日本製薬工業協会という団体があります。

国内の製薬会社73社(2016年4月1日現在)が所属していて、
これまで、医師や研究機関への資金提供の自主規制や、
自主的な情報公開を行ってきました。


製薬会社への不信は、
それでもなかなか払拭できないようですけれど・・・。
と言うか、協会の努力のわりに、
次から次へと新たな事件が報じられてるような・・・。


そんな中、
2016会計年度新規契約の支払い分からは、
より透明性の高いガイドラインのもと、
より詳細な
情報公開が義務化されます。

公開が義務化されるのは、
研究開発費や奨学寄付金の他、
原稿料や講演謝礼金などなど。




2013年度、現在公開されている情報に関しては、
朝日新聞が集計して発表しています。
こんな感じ。


医師(のべ10万人35万件)への講演料・原稿料総額約300億円
 ~内訳~
製薬会社が開く講演会で講師となる「講師謝金」251億4千万円(35万5800件)
製薬会社発行の冊子などへの「原稿執筆料」15億3千万円(2万800件)
・新薬開発に助言する「コンサルタント料」33億円(3万1300件)

謝金1,000万円以上受給者は184人
184人中8割が大学教授、及び大病院・研究機関幹部
184人中76人は、各学会系の『診療指針』を作成した医師



金額や人数だけで全てを評価したり、
評価されたりするものではないのでしょう。

これらの数字について、
「いろいろな意見があるのかな~。」
「立場が違うと、いろんな見方があるのかな~。」
とも思います。

とは言え、とは言え、とは言え!
『診療指針』(ガイドライン)の作成医は、
わざわざ疑われそうな事はしない方がよさそう。



“『診療指針』(ガイドライン)の作成医は、
製薬会社から謝金は受け取らない”

とすれば、
『診療指針』(ガイドライン)への信頼がぐっと増しそうです。






2016年5月アステラス製薬の畑中好彦社長が、
新たに日本製薬工業協会の会長に就任されました。

会長ご挨拶では、
「私たちは個別化・予測・予防のための先進創薬を追及することで
創薬イノベーションを実現し、
その成果を日本をはじめとした世界中の患者さんとその家族、生活者に届けていきます。
これらの実現の結果として製薬産業が日本経済をリードし、
高付加価値産業としてプレゼンスを高めると同時に、
日本が目指していく健康先進国の実現を支援していきたいと考えます。」

とのこと。

がんばれ、ニッポンの製薬会社
けっこう、正念場です。



日本製薬工業協会 畑中好彦会長記者会見(2016年5月26日)
http://www.jpma.or.jp/event_media/release/pdf/20160526_2.pdf


----役立つ日本製薬工業のHP----------------


●薬の相談窓口
http://www.jpma.or.jp/medicine/window/index.html
●薬の情報リンク
http://www.jpma.or.jp/patient/medicine_link/index_me.html
●小学生のための薬情報
http://www.jpma.or.jp/junior/

●新薬・治験情報
http://www.jpma.or.jp/medicine/shinyaku/index.html
------------------------------------------------------------------






豆 知 識

新薬を審査する医師の既定について

国の審議会で新薬を審査する医師のは、
過去3年のうち審査に関係する製薬会社1社からの受取額が
年500万円以上であれば審査に、
年50万円以上で採決に参加できない。



新たな事件について

2016年6月2日 日本経済新聞
『医薬品の7割届け出不備』より

化血研問題を受けて、厚生労働省が点検したところ、
日本国内646社中479社の医薬品の約7割に及ぶ、
22,297品目で不備が発覚。

厚労省の発表によると、
「いずれも軽微のミスで、医薬品の品質や安全性に問題はない」
とのこと。ほんとかな~


グラクソ・スミスクライン(GSK)社について

英大手製薬会社グラクソ・スミスクライン(GSK)社は、
医療専門家との利益相反を巡って医薬業界に対する圧力が強まっていることに対応し、
2016年より、自社製品の販売促進のための医師への金銭支払いを、
全世界で取りやめました~。
グラクソ・スミスクライン社は、ボトックス注射の薬剤配給会社です!

グラクソ・スミスクライン(GSK)社の取り組みは、HPから。
『患者さん中心』の実現に向けた取り組み
http://jp.gsk.com/jp/our-stories/changing-the-way-we-with-hcp/

2016年6月2日に発表されました。
患者団体の声を反映した新たな取り組みについてはこちら。
 「J-PALSアカデミー」



ときどき製薬会社について書いています。
『医師へ267億円って~製薬会社から医師への資金開示』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-93.html

2015年4月1日朝日新聞より
2016年5月30日朝日新聞デジタル
『医師への謝礼公開 製薬企業に義務づけ 厚労省方針』より


スポンサーサイト
関連記事

2014年10月。
日本国内でエボラ出血熱騒動が起こっていました。
まだご記憶にありますか?

都内で国立感染症センターに搬送された男性は、
結局は、検査結果は陰性だったのですが、
結果が出るまでは大きな報道になっていました。


『日本国内での拡散』ばかりを心配して、
個人の様子が無視されたような報道になるのは、
感染症が、病気の中でも特殊な病気だからでしょう。
(患者の男性はお気の毒でした。



感染症は、感染するので、
何処の誰がかかっても他人事ではなく“自分事”の病気。

そして、
感染症は個人より『公の利益』が優先される病気。
でもあります。




昨年2015年8月7日に、村山庁舎(東京都武蔵村山市)が、
国内唯一のBSL-4バイオセーフィティーレベル4に指定されました。

そして、2016年6月
国立感染症研究所は、この村山庁舎で、
厳格な手続きの基、ウイルスを使った研究を始めました。
キイテ~
(今回の実験はSFTS:重症熱性血小板減少症候群)


あまり大きなニュースになっていませんが、
(わざと大きなニュースにしていないのかも
今後、村山庁舎では、
『公の利益』を優先させた貴重な実験が続けられます。



『アンの日記』では何度もご紹介していますが、
多くの方が思っている以上に、
感染症は世界で最も心配されている病気です。




感染症は、人類最後の敵とも言われています。
『病名がつく病気なんてなくなるよ!病気の予防、未病の予防が大切』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-456.html

『薬が効かない感染症の時代がやってくる』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-457.html

『見えない敵に備える~感染症の保険』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-494.html

入院予定の方はこちらのチェックを忘れずに!
2014.09.06「正解はどちら?~手術創の消毒はするか、しないか?~」
20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-94.html

2014.09.07「正解はどちら?~除毛か剃毛か?~」
20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-95.html

2016年6月1日日本経済新聞『レベル4施設稼働 感染研』より



豆 知 識~その1~

■【国立感染症センター

2004年 独立行政法人 国立国際医療センター内に「国際疾病センター」として新設。
2012年 現在の名称『国立感染症センター』に変更。

○目 的
●感染症等の蔓延を防止するため、国内外に専門家チームを派遣。
適正な診断・治療・発生原因の究明を行う。

●海外渡航者の健康相談等を行い、海外の医療情報を提供する。


○部門構成(3部門)
国際感染症対策室
新興・再興感染症の情報を集めて、医師らに情報提供する。
診療に対応できる人材の育成。

感染症内科
感染症一般の診療。院内感染対策業務。
(関連医療機関と院内感染対策ネットワークの組織化着手)

トラベルクリニック
渡航者の渡航前から帰国後までの健康管理のための、
健康診断や予防接種、慢性疾患管理指導。帰国後診療。





■【日本全国の感染症指定医療機関】~他、関連施設~

過去に調べた2014年10月23日から増加しています。
(2016年4月現在の状況)

●特定感染症医療機関
3医療機関
8床  4医療機関10

●第1種感染症医療機関
44医療機関84床 ➔
49医療機関91



--全国の感染症医療機関指定状況-----(2016年4月)

特定・第一種・第二種感染症指定医療機関の病床数
http://www.mhlw.<go.jp/bunya/kenkou/
kekkaku-kansenshou15/02-02.html


-----------------------------------------------------------------------


■BSLとは?~コトバンクより~
:biosafety level
細菌・ウイルスなどの病原体を生物学的な危険度で分類した指標。
WHO(世界保健機関)が制定する指針に基づき各国が独自に定める。
病原体を危険度に応じてレベル1(BSL-1)からレベル4(BSL-4)に分け、
取り扱い手順、感染性微生物を扱う実験室の設備や施設の基準を定める。
レベル4(BSL-4)が最も安全性を求められる。



豆 知 識~その2~

エボラ出血熱の治療薬について。
未承認ですが治療薬として期待される新薬があります。
①米国マップ・バイオファーマシューティカル:ZMapp
②富山化学工業(富士フィルムホールディングス傘下)
ファビピラビル(商品名アビガン

NEW
米国メルク&カンパニーが100%有効治療薬を2017年までに完成予定
CNN.co.jpの記事が詳細。
http://www.cnn.co.jp/world/35068244.html



独立行政法人国立国際医療研究センター内『国際感染症センター』詳細はこちら
国際感染症センターHP

「独立行政法人」
=法務省で認められた制度です。

国が管理するよりは自由に、でも民間が運営するよりは“営利主義”に走らないようにという制度。
そのうち厚生省管轄は、病院・研究所関連の17団体。(2016年6月現在)
厚生省HPはこちら「独立行政法人」




KoKoRoの声

2014年当時の話。
TV(番組は忘れました)で紹介されていた国立感染症センターの病床は、
セキュリティーチェック後に入室できる強固な扉がある上に(3重?)、
内部の気圧を少し下げ、外部に空気か漏れない構造になっていました。


それでいて、見た目はフツーに高級個室みたいな感じ。


「わ~い、特別待遇だ~」ワクワク
くらいの気持ちになって、患者の方の治癒力があがりますように。
(いつ自分がなってもおかしくない!自分事です!)



「新感染症病床」と記載されているのがこの特別病床のことなら、
現在用意されているのは4床
いざとなったら、全然足りなさそうな数ですけれど・・・。
関連記事

睡眠の話。

睡眠は私の最も気になるワードの一つです。


「良質な睡眠をとりたい」
と言う欲求が常にあるせいかも。


睡眠欲が一番コントロールし辛い”

気がしているからかも。




食欲、物欲、性欲、顕示欲etc.etc.
“欲”は数々あるけれど・・・
『どの欲が一番コントロールできないか』は、
いろんな意見がありそうだから、
討論したら白熱しそう~。オモシロソ~






“欲”に対する思いは色々あるにせよ、
睡眠はしっかり取りたい」
「良い睡眠を取りたい」等々
睡眠欲は、全ての人が持っていそうです。

それでいて、
「睡眠時間がしっかりとれない」
「寝つきが悪い」
「夜中に何度も起きる」
「長く寝ても寝た気がしない」etc.etc.と、
睡眠欲が満たされない状態=『睡眠障害
で悩んでいる方が多くいるようです。



今日は、そんな方に朗報。
体内時計のリズムが生まれるしくみ”
が解明されつつあるよ~

と言う新しい技術のご紹介です。


体内時計のリズムが生まれるしくみ”について、
今回米化学アカデミー電子版に発表したのは、
理化学研究所生命システム研究センター
上田泰己 (うえだひろき)氏が率いる研究チーム。


理化学研究所≪60秒で分かるプレスリリース≫から
一部省略しつつ抜粋すると、

細胞内では、多様な生体システムがさまざまなタンパク質によって形成され、
生体機能をつかさどっています。
その1つに「体内時計」があります。
体内時計はホルモンの分泌、睡眠、代謝など、24時間周期で起こる生理機能に影響を及ぼし、
バクテリアからヒトまで数多くの生物種に存在しています。
~省略~
今回、理研の研究チームは、新しいタンパク質定量法「MS-QBiC」を開発し、
マウス肝臓における体内時計に関わるタンパク質(体内時計タンパク質)の
時系列変化の測定に応用しました。
すると、16種類の体内時計タンパク質の定量解析に成功し、
そのうちの14種類は24時間周期で増減するという結果が得られました。

研究チームは、特定の時刻における体内時計タンパク質の量により、
マウスの体内時刻を測定できることを明らかにしました。

とのこと。



つまり、
“あなたの体内時計の時刻が分かるようになるよ~”
てことです。




そもそも睡眠障害は、
人に分かってもらい辛いだけでなく、
自分自身でも分かり辛いもの。

「よく寝られないのは、体調から来るものなのか?
それとも精神的なものなのかしら???」
「考えると眠れなくなっちゃう」ナンテ



近い将来、
体内時計に関係するたんぱく質量を測定し、
個人の体内時刻が数値化できる


個人の体内時刻を調べて、睡眠障害だと診断がつく
(証明ができる)ようになる

は、かなり朗報な気がします。




体内時計を操作して一気に睡眠障害をなくす
なんて発表ではないけれど・・・





病気になるのは嫌だけれど・・・
病気と診断されるのは気持ちよくないけれど・・・

“診断”されれば、正しい治療へ1歩進めますよね。  




今日の記事を書いている最中、夫は米国のホテルに到着。
「今からメラトニンを飲んで寝ま~す」だって。
サプリメントによる睡眠のコントロール方法についてはこちら。
『買うか作るかメラトニン~選択の自由~あなたはどうする?』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-205.html

メラトニン、ホルモン、時計遺伝子・・・ずらずら書いてしまいました。
『美しさとは自分の中で作られるもの~ホルモンを活かせば老化しない』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-204.html

不妊症と体内時計に関する研究発表について。
『誰もが人生で一番割いている時間、睡眠について』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-355.html

その他眠りについて。
『どうしても気になる米の食べる量~米と睡眠の質も関係あり!~』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-264.html

『睡眠時無呼吸症候群(SAS)の簡易検査に引っかかりました(>_<)
~自覚無し!非肥満~その1』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-247.html

『睡眠禁止ゾーン=覚醒度が一番高い時間 ~ あなたはどう使う?~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-129.html

『眠りを愉しむ~律するより愉しもう♪~』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-594.html





豆 知 識

上田泰己 (うえだ ひろき)氏は、
NHK番組『プロフェッショナル』でも活躍が放送されたことがあります。

日本の生命科学者。
東京大学大学院医学系研究科教授。
理化学研究所生命システム研究センターグループディレクター。

専門はシステム生物学・合成生物学。
概日時計などをテーマに、生命の時間・空間・情報の解明に取り組む。
マウスを透明化させる技術「CUBIC」を開発している。

2015年 - 日本学術会議若手アカデミー会議の代表に選出。



『日本学術会議』HPより
●上田泰巳氏が代表選出された若手アカデミーはこちら。
http://www.scj.go.jp/ja/scj/wakate/

●無料の公開シンポジウムが面白そう~。
『公開講演会・シンポジウム等開催予定表/2016』
http://www.scj.go.jp/ja/event/index.html

●2016年伊勢志摩サミット前に出された、世界の学術会議の共同声明。
『脳』や『レジリエンス』についても触れられています。
『G7/G8サミットに向けた各国学術会議の共同声明』
http://www.scj.go.jp/ja/int/g8/index.html


本日の研究は理化学研究所HPこちらから。
2016年5月31日
『新規タンパク質定量法「MS-QBiC」による体内時刻の測定』
-質量分析装置を利用した新しいタンパク質定量法の開発-
http://www.riken.jp/pr/press/2016/20160531_2/

原論文情報
Ryohei Narumi, Yoshihiro Shimizu, Maki Ukai-Tadenuma, Koji L. Ode, Genki N. Kanda, Yuta Shinohara, Aya Sato, Katsuhiko Matsumoto, and Hiroki R. Ueda, "Mass spectrometry-based absolute quantification reveals rhythmic variation of mouse circadian clock proteins.", Proceedings of National Academy of Science of the United States of America (PNAS), doi: 10.1073/pnas.1603799113

今回の研究は、2012年に発表されている研究が重要な要素。
『ヒトの血液から簡単に「体内時刻」を調べる手法を確立』
-採取した血液から体内時刻のズレを検出可能に-

http://www.riken.jp/pr/press/2012/20120828/digest/

2016年6月1日日本経済新聞『「体内時計」時刻わかる!』
~時差ぼけ・睡眠障害治療に~より
関連記事

絵画購入”が話題になっています。
絵画購入が私的なものか、公的なものか。
(今は2016年6月です。誰の話か明白ですね。)



そもそも
絵画価値”はかなり私的です。

市場で1円の価値もない絵画も、
個人にとってはプライスレスだったり。
(例えば、子供が書いてくれたママの絵)

市場で50億円する絵画も、
個人的には貰っても部屋に飾りたくない品だったり。

絵画価値”は人それぞれ。


な~んて事をつい書いてしまいましたが、
今日は、別に絵画の話ではありません。






2016年6月7日日本経済新聞の
ビジネスTODAY落ち穂拾い」~住友化学の戦略~』
と言う記事が目に留まりました。

落ち穂拾いといったら、
ジャン・フランソワ・ミレーの『落ち穂拾い』が有名です。
1857年にサロンに出展され世に出ました。

Wikipediaによると
落穂拾い(おちぼひろい)は、穀物の収穫後に、または収穫に加えるために、
田畑に散らばる穂を拾い集めること。

旧約聖書「レビ記」19章9節から10節に定められた律法に、
「穀物を収穫するときは、畑の隅まで刈り尽くしてはならない。
収穫後の落ち穂を拾い集めてはならない。
…これらは貧しい者や寄留者のために残しておかねばならないとある。

とあります。
聖書との関わりは知りませんが、
“落穂を拾う権利”は、近代まで農村社会で守られていたとか。



今日の記事では、
「住友化学は、世界の農薬メーカーが競う様子を
虎視眈眈と見ていて、落ち穂拾いを狙っている」
と、
絵画の中の農村風景になぞらえていました。

大手が見落とした優良企業を、
隙をついて手に入れられるからだそうです。
(企業買収等の意です)


「虎視眈眈と落ち穂拾いを狙う」は、
絵画が表す本来の意味とはちょっと違うかな~という気もしますけれど、
『一見価値のないものに、価値を見出す』
と言う意味で、
両者は同じことかもしれません。



世界の農薬・種子市場で生き残るためには、
売上の7~10%は研究開発費に充てる必要がある
とか。

麦の収穫でなく、
落ち穂拾いをする貧しい人々に視線を向けていたミレーが、
現代のこんな話を聞いたらどんな顔をするでしょう?
見てみたい気がします。




KoKoRoの声

パリのオルセー美術館で、
作者『Millet』と記載されている絵画が何枚かありました。
『落ち穂拾い』を見つけて、初めて、
自分が惹きつけられていた絵画がミレーの作品だと気付きました。

ミレーの絵は一見暗い色調ですが、
実物を見るとその中には必ず光があるように感じます。


絵画には、感性だけでなく思想が込められているものがあります。
ミレーが絵画に込めた価値感と私の価値感は、
似ているのかもしれません。





『落ち穂拾い』について考えていて、
片側顔面痙攣と言う病気は、
哀しいけれど『落ち穂』なのだと思いました。

多くの医師が気にかけない『穂』です。


『落ち穂にも価値がある』ように、
『学会で目立つことがない病気の、少数の患者にも人生がある』と
気付いて下さる医師の方々がいなければ、
頭蓋内微小血管減圧術の技法は全く進歩せず、
消えてしまっていたかもしれません。



技術を継承して下さっている医師の皆さんに感謝を。
今、技術を進歩させ続けている医師の皆さんに大きな感謝を。

“手術できる医師”は、手術をしない皆さんにとっても、
心の中の一筋の光になっているような気がします。 
 


※頭蓋内微小血管減圧術、脳神経減圧術、MVD、ジャネッタ式などは
同様の術式を指します。
うちトランスポジション法がより成功率が高く、再発率が低くなります。
「太い血管があたっているから手術はできない」等言われる方がいるようですが、
トランスポジション法に自信がある医師に、
セカンドオピニオンを求めるべし



手術についての詳細はこちら。
『片側顔面痙攣 入院1日目~手術説明~①微小血管減圧術』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-35.html

トランスポジション法の説明など
『微小血管減圧術 手術の成功率をあげるKEY(コンパクト版)』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

2016年月7日 日本経済新聞
ビジネスTODAY『落ち穂拾い~住友化学の戦略~』より
関連記事

 『アンの日記』で度々話題になる厚生労働省。

今日の日本経済新聞の『交遊抄』は、
厚生労働省副大臣 とかしきなおみ氏の記事でした。


二十数年前に、マナー研究家 近藤珠美氏に出会い、
姿勢や表情などの外面だけでなく、
内面にこだわる考え方に惹かれ、
近藤氏が口癖にしていた、
「周りの人を笑顔に、幸せに」
を政治家としてのモットーとしたそう。


政治もマナーも行きつく先は同じ、それは、
「周りの人を幸せにすること」なのだ

と締めくくられていました。


「周りの人を幸せに」
まではおこがましくて言えないけれど、

『周りの人幸せに!』
は、大きな声で言いたいな~







昨日は、4人で住宅街の一軒家レストランにお食事に行きました。
なんでもない話題に、ケラケラ。
いや、ゲラゲラゲラゲラ。

昔、「おばさんて、高笑いするな~」と思っていましたが、
間違いなく昨日は自分もお仲間入りしていました。

この歳になって、(中年女子です)
『笑える自分がいる』
『一緒になって笑える人がいる』

は、最高に幸せな事なんだ分かった今日この頃です。








自分の健康にばかりうつつをぬかしていたら、
次から次へと友だちが病気にかかっていました。

50歳前後。
まずは、大きく体調が変化するお年頃なのかもしれません。

私が知っている『健康小話』をちょこっと伝えて、
たくさん笑って、
みんなと幸せになりたいな~





体の健康や心の健康について書いています。
『アンの日記』の中に、
皆さんの幸せに繋がるKEYがありますように。  






山ほどあるけれど・・・少しご紹介。
『心の健康』に繋がる頁。
『自分の杖言葉を持とう~心が折れそうな時には杖言葉を!』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-508.html

『不安の解消法~今できることに手をつける』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-413.html

『体の健康』に繋がる頁。
『水は適量が大切~飲む量・飲み方・タイミング』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-302.html

『気をつけよう活性酸素!心がけよう抗酸化作用食品・サプリ摂取』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-340.html


2016年6月9日 日本経済新聞交遊抄
『周りを幸せに』 厚生労働副大臣とかしきなおみ より


関連記事

ここ数日、また乳がんの話題で盛り上がってます。
(顰蹙(ひんしゅく)を買いそうな書き方だけれど)




『頑張っている人』の話題は、
たとえその人を知らなくても確かに心打たれます。



がんを患いながらも頑張っている患者さんを、
多くの方が心配して、
多くの方が応援しているに違いありません。


テレビから流れるご家族の心温まるエピソードに、
私も目頭が熱くなりました。




目頭が熱くなりながらも・・・
がんの人はいいな~」
と思っていた頃の事を思い出しました。



がんの人は、皆から慰められ、励ましをもらえます。
皆に心配され、皆に応援されれば、
気持ちを強く前向きにできるに違いありません。


私の病気は、
家族にすら大変さ辛さは分かってもらえませんでした。
(私もあまり口にしなかったけど)



ここ数日の報道を聞いて、
私のように辛く思っている人がいるかも。
自分が悲しむのは贅沢だと思って落ち込んでる人もいるかも。
ぐるぐる考えちゃっている人もいるかも。



そんな時には、こちらをぞうそ。
片側顔面痙攣患者・未満の皆さん、他機能性疾患の皆さんへ。
『映画アリスのままで~グラッツア監督からのメッセージとエール』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-344.html





豆 情 報

今日は豆知識ではなくて豆情報です。
論文等を調べていません。

“医師の薦める医師”として名高い乳腺外科医で、
湘南記念病院かまくら乳がんセンター長の
土井卓子氏の講演会で伺ったことです。

世の中の定説は、
乳がんは、初期の発見であれば恐れる病気ではない。
だから、皆さん定期的に乳がん検診を受けましょう!



土井氏も、講演会で乳がん検診を促していらっしゃいました。

ただし、
乳がんリスクの高い若い女性のマンモグラフィー検診には否定的。

「遺伝性の高い人は、そもそも細胞ががん化しやすいと考えられます。
マンモグラフィーは、がん化を促す可能性が大きい。
乳がんリスクが高い人は、毎年マンモグラフィーを受けたりいないように」

そんな内容でした。


“自分”のことより、
娘の乳がん検査を受けるタイミングはいつ?
娘が受ける乳がん検査の種類は何?

そんな疑問を持ったまま、講演会は終了。


講演後、唯一できた質問で得られた答えは、
「あなたは遺伝子検査して。9万くらいだから」
でした。

医師に必要だと薦められても、
乳がんの遺伝子検査は、まだ保険適用外。
高。







乳がんには“検診”“検診”と言われるけれど、
マンモグラフィーが薦められるとは限らない
むしろ、
乳腺が発達している日本人にはマンモグラフィー検査は不向き
そんな医師の意見が多数あります。



私自身は、
「あなたは乳腺が発達していてマンモグラフィー検査は不向き。
エコーと交互に受けた方がいいんじゃないかな。」
そんなアドバイスを10年以上前に受けています。


どの講演会、どの資料でも、
“触診”が乳がん検診で最も重要とされています。
自分でできること、ですね。




若く美しい、優しげな方が深刻な乳がんになった。
随分若いうちから熱心に健康診断を受けていた。
そんな報道がされているので書いてしまいました。
(まだ論文などは調べていません。



土井卓子氏の講演会内容はこちらから。シリーズ1~3。
『ありえないから!サプリ大好き、健康思考なのに、検診嫌い』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-471.html

マンモグラフィーも推奨されているんですよね~。検査選択が難しい。
『10月乳がん月間~ナショナルマンモグラフィーデーを前に』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-394.html※

遺伝情報について興味のある方は是非ご参考に!
『乳がん・卵巣がんの「遺伝性」ってどういうこと?』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-245.html

『遺伝子解析について考えてみた~知識は力なり~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-246.html

他もろもろ。『アンの日記』内で『乳がん』を検索!!

関連記事

いきなりですが・・・
好きな挨拶はなんですか?



「こんにちは」や「こんばんは」
「おはようございます」
という挨拶を笑顔で交わすのは素敵なことです。



「お帰りなさ~い」
「お休みなさ~い」
なんて気軽な挨拶もいい感じ。


ビジネスの場では「正しい挨拶」や「印象のよい挨拶
なんて使い分けも必要なようだけれど・・・


「お疲れさまです」は、
どんなシチュエーションでも使える万能挨拶ワードな気がします。
(御苦労さまはだめですよ。目上から目下に使う言葉です!)




今この瞬間、私が好きな挨拶は「またね」です

またね」は、
他の挨拶と一味違う気がします。

またね」は、
お別れする時の挨拶なのに“次”を感じさせます。

またね」は、
言われた相手との関係が続いていくことを確認できる
特別な挨拶だと思います。





KoKoRoの声

友人に、しばらくぶりに会いました。
いつぶりか分からない位久しぶりでした。

お誕生日や季節の挨拶はず~と交わしていましたが、
なかなか会うことができませんでした。

メールと言う便利ツールができてからは、
時折メールのやり取りをして互いの確認をしていたのに、
それでもやっぱり会えませんでした。


そんな友人から、
「最近調子がいいから来る?」
とメールが来たので、
「行く!」
と二つ返事で応えて会いに行きました。




散々お土産を考えて、
着て行く服を考えて、
お喋りする内容を考えて、
結局、何が相応しいのか分からないまま会いに行きました。


友人は、20年以上ずっと寝たきりです。
呼吸を補助するために気管切開して管を通しているので、
はっきり言葉を発することができません。
でも、そんな事は気にならないくらい、
愉しくお喋りできました。



それでも、私と会ってほんとのところどう感じたのか、
ずっと気になっていました。



その友人から、
「ゼリー美味しかったよ。またね。」
とメールが来たので思わず笑顔がこぼれました。


思わず笑顔がこぼれたのに、
目から涙が出てきました。


笑いながら泣くことって、ほんとにあるんですね。





私はどう振舞うべきなのか。
私が何を話せば友だちは喜ぶのか。
そう言う事は、いくら一生懸命考えても分からないということが、
ここしばらく考えて考えて考えて分かりました。


何が正しいのかは分からないけれど、友だちが、
またねと言ってくれたから、
私はまた会いに行こうと思います。


自分でできることする
結局はこの一言につきます。



友人についてはこちら。
『特別な友人』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

脳派を解析して、家電などを操作できる技術が開発されています。
『夢のBMI=ブレイン・マシン・インターフェス』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-177.html

「今、ここ」と言う感覚は人間にしかないそうです。
『あなたは「生きているだけで有り難い」と思えますか』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-470.html

介護について考えています。
『チンパンジーのレオと高齢者の介護について~意志が分かり辛い人』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-516.html
関連記事

※2014年12月10日ご紹介記事を編集しています。


一般的に知られている
BMIは、
=ボディ・マス・インデックス(Body Mass Index)
体重 ÷ 身長 ÷ 身長で算出した体格指数


世界共通の計算式。
1980年代以降に肥満度の指標として国際的に用いられる。
ただし、肥満の判定基準は国によって異なる。
日本肥満学会はBMIの数値22を標準(20~24が普通)と規定。




BMIの計算式を知らなくても、
BMIが「体格」や「肥満度」を表していることは子どもでも知ってるかも。
BMIの数値が表示される体重計がたくさん販売されています。



BMI”という言葉は、健康思考の高い日本では浸透した言葉です。
が、今日ご紹介するのは、違う意味のBMI。
今後浸透すること、一般的になることが期待される
新しいBMIです。



BMI
ブレイン・マシン・インターフェス(Brain-machine Interface)の略称

※出力先がコンピュータの場合、
ブレイン・コンピュータ・インターフェス(Brain-computer Interface:BCI)とも呼ばれる。

脳波を解析して電気信号』として
機械との間で出入力するためのプログラムや技術、機器。
(あるいはその研究)
センサーで計測した脳活動の情報を体外に出力
脳に入る感覚情報を機器経由で入力



普通、要約されると素人でも分かりやすくなるのに、
なんだか余計に分かりいくい・・・。






例えば、
BMIを応用した新技術はこんな感じ。
椅子やベッドから念じるだけで家電などを操作できる

脳内の血流を測る装置を頭に装着することにより、
腕や指をわずかに動かす時に生じる血流変化を捉え、
テレビや空調のスイッチを切り替えることが可能。
手が少し動く人なら、
特別な訓練もなく使える。
とのこと。

只今の実験での成功率は84%。
国際電気通信基礎技術研究所(ATR)などとの共同研究で、
NTT、島津製作所積水ハウスの3社が、2020年頃の実用化を目指しています。





BMIの理論やしくみを正確に理解する必要はないけれど、
BMIという新しい理論・技術が、医療や介護といった分野で期待されている。
BMIが、実生活に役立てられる日も近いぞ



医療や介護と今関係ない生活をしている皆さんも、
ドラえもんの世界を思い出してワクワクして下さい。




必要な皆さんに、必要な情報が届きますように。
今日のご紹介が、誰かの希望に繋がっていますように。



ガンダム好きな私は、
ニュータイプの人間の脳の動きの早さに
マシーンがついていけなくて機械が壊れてたな~。

全てに秀でたニュータイプは、
物語の最初では人間の進化の結果と思われていたけれど、
実は、遺伝子操作によって生み出された変異種だというオチがあったな~。
なんてことを思い出しました。
全然関係ないか。




詳細は、こちらをご参考にどうぞ。
「ネットワーク型ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)の
一般生活環境への適用可能性を確認」





豆 知 識

その他、もう一つ我が国の代表的研究センターもご紹介。

情報通信融合研究センター
(CiNet:Center for Information and Neural Networks)

CiNetは、
人間の健康・福祉・生活の向上に役立つ新しい技術スタイルを探求している、
極めて独創的で、分野を超えた連携研究を進めている研究所です。

とのこと。

知的機能をもつ先端技術を開発。
異分野融合による脳情報科学研究所。
2013年研究棟開所。最新設備で、脳機能の基礎研究を進める。
情報通信技術、ブレイン・マシン・インターフェース、
脳機能計測、ロボット工学などの応用研究も実施。etc.etc.


各種の研究の中で、吉峰俊樹教授は、
四肢麻痺や重症の運動障害のある患者さん対象の、
意思疎通と運動を支援するためのワイヤレス完全体内埋込装置

の開発を行っています。
20 年以上寝たきりの私の友人のためにも、
一刻も早く実用化して欲しいです。フレーフレー


NEW
 
情報が遅すぎました。
正に今この瞬間(2016年6月18日)
一般人向けのシンポジウムが行われています。
面白そう、かつ無料だったのに、ご紹介できずに残念。
大阪の方ごめんなさい。


『第6回 CiNetシンポジウム』
~おもしろい脳科学
進学も、就職も、仕事も、何でも楽しく切り抜けよう~

https://www.d-wks.net/nict160618/

CiNetの詳細はHPから
脳情報通信融合研究センター(CiNet)
http://cinet.jp/




私の友人についてはこちら。
『特別な友人』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

BMIブレイン・マシン・インターフェスについては、
みずほ情報総研のサイトが専門的になり過ぎず理解しやすかったです。
2013.04.13「実用化を目指すブレイン・マシン・インターフェース」

2014.12.04 日本経済新聞 「念じて家電操作」より
関連記事

先日は、
『たっぷり水分を摂るだけで膀胱がんリスクが半減!』
と言うテーマで水分補給をお勧めしました。
過去記事はこちら



日本経済新聞からのご紹介で、元々のお題は、
がん社会を診る
コーヒーの予防効果』中川恵一著


ほんとうは、
コーヒーがんについて”書かれている記事でした。





膀胱がんリスクを高めてしまうコーヒーですが、
(カフェインを含む発がん物質は膀胱に集まりやすい!)
最近では、肝臓がん、子宮体がん、大腸がんなど、
多くのがんの予防に有効であると言われています。



とくに
肝臓がんに対するコーヒーの予防効果は確実
とのこと。

男女とも肝臓がんのリスクは、
一日1杯で発症率が半減
一日5杯以上では発症率が1/4



コーヒーの効果はがんに対するものだけでなく、
心臓病や脳卒中の予防にも有効で全死亡率を下げる
との研究結果も出ています。

コーヒーを一日3~4杯飲む人は死亡リスクが41%減る。
毎日1杯以上コーヒーを飲めば脳卒中の発症リスクを抑えられる



その他、
宮城県の約3万9千人を対象にした調査では、
口腔がん、咽頭がん、食道がんの発症リスク
5割程度低くなっています。




近年の研究の結果、
コーヒーには様々な効果があることはわかっているのに、
どの成分がどのように作用しているのかについては未解明。


クロロゲン酸をはじめとするたくさんの抗酸化物質の作用か
カフェインの脂肪を分解する作用のためか
色々な予測のもと研究が進められています。




カフェイン中毒の不安やコーヒー依存症の心配etc.
少し前までは、
『コーヒーは体に悪い』の一点張りだったのに!
と少々不満に思わなくもないけれど・・・
大のコーヒー党の私にとっては、
飲む言い訳が立ってありがたい。カナ

コーヒーは身近なものだけに、
“どれくらい飲むのがよいか”
適量が悩ましいけれど・・・




まずは、コーヒー好きは、
まったり、ゆったり、好みの酸味や苦み、香りを楽しめる
コーヒータイムを作ることが大切かも。
コーヒー好きには朗報。



コーヒー好きはコーヒーを。
緑茶好きは緑茶を。etc.etc.

ホッとすることで免疫力がアップすることも分かっています。




東北大学大学院医学系研究科医科学専攻HP
『コーヒー摂取と口腔、咽頭、食道発症リスクの関連について』
http://www.pbhealth.med.tohoku.ac.jp/node/317

詳しくは全日本コーヒー協会HPより。緑茶の効果についても記載。
『コーヒーと健康』

コーヒーと脳血管障害については、こちらが分かりやすそう。
『コーヒーと健康~脳血管障害~』
http://www.nestle.co.jp/asset-library/documents/nhw/interview9.pdf

正確なデータを知りたい方は、
国立がん研究センター 社会と健康研究センター『予防研究グループ』HP
(多目的コホート研究)
『コーヒー摂取と肝がんの発生率との関係について』
http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/274.html
『緑茶・コーヒー摂取と脳卒中発症との関連について』
http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/3278.html

「“がん”だけを治そうとするなら、がん研系病院が群を抜いている」
と言われるそうです。他病院で治療される方も、HPはご参考に!
がん研有明病院HPより『がんに関する情報』
http://www.jfcr.or.jp/cancer/type/index.html


懐かしい三井記念病院の先生の記事も発見。
入院中一度も会えなかった中口博医師(部長)の論文です。
三井記念病院脳神経外科のお知らせはこちら。
http://www.mitsuihosp.or.jp/news/detail.php?id=653
Journal of Stroke and Cerebrovascular Disease」に掲載されました

※なかなか中口博医師のHPに辿りつけない方はこちらから。
現役医師の“心の声”的な読み物として一見の価値あり。
認知症との関連についても記載されていてましたよ~
『コーヒーを一日3杯飲むと隠れ脳梗塞になりにくい』
http://hnakaguti.p2.weblife.me/pg16.html


2016年6月9日 日本経済新聞『がん社会を診る』
~コーヒーの予防効果~より 
 





KoKoRoの声

私はコーヒー党です。
1日6~8杯は飲みます。

ほとんどインスタントコーヒーですから、簡単に淹れて飲めます。
多少好みがありますが、
中身より外身、カップが好きです。
収納場所が足りず満足行くほど買えませんけれど。



先日友人宅で、
「誰にも見せたことないんだけど・・・」
「子どもたちが巣だったら使おうと思って、
こっそり仕舞ってあるの~」
と友人が木箱に入った和食器を見せてくれました。

なんと!
私が好きな山本長左氏のコーヒーカップ&ソーサーでした。




山本長左氏は、
宮内庁御用達の九谷焼の作家さんです。

欲しいな~と思いつつまだ一客も持っていないので、
ここしばらく見てもいませんでしたが、
私も何か頑張った時に、
自分へのご褒美にしようかな、と思いました。


頑張らなくちゃ~




~お詫び~

「コーヒーの予防効果については次回ご紹介します」
と書いてから、一週間以上経ってしまいました。。。
おまけに、途中関係ない頁が挟まってしまいました。
(後ほど入れ換えます。)


今日は、2016年6月21日。
今年はあと194日。残り53%です。

53%は多いと感じますか?
少ないと感じますか?


前回の記事はこちら。
『たっぷり水分を摂るだけで膀胱がんのリスクが半分』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-525.html

コーヒーには美容効果もあるとか?
関連記事

思いがけず、恩義ある(と思っている)病院情報を見て、
入院生活を懐かしく思い出していました。

ものすご~く短い期間だったのに、
自分の人生について考え、
多少の覚悟もして過ごした期間だったので、
なんだか随分長く入院していたかのように感じたり。

いやいや、
やっぱり一瞬だったな、と思ったり。


『アンの日記』を書いていなかったら、
もうすっかり忘れてしまっているのかもしれません。




覚えていることが、
健康のための日課を続けていられる原動力になっているけれど、
(時々かなりメンドクサイ)
忘れてしまった方が、
本当の意味で“心が健康”という状態なのかもしれません。


どうなんだろう?




そんな事を考えていたら、面白い研究をみつけました。


『医師の服装が患者の心情に影響を与えるか』
という研究で、
ほとんどの患者は主治医が白衣を着用することを好んだ
そうです。


米マイアミ大学ミラー医学校のRobert Kirsner氏らは、
「今回の研究によると、大多数の患者はほとんどの状況で、
皮膚科の主治医が専門家らしい服装をしていることに好感をもった。
患者が医師の知識・技能をどのように捉えるかは医師の外見に影響され、
この認識が結果に影響する可能性がある」

と述べています。


◆研究テーマ:【医師の服装が患者の心情に影響を与えるか】

・米国 皮膚科の患者255人を対象とした調査。

・対象者にスーツ、白衣、手術衣、カジュアルな服装をした皮膚科医の写真を見せ、
どれが好ましいか尋ねる。

・好みの結果
白衣(73%)/手術衣(19%)/スーツ(6%)/カジュアルな服装(2%)





患者さんとのコミュニケーションの妨げになる。
患者さんの治療結果を悪くする。
医師の態度や服装が、そんな風に影響するなら、
確かに服装は考えるべきことのようです。

でも・・・
それって、わざわざ研究されないと分からないのかな?
自分の患者さんの様子を見ていれば分かるんじゃないのかな?
対人スキル低すぎじゃない?
なんて、ちょっと意地悪く思ってしまいました。


調べてみると、
Robert Kirsner氏は、マイアミ大学教授として活躍する傍ら、
地域への貢献も数多くされ、
これまでの書籍・執筆は400以上にも及ぶ、
立派なドクターのようです。



世界中で、
いろいろな研究がされていると言うことですね。


話のタネに。




KoKoRoの声

医師や看護師の服装については、
日本でも研究されたり、討論されたりしていますが、
既定は病院によるようです。

国立は、白衣も靴も支給品があり、クリーニング代も病院持ち。
一般病院では自前で用意するなんて話を伺ったことがあります。
(数年前の情報です)


白衣は印象が良い』と言っても、
前をはだけているか、ボタンを留めているかどうか、
アイロンが掛かっているか、シワシワか・・・
同じ白衣でも、悪い印象を受ける場合がありそうです。


今こうして書いていると、
私は主治医が何を着ていたか、さっぱり覚えていません。
(普通は覚えているのかな?)


私にとっては、
自分の話をきちんと聞いてくれること、
治療の選択肢について、治療の経過について丁寧に説明してくれること、
そんなことだけが大切だったのかもしれません。


でも、何を着ていたか・・・
気になってきた~
気になる~
何かな~



心持ちで治癒力は随分変わるみたいです
『ハイレゾ音源による自然音・癒し系音楽♡治癒力アップ』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-138.html
※右側カテゴリー『治癒力・治癒率アップ』はご参考になりそう

医療のレベルは残念ながら同じではありません。
手術の際には、真剣にご検討下さいね。ご参考にどうぞ!
『片側顔面痙攣・三叉神経痛・舌咽神経痛の皆さんへのご案内』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

講演会で伺ってきました。要チェック!
『上手に医者にかかる10カ条』~賢い患者になるためにその1
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-294.html
『安全な入院生活のポイント~いろはうた~』~その2~
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-295.html
『医療ミスを防ぐための20カ条~自分でできること』~その3
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-296.html

関連記事

夫が仕事の一環で研修に行ってきました。
数年に一度くらい、大きな研修を受ける機会があるようです。


わざわざ米国ボストンまで行っていました。
(あくまで仕事です)


わざわざボストンまで行って受けた研修で、
一番心に残ったのが、
「あなたが死ぬ前にしたいことを20書きだして下さい。」
と言う質問だったとか。
(死ぬまで残り1年・体は健康だと仮定した場合)




最初に20書きだして、
それを半分に絞り、
更に半分に絞り・・・と繰り返し、
最後の一つを決めさせられたそう。


で、
「この中に仕事仕事に関係があることが残った人はいますか?」
と言うセミナー講師の質問に、会場の反応は、
・・・・・・・シーン


夫をはじめ、会場内には、
死ぬ前にしたいことの中に仕事が入っていた人はいなかった
そうです。





それなりの歳で、
それなりのポジションにいて、
それなりに自分の権限でマネージメントしているメンバーでも、
仕事に対する想いってそんなもんなんだな~
と、かなりビックリ。


てっきり、
皆さん好きでお仕事に精を出しているんだと思っていたけれど・・・






今回のセミナーでは、
「仕事以外で持っている社会との接点は?」
と言う質問もあって、
外国人の同僚たちがどんどんボランティア活動などを列挙していく中、
ほとんど書くことができなかった自分の生活を反省した夫は、
早速、地域の共同作業に協力すべく、
スケジュール調整を始めているようです。




普通の妻なら
「偉いね~。」とか、
「そうだよね~。」とか言うのだろうけれど・・・


私は、
「老後に備えてみたいなセミナーだったね~。
でも、あなたにはあなたにしか出来ない仕事があるから、
まずは、眼の前のことをしないとね~」
と、声をかけておきました。


もうちっとお仕事に精を出してもらわないと。
私の生活がかかってますから。



そもそも、
「地域で共同作業する前に、家庭で共同作業してくれや!」
と心の中で思いつつ・・・




「死ぬまでにしたい20のこと」を考えると、
“今したいことが”はっきり分かるのかも。

“したいこと””する”人。
ありのままの自分でいることは、治癒力をあげるようですよー。



私は、夫の治癒力を下げてるってことかな。カナカナ
夫は、そもそも「死ぬ前にしたいこと」を
20書けなかったとか。
お時間ある時に、皆さんもお試しください。



ステイーブジョブズ氏の言葉をご紹介
『全てはあなたの心の中にある全てはあなたの手の中にある』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-531.html

快方を願う色。霊力こもる色の話
『神聖な赤色~魔よけの赤、神をもてなす赤~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-637.html

お守りの話
『幸運のお守り(グッドラックチャーム)~あるいはパワーストンとか?』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-287.html
関連記事

前回から引き続き死ぬ前にしたいこと』話。


死ぬ前に・・・』
って、何だか重々しいですよね。


もうちょっと“ソフトな言い回し”はないのかなーと思うのですが、
死ぬ前に!」程の覚悟で考えないと、
人は自分でも本心を見つめられないのかな~
なんて改めて考えたり。



自分で思っているほど、
自分の本心は分かっていないものかもしれません。

或いは、常々
自分の本心が分からないと思っている人も多いかもしれません。


自分で自分が分からないから、
他人はどうなのかが気になったり、
他人がどうなのかを確認して、
自分を探ってみたりしているのかもしれません。




今日のご紹介は、
『自分を探る』
『自分を確認する』
ためにご参考になりそうです。





アップル社の創業者、スティーブ・ジョブズ氏が残した
最後の言葉と言われる文です。





STEVE JOBS Last Words -

【スティーブジョブス最後の言葉
 

I reached the pinnacle of
success in the business world.
私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。
   
In others’ eyes, my life is an epitome of success.
他の人の目には、私の人生は、
成功の典型的な縮図に見えるだろう。

    
However, aside from work, I have little joy.
In the end, wealth is only a fact of life that
I am accustomed to.
しかし、仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。
人生の終わりには、富など、私が積み上げてきた
人生の単なる事実でしかない。

   
At this moment, lying on the sick bed and
recalling my whole life,
I realize that all the recognition and wealth that
I took so much pride in, have paled and become
meaningless in the face of impending death.
病気でベッドに寝ていると、
人生が走馬灯のように思い出される。
私がずっとプライドを持っていたこと、
認証(認められること)や富は、
迫る死を目の前にして
色あせていき、何も意味をなさなくなっている。

   
In the darkness, I look at the green lights from
the life supporting machines and hear the
humming mechanical sounds,
この暗闇の中で、生命維持装置の
グリーンのライトが点滅するのを見つめ、
機械的な音が耳に聞こえてくる。

   
I can feel the breath of God and of death drawing closer…
神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。
   
Now I know, when we have accumulated
sufficient wealth to last our lifetime, we should pursue
other matters that are unrelated to wealth…
今やっと理解したことがある。
人生において十分にやっていけるだけの
富を積み上げた後は、富とは関係のない
他のことを追い求めた方が良い。

   
Should be something that is more important:
もっと大切な何か他のこと。
    
Perhaps relationships, perhaps art,
perhaps a dream from younger days ...   
それは、人間関係や、芸術や、
または若い頃からの夢かもしれない。

   
Non-stop pursuing of wealth will only turn
a person into a twisted being, just like me.
終わりを知らない富の追求は、
人を歪ませてしまう。私のようにね。

  
God gave us the senses to let us feel
the love in everyone’s heart, not the illusions
brought about by wealth.
神は、誰もの心の中に、
富みによってもたらされた幻想ではなく、
愛を感じさせるための「感覚」
というものを与えてくださった。

  
The wealth I have won in my life I cannot bring with me.
私が勝ち得た富は、(私が死ぬ時に)
一緒に持っていけるものではない。

   
What I can bring is only the
memories precipitated by love.
私が持っていける物は、愛情にあふれた思い出だけだ。

That’s the true riches which will follow you,
accompany you, giving you strength and light to go on.
これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと
一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるもの
あなたの道を照らしてくれるものだ。

    
Love can travel a thousand miles.
Life has no limit. Go where you want to go.
Reach the height you want to reach.
It is all in your heart and in your hands.
愛とは、何千マイルも超えて旅をする。
人生には限界はない。
行きたいところに行きなさい。
望むところまで高峰を登りなさい。
全てはあなたの心の中にある、
全てはあなたの手の中にあるのだから。

   
What is the most expensive bed in the world? -
"Sick bed" …
世の中で、一番犠牲を払うことになる
「ベッド」は、何か知っているかい? 
シックベッド(病床)だよ。

    
You can employ someone to drive the car for you,
make money for you but you cannot have someone
to bear the sickness for you.
あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。
お金を作ってもらうことも出来る。
だけれど、あなたの代わりに病気になってくれる人は
見つけることは出来ない。

  
Material things lost can be found.
But there is one thing that can never be
found when it is lost – "Life".
物質的な物はなくなっても、また見つけられる。
しかし、一つだけ、なくなってしまっては、
再度見つけられない物がある。
人生だよ。命だよ。

   
When a person goes into the operating room,
he will realize that there is one book that he has
yet to finish reading – "Book of Healthy Life".
手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない
本が1冊あったことに気付くんだ。
「健康な生活を送る本」

  
Whichever stage in life we are at right now,
with time, we will face the day when the
curtain comes down.
あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、
誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。

   
Treasure Love for your family,
love for your spouse, love for your friends...
あなたの家族のために愛情を大切にしてください。
あなたのパートーナーのために、
あなたの友人のために。

  
Treat yourself well. Cherish others.
そして自分を丁寧に扱ってあげてください。
他の人を大切にしてください。

  
<出典> 
https://m.facebook.com
『Spotlight』:
http://next.spotlight-media.jp/article/214376652661644408




今日のご紹介が参考にならなくても、
Treat yourself well. Cherish others.
自分を丁寧に扱ってあげてください。他の人を大切にしてください。
を忘れないで。               




前回のご紹介はこちら。今日は続きでした。
『あなたにとって仕事とは?死ぬ前にしたい事の中に仕事はありますか?』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-530.html

「全てはあなたの心の中にある、全てはあなたの手の中にあるのだから」
を読んで思い出したのは、メーテル・リンク著「青い鳥」
童話は、人生に必要なことを教えてくれている最初の本です。
『レジリエンスの高い人間~しなやかに、したたかに、自分らしくある』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-279.html

自分の性格とは?と思ってしまった皆さんはこちらの2つ共どうぞ。
『自分の性格って?~一番身近で一番見えない~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-113.html
『長所・強みをテストで確認~VIA-IS~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-278.html
関連記事

昨晩の話です。

ずっとラジオを流していたけれど、
全然言葉が耳に入ってきていなかったのに、
「血液型アールエイチマイナスは何人に1人の割合でいるか」
と言う問いかけに脳が反応したみたい。


いきなりラジオから流れる言葉が意味を持ち始めた。


人間の脳って面白い。




流れていたラジオ番組は、
献血やいのちの大切さを伝えていく番組
LOVE in Action

プロジェクトリーダーでラジオDJの山本シュウ氏が、
川田裕美氏とともに、楽しく、熱く語っているらしい。、



リスナーと電話を繋ぎ、献血にまつわるクイズに挑戦してもらう、
番組内の人気コーナー
献血Quiz 略して「献Q(ケンキュー)」!!』
での本日の質問が、

Q.血液型アールエイチマイナスは何人に1人の割合でいるか


A.日本人の場合、Rhーの人は約0.5%。
200人に1人の割合だとか。

白人では15%がRh陰性。  

A型は0.2%(500人に1人)
B型は0.1%(1000人に1人)
O型は0.15%(750人に1人)
AB型は0.05%(2000人に1人)







LOVE in Action活動のロゴは、
真っ赤な可愛いハートのモチーフ。

そのハートの下にピュッとぶら下がっている尻尾のようなもの、
それは愛の固まりであるハートからこぼれた愛の雫。
つまり、皆さんが献血してくれた血液を表しています。
血液は人の命の源であり、献血は命のおすそわけ。
一人一人のハートからこぼれた愛の雫が、
誰かの命を支えてゆく、そんな思いをロゴマークに込めました。
また、Actionの文字の中に入れた星印は「誰でもヒーロー、誰でもスター」という意味。
献血というActionを起こしてくれた全ての人が、
ヒーローでありスターであることを表しています。

献血は愛のアクション
とのこと。





学生時代、学校にくる献血車でボランティアをしていた頃は、
始終献血をしていたけれど、
久しく献血していません。


久しぶりに行ってみよう~





LOVE in Action日本赤十字社の活動です。
献血へのご協力はこちらから。
献血ができる場所等が検索できます。
(下部)
http://ken-love.jp/about.html




豆知識

日本人に少ないRh陰性の人の輸血に関しては、
全国都道府県にある赤十字血液センターで、
輸血を必要とする場合、迅速に全国どの医療機関にも血液が届けられる制度が確立されています。
『Rh陰性友の会』、献血登録制についてはこちらから。

大阪府赤十字血液センター。直ぐに検索できたので。
他県はどこに・・・
『Rh血液型について』
http://wanonaka.jp/first/rh.html




KoKoRoの声


随分若い頃から、
「アールエイチマイナスの方は人数が少ない。」
と聞いていた気がします。

でも、実際には、一番足りないと思われる、
AB型でも2000人に1人。
平均したら200人に1人。


片側顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛患者は、
10万人に数人だから、やっぱり少ないんだな~
と改めて実感。


関連記事