなりません。

つまり、実際に支払う料金は、
精密検査代金(保険適用)個室使用料(保険適用) ⇒15,000~80,000円
同じ診療費用  病院によって異なる費用(差額ベッド代)

※保険点数(2015年4月現在)
終夜睡眠ポリソムノグラフィー:3300点(携帯用装置の場合720点)
脳波検査診断料:180点 他



びっくり仰天の費用の差です。
この事実を知ってからじっくり考えてみると・・・

無呼吸症候群SAS)の検査を受ける時には、
確定検査(精密検査)までの費用をチェックしてから、簡易検査のための病院を選ぶべし

※簡易検査のみ行っていて、確定検査(精密検査)は別の病院を紹介している医院もあります。
その場合も、“提携している病院”の精密検査費用の確認は必須


小  話 

確定検査(精密検査)の費用について。
私が調べた中で、一番安かったのが、沖縄の病院。
私が調べた中で、一番高かったのが、東京都内の病院。
やっぱりね~。

Step1~4まで詳細は、こちらでご確認くださいね。
「自分じゃ分からなかった!~無呼吸症候群(SAS)は数字で発見~AHI指数~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-248.html

思っていたより、ずっと奥が深く難しい無呼吸症候群。
カテゴリー「無呼吸症候群」は、これからまだまだ増えます。要チェックです。




次はこちら

関連記事

無呼吸症候群の簡易検査で“異常値”が出た場合、
次に受けるのは、無呼吸症候群の確定検査(精密検査)。

では、
異常値が出た人はみんな確定検査(精密検査)が必要か?

とも限らないみたい。

まずは、
確定検査(精密検査)を受けるべきか、否か。
そんなところから、考える必要がありそうです。
 

専門の医療機関に行けば、
“今後の検査、治療方針”医師と相談の上で決められますが・・・

「基礎知識」が無いと、
質問すべきことも判断すべきことも分かりません。
「基礎知識」は、
医師とお話しする際の、ガイドブックのようなもの。そんな感じ。

基礎知識は、
無いよりは有った方が良いに違いありません。


いい加減・・・
調べるのもメンドクサクなってきましたが。。。





私の場合。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の簡易検査での数値はAHI 8.9
(キットを使っての在宅検査
疾病の判断基準となる無呼吸・低呼吸指数正常値はAHI 5未満
私は、どうやら軽症睡眠時無呼吸症候群(SAS)。

でも、
保険適用で、最も治療に有効と言われる
CPAP(持続的抑圧呼吸器)での治療はAHI 20以上。
(確定検査での数値)

フツーに考えると、
確定検査(精密検査)を受けても、
保険適用で治療を受けられるだけの数値にはならなそう。
(軽症です 嬉しいような、困ったような。。。

簡易検査でのAHI数値がこの程度なら、
わざわざ高額な確定検査(精密検査)を受ける必要は無い。カナ


次は、AHI軽症~重症に分けて、
対症療法をご紹介します。


次はこちら


 KoKoRoの声 

今回のご紹介は、本当に大変。
とっても疲労困憊。

例えば、
睡眠時無呼吸症候群のためのガイドラインがたくさん有る。

睡眠呼吸障害研究会(関連5学会後援)から一般臨床医向け
「成人の睡眠時無呼吸症候群診断と治療のためのガイドライン」
耳鼻科向けの 「睡眠呼吸障害(いびきと睡眠時無呼吸症候群)診療の手引き」、
保険歯科研究協会協力編 「睡眠時無呼吸症候群の歯科保険診療」etc.

「睡眠時無呼吸症候群」の治療をしている専門医が、
循環器系、耳鼻科系、内科系、はたまた歯科系、そして専門クリニックetc.と、
色々あるのが問題なのかも。。。



何だかよく分からないので、
無呼吸症候群の治療をしている専門の(検索上位の)
歯科医院や耳鼻科、内科に直接電話攻撃

それなのに・・・
受付の方たちが、私の質問を全く理解できませんでした。
(無呼吸低呼吸指数(AHI)という言葉すら知らない人もいたり。。。)





『循環器領域における睡眠呼吸障害の診断・治療に関するガイドラインによると、

我が国では大規模な疫学研究はなく、正確なOSA有病率は明らかではないが、一般住民910名を対象とした疫学調査において
AHI≧10のOSASは男性3.3%、女性0.5%(全体で1.7%)との報告があり、患者数は約200万人と推定されている。しかし問題は、診断率であり、治療の対象となるOSAの85%以上が未診断といわれている。

その他
『ビジネスパーソンにおける潜在的睡眠時無呼吸症候群に関する調査研究』によると、
※大和証券ヘルス財団から研究費助成を受けた研究で現在も継続中。(2015年現在)

30歳~65歳の日本人男性(ビジネスパーソン)において約30%に中等症~重症のSASの疑いを認めたというデータ有り。
計算上約900万人の潜在的患者が存在する可能性が示唆されている。





でも・・・
患者にとって、「受診しにくい」「理解しにくい」状態では、
診断を受けようという人、増えないんじゃないかな。カナカナ。

関連記事

 睡眠時無呼吸症候群について。
前回から1週間が経ってしまいました。前回のご確認はこちら
『治療のための精密検査~保険適用は無呼吸低呼吸指数(AHI)幾つ?』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-252.html


初めて “アンの日記” をご訪問頂いた方、
もう一度最初から・・の方は、(修正してます
カテゴリー睡眠時無呼吸症候群からどうぞ。(右カテゴリーの下方)


今回は、睡眠時無呼吸症候群
治療方法・方針について

最も一般的、かつ有効と言われるのは、
経鼻的持続陽圧呼吸療法装置。( nCPAP:nasal continuous positive airway pressure)
通称CPAP(シーパップ)
全ての学会ガイドラインで、同じ見解です。
こちらは、次回にしっかりご紹介。


今回は、
それ以外の治療方について、簡単にサクっとご紹介します。

■生活習慣の改善
自分でできること

・睡眠中の体位の工夫(横向き寝)そもそも右側下が健康に良い
・減量
・禁煙
・飲酒・精神安定剤の服用を控える

肥満とSASの関係は、こちらの研究発表が面白い。ヘェ~
睡眠時無呼吸症候群(SAS)における発症要因としての肥満』
※リンク無し。研究のお題を検索してみて下さい。


右側下の横寝については、東西両医学で推奨されています。
(つまり科学的にも経験的に右側下横寝が一番体に良い!)

ただし、“同側の横寝” は、美容には非常~に良くない。
健康と美容、どっちを選ぶか悩ましい。。。
どっちも欲しい。あきらめたくない。。。カナ




■外科的治療 

1.鼻閉改善手術
閉塞部位によって、手術内容が異なる。

2.口蓋垂軟口蓋咽頭形成術
UPPP(Uvulopalatopharyngoplasty)
全身麻酔下で手術。10日間程の入院が必要。

LAUP(Laser assisted uvulopalatoplasty)
部分麻酔でするレーザー手術。手術時間は30~60分程度。
入院不要。従来の方法より術後の治癒が早い。

≪外科的治療が妥当と考えられ条件≫(ガイドラインより)
(1)臨床的に必要と判断される。
(2)CPAPなどの保存的療法ができない。 
(3)手術可能な全身状態。
(4)患者が十分な説明を受け、理解した上で手術を希望する。 etc.

外科療法は、根治療法となりうる可能性を持ち、医療経済的に利益が大きい可能性がある。
経験を積んだ耳鼻科医・口腔外科医による詳細な検討により決定されるべき。

Point
きちんとした論的根拠を持ち、
手術実績を掲載している病院・医師を見つけるべし




■口腔内装置(OA:oral appliance)による治療
一般に、スリープスプリントマウスピースと呼ばれています。

・主として下顎を固定する。
・歯科医院で製作。
・機能の異なる、数種類がある。

≪OA適応が妥当と考えられる条件≫(ガイドラインより)
(1) 軽症(5<AHI<15)及び習慣性いびき症
(2) 軽症~中等症で、CPAP治療を継続できない場合 等

作製にあたっては,残存歯,う歯,歯周病, 顎関節症の有無などのチェックが必要で,
経験を積んだ 歯科医に依頼すべし。

※どこでも違法性なく作れてしまうものだけに、実績を確認!

保険適用について(2004年~  15,000程度~)
睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断書があれば保険適用で作製できる


■その他の治療方法

・鼻腔を広げるテープ、鼻のスプレー(ドラッグストアで購入可能)
・呼吸を刺激する薬剤のスプレー
・医師の処方薬(黄体ホルモン剤や眼圧降下剤 etc.)

※ 現在適用を認可された薬品が数種ありますが、
ガイドライでは特に有効な薬剤は無いとされています。
(医療は日々変化。要確認!)


今、
SASと闘っている方は正しい情報を自分で確認すべし

こちらのガイドライン研究発表がご参考になるのでは?

『循環器領域における睡眠呼吸障害の診断・治療に関するガイドライン』
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010,momomura.d.pdf
『ビジネススパーソンにおける潜在的睡眠時無呼吸症候群に関する調査研究』
http://www.daiwa-grp.jp/dsh/results/39/pdf/11.pdf


やっぱり専門の発表はメンドクサイ。「だめだ。簡単な説明~」と言う皆さんには、
こちらの医院の説明が分かりやすい  サイトリンクOKなようなので。
銀座コレージュ耳鼻咽喉科
東京ロンフェルメ耳鼻咽喉科


次は、
睡眠時無呼吸症候群の対症療法として最も一般的な、
経鼻的持続陽圧呼吸療法装置(nCPAP:nasal continuous positive airway pressure)
通称CPAP(シーパップ)の治療を受ける際の、
病院・医師選びの注意点について。
単なる「定期的通院」なのか「アドヒアランス向上」なのか。

実は医療の差って大きいぞ~

次はこちら




KoKoRoの声マウスピース用の診断書~

どこの歯科でも作製できてしまうマウスピーススリープスプリント
(別に経験がなくても、作製はできる。歯科医師用マニュアルがあるから。)

勿論、賢い患者は、経験豊かで、
装着後の改善状況なんかもチェックしてくれる医院・医師を選ぶけど。

それはさておき、
保険適用で製作するためには、
循環器内科や、耳鼻科、専門医療施設等の医師からの診断書が必要

軽症の睡眠時無呼吸症候群(OSAS)、
尚且つ生活習慣の改善点のない私は、
やるならマウスピース治療からなんだろうけれど・・・
マウスピース用の「診断書」って書かない医院が多そう。ってことが分かった。

電話をすると、
「今までご紹介したことはありません。
まずは、こちらで先生の診断をお受けください。」
って、
どこもだいたい同じような回答。

“一人も紹介すべき患者がいない”はずはいくらなんでも無い。
つまり、
マウスピース用の診断書は書いてません」
的な医師、どうやら多いらしい。。。

あ~疲れた。
関連記事

 引き続き、睡眠時無呼吸症候群について。
今回は、最も一般的な、
全ての学会で治療効果を承認していて、
世界中で最も行われている対症療法について。
あくまで対症療法だけど・・・


経鼻的持続陽圧呼吸療法装置(nCPAP)治療
( nCPAP:nasal continuous positive airway pressure)
一般的にCPAP(シーパップ)と呼ばれています。

積極的治療が必要な場合、最も効果的だと評価されている対症療法
CPAPをレンタルし、自宅睡眠時に装着して使用。
月一回の通院期的なメンテナンスが必要。(厚労省により義務付け

≪通院が必要な理由について≫~ガイドラインより~

・治療アドヒアランスを高めるため。
・マスクやCPAPの設定変更のため。
・加湿器の併用などを検討するため。
 ※ 酸素療法心臓や呼吸器に疾患がある場合、CPAPと併用。


海外では、CPAPのメンテナンスは義務付けられていませんが、
日本は、温暖多湿で細菌が繁殖しやすいので、
定期的なメンテナンスは大切

海外では、「通院」は義務づけられていませんが、
それは、「海外では不可能だから」とも言えます。
日本は、全ての国民がいつでもどこでも適正な料金で医療を受けられる、
世界でも稀な国民皆保険制度を取っているために可能な治療とも言えます。

世界に認められた日本の国民皆保険制度についてはこちら。
「紹介状=診療情報提供書について~専門医(エキスパート)の予約の取り方~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-241.html


保険適用について(1998年~ 5000円)
簡易検査でAHI40以上か、終夜睡眠ポリソムノグラフィー(PAG)検査でAHI20以上
どちらかの規定を満たした場合可能。
自費診療は、AHIの数字に関係なく可能。
(2012年保険制度改正で基準変更。今後も要確認。

無呼吸低呼吸指数(AHI)の基準についてはこちら。
「自分じゃ分からなかった!~SASは数字で発見~AHI指数」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-248.html






『循環器病の診断と治療に関するガイドライン』によると、
治療継続が重要となるが、治療継続率は65~90%
医師は治療アドヒアランスの向上に積極的に努める必要があるとのこと。

つまり、
通院する気になるよう、自宅で装置を装着する気になるよう、
医師患者が治療についてちゃんと話し合って治療計画を立てよう。

と、学会でも話されているってことです。 

アドヒアランスは、「医師から患者への一方的な説明」×とは違う概念です。
まだご存知ない方は、こちらで概念をご確認!
2014.10.01「アドヒアランス~概念から実践へ~治癒率をあげるためにできること」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-116.html



CPAP治療の際には、
CPAP装着状態、病状の変化、その他の疾患の状態をしっかり診てくれて
日頃の体調もお話ししやすい主治医を必ず見つけるべし。

ただの、「顔見せ」じゃ意味がない。


睡眠時無呼吸症候群
どうやら、一石二鳥で直ぐ完治しちゃうものでなく、
気長にお付き合いが必要な病気みたいです。



でも、良いアドバイザイザーが見つかれば、
定期的な通院で大きな病気にも早く気づくことができ、
むしろ健康に留意しない人より健康的に長生きでそう。
ものは考えようですよね。



とても重要なことが沢山書いてあったガイドラインはこちら。
循環器領域における睡眠時無呼吸症候群における診断・治療に関するガイドライン

http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010,momomura.d.pdf




豆 知 識 

経鼻的持続陽圧呼吸療法装置
(=nCPAP:nasal continuous positive airway pressure)
は、数種類有りますが装置の性能に大差はありません。(2015年現在)

ただし、装着感は人によって差があるようです。
(例えば、特定の哺乳瓶の口しか使わない赤ちゃんって、結構います。)

睡眠時は、大人でも自制はしにくいもの。
できるだけ装着感の良いものを選んで
「寝ている間にうっかり、CPAPをはずしちゃう。」
なんて事のないようにしたいですね。

自分にあった“装着感”を求めるためには、
メーカー各社のCPAPを取り扱っている治療施設を選ぶべし


治療施設の都合で「選べない」って、
同じ料金なのにバカバカしいですからね。

ご注意を!




NEW
 
2015.06.08 日本経済新聞
『15億円資金調達 医療器具を拡販
セブン・ドリーマーズ』より


医療器具製造を手掛けるセブン・ドリーマーズ・ラブラトリーズは、
睡眠時無呼吸症候群などの症状を緩和する医療器具の広告宣伝や、
新製品の開発のための資金を調達。
拡販するのは、片方の鼻に挿入して気道を確保するチューブ状の医療器具。
7本入り4536円。
提携医療機関の医師の処方後、購入可能。

最新医療を主治医に頼っていたら、
『自分の治療は石器時代だった』
なんてこともあるので、情報まで。

継続治療中の方は、時々医療情報を要チェック



睡眠時無呼吸症候群について」ご紹介しています。
最初はこちら

関連記事

長々と書いてしまった、
睡眠時無呼吸症候群のご紹介。
始まりは、
「誰でも睡眠時無呼吸症候群の可能性はある」
でした。

調べて分かったことは、
睡眠時無呼吸症候群の症状に、絶対条件は無いということ。
外見・睡眠時の様子・本人の自覚症状、それぞれ一般的なものはあるけれど、
全ての人が当てはまるわけではない!

特に、
日本人の場合
1/4~1/3程度の睡眠時無呼吸症候群(OSAS)患者は肥満患者である
と言うことは覚えておきたいですね。

そして、AHI 8.9(軽症)と診断された私を例としてあげるなら、
朝起きにくいとか、日中倦怠感があるとか、いびきが物凄~いとか、
そんな “自覚症状” は無い

つまり、睡眠時無呼吸症候群の軽症の場合、
自覚症状は、あてにならないってことです。





とりあえず、
先日、今別件で通院中の歯科医院でご相談したところ、
(気軽なおしゃべりです。)
先生曰く、
「スリープスプリント(マウスピース)の弊害と無呼吸による弊害、
二つを比較して考えた場合、
現時点ではスリープスプリントは薦められない。」
とのこと。
(私のあごの形や、自覚症状の様子からです。)



と言うことで、
私の場合はこのまま様子見をすることにしました~。
将来の様々な疾患の恐れが、2~5倍位になるみたいですけれど・・・。



いちいち小さいことを気にしても仕方ない。
中年ともなると、不具合が多少あるのも仕方ない。とも思います。

なんだか、たいして不安でも無い検査結果(軽症)で、
「随分大掛かりに調べているな~」
なんて思われた方もいたのでは・・・





私がこんなに一生懸命、
睡眠時無呼吸症候群について調べた理由は、
片側顔面痙攣と何らかの因果関係がないのかな~」
なんて思ってしまったから。

直接的な原因には勿論成りえませんが、
「睡眠時無呼吸」状態を繰り返していたら、
脳圧は上がったり下がったり。
血管にも大きな負担が掛りそうです。。。 


片側顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛、
頭蓋内微小血管減圧術、微小血管減圧術、神経血管減圧術、MVD、
機能性疾患、神経血管圧迫症候群・・・etc.・・・etc.


そんな検索ワードで “アンの日記” を見つけてくださった皆さん。
ちょっとお時間を見つけて、
睡眠時無呼吸症候群の簡易検査を受けてみては?
お薦めします。

調べてみたら、
片側顔面痙攣患者の7割が軽度の睡眠時無呼吸症候群だった!
なんて発見があるかも!!
流石にない。カナ

私の簡易検査の様子はこちらから。片側顔面痙攣でない皆さんにもご確認を!
「自覚がなかった私が簡易検査で引っかかりました~睡眠時無呼吸症候群(SAS)~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-247.html



睡眠時無呼吸症候群と片側顔面痙攣
本人の辛さが、周囲には伝わらない。
根治治療は手術のみなのに、対症療法ばかりが勧められる。
エキスパートの医師以外は、真剣に取り組んでくれない感じ。
そんな所が何だかちょっと似ています。

病気の大変さ、辛さがもっと一般に認知されると、
今治療中の皆さんの気持ちもちょっと楽になるんじゃないかと思います。




睡眠時無呼吸症候群調べ、計8回。
カテゴリー『睡眠時無呼吸症候群』 (右下)にまとめています。

または、一回目はこちら




期待される治療

欧米では、保険適用でなかったり制限が厳しく高額な治療となる
対症療法CPAP口腔内装置も、
日本では保険適用。(要診断書)
日本のSAS診療システムは、患者の皆さんにとっては、
ありがた~い、恵まれたシステムと言えます。
(CPAP利用者数は現在も年10%近い伸率。)



なのに、随分不満の多い通院・メンテナンス。

大きな問題点は、
患者が “自分で治療の選択をした” と思えないこと。
治療の選択肢は “提示” されていますが、
実際は、“選択の機会” はあまりなさそうです。
(それぞれの施設で、一つの治療法のみを勧められることがほどんど。)

高い専門知識を持つと共に、
専門の域を越え、患者を紹介できるネットワークを持っている医師。
そんな医師なら信頼できて、アドヒアランスの向上も期待できるはず。



信頼できる医師は、
人生・生活設計のための良いアドバイザーになる

保険適用でですよ!しっかり相談しちゃいましょう。
ものは考えよう




≪CPAP適用基準についての提言≫:ガイドラインより ~
臨床上の治療導入の判断は、AHIのみで行うべきでなく、自覚症状お よびその他の併存疾患(高血圧,心不全,虚血性心疾患, 脳血管障害など)の有無などを含めて総合的に行うべき である。~ 省略 ~  AHI≧15で積極的な治療の適応となるべきである。さらに、AHI≧30に対しては、自覚症状の有無 にかかわらず治療行うべきである。

≪潜在的SAS患者について≫:調査研究より ~
30~65歳の男性ビジネスパーソンにおいては30%に中等症~重症SASの疑いを認めた。~ 省略 ~また、自覚症状としては一般的に言われている“日中の眠気”の頻度が低かったことから眠気のない潜在的なSASについても考慮するべきであると考えられた。
~省略~ 働き盛りの年代における潜在的 SAS患者の早期発見・早期治療導入につとめることが望まれる。



『循環器領域における睡眠呼吸障害の診断・治療に関するガイドライン』
http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010,momomura.d.pdf
『ビジネススパーソンにおける潜在的睡眠時無呼吸症候群に関する調査研究』
http://www.daiwa-grp.jp/dsh/results/39/pdf/11.pdf


KoKoRoの声

言うは易し。
“信頼”
別に医師と患者の間だけのお話しではないですよね。
“誰を信頼するか” って人生最大のテーマかもしれません。
“誰を信頼するか” で人生が変わるかもしれません。 

深いな。。。


信頼について幾つか書いています。こちら
「信頼~師弟関係♡医師と患者~アドラー心理学より~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-96.html
関連記事

今日は、2015年4月11日。
なんと、ちょうど一年前の今日が私の退院日でした。

  桜と月   4月3日の桜と月  さくら さくら さくら                                                   
去年の3月末は、桜が満開でした。
入院直前に都内の桜の名所にお花見に行ったら、しっかり風邪を引いてしまって、
手術日には全く声が出なくなっていた私。

それでも、2014年4月3日に手術は無事終了。
とっても快適な入院生活を送り、予定通り10日で退院


痙攣をしっかり感じてから4年。
片側顔面痙攣と診断が下ってから1年半。
私の場合、手術までにそれだけの年数を有しました。

今、あれから1年が経ったのか~
と思うと月日が経つのがとっても早く感じます。


手術前は、少しでも痙攣が軽くなるように、
毎日マッサージをしたし、
運動もしたし(血流が良くなったら治るかと思って)、
サプリメントも飲んだし、
食事にも気をつけたし・・・
思いつく限りの全てのことをやって、
心も体もとっても疲れてしまっていました。

前向きに手術を受けたつもりだったけれど、
その実、ほんとはちょっと自棄になっての手術だったかもしれません。


正直、
手術前にはそれくらい度胸が要りました。

でも、今考えると、何であんなにも勇気が必要だったのかな~とも思います。
全部終わってしまえば、それ位簡単なことでした。


おまけに、今は同じ病気の方とネットを通じて交流をして、
とても励まされたり、可笑しく思ったり。(結構、頂くコメントで笑ってます。)
「人生、無駄なことは無い。」
って、しみじみ思います。


私と関わりを持ってくださる全ての人に感謝の気持ちでいっぱいです。
いつも、“アンの日記”を応援して頂き本当にありがとうございます。

そして、そういう気持ちが持てる穏やかな生活を送れるようにしてくださったA医師には、
深く深く感謝しています。


A医師に私の感謝が伝わりますように。
既に、手術を終えた皆さんの術後が良くありますように。
これから手術の皆さん、皆さんのことはお散歩の時にいつも成功を祈っています。
(私が手術日を知っている皆さんのことは名前入りで祈ってますよ!


まだ今後の治療方向を模索中の皆さん、
皆さんが皆さんにとって最適な治療に巡りあえますように。


       ケーキケーキケーキ    夫と娘からサプライズのケーキ♡

サプライズの大きなケーキ。(ここのケーキ屋さんのホールケーキは、丸くなくて四角)
切り分けず、3人でフォークでつついて食べました~。
子どもの時から、一度やってみたかった
この年(中年です)で、そんな夢が叶うとは。

お行儀悪く食べたので、残りは無残な姿。高級ケーキなのに。。。

楽しい一時でした。



術後1年過ぎした。術後の注意事項手術創部の写真はこちら。
2015.04.04「片側顔面痙攣手術後1年~近況報告~手術創部写真♪」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-277.html
関連記事

 今日は、私が片側顔面痙攣の微小血管減圧術の施術後、
半年経ってから始めた、

タイ式ヨガ ル―シ―ダットン のお教室での出来事。
(=RusieDutton)

年度末はお教室がお休みだったので、久しぶりのレッスン。
今日から新年度の始まり。

レッスン終了後に、
先生から前年度の皆勤賞の発表がありました。
1年間、週4回のレッスンを休まず出席された方が2名。
1回欠席された方が1名。
合計3名が表彰されました~。パチパチ
(素敵なプレゼント付き。


皆勤賞の2名の生徒さんが話して下さった、
ル―シ―ダットンの効果

花粉症の症状が無くなった
風邪を引かなくなった
階段を昇るのが楽になった
筋力が付いた
体調が整った etc.

箇条書きにしてしまうと、インパクトが無い。カナ

ル―シダットンの効果」についての詳細はこちら。
2014.12.02 「ル―シ―ダットン~タイ式ヨガ~タイマッサージ師の必修科目」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-171.html





一つ、
とてもステキなご挨拶があったのでご紹介します。

「お教室を休まず通えたのは、家族が健康だったおかげです。」
「家族に感謝したいと思います。」


確かに「仕事」とは違い「趣味」ですから、
家族に病人がいたら、参加しにくそうです。
(私は、けっこう置き去りにします。。。)

急に求められたコメントで、
すらっと
家族への感謝の言葉
を発せられるって、
とっても素敵だな~と思いました。




始終感謝の言葉を綴っているクセに、
始終、家族への感謝忘れる私

「外の世界に出る」 
って、わが身を振り返るチャンスをもらえるから大切ですね。
今日も反省。

この反省を、ちゃんと覚えていられたら、
あっという間に素敵な人になれるのにな~。





今日は、出席率の悪い私も含めた全員に先生からのお礼が配られました。
お教室が6週年を迎えるから。
感謝の気持ちを込めて」とのことでした。
とっても親身に、分かりやすく指導してくださる素敵な先生。

「体型」だけでなく、
こんな細やかな心遣いも、見習いたいところです。

(当然、スタイル抜群




ル―シ―ダットン。先生から♡先生から♪スポーツ後に良いとのこと。


そう言えば、先日ラジオの放送で、女優の内山理名さんが、
「色々試したけれど、今はル―シーダットンにはまっている!」
と話していました。
どこのお教室に通っているのかな~。

ル―シダットンの全国の教室はこちら。
RusieDuttonn ル―シ―ダットン普及連盟公式サイト
http://www.rusiedutton.com/menu.html
関連記事

「芥川賞」や「直木賞」は勿論有名だけれど、
最近では、「全国の書店員が今売りたい本」を決める賞である、
本屋大賞もかなり知名度が高そう。


第12回目の今回は、
2013年12月~2014年11月に刊行された国内の小説が対象。
1次投票は、全国461書店580店員によって10作品がノミネート。
2次投票は、286書店345店員によって行われ、大賞1作品を選出。

どの本が大賞を取るか
、注目されてましたよね~。

2015年4月7日発表
第12回本屋大賞受賞は、
上橋菜穂子氏の鹿の王(上下巻)

おめでとうございま~す。


鹿の王の詳細はKADOKAWAのこちらのサイトへ。
鹿の王上橋菜穂子特設サイト
http://www.kadokawa.co.jp/sp/2014/shikanoou/

上橋菜穂子氏の本の魅力についての“アンの日記”はこちら。
上橋菜穂子の本の魅力~命、異なる文化・宗教・価値観を学ぶために』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-217.html
※ 他作品のTVドラマ放映情報も記載。




今回本屋大賞を受賞した『鹿の王』のテーマの一つが「病」
児童書に分類される本書ですが、医療関係の文献を読み込み、
ご親戚の医師のご協力も得て執筆を完成されたそうです。


「壮大な物語のテーマ」や「創作の姿勢」について語った、
上橋菜穂子氏ご自身の印象的な言葉をみつけたのでご紹介します。



本当に書きたかったのは、病が見せてくれるであろうもっと別の姿、
つまり “人が命とどう向き合ってきたのか” ということです。


たとえば、西洋医学と東洋医学では、背景の世界観は大きく違います。
一口に医学と言っても、いろいろな考えがあるのです。
それぞれの民族が、それぞれの文化のなかで育まれてきた、それぞれの医学を持っている。


(人間を)生物として見ることで、あるがままの人の姿を捉えたい。

命を救うことはできないが、暮らしを温かくすることはできるかもしれない。
それぞれが自分にできることをすればいいし、私にとっては書くことが自分にできること。



抜粋して箇条書きで書いちゃうと、
固~くて、重~い小説に感じちゃうかもしれませんね。


「ファンタジー長編小説」
「異世界ファンタジー」
と表現されている上橋菜穂子氏の「鹿の王」ですから、大丈夫です。(←何が?笑)
ご安心ください。

暗くなると嫌だな~。
あんまり説教臭いのは嫌だな~。なんて思っちゃった方、
だとしたら、それは私の書き方が悪かっただけです。







“病気”と言っても、世の中には色々な病気があります。
同じ病気でも、捉え方は異なるでしょう。
症状の出方とは別に、
「重く感じる人」も、「軽く感じる人」もいるんだと思います。
様々な治療法の中から、
「何を良し」として、「何を選択するか」も千差万別。

「いろいろな考え方」どれをも、「間違ってないよ。」
「いろんな感じ方」どれをも、「それでいいんだよ。」
そんな風に心底思わせてくれて、
今の自分の有り方に安心できちゃう。

それでいて、
他人の有り方をも受け入れられる。

そんな気持ちにさせてくれるのが、上橋菜穂子氏の小説です。

上橋菜穂子氏の「鹿の王」を読もう!
って、自分でできること ですよね!(←久しぶり




今治療中の方、療養中の方、それからたまたま“アンの日記”をご訪問頂いた方。
今日の “アンの日記” は、きっとお役に立てます。 自信



KoKoRoの声

実は、図書館司書の資格を持つ私。
もしも、自分が片側顔面痙攣になっていなくて、
もしも、それでもブログを始めていたなら、
読書感想文ばかりのブログを書きたかったかな~。ナンテ


ブログを始めたのは、病気になったから。
病気にならなかったら、私はブログは始めなかった。

ほんとは、PC苦手。
PC用語は分からない言葉だらけ。。。
「ブログ作成画面」も悪戦苦闘


病気になったから、
自分できることがちょっと増えました。

ものは考えよう
 は、私が病気になってから好きになった言葉


人生って、思いがけない風に進んでいるな。
私の場合。




日本経済新聞電子版 2015.04.07
『「鹿の王」 で本屋大賞、上橋菜穂子さん 答えなき世界に挑む』 より

マナトピ 2015.04.07
『速報!本屋大賞受賞、上橋菜穂子さんに聞く「鹿の王」創作秘話』 より

関連記事

久ぶりに、片側顔面痙攣について。
片側顔面痙攣痙攣” については、これまで何度か書いてきました。

ですけれど・・・
痙攣進行速度 についてはあまり書いていなかったように思います。

今回、ご質問を受けて書きだして、
「どうして書いてないかったのか。」
が、分かりました。(←自分のことですが

どう書いていいのか分からないんです。。。


一般的には
痙攣や引きつりは、眼から頬、口元へと広がっていく
と言われています。

まあ、大雑把に言ったらそうなんだと思います。
とっても「学術的」みたいな雰囲気で書いてあるサイトすらたくさんありますが、
(雰囲気、分かります?)
私は “大雑把” な言い方だと思います。

それ位、実際の痙攣の見え方、本人の痙攣の感じ方、そして、進行速度・・・、
“人によりけり”(=個人差が大きい)です。

“アンの日記” を読んで、私にご連絡くださる皆さんのコメントを読んで、
すっごく、
と~っても、
しみじみ、そう思うようになりました。


1ヵ月以内で、口元までの痙攣を感じる方、
私のように2年位で口元まで感じる方、
5、6年位してから感じる方。
いただくコメントは色々です。

もしかしたら、10年以上かかって口元まで感じる方もいるのかも。
「MRIで圧迫している血管があっても、痙攣を発症していない」
と言う人は、そんな人達なのかな~と考えたり。


サイトに書いてある
「一般的には・・・・・・・」
と言う片側顔面痙攣の様子を基準にして自分の治療計画を立てると、
「あれ?全然違った!」
何てことになりかねません。

片側顔面痙攣の痙攣の出方、痙攣の広がり方、痙攣の広がる速度etc.は、
個人差が大きく、一般的経過は参考に過ぎない。 
と言うのが正しい答えだと思います。


まずはここまでの確認、これが結構大切!


その上で私自身のケースを書くと、
眼の痙攣がときどーーーき激しく出て、
「見て見て!生き物がいる~」
なんて夫に笑いながら報告していた時期から、
口元に痙攣が来て、ぞっとする瞬間を迎えるまでは1年半位。

その後の進行の具合は、
「坂道を転がり落ちるように痙攣が酷くなる」
わけではありませんでした。

随分長い間痙攣を感じ無い時もあれば、
特にストレスや疲れを感じているつもりがないのに酷い時期もありました。

「悪化」と「好転」を繰り返し、「進行」しているとは感じていなかったけれど、
気が付いたら痙攣が起きない日は無くなっていた。
こんな感じです。

「自分」のことなのに、
何ともあやふやで申し訳ないです。。。



過去の痙攣についての頁です。お仲間さんからのコメントを反映しています。
皆さん、サンクス
『出たり出るなかったりする片側顔面。どんな時に出る?~痙攣Part2』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-184.html

痙攣があるのに、MRI画像で特定できず、診断が下らない。
そんな皆さんもご覧下さい。
『片側顔面痙攣~MRI画像が全てではない。症状優先~痙攣Part1』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-183.html


片側顔面痙攣を初めとする、微小血管減圧術対象疾患全般について
サイトマップ
『片側顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛患者の皆さんへのご案内
~微小血管減圧術の手術の成功率を上げるためにできること~』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-121.html




KoKoRoの声

ブログを書いていると、
ブログ記事が病院、企業(?)の宣伝のために利用されていることがよく分かる。
「記事の募集」なんかがあるから。

患者のための「良い治療」「良い結果」を得ようと努力しいる医師・病院もあるし、
患者を得るために「良い広告」「良い宣伝」をしようと努力している医師・病院もある。




皆さんが、皆さんの最善の治療のために、正しい情報に巡りあえますように。
皆さんの選択が、他の皆さんの最良の治療への一歩となりますように
片側顔面痙攣の治療は、世界でも日本が突出している。そんな風になりますように。


関連記事

皆さん、悩んでいます。

星占いとか血液型占いとか、干支占いとかetc.
全人類を、そんな少ないカテゴリーで分けて、
カテゴリー内はみ~んなおんなじ運勢?

そんなわけないでしょ。
って、バカバカしく思ったりもするけれど・・・。


なんだか、今は
みんな悩みが大きくなる時期みたいですよ!



新年度だから?
お天気が不順だから?
今って、運気悪い時期なの?
(私は調べないから分からないけれど。)


多くの皆さんが
年齢も、性別も、社会的肩書きも、生活環境も全然違うのに、
同じ時期に同じように悩みが大きくなることってあるみたいです。

多くの皆さんが
自分の状況に悩んで、考えて、焦っているみたいだから、
自分だけじゃないって知って、
安心して下さいね。(←変な言葉のチョイス





私ごと。
ここのところ、raw food、自然食みたいな料理を頂く機会が多いです。
私は、「なんちゃって、健康オタク」だから、
そういう場所での皆さんの熱意には押され気味。
でも、“食は大事” と言うことを実感させていただいています。


お料理の写真を撮ったので、アップします。
写真が下手で残念すぎるけれど。。。

野菜たちのビタミンカラ―で、
“アンの日記” を応援してくださる皆さんが元気になりますように。


勿論、元気になれます。
“日本”には、努力してくれている方々がたくさんいますから





見た目が綺麗で、いかにも元気がでそうなお料理たち。

(野菜には、ビタミン・ミネラルなど生命活動を支え、
調子をよくする栄養素が豊富に含まれています。

 実は、バケツ並の大きさのサラダボール!  上からサラダ♪(raw food)

  ゴージャスな野菜たち♪         六本木。アップステアーズ。
この中のサラダの一つは、ベンツのショールーム併設店で。
ベンツを見ながら食べるんですよ。(笑)



気分転換にお薦めなこと。
夜のお散歩。涙も見えませんしね。
(コメントに入ってなかった方、足しておいて下さい。)

イベントなら、プラネタリウムかな。
暗いところで、心洗われます。

私は、一番辛い時はそんな風にして過ごしました。
効いた気がします。
お試しあれ!
関連記事

今日は単なる日記。
独り言です。


実は只今、外出中。
中年女子の私(決しておばさんとは言いたくありません。)ですが、
若者たちの真似をして携帯からアップを試みています。

PC画面ではどんな風になるんでしょうか?
全然想像出来ないのですが・・・。



思えば昨年、
退院した翌日に娘の学校からお電話を頂き、
役員を引き受けてしまいました。
皆さんお忙しいそうで、
引き受け手がいらっしゃらなかったので。
不安に思いながらの承諾でしたが、
無事1年間を終了でき、めでたしめでたし。パチパチ

と、思っていたのもつかの間、
また今年度も役員を引き受ける羽目になってしまいました。
結局、幼稚園〜高校三年までの15年間で何もお手伝いしなかったのは2年間だけ。
(手術前の2年間)
1人娘の親にしては、
ちょっと負担が大きくないかな〜と思ったりもするのですが。。。



週末、
義母が一人で住む自宅前の方(つまりご近所さん)から初めてお電話を頂きました。
元々、少々認知症が進んでいた義母は、お薬を飲んで対応しているのですが、
そろそろ本格的に考えるべき時が来たようです。



只今、
本日健康診断だった娘が検査に引っかかり、
クリニック外で午後の診察時間が始まるのを待っている最中です。


と、私の現状を踏まえて、
人生について考えたこと。


少し前まで、
一つ一つの問題なら対処できるのに、
問題が重なると、対処しきれない。
しんどくなるな〜と思っていました。
時として、
『もう、無理!キャパ超えた!!』
ってイライラしたり。

でも今、
いろいろ経験してから考えてみると、
(私より年上の皆さん、生意気口調でスミマセン)
一つの問題ばかりに意識が集中すると、
辛くて耐えられない、越えられないと思うことも、

幾つかの問題が併せておこると、
実際考えなければいけないこと、
やらなければならないことが増える分、
自分の気持ちに意識が行かなくて助かる気がします。

あくまで、気持ちの問題ですけれど・・・ね。


問題は、
一つだけの時ほど辛いものなのかもしれません。
幾つもあると、
単なる片付けるべき『やる事』のように感じます。

たくさん『やる事』があるって、
意外に心を健康に保つために、
不安な気持ちに気づかないために、
必要なことなのかもしれません。


『やる事』バンザイ。\(^o^)/
すーごく不安になりそうな時は、
『やる事』があるだけで、救われるのかもしれませんね。


昨年の入院前にも確かこんな事を考えた気がします。
(ブログに書きましたね。)

そんなことを、
また改めて考えました。
完。。。


今日は、
ご紹介したい事があったのに残念。>_<



それにしても、病院の待ち時間の長さ。
何とかならないもんですかね。(ため息。。。)
いつも、
『検査に行きましょう〜!』と簡単に促してスミマセン。m(_ _)m
関連記事

ドキドキな話。
今日は朝から、独り言。


知らない人とお話しするのって、ちょっと緊張します。
・・・かなり、緊張します。

その人が “良い人”か“悪い人”か関係なく、緊張します。
心は緊張しカッチンコッチンですが、
頭はフル回転しているに違いありません。

だって、知らない人は、
“何をどんな風に考えているか全く分からない相手” であり、
“自分がどんな人間かということをまだ知らない相手” であるわけで、
“自分という人間が、どう映るか、どう受け取られるか分からない”
と言うことですから。




例えば、500円のケーキを食べていて、
「高いケーキですね。」
と言うべきか、
「お手頃ですね。」
と言うべきか、
「安いですね。」
と言うべきか。。。
こんな小さなことでも、一々頭の中で算段している時すらあります。
(女子なら似たような経験ってありませんか?)

なので、簡単なお話しでも頭はフル回転。
知らない相手とお話しする時は、ず~と暗算中と言うわけです。


その証拠。
前にその事実に気づいてから、私が機会がある度に試していること。
体脂肪計付きの体重計に乗ること。
コース料理を頂いた直後は体重が増えているにも関わらず、
絶対体脂肪が凄く減っています。
「私の頭、よく働いたんだな。」
って思います。

そもそも、脳の重量は全身の2%程なのに、
消費カロリーは、20%程度。(27%と言う論文もありました。)
脳をいっぱい働かせれば、カロリーをたくさん消費するのは当たり前なんです。
(大量に食べた後は、胃にある分の重さは増えます。


そんな事を考えると、
知らない人と話すことも、
知らない場所に行くことも、
ひいては、
慣れない作業を頑張ることも、
慣れない環境で頑張ることも、
み~んな、ダイエットって思えばいいわけだ~なんて思えてきます。

4月という月は、
一年の中で一番 “知らないこと” “慣れないこと”が増えるので、
日本中が “プチダイエット になっているのかもしれません。


流石に・・・
それは無いか。。。


皆さんも、
緊張するような方々と大量に食べた後、体重計に乗る」
試してみて下さいね。
実感できるんじゃないかな~と思います。


今朝は朝っぱらからブログアップ。
今日の一日が、皆さんにとってステキな一日になりますように。
今日の “アンの日記” が皆さんの治癒力アップに繋がりますように。

追記。
夜読んでいる方へ。今夜はステキな夢が見られますように。



KoKoRoの声

私にコメントをくださる方は、とても勇気があります。
“私という人間がどんな人間か”
全く分からないまま、コメントを送信するんですから。

私がコメントをする時。
私にも勇気が要ります。
“あなたが誰なのか”
私には分からないからです。
「この人は、本当に患者なのか?」
「いたずらか?」
と熟考することもあります。

私は、ここに居て逃げること(ブログを閉鎖すること)はできないので、
より一層勇気が要るかな。とも思います。

「コメントするのに勇気が要りました。」
と度々コメントを頂きます。

なので、私からも一言。
「私もコメントするの、メッチャ勇気が要ります!」

そして、こんな風にブログを続けるのも、勇気が要る。カナ。
何と言っても、病気にさえならなければ、
絶対ブログなんかやらなかったような“おばさん”ですから。
(とうとう言っちゃいました。“おばさん”)

みんな一緒ですね

“勇気”って、この年で使うと思いませんでした。
なんだか、カッコイイ言葉ですよね。
関連記事

久びぶりに歯科の話題。

顔にヒアルロン酸を注射する歯科医が急増している。

って、ご存知でしたか?
銀歯をセラミックにしようと思って、歯科医について調べた私ですが、
歯科医院がそんな風に利用されているとは気づきませんでした。


美容外科で利用されているヒアルロン酸注射を、
歯茎のブラックトライアングル改善のために利用したことが始まりとのこと。
※歯茎が下がって、歯と歯との間の隙間が▲に見えるようになった状態。


確かに、
年齢や歯肉の異常で歯茎が痩せてしまった部分に、
ヒアルロン酸を注射して、
ピンクで張りのある歯肉が見えるようになれば、
それだけで口元が若々しく見えそうです。
ぐらぐらする歯を安定させることもできそう。
(まずは、原因を探り根本的な治療が必要ですが。)


ヒアルロン酸注射は、
医師がヒアルロン酸を個人輸入することによって行われています。
勿論、保険適用外の自費診療です。

“個人輸入”という形態のせいかもしれません。
「自分で輸入した注射液」だから、
「患者が納得して自分のお金でしたい」と言うなら、
「別にいいんじゃない。」と言うことで、
一部の歯科医さんたちは、
お口の中から外の世界へと治療の幅を広げたようです。

例えば、
上唇の縦じわへのヒアルロン酸注射。



輸入業者曰く、2、3年前から歯科医の注文が増え始め、
今や500人近くになったそう。(2014年)
歯科医向け美容治療セミナーは、積極的に開催されています。
(検索すると出てきます。)

美容外科より、
歯科でのヒアルロン酸注射の方が、
“見栄” ではなく “治療” という感じがします。

診療医院外でばったり知人に会ってしまっても、
「歯科治療中」と言えばいいわけだし・・・。


歯科医院でヒアルロン酸注射をする。

って、今までのヒアルロン酸注射よりハードルが低くなりそう。

注射の有効期間は、言うまでもなく数カ月。
「予防のための歯科通院」が嫌でも、
気になる部分への注射のための通院なら、
美容院に行くみたいな気分で行けるかも。
予防歯科の観点からも、喜ばれるブームかも。

こっそりキレイになる人、増えそうな予感がします。


「歯科医院の予約日が楽しみでした。」
なんて言われる日が来たら、
歯科の先生は嬉しいだろうな~。


豆 知 識

どんどん注射範囲が広がった歯科医のヒアルロン酸注射。
現在のところ、日本歯科医師会では違法行為には当たらないとしています。
根拠は、
1996年、厚生労働省の専門家会議で、「口唇」は歯科の診療領域の一つと確認。
そして、解剖学的には口唇とは、唇だけでなく口周り全体を指すことから、
鼻の下やほうれい線のしわとりも、歯科での治療対症になるとの解釈から。

何となく認められていますが、
これらの治療は、厚生労働省の管轄下にあるとは言えないよう。

「大丈夫かな???」
と不安な気もしますが、
「普段から麻酔に慣れている歯科医は、ヒアルロン酸注射も上手」
とも言えるそうです。



今後は、何らかの法令ができそう。カナ



関連記事

こちらの頁は、片側顔面痙攣、頭蓋内微小血管減圧術手術後の美容院での
“頭皮マッサージ”
についてのご注意を書いた頁でした。


皆さん、整骨院、整体、

美容院での不用意なマッサージには気をつけて下さいね。
1年過ぎても、みたいです。




こちらの頁には、お仲間さんからコメントをたくさん頂きました。
術後の皆さん、そしてこれから手術の皆さんにもご参考になると思います。




改めて、まとめはこちらの頁。
一年経過した、私の手術創(手術跡)の写真もあります。
2015.05.16「片側顔面痙攣手術後1年~近況報告~手術創部写真♪」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-277.html

関連記事