おはようございます。
ここ関東は、今日は晴天です。

近隣の方は、
気持ちの良い朝を迎えられているに違いありません。


私は、朝のお弁当作り&洗濯を終えたのでちょっと独り言。




「あ~怖かった」



今朝は、怖くて声を上げたかったのに声が出ず、
「う~う~」唸っていたら、
隣に寝ていた娘に起こされました。
(今日は、同じベッドに寝ていましたー)


だ。。。」
頭の片隅では、
目覚める前からだと分かっていたような気もします。





今朝見ていたのは、
喫茶店のような所で友人とお喋りしていたら、
友人の隣にいる人の隣に、幽霊が座っていた。
…と言う


友人の隣にいる人と幽霊は、顔がそっくり。
幽霊の方が少し老けているので、きっとお母様に違いない。


そのお母さん幽霊が、
私にニコニコしながら手を伸ばしてくるから、
怖くなって声をあげたいのに声が出ない・・・
「助けて~」と言いたいのに・・・





「ママ、ママ」
と言う娘の声を聞いた時には、頭の中はもうスッキリしていて、
「大丈夫。を見ていただけ。」
と即答できました。


反面、声をかけてきた娘は、まだ少し朦朧としながら、
「ママ、昨日はイビキも凄かった~」
と言うので、慌てて
「ごめんね。眠れなかった?」
と聞くと、
「それは大丈夫だけど、息出来てるのかな?と心配になった~」
だって。


じゃあ、起こしてよ。




私は、軽度の無呼吸症候群でイビキをかきます。
気道を確保しておけば大丈夫なのだけど、
昨晩は、寝る姿勢が悪かったに違いない。



寝る姿勢が正しくないと、
良い呼吸をして良い眠りをすることができず、
悪いを見るのかな~。
あ~怖かった。


家族は、悪夢より私の悲鳴が怖いって。



手術前には、よく悪夢を見て悲鳴をあげていました。
悪夢は、正夢にはならなかった。
悪夢を見ると、厄落としになるのかもしれません。
悪夢は心配いらない、と言うお話。
  






片側顔面痙攣のお仲間さんから、
「同じく睡眠時無呼吸症候群」ですとコメントを頂きます。
因みに、私は自覚無し。非肥満ですが、無呼吸症候群です。
その1~その8?までご確認ください
『睡眠時無呼吸症候群(SAS)の簡易検査に引っかかりました!その1』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-247.html

『睡眠時無呼吸症候群(SAS、OSAS)になる人(◎o◎)!その2』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-75.html

『睡眠時無呼吸症候群(SAS)は数字で発見~AHI指数 その3』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-248.html

『無呼吸症候群(SAS)の精密検査は、費用の差がすごい!その4』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-251.html

『無呼吸症候群の精密検査~保険適用の指数(AHI)は幾つ?その5』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-252.html

『睡眠時無呼吸症候群の治療法~手術・マウスピースetc.その6』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-256.html

『睡眠時無呼吸症候群でも健康に生きる!~対症療法CPAPその7』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-257.html

『片側顔面痙攣と睡眠時無呼吸症候群 ~簡易検査の薦め~ その8』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-259.html



スポンサーサイト
関連記事

眠りは万国共通。


世界には色々な習慣や価値観がありますが、
眠り”について、
大きな差があると思ったことはありません。





ところが、
オーストラリア出身の文化人類学者ブリギッテ・シテーガ氏によると、
日本人の眠りは、世界的にみてユニークな側面があるとか。

「日本人は、公衆の面前で眠ることに咎めとか、恥とかいう意識が薄い。
治安が良いことと関係しているかもしれないが、
眠ることを悪く捉えないのが日本文化の大きな特徴です。」

とのこと。ヘェヘェヘエ~



眠りする文化は昔からあるようで、
古くは平安時代の絵巻物に、
縁側のようなところで昼寝をしている様子が描かれています。

と、聞いても、
日本人にとっては全然不思議な気がしません。
「気持ちよさそう~」と思うくらい。



日本人は元々、
縁側や炉辺、畳の上や、ゴザの上で(花見の時など!)
気ままに寛ぎ、眠りを愉しんでいました。

他人が眠っている姿を、
「微笑ましいな~」とか、
「疲れているんだな~」とか、
大らかな気持ちで眺めていたような気がします。






日本の眠りのユニーク差が紹介されている反面、
京都大学教授、NPO法人『睡眠文化研究会』の重田眞義氏によると、
睡眠はこうあるべきだ、こういうものが人間にとって好ましい
という思い込みが現代人にはありますね。
戦後の経済合理主義と符合するように、
睡眠を科学的、合理的に理解しようという考えが染みついている。
~省略~
もちろん科学的に正しいものもたくさんある。
けれども、それをはるかにしのぐほど人間の眠りは多様です。
いろいろな眠りがあっていいんだと思った方が、
気楽になるし、眠れるのではないでしょうか」


「一つの科学的真実が人間の行動を全て支配しているわけではない。
眠りは多様だと安心させてくれるのが睡眠文化研究なんです。」

睡眠文化の視点から見ると、
眠るときにまわりに『ねむり小物』を置いてみるのが面白い。
音やにおいなどを含め、そいった物をそばに置くと安心できる。
~省略~
古今東西を探していくと、本当に多様なねむり小物が出てきます」

とのこと。



重田眞義氏は、今後の活動について、
「以前、宇宙食では、人間は科学的にしっかり栄養成分を摂れば
生きていけるとみられていたが、実際には違った。
最近では、宇宙食でもそれぞれの民族や文化的背景を配慮した素材を持っていく。
食の世界では多様性が理解され、楽しまれるようになっている。
同じように眠りも、家族や地域、国家などによって、
さらに時代によっていろいろで、
だから面白いということを伝えていきたいですね。」

と話されています。





現代社会は、
「一日にはこれだけ睡眠をとるべし!」や、
「こんな時間帯は寝るべきではない。」
等々、「べし」「べからず」に捉われすぎているのかも。カモカモ



『眠りは違って面白い』
『それぞれの眠りを愉しもう~』
そんな気持ちも大切にしなくちゃな~
なんて事を考えました。




“愉しむ”は人生を豊かにします。
“楽しみ”は、自分で見つけられるものみたいです。  




あれ?
悪夢の話はどこかに飛んでっちゃいました~



豆 知 識

ブリギッテ・シテーガ氏 
1965年オーストリア生まれ。
ウィーン大学日本学研究所にて睡眠に関する研究で博士号(日本学)取得。
「世界が認めたニッポンの居眠り」(CCCメディアハウス)など著作。
ケンブリッジ大学 東アジア研究所 准教授。


重田 眞義(シゲタ マサヨシ)
2008年より京都大学教授。
京都大学アフリカ地域研究資料センター センター長。

NPO法人睡眠文化研究会 理事。
京都大学、立教大学で担当している
『睡眠文化論』の講義は、学生から人気の講義。

放送大学でも講義されていいます。(2016年度も!)



眠りについて、科学的な方面からの調査報告。
『あなたの体内時計は今何時?~睡眠障害の診断・治療に朗報~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-521.html

『どうしても気になる米の食べる量~米と睡眠の質も関係あり!~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-264.html

『睡眠禁止ゾーン=覚醒度が一番高い時間 ~ あなたはどう使う?~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-129.html

眠れないのは、もしかしたら無呼吸症候群かも。
私は自覚無し。非肥満ですが、無呼吸症候群ですその1~その8で。
『睡眠時無呼吸症候群(SAS)の簡易検査に引っかかりました(>_<)
~自覚無し!非肥満~その1』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-247.html


2016年8月 日本経済新聞
『睡眠は文化の一つ 重田眞義さんに聞く』より
関連記事

ここ関東は、暖かい12月を迎えています。

とても12月とは思えないほどの暖かさなので、
“師走”と言うことを忘れてしまいそうです。

まぁいいか。

『アンの日記』を読んでいる間は、
せわしない気持ちを忘れられるように・・・
2016年の12月はそんな気持ちで綴っていきますね。




12月4日、東京国際フォーラムで開催していた、
上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト
SPARK」 日本ツアー 

に行ってきました。
3日連続開催の最終日です。



5000人収容の会場は、満席の様子。
一番良いSS席チケットだったのに、随分と後方の席でした。

が、会場全体が見渡せるような席だったおかげで、
まるで宇宙空間の中に居るかのような、
海の中に居るかのような、
何とも幻想的な光が満ちた空間に居るかのような・・・
そんな不思議な感覚の中で、
見事な演奏を満喫できました。


不幸中の幸い。




ご存知無い方もいるかもしれませんが、
上原ひろみ氏は、世界的に有名なジャズピアニストです。


2016年4月1日に全米でリリースされたアルバムSPARKは、
全米ビルボード・ジャズ・チャート(4/23週付)初登場1位を獲得!
総合ジャズ・チャートに加えて、
トラディショナル・ジャズ部門でも1位を獲得!
同部門で1位を獲得したのは、
日本人アーティストとして“初”だそうです。

収録曲は全て上原ひろみ氏のオリジナル曲ばかりですから、
ホントに凄い才能です。ブラボー

人が何かに火花が散るような強い衝撃を受けることで、
そこから展開される物語を、
アルバム一枚で表現したドラマティックな作品となっています。

とのこと。




上原ひろみ氏は、
1979年3月生まれ、現在37歳ですが、見た目はずっとお若いです。
凄い才能に反して、姿も声も可愛らしい。


能ある鷹は爪を隠す

なんて言葉が頭に浮かびます。







今回は、「上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト」の
ベーシスト、アンソニー・ジャクソン氏が病気療養中でツアーに参加できず、
急遽、アドリアン・フェロー氏がご参加されていました。

アンソニー・ジャクソン氏の不参加で、
チケットを返却された方々もいたようですが、
アドリアン・フェロー氏、サイモン・フィリップ氏、そして上原ひろみ氏の演奏は、
十分に素晴らしいものでした~。


演奏とは関係ないですが、
アドリアン・フェロー氏は、正真正銘のイケ面です
(ジャズ界には珍しいような・・・)





才能に恵まれ、
自由に世界を飛びまわり(マネージャーもつけず!)
好きなピアノを生業としている
ちょっとだけ“風変わりな”上原ひろみ氏ですが、
コンサート中の挨拶で、
一年のほとんどがホテル住まいなので、
毎日のように違った部屋で目覚めるのですが、
朝目覚めた時に、
「あ~今日もピアノが弾ける。」と思います。
毎日ピアノが弾けることに感謝しています。

今日、この日この場でしか生まれない音楽を、
皆さんと一緒に作っていきたいと思います。
音楽の旅に出ましょう~

と仰っていたのが、印象的でした。




あ~
この人も、感謝を忘れない人なんだな。

だから、
“全身全霊”とか“電撃的”とか表現される彼女の演奏なのに、
一方的で、押しつけがましいとは感じないのかな。



そんな事を考えました。





クリスマスのこの時期、街中に素敵な音楽が流れています。
皆さんの治癒力がどんどん上がりますように。  






KoKoRoの声

コンサート会場入口に、
『キルフェボン』からの花輪が立て懸けてありました。



「ケーキのキルフェボン?」
「まさかね」
と思っていたら、ブログに
「大好きキルフェボン♪」のコメントと、
ケーキの写真がアップされていました。


なんだ、
やっぱりケーキのキルフェボンのことだ~。




上原ひろみさんは、ラーメン好き。
ケーキ好き。


なんだか親近感が湧きます。



上原ひろみ氏のオフィシャルサイトはこちら。
http://www.hiromiuehara.com/

矢野顕子×上原ひろみツアーも開催。



★こちらもどうぞ!。まだ作業中(^_^;)
『音楽の力~森林浴ならぬ深輪浴~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-493.html

『手術後の経過をよくするKEY~音楽療法~疼痛・不安の軽減』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-357.html

『ハイレゾ音源による自然音・癒し系音楽♡治癒力アップ』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-138.html

『手術後の回復を早くする最新医療!~術後回復能力強化プログラム~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-336.html
関連記事

おはようございます。

ここ関東は、昨晩から一気に気温が下がりました。


お天気予報通りの展開に、
お天気予報士の方はホッとされていることでしょう。




昨晩は、夜7時半頃お散歩に出ました。
一瞬寒さにたじろぎましたが、
いつものお休みスポットには素晴らし~い景色が広がっていたので、
おさぼりしないでお散歩した甲斐がありました。
(私も、時々怠け虫が顔を出しますー。)



おそらくは、昨晩の雨、今日の気温のおかげで、
見慣れたスカイツリーや東京タワーが、
大きく輝いて見えました~
(と言っても、遠くに小さくです



行き慣れた、見慣れた場所でも、全く違う姿に見せてしまう・・・
自然の力って大きいですね~。


「いつも同じ」
「繰り返しばかり」
そんな風に感じてしまう時もありますが、
同じこと、繰り返しの中にも小さな変化があるかもしれません。


大きな変化よりも、
そんな小さな変化を見つけた時のほうが感動は大きいかも



もうすぐクリスマスです。
見なれた街、行き慣れた場所に、変化を見つけて下さいね。




豆 知 識

日本のクリスマスケーキの歴史は、
お菓子メーカーの不二家(創業1910年:明治43年)が、
1922年(大正11年)頃から広めたものだそうです。

中年女子の私が子供の頃は、
スポンジケーキにホイップクリームやチョコクリームを塗った台に、
イチゴやチョコレートプレート等を飾った
“デコレーションケーキ”が一般的でした。

更に、
砂糖細工(メレンゲドール)のサンタクロースやクリスマスツリーが、
スポンジケーキの上にちょこんと乗っていたりすると、
“クリスマス感” “スペシャル感”が増して、
とってもハッピーな気がしました。
(クリスチャンではないけれど)




ところが、クリスマスケーキとして、
“デコレーションケーキ”を食べるのは日本独特の風習だそうです。

イギリスではクリスマスプディング、
ドイツではシュトーレン、
フランスではブッシュ・ド・ノエル等々、
国ごとにクリスマスケーキの様相は異なるとか。



クリスマスケーキを、
クリスマスシーズンのお愉しみとして少しずつ食すか、
クリスマスディナーの添え物と考えるか、
イベント最後のクライマックスの品と考えるか・・・・
“クリスマスケーキ”の捉え方が、
国ごとに違うからかもしれません。




それにしても・・・
どれも美味しそう





KoKoRoの声


娘の誕生日は、12月26日です。



『お誕生日を家族そろって前後の休日に祝う』は、
よくある話だと思います。
(我が家の場合、祖父母兄弟姉妹等々も一緒に!)



娘の誕生日後だと年末すぎるので、
誕生日前の休日にお祝いしたいな~と思うのですが、
その頃は、お誕生日用のデコレーションケーキがないんです。


どこのケーキ屋さんにもクリスマス用のケーキしかなくて、
お誕生日ケーキを頼んでも、ほぼお断りされます。
皆さん、お忙しいんですよね・・・。


今年の娘の誕生日、2016年12月26日は月曜日。
つまり、
クリスマス&クリスマスイブ、
12月24日、25日は土、日曜日。



今年は、誕生日用デコレーションケーキを手に入れるのは、
完璧に無理だな。


諦めるか。

いや、作るか。ムリ~







クリスマスシ-ズンは、自分へもご褒美を
『クリスマスのプレゼント~自分を褒める♪~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-432.html

クリスマスカードを送られる方は、是非ご参考に。
『Merry ChristmasよりHappy Holiday~宗教への配慮から』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-433.html

2014年12月25日からお引っ越ししました
『クリスマスはどう過ごす?~サンタさんを追跡できるらしいよ!』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-188.html

クリスマスケーキについて、Wikipediaより
関連記事

2014年12月からお引っ越しました。
今、『アンの日記』をご訪問中の皆さんへ


Best Wishes For The Holiday
and Happinessthroughout the New Year.

                       



クリスマス
子供の時、クリスマスは単純にイベントの日でした。
お楽しみの日


なのに、大人になると(?)
クリスマスのジングルベルの後ろに聞こえる年末年始の音に慌てます
やらなくちゃならない事が山積み・・・



違う違う
クリスマスは、クリスマス
年末は年末。
年始は年始。
と、別々に考えて、
それぞれのイベントを(イベントです!)
楽しんだ方がいいですね。




結局のところ、
人生に『楽しいこと』を多くするか少なくするかは、
自分次第です。



寒くて、夜が長くて、普通なら気が滅入ってくる季節に、
大きなイベントを作ったのは、
人間の叡智かもしれません。



特別な場所、特別な催しに赴かなくても、
あちこちに綺麗がいっぱい
無料で見られるお楽しみもいっぱい。




せっかくなので、楽しみましょ






顔があまり見えない夜のイベントに慰められた時期がありました。

この時期だからこその“癒しの時間” “お楽しみの時間”
探してみて下さいね。                                       






--≪ 宝箱 ≫-----------------------------

サンタさんの出発まで、カウントダウンが始まっています。
『サンタをさがす!』は本日公開とか。覗いてみては?

『Googleサンタを追いかけよう~』

https://santatracker.google.com/intl/ja/village.html

---------------------------------------------------

やっぱり人と会うのは喩鬱。人混みだと痙攣が酷くなる・・・なんて時は、
Web訪問してみては?イベントは乗っからなくちゃ損

『2016年 イルミネーション特集』
https://sp.jorudan.co.jp/illumi/

『新日本三大夜景・夜景100選』
http://yakei.jp/official/







KoKoRoの声その1

私の一番のクリスマスの想い出。


4つか5つの時、
クレヨンしか持っていなかった私は、
細い線が書ける色のついた鉛筆に憧れていて、
サンタクロースに色鉛筆のプレゼントをお願いしました。



ところが、クリスマスの朝目覚めて見ると、
枕元に置いてあった包みの大きさは、
私がお願いした12色の色鉛筆の大きさとは全然違っていました。


落胆を隠しながら、
サンタクロースは何処かで聞いていると思っていました。)
包みを開けてみたら、
中身は、見たこともない『36色の色鉛筆』。


すご~い!
すご~い!すご~い!すご~い!
って、
ほんとう~に嬉しかったことを良く覚えています。



その色鉛筆は、今でも1/3位だけ残っています。
残っている色鉛筆は人気のない色ですから、
もう一生使われないんじゃないかと思います。(笑)




クリスマスカードを送られる方は、是非ご参考に。
『Merry ChristmasよりHappy Holiday~宗教への配慮から』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-433.html

クリスマスシ-ズンは、自分へもご褒美を
『クリスマスのプレゼント~自分を褒める♪~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-432.html

忙しい皆さんへ
『言葉の贈りもの~私からあなたへ、必要な言葉が届きますように~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-430.html




KoKoRoの声その2


今日の『アンの日記』は、
2014年12月25日に書いたものを加筆・修正しました。
こちらはその時の気持ちだけれど、
忘れたくないので一緒にお引っ越しさせて下さい。





このブログを書いている最中に、
私の特別な友達からクリスマスメールが送られてきました。


ブルーの背景に、白いツリーが輝いている素敵な画像。
遠くの方を、橇のシルエットが夜空に昇っていくのも見えます。
青色発光ダイオードの話なんかが書いてありました。(笑)




誰かがこのメールを読んだとしても、
20年も寝たきりの友人から贈られたメッセージだとは、
誰も気づかないと思います。


誰よりも辛い思いをしている私の友人は、
寝ているベッドから、私に温かいプレゼントを届けてくれました。


いつも労わりのメッセージをありがとう。




私の特別な友人についてはこちら。
2014.04.03 「特別な友人」
20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

2016年6月友人と会ってきました。
『「またね」は再会を願うことば~好きな挨拶~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-527.html
関連記事

おはようございます。


ここ関東は、爽やかな朝です。


普段は、起床30分前に起動するよう床暖房をセットしています。
今は、浪人生がいるので(最近では、高卒生と言うそうです!)
家族全員風邪を引かないように、1時間前に起動するようにセットしています。


ちょっと贅沢な気分です。



窓の外からは柔らかな日差しが入ってくるし、
部屋は暖かいし、
朝から気持ち良い。

こうしてPCに向かっていても、
思わずニンマリと笑顔がこぼれます。
(誰かが見たら気持ち悪いかも




笑顔と言えば、
「最近の研究で、笑顔はそれを見ている相手だけでなく、
笑顔を示している本人の精神や肉体的な健康にも影響を及ぼすことが分かってきています。
これは、『顔面フィードバック』と呼ばれる効果で、
無理やりでも笑顔を作ることで自分自身が楽しくなる、
自分の感情を変えることで感情がコントロールできるという脳の作用です。」

という文を読みました。
医学博士 築山節(つきやま たかし)氏の冊子掲載文です。




自分の笑顔が相手にどんな影響を与えているか
(吉か凶か?)は分かりませんが、
少なくても、自分自身には良い影響を与えるようです。


笑顔はいつでも作れます。
笑顔はどこでも作れます。

笑顔は無料で作れます。ブラボー



なら、サイトの信憑性なんて関係なく、
やってみるべし
試してみるべし
(笑顔は1人で居る時にも作れます



日本には古来から
『笑う門には福来たる』
ということわざもありますしね。



忙しい師走ですが、“笑顔”をお忘れなく!
『アンの日記』のPC画面には、
ルノアール筆「ジャンヌ・サマリーの肖像」が貼ってあります。
癒される微笑みです。ご覧下さいね。     





笑顔が作れなかった時もありました。そんな気持ちも書いています。
『人生って、たくさん笑ったもの勝ちって思いませんか?』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-233.html

笑顔の効果・効能は、たくさんあります♡
『あなたはごきげんですか~幸せな人は長生きをする~その2』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-543.html

『ほほえみ~人を励まし、勇気づけること~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-431.html

『中年女子の実感~「周りと笑顔に」「周りと幸せに」って大切♪』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-523.html

とは言え、泣きたい時もありますよね。涙の効果効用はこちら
『涙を流すことの効果~ストレス解消・健康のために!~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-146.html




豆知識

旧約聖書には『笑いが病を治す』と記されているそうです。
笑いが病そのものや痛みに及ぼす効果を昔の人は経験から知っていて、
大切なこととして後世に伝えたかったのかもしれませんね。


とは言え、現代に住む私たちは、
科学的、医学的論文や、
科学者、医者の説明があると安心します。
なので、少しだけご紹介。


リウマチ患者と「笑い」の関係についての研究が発表されています。
笑い」は、免疫を制御するインターロイキン6やコルチゾールなどの
ストレスホルモンの量を減らしたそうです。
その減少量は、鎮痛剤の1週間分に相当したことが分かったとか。
また、「がんと笑い」についての研究も進んでいます。
笑うことでNK細胞(ナチュラル・キラー細胞)が活性化し、
がんの進行が遅延したり、痛みが軽減することが報告されています。

(大和製薬 健康サイトより)



笑いや涙によって脳内リセットすることを学術的に証明し、
著作『笑いと免疫力―心とからだの不思議な関係』や、
『脳内リセット―笑いと涙が人生を変える』で有名な、
日本医科大学名誉教授 吉野槇一氏によると、
「思いきり笑ったり、号泣している時は頭の中が無の状態になって、
ストレス刺激がなくなったり、極端に減少することが医学的に証明されている。」
「笑いと涙による脳内リセットは海外でも注目されています。
ぜひ積極的に取り入れましょう」

とのこと。



吉野槇一氏の言葉は、
livedoor NEWS(2015年12月11日発信)
前向き脳の作り方「笑いと涙こそ、脳のリセットボタン」より

 築山節氏の言葉は、
健康保険組合 提案誌『Health&Life』より


守 秀子氏の論文から、
片側顔面痙攣患者にお馴染みの『ボトックス』についての記載部分のみ、
抜粋してご紹介します。

「笑う門には福来る」
~表情フィードバック仮説とその実験的検証~

皮膚下ボトックス注射によって眉間のシワを無くす「プチ整形」がウツの患者
の気分の改善につながることを報告している (Finzi & Wasserman, 2006)。これは筋肉を
麻痺させることで、「しかめ面」でない表情を作るとその影響が感情にもフィードバックさ
れることを示しているとも言える。

ご興味ある方は以下をどうぞ。
http://bga.gakuen-nagano.ac.jp/bgawp/wp-content/themes/pc/guide/teacher/kiyou07.pdf


その他、お役立ちサイト。
◇サワイ健康推進課(沢井製薬運営、お役立ちサイト)
「笑いがもたらす健康効果」
http://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/200908.html

◇日経プレジデントonline『笑う門には福来たる」は本当だった!』
http://president.jp/articles/-/18323

関連記事

朝5時半に起きたのに・・・
もうお昼近くです。


こんにちは。
お仕事中の方、家事を済ませた方、
お疲れさまです。


実家の年賀状、自分達家族の年賀状、クリスマスカードの準備。
そして、そろそろお正月の諸手配も。
しなければならない事が山積みなのに、
ついのんびりコーヒータイムとしてしまいました。


やらなければならない事のボリュームが大きすぎると、
時として逃避行動に走ってしまいます。






コーヒータイムにのんびり思考を巡らしていたら、
『認知症は、頑張った人へのご褒美だ』と、
ふと、閃きました。


歳を重ね、人生経験を積んでも、
死ぬことへの恐怖心は、無くなったり薄れたりするものではなさそうです。

死への恐怖心は、根源的なものです。

余程徳を積んだ人でもなければ、
幾つになってもそれは変わることがないようです。


そう考えていくと、
家族や親しい友人が亡くなっていく中、
頭の中にすこ~し霧が立ち込めて、
懐かしい想い出の世界で過ごす時間が増えることは、
ご褒美と言えるような気がします。


ご褒美時間があったほうが、
人は穏やかに逝けるような気がします。




素敵な“ご褒美時間”を過ごすために、
頭の中の霧は「良い塩梅」であることが大切ですけれど。


なにごとも『良い塩梅』が大切。
なにごとも『良い塩梅』が難しい。


ふと、そんな考えが浮かびました。





コーヒータイムは、閃きの時間にもなるようです。
この後は、倍速で動かなくちゃ。




自分にとっての「良い塩梅」が、
他の誰かにとっての「良い塩梅」とは限らない。

視点を変えることの大切さを忘れずにいたいと思います。
 




豆 知 識

認知症は、
「決まったお薬を既定通りに飲むだけだから。」
「どこでも同じお薬を出してくれるから。」
そんな理由で、近所の医院に通院しているご家族もいます。
(本人+付き添いですから、これはご家族の意志です)


ところが、
同じ薬を処方されていても治療の中身は違った
そんなこともあるようです。



今日の豆知識は、義母の主治医が、
アリセプト(認知症治療薬:ドネぺジル)は増やさないよ。
日本人では副作用が大きいと報告があがってきてるからね。
増量できることになってるけどね。
今飲んでいる量で様子が悪いなら、他の薬を考えようね。」

と仰るので、
根拠を調べていて分かったことです。



こののご紹介は、
「同じ薬を飲んでいるから同じ治療を受けている」と、
間違って安心している方へのご注意

です。




週刊日本医事新報 4828号
「抗認知症薬少量処方容認、その後」(長尾和宏著)には、
今ある抗認知症薬は、増量規定が定められていたこと。
しかし、一般的に投薬されているアリセプトを規定通りに増量していくと、
歩行障害や徐脈、怒りやすくなる等の副作用が出る方がいたこと。

アルツハイマー型認知症は、感受性は様々なのに、
個々人に合わせた処方が保険診療では認められず、

既定通りに増量しないと、保険審査で査定されてしまうことがあったこと。

そんな事情から、医師らが働きかけたところ、

2016年6月1日、
厚生労働省から個別性を重視した投与を認めるといった趣旨の通達が発信されて、
少量処方が容認されたこと。

ところが、十分に周知されていず、

『増量規定に従った処方』が未だ続いていて危惧されていること。

今後は、抗認知症薬の副作用や適量の探し方などに関して、

現場の医師主導で進めることの必要性についてのご意見
などが記載。



医療の知識のない、
一般の私たちにも分かりやすく書かれています。


もしも、今、既定通りに増量処方されている方がいるなら、
今日のご紹介文献の詳細をご確認下さい。
(転記、抜粋など不可でした)





認知症は早期の診断が大切です。
良い医師は、家族にとっても、
治療のための良いパートナーになって下さいますよ。



-≪宝箱≫-----------------------------------------
ご興味ある方は、こちらから。

週刊日本医事新報 4828号
定価:799円
(本体740円+税)
定期購読する
発行日: 2016年11月05日
-------------------------------------------------------
※バックナンバーも購入できるようです。

※利用規約が難しいので詳細はご自身でご確認下さい。
週刊日本医事新報TOP頁はこちら。
http://www.jmedj.co.jp/








KoKoRoの声

認知症患者さんの処方薬の一つ「アリセプト」について調べていて、
週刊日本医事新報に分かりやすい記事を見つけました。


おまけに、
最新刊には、三叉神経痛に関する特集が掲載されているのを発見。
おまけにおまけに、
最新刊には、懐かしい二人の医師のお名前も発見!



義母のために私ができることをしていたら、
自分のためになる情報を得ることができました。


『情けは人のためならず』
とは、こんな事を言うのでしょうか。



これからも、目先の損得を考えず、
『自分にできること』を一生懸命にやろう~
そんな風に思いました。




三叉神経痛に関する信頼のおける最新情報はこちらでご紹介しています。
『三叉神経痛(さんさしんけいつう)患者の皆さんへ~特集記事のご紹介~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-599.html

義母は、元々専門医を受診していませんでした。
『介護に備えて自分でできること~念のためのチェック事項~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-427.html

医療に期待
『アルツハイマー型認知症検査薬~賢い人は早目を選択~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-587.html

『変化に適応できることが大切~認知症の知識を深めよう』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-411.html

認知症についてのカテゴリーも設けています。
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-category-72.html


気が重くなっちゃった方!笑って下さい
『それは棘?それともユーモア?~サラリーマン川柳~笑って治癒力アップ』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-515.html

週刊日本医事新報 4828号
「抗認知症薬少量処方容認、その後」長尾和宏著
http://www2.jmedj.co.jp/article/detail.php?article_id=23243

関連記事

私は、片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)患者でした。
(片側顔面痙攣患者未満でもあります。
詳しくは、『アンの日記』ご確認下さいね。)


片側顔面痙攣の読み方は、
「へんそくがんめんけいれん」です。

かたがわ・・・は間違い。×



片側顔面痙攣の唯一の根治手術はMVD=microvascular decompression
頭蓋内微小血管減圧術、脳神経血管減圧術、ジャネッタ式等、
病院HPや医療系サイトによって表記が異なりますが同じ術式です。


微小血管減圧術MVD)の対象になる疾患は、
片側顔面痙攣の他に、三叉神経痛、舌咽神経痛。
機能性疾患と呼ばれるグループで、
病気が原因で死亡することはないため手術や根治が必須とされません

頭蓋内微小血管減圧術MVD)は、
「医師の判断」や「医師の勧め」で行われる類の
手術ではありません



機能性疾患の手術は、患者本人が、
「生活に支障があると考えるか」
「自分の生き方をどう捉えているか」

そんな観点から、
「自分の意志で手術をしたいと思う」
時のみ行われます。




と、ここまではなが~い前置。
或いは、確認まで。

頭蓋内微小血管減圧術について調べていると、
三叉神経痛さんさしんけいつう)についての知識も多少つきます。
三叉神経痛は、片側顔面痙攣よりも更に治療の選択肢が多く、
患者の皆さんはご苦労が多いことと思っています。



只今、
三叉神経痛の特集が掲載されている冊子が販売中です。
医師、医療従事者向けの冊子や資料は難しい
部分もありますが、患者が理解できる部分も多々。

例えば、
年間発生率が、10万人当たり女性は5.9人、男性は3.4人であるとか、
障害有病率が0.3%であるとか。

日本医事新報 No.4833より)


病気の知識を深めるお役に立ちそうなので、
医療従事者向けの冊子ですが、ご紹介します。




公の発表が多い医師は、
患者にとってなんとな~く安心できます。

専門的な部分が理解できなくても、
なんとなく書いた医師の性格が感じられる時もあります。





数人の医師の解説付きの『日本医事新報』。
医師選択の資料としても、
お役に立つかもしれません。




--≪宝 箱≫------------------------------

週刊 日本医事新報 No.4833  2016年12月10日号
毎週土曜日発行
B5判、約100頁
定価799円(本体740円+税)

特集
・ 解説! 三叉神経痛三叉神経痛の診断と内服治療(牧山康秀)
・ 解説! 三叉神経痛:三叉神経ブロック(安部洋一郎)
・ 解説! 三叉神経痛:三叉神経痛の外科治療(尼崎賢一)
他、記事多数。
※バックナンバーも購入できるようです。
-------------------------------------------------
利用規約が色々難しいのでご自身でご確認下さい。
●週刊 日本医事新報TOP頁
http://www.jmedj.co.jp/
● No.4833は
http://www2.jmedj.co.jp/weekly/index.php





NEW~2017年7月検索で発見・追記~
朝日新聞デジタル版 2017年1月18日
『顔が痛い?もしかして三叉神経痛かも』
http://www.asahi.com/apital/articles/SDI201701187060.html









◆KoKoRoの声◆

「必要な言葉は羽をつけて飛んでくる」
と、前前から思っているけれど・・・
最近では「神がかっている」と感じてきました。チョットコワイ


違うことを検索していたら、
三叉神経痛の特集をしている週刊日本医事新報がヒットしました。


しかも、発行したばかりの最新刊とは!グッドタイミング


しかも、最新号紹介を読んでいたら、
自分の主治医が2人も載っていた!
(専門科は別々。1人は手術の執刀医師。
1人は、入院直前に体調管理についてご相談に行った医師。)


私には超能力があるかもしれない。




私が最後の外来でした質問です。医師の生の声
『微小血管減圧術対象のお仲間さん~三叉神経痛・舌咽神経痛~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-137.html

三叉神経痛に関する情報の追記です
『三叉神経痛に効くお薬について~専門医師の生の声~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-634.html

微小血管減圧術は、大きくわけて2種類あるのでご確認下さい。
他、三叉神経痛の方向けの記載もあります。
『微小血管減圧術の成功率を上げるKEY☆(コンパクト版)』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

『アンの日記』はこちらから。選択に迷われた時に。
『ご案内ページ:サイトマップ』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-121.html
関連記事

今日は、特別な日みたいだから、
一言書いてから寝ましょう。


今日の月はとても美しい。
丸く黄色い月が、光輝いていました。


あまりに綺麗だったから、
お散歩途中に立ち止まって眺めていたら、
大きな流れ星が落ちていきました。
今まで見た中で一番大きな流れ星だったかもしれない。


まるで何かのメッセージを運んできたかのように、
長くはっきりした流れ星でした。


落ちながら、二つに割れたように見えたので、
思わずウォークマンのイヤホンを外したけれど、
何の音も聞こえなかった。




単なる流れ星か。






流れ星はあっと言う間に消えて無くなってしまったけれど、
心の中でそっと願い事を唱えました。


流れている間に唱えられなかったけれど、
どうか願いが叶いますように。




誰にも話したことはないけれど、
これからも誰にも言わないけれど、
私には大きながあります。


叶うかどうかは分からないけれど、
叶うように努力しつづけるつもりです。
努力している間は、は無くならないから。






今日は、1時間強のお散歩途中に、
2匹のタヌキに会いました。

顔が全然違うから、別々の狸だと思う。
或いは、タヌキとハクビシンなのかも?

顔が違うことは分かるけれど
同じ種族か違う種族なのかが分からない。


違う子かどうかは問題だけれど、
何族かどうかは別に問題ないや。(魔族かも?)(笑)






他には何があったろう?


『アンの日記』のカウンターが100,000を数えました。
ご訪問者がのべ10万人を超えたと言うことです。
“稀な病気”をと言うことを考えると、
信じられない位の数です。




魔法が使われているのかも。
何かのパーティーが開かれているのかもしれない。


最近流行りの歌や映画で語られるような、
今日は、そんな不思議なイメージが広がる夜でした。






必要な人に必要な情報が届きますように、
そんな想いで綴っています。

そして、皆さんのご訪問のお陰で、
『アンの日記』は他の皆さんの見つけやすい場所に居られます。
ご訪問ありがとうございます。
  



皆さんのが叶いますように。



ぎりぎりぎりぎり、
今日中に書けた。\(^o^)/




追記 )

書いて直ぐにベランダから外をのぞいたら、
真上から月の光が燦々と降り注いできました。

なので、もう一度心の中でを唱えてみました。



は持ち続けていても叶うとは限らないけれど、
持ち続けている限り、は無くならない。


消費期限も賞味期限もないところが、夢の良いところです。

関連記事

おはようございます。


今、朝7時前は
「冬の朝は辛いですね」と書きたい気分です。


これが、朝の9時頃、
部屋が暖かかったり、外から日が差し込んでいたりすると、
「気持ちの良い朝ですね」
と、書きだせるのですが・・・チョット早い




お日様の明るさ、
お日様の暖かさは、
人の心に特別な力を発揮するみたいです。


お日様の居る世界に生まれてよかった。





朝は、たっぷりと日差しを浴びることにしています。
その他、朝食は必ず摂る(364日。健康診断日以外毎日)とか、
決まったサプリを飲むとか、
朝は、お決まりの『手順』があります。


『良質なサプリメントを欠かさず飲む』
は、会社の先輩方が実践していたので真似っ子しました。
(実際、同期の1名は20年以上欠勤無しです!)
あれこれサプリを変えるより、
継続してきちんと飲むことが良いと思っていましたが・・・
そんな考えはもう古いのかも。



『自分に必要なサプリを適量飲む
そんな事が、手軽にできるようになりそうです。



2017年春から、ダイドードリンコが、
飲料の自動販売機とセットで「サプリメントの自動調合機」の提供を始めます。


手軽に飲料水を自販機で買える時代から、
手軽にオーダーメードサプリを自販機で買える時代に!
そんなイメージかな?



サプリメントの自動調合機」は、
まずは、オフィスや工場に設置されます。

自分の体調や仕事の内容に合わせたサプリメント(粉末)を
気軽に、手軽に、飲めるようになるのは、
社員の健康管理に気を配る企業にお勤めの方から。
ウラヤマシイナ~




豆 知 識

ダイドードリンコ株式会社が提供すると発表した「ヘルスサーバー」は、
ベンチャー企業のドリコス株式会社が開発したものです。

ドリコス社の「ヘルスサーバー」は、
利用者の健康状態に合ったサプリメントをその場で抽出する
目的で開発されています。



◆【健康状態の測定方法】~2タイプ~

① 本体のセンサー利用の場合
ヘルスサーバーの両脇にあるセンサーで体の状態チェック。
個人の今必要な栄養素の種類と量を計算し、調合して粉末で提供。

② 専用アプリ「healthServer」利用の場合
初回に、身長・体重などのデータを登録。
利用毎に、「これまでの行動」と「これからの行動」を複数のリストから選択すると、
個人に今必要な栄養素の種類と量をアプリが計算、本体に送信。
本体が、個人に今必要な 栄養素を調合し、粉末で提供。



◆【ヘルスサーバーで調合する栄養素】(2016 年11月現在)

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、パントテン酸、葉酸






私のサプリ情報
『2015年は、エクオール情報が衝撃的~大塚製薬エクエル体験』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-322.html

『片側顔面痙攣の治療~上手に使おう!主治医とサプリメント~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-397.html

『栄養不足に注意!~無月経、疲労骨折~女性選手の調査結果から』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-359.html

今後補足していきたい興味深い健康情報
『心筋梗塞の治療に朗報~酸化ストレスを受けた細胞から生まれるORAIP』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-382.html


ダイドードリンコ株式会社プレスリリース
『オーダーメイドサプリメントサーバー“ヘルスサーバー”を開発した
ドリコス株式会社への一部出資について 』より
http://www.dydo.co.jp/corporate/ir/pdf/20161205_00.pdf

2016年12月5日日本経済新聞
「必要なサプリ自動調合 ダイドードリンコ オフィスに販売機」より
関連記事

「鼓膜が破れた」(=鼓膜穿孔)
という話しを時々耳にします。

一般的に、鼓膜が破れて耳鼻科に行くと、
細菌感染の予防のための抗生物質を処方されます。(感染予防は重要


敗れた鼓膜は自然に再生する

ので、耳鼻科では、
「鼓膜の再生」に対しては何の処置も行われず、
「自然治癒」を待つことになります。


再生するまでの期間は、早ければ1週間程。
長くても2~3カ月程度です。






ところが、中耳炎などの病気を繰り返していたり、
「ぶつける」「たたかれる」などの外傷によって、
●大きな穿孔を起こした場合
●穿孔の周辺に細菌感染を起こした場合
こんな場合には、手術が必要なケースもあります。


近年、鼓膜の再生治療の進化が目覚ましいので、
新聞記事からご紹介します。



2015年2月13日 
日本経済新聞で”国内初”の
線維芽細胞増殖因子を用いた鼓膜再生治療
治験が始まったことが報じられました。

先端医療センター病院の他、
京都大学付属病院、慶應大学付属病院が共同で行います。



治療内容は、
●細胞増殖因子を浸潤させた生体吸収性材料NPC-18を使用しての鼓膜再生。 
●鼓膜にNPC-18を接着させる医療用接着剤FBG-18を使用する。

最大の効果は、
従来は耳の後部を切開し数時間かかっていた処置が、
耳の穴から治療でき、10~30分で治療可能になること






2017年末までの保険適用が目指されていますから、
そろそろ新しいプレス発表がされそうです。
先行してご紹介~




「重病」とか「難病」と例えられる病気ではないですが、
誰にでも起こり得る鼓膜の破れ(=鼓膜穿孔)
再生医療で、簡単に、安全に、安く治るなら嬉しいですよね。





鼓膜再生治療の詳細はこちらから
先端医療センター病院HP 『鼓膜再生治療』

中耳炎関係記事のご紹介です。
『中耳炎の手術に新風~細胞シート移植~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-604.html

是非知っておいて下さい!
『知らなきゃ損だよ!親知らず細胞で歯周病治療ができる』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-243.html

手術だけでは直ぐに治らない時がある片側顔面痙攣の痙攣。
神経を再生させる研究が役に立つのかも?
『iPS細胞の備蓄~知っておこうiPS細胞の豆知識~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-208.html

神経に育つ未熟な幹細胞について。傷ついた神経が元通りになるかも
『宇宙と医療~宇宙で始まる再生医療研究』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-106.html

怪しげな処置法がネットで氾濫しているので、ご確認を。
『直ぐに使える指の切り傷の止血・消毒方法~最新医療から~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-606.html


関連記事

12月も半ばを過ぎました。


冬と言えば、インフルエンザや風邪が心配されます。
マイコプラズマとかノロウイルスの拡大もニュースに取り上げられたり。


“冬と言えば感染症対策が必須”
です。



その他、感染症とは違いますが、
“鼻水が出るような病気”
にかかった時に気をつけたいのが“中耳炎”です。


中耳炎は、主として細菌やウイルスが、
鼻の奥から耳につながっている「耳管(じかん)」という管を通り、
中耳に入り込んでしまうことで起こるからです。


一般的に、
中耳炎の治療には、解熱剤や鎮痛剤が使用されます。
中耳炎の炎症が酷い場合には、更に抗生物質が用いられます。
・・・で、完治。


のはずが、中には、
「滲出性中耳炎」「慢性中耳炎(穿孔性中耳炎)」
「真珠腫性中耳炎」「癒着性中耳炎」など、
手術が必要になるケースもあります。


調べていると、中耳炎は、
重症や難病と言われる病気ではないのに、
手術方法の賛否が分かれていて、
自分や家族がかかったら悩ましい病気のようです。


中耳炎の細菌が広がって顔面神経に影響を与えてしまい、
「顔面神経麻痺」などの合併症を引き起こすこともあります。




今回は、
「これまでの手術方式とは違った方法の臨床研究が始まるよ~」
と言うご紹介。



2016年11月28日
日本経済新聞で「中耳炎、細胞シート移植」として、
2017年度より中耳炎の再生医療の臨床研究が始まると報じられました。

東京慈恵会医科大学(研究責任者 小島博己氏)の他、
聖マリアンナ医科大学でも臨床試験を行うと同時に、
富士フィルムホールディングス子会社J-TECとも協力。


対象は、

再発しやすく治りにくい中耳炎の治療
(中耳真珠腫、癒着性中耳炎)


治療研究の内容は
鼻の粘膜細胞から作成した細胞シートを、
病的粘膜を除去した中耳腔、乳突腔に移植。
中耳の粘膜を再生させます。
(手術後、聴力検査や CT 撮影にて経過観察)


期待される効果は、
オーダーメードの細胞シートを移植することにより、
再発を防ぎ、聴力を改善させる効果。


中耳の粘膜と、鼻の粘膜は性質が類似しているため
移植した細胞シートが定着しやすく、
患者への負担も少ないと考えられています。





2017年度は、
再生医療が益々盛り上がりそうです。キタイ~





KoKoRoの声

検索していて、イラッとすること。

「最新の医療では・・・・」
と書いてある病院サイトをじっくり読んでしまった後、
10年以上前から更新されていない事に気づいた時。

「○○と言う研究結果が出ています」
と、あちこちで同じことが書いてあるのに、
いくら探しても根拠となる論文が見つけられない時。


新聞に書いてあることをご紹介したのに、
元となる論文を読んだら趣旨が若干違った時。


あとは・・・
臨床データが素晴らしく、学会でも高い評価を得ている
サプリメントの原料メーカーの下手な広告を読んだ時。
(美容系サイトの効能の薄いサプリの広告に負けていてもったいない!)


な~んて。


どうでもいい事にイラッとしているのかも。
心にゆとりがあれば、別に気にならないことなのかも。



忙しい時ほど、
ホッと一息つく時間を計画的に作った方が良さそうです。
賢い中年女子の年末の過ごし方。
  




東京慈恵会医科大学 - 厚生労働省資料。
別紙4は、素人にも分かりやすいかも。
http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=145053&name=2r98520000036x9i.pdf
2015.02.13 日本経済新聞 「鼓膜再生、治験実施へ」より

小児滲出性中耳炎診療ガイドライン2015年版
http://www.otology.gr.jp/guideline/img/guideline_otitis2015.pdf


前回は、鼓膜の再生医療についてご紹介しました。
『中耳炎・外傷によって穴があいた鼓膜の再生~再生医療~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-221.html

是非知っておいて下さい!
『知らなきゃ損だよ!親知らず細胞で歯周病治療ができる』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-243.html

手術だけでは直ぐに治らない時がある片側顔面痙攣の痙攣。
神経を再生させる研究が役に立つのかも?
『iPS細胞の備蓄~知っておこうiPS細胞の豆知識~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-208.html

神経に育つ未熟な幹細胞について。傷ついた神経が元通りになるかも
『宇宙と医療~宇宙で始まる再生医療研究』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-106.html


2016年11月28日日本経済新聞「中耳炎、細胞シート移植」より
関連記事

久しぶりに大量流血。


って、朝から楽しくない話題で申し訳ありません。(^^;;



忙しい時ほど、
ホッと一息つく時間を計画的に作った方が良さそう。
賢い中年女子の年末の過ごし方。
なんて、昨日書いていたクセに・・・
と思われてしまいますが、“流血騒ぎ”は、それ以前です。


自分がしくじった故のご注意でした。





夫が包丁をくれました。(諸々経緯は省略)
「よく切れるから注意しなさい」
と言われていたので、注意して切るつもりで、
まずは洗おうとしたら、スポンジごと指が切れました。
スポンジを持っていた利き腕、右手の親指です。



予想以上によく切れる包丁でした。



包丁を触って、ものの数十秒後の出来事です。




直ぐに救急車を呼ぼうとする娘を押しとどめ、
(こんな奴がいるから、救急出動が頻繁いなるんですね)
とりあえず、流水で洗浄。


かなりの出血でしたが、
心身共にびっくりしているせいか、
こういう時は傷は痛みません。


洗浄した後、どうすればいいか分からず、
家族に検索してもらうと、
「手を心臓より上にあげて、振動させる」
とのこと。


「そんなの聞いたこともない。」
「救急救命で、怪我した人を振ったりしていない。」
とは思いつつ、自分で検索している余裕はなく、
とりあえず、手を振りながら止血。



いろいろ処置して、本日に至っています。
(結局、未だに傷口がふさがらないけれど・・・)





今検索してみると、
「拳上振動する事により動脈と静脈の吻合部において血流迂回が発生。
そのため、細菌感染が不可能になる。」

といった説明があちこちで氾濫。

つまり、
手を上げて振動させると血流が滞るので、
感染症に関わる菌が全身に回らないといった説明です。


でも、関連論文が見つからず。
その代わり、振動は血流を促進させるという論文を発見してしまいました。

「振動を加えると、血流がよくなる。
その効果は直後のみならず少なくとも振動終了 60 分間は維持した。
振動は安全な末梢循環促進看護技術としての適用が示唆された。」

みたいな。


日本看護技術学会誌に掲載された論文です。







傷口がズキズキするけれど、これから外出です。
包丁怪我したあとの救急処置』は、
多くの皆さんのお役に立ちそうなので、
改めて正しい知識をご紹介したいと思います。



忙しい時期です。
「他人のふりみて・・・・」と言いますね。
どうぞ、私の失敗が、皆さんへのご注意になりますように。  




-≪宝箱≫---------------------------------
その後、調べました!
怪我をした時には、じっくり検索している暇はありません。
念のためご確認下さいね!
『今、直ぐに使える指の切り傷の止血・消毒方法~最新医療から』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-606.html

------------------------------------------------------



他の失敗話です。笑のタネに・・・
『失敗話』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

こちらのご注意は常に忘れずに。
『伝言板~片側顔面痙攣、手術後の頭皮マッサージにご注意』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-265.html
※術後2年以上たっても、頭部のマッサージを受けてから耳が痛い

私メモとして。全文きちんと読みこめていません。
『血液透析療法中における振動の循環動態に与える効果』
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnas/8/2/8_56/_pdf
関連記事

はさみで指を切った」
包丁で指を切った」

「急いで止血したい」

「救急で止血したい」

そんな皆さんのお役に立つように。


今日は、怪我をしてしまった人が直ぐに使える、
『切り傷の止血消毒の仕方』
のご紹介です。
健康な皆さんも、話のタネに。



人間は、指一本位切り落としても死なないそうです。
つまり、その程度では大量出血死することはない。
意識を失うほど血液を失うこともありません。



今、指を切ってしまってここに辿りついたあなた。


気を失いそう・・・
と心細く思っているあなた。


大丈夫です。
意識をしっかり持って!
私もちゃんと乗り切って、今は元気です!




動悸が激しい方は、大きく深呼吸して~
スーハースーハー


さあ、始めましょう。





1.傷の状態を観察
-------------------------------

まずは、自分で治療を試みれるか、
或いは医師の治療が必要かを判断しましょう。

自分で治療できる範囲内と思った方
このまま読み進めて下さい。


自分では治療できないと思った方
止血を試みながら病院へ。

指の根元を輪ゴムで止める
傷口のみギュッと抑える
傷口をタオルやガーゼで包みこんで圧迫する

なるべく心臓より上に手をあげて、近くの病院に徒歩で行くか、
ここはケチらずタクシ―で移動しましょう。


慌てない慌てない。大丈夫大丈夫。
健康保険証、お財布、携帯、鍵を忘れずに




2.流水で傷口を洗浄する
---------------------------------------

蛇口から水を出しっぱなしにして、傷口を洗浄します。
戸外では、ペットボトルの水を流しながら洗浄します。
(バーベキュー、飯盒炊爨の時など)

消毒液で洗浄する
洗面器などに溜めた水で洗浄する


ズキズキと痛むかもしれません。
でも、水に触れて痛みが増すことはないので、
恐れずに流水で洗いながすべし





3.自分で止血する
-----------------------------

3-a.間接圧迫止血

ガーゼやハンカチなどを準備するまでの間、
傷口よりも心臓に近く、外側から圧迫できる動脈部位(止血点)を圧迫して止血。

止血点=怪我が指の場合はわきの下
わきの下のくぼみから、親指で上腕骨に向けて圧迫。
※3-bを始めたら直ぐに止めます。


3-b.直接圧迫止血法

可能なかぎり直ぐに、ガーゼやハンカチなどをあて傷口を圧迫します。
1点のみを押すのではなく、
傷口全体を包み込むように強く押さえます。

手を心臓よリ上にあげて、そのまま待ちます。
通常、5分~10分程度で止まります。


止血は、直接圧迫が基本です。
ガーゼやハンカチなどの準備ができたら止血点からは手を離し、
傷口を直接、包み込むように押さえるべし





4.傷口が乾かないように覆う
---------------------------------------------
湿潤療法、モイストヒーリング~

傷口から滲み出てくる“滲出液”は、
治癒のために自分が作り出している大事な“お薬”です。
傷口を清潔にしたら、乾かないように密閉します。

以前は、傷口は乾かす方が良いとされていましたが、
現在は、滲出液で傷口を覆う、
湿潤療法の方が治療効果が高いことが分かっています。

かさぶたにならないよう、
傷口は湿らせたままにするべし







5.その他・補足
-------------------------------------

傷口を密閉するの適した製品
湿潤療法に適した品)

創傷被覆材/ハイドロコロイドドレッシング材として、
手軽に貼付できる製品が数種類市販されています。
使用する際は、それぞれの説明書を読んで、
用法を守った上で使用して下さい。

商品名)
・BAND-AIDキズパワーパッド®(ジョンソン&ジョンソン)
・ネクスケアハイドロコロイドパッド(スリーエム)
・メディケア ハイドロウェットα 防水タイプ (森下仁丹)
・ケアリーヴ治す力防水タイプ(ニチバン)
・プラスモイスト(瑞光メディカル) など



傷口を密閉するための医薬品がない場合

応急処置として、ラップフィルムが代用できます。
サランラップは、ラップフィルムの商品名)
止血したら、ラップフィルを貼った上から包帯などで留めておくと、
後で、傷口を更に痛めることなく治療できます。

ティッシュやタオルは滅菌消毒しているわけではありません。
傷口に当てたままにすると不衛生な上に、
付着すると剥がすことが困難です。イタイ~








消毒、止血と治療方法を進めてきましたが、これで完了です。
ここまで読み進められた方はもう大丈夫ですね?
良かったです。



とは言え、
痛みが全て無くなるわけではありません。
まだズキズキ痛むかも・・・

でも、痛みのおかげで、
体内のあらゆる機能が“傷の補修”に向けて働きだしています!
痛みは“細胞が頑張っている証拠!”です。
そう思うと、痛みすらありがたくなります。感謝感謝






自分で洗浄⇒止血⇒湿潤療法と進んだ方は、
その後数日間の観察を忘れずに


きちんとケアをしたつもりでも、
素人の治療ですから化膿や感染が進むかもしれません。
日が経ったのに“痛みが増した”と感じたら、
迷いなく病院へ行きましょう。





-≪宝箱≫--------------------------
NPO 法人創傷治癒センター
http://www.woundhealing-center.jp/index.php

傷や傷あと、褥瘡(床ずれ)でお悩みの方や、
傷や傷あと、褥瘡の治療に関わる方のお悩みに。
HPから無料カウンセリングも可能。
--------------------------------------



注目
ご 注 意

「欧米に比べ、日本では創傷治癒の治療方法が確立されていない。」
「医療関係者の知識が不足しているために患者に不利益が生じている」

(いまだに消毒をしている医師がいる
そんな見解を示している医師たちがいます。

また、
「テレビ等で紹介されている“ラップ療法”は、
一般市民が鵜呑みにして適応を誤まった際には、大きな危険を伴う場合がある。」

具体的には、
「糖尿病や末梢動脈疾患を患っている患者、
傷口の滲出液や壊死組織が多い場合などは、ラップ療法は控えるべき」

そんな意見も。



「拳上振動する事により、動脈と静脈の吻合部において血流迂回が発生。
そのため、細菌感染が不可能になる。」

と言った情報がネットで氾濫しています。
今のところ、根拠となる論文等は見つけられません。
振動が血流を促進させるという論文は見つけましたけれど・・・。


恐らく発信元となった2015年のブログがありました。
他の記事は、これに追随して書かれただけかも。カモカモ


信頼のおける医療系サイト等では、
切り傷の治療において、
「振動して止血」や、
「振動による細菌感染を防止」
と言った記述は見当たりません。(2016年12月調べ)


私は、怪我をした際にがんばって手を振ったので、
根拠となる論文を見つけられず残念。




医師の勉強不足。患者の民間療法への過信。
或いは、不確かなネット情報の氾濫。
どれも“傷の治癒”の妨げです。
今日の情報が、“もしもの時”のお役にたちますように。  







豆 知 識

消毒液で消毒しない理由
-
消毒薬は、細菌を殺しますが、人体の健康な細胞にも影響を与えてしまいます。
もう少し細かく説明すると、
傷口付近は、治癒を促すサイトカイン等が出て修復作業を頑張ろうとしているのに、
消毒薬はそれらも死滅させてしまいます。

消毒薬を使うと、傷の治りはかえって遅くなる。
消毒液は使わず、洗浄して傷口は清潔にする。
という考えが、現在の主流です。




湿潤療法について

「湿潤環境は,表皮細胞の増殖や血管新生に良いため治癒が早まる」
「湿潤環境下では、線維芽細胞が活性化され、
コラーゲンの増生が促進されて良好な肉芽組織が形成されていく。」
とか、
湿潤療法は、痛みのコントロールに対しても有用である」
といった論文が数多くあります。

したがって、
傷口は、清潔にした後、滲出液を密閉し湿潤環境を保つ
は、科学的根拠のある治療法です。

ただし、過剰な滲出液は、細菌感染を助長するなど治癒を阻害します。
滲出液は多ければ良い”わけではありません。

(注)滲出液は、適度にコントロールする必要があります。




◆湿潤療法に使われる“傷の保護材”(ドレッシング剤)について

ハイドロコロイド材という、
滲出液に触れるとドロドロに溶けて傷の湿潤環境を保持できる、
特殊な創面保護材が市販されています。

主としてシート状、絆創膏状。
外側は防水層で外気中の酸素を遮断。
内側が浸出液を吸収することで湿潤したゲルになります。
粘着性が高く肌と密着しやすいのに、傷口に癒着することはありません。

ガーゼやサランラップなどで傷口を覆うより、
衛生的に良いだけでなく、痛みも少なくすみます。

肌の弱い方も安心して使える素材とのこと。






KoKoRoの声

「傷を治すのは、やはり患者自身の自然に備わった治癒能力である。
これまで医者は善意とは言え、再三に渡り自然の働きを邪魔をしてきた。」


と、書いているのは医師の塩谷信幸氏。
しかも、特定非営利活動法人のご挨拶頁で。


なんて赤裸々な。



塩谷信幸氏は、北里大学名誉教授。
その他、NPO創傷治癒センター理事長、
NPO法人アンチエイジングネットワーク理事長。
国際形成外科学会副理事長、日本美容外科学会理事として、
形成外科、美容外科の発展に尽力されている医師です。




私は“自然治癒力”を信じています。

治癒力がアップするよう、
“自分でできること”を少しずつでも続けていきたいと思います。
 



“傷跡”は、残らないようなケア方法があります。
『傷跡・傷痕(瘢痕)を残さないためにできること~日焼け予防~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-314.html

手術の大きな傷口でも消毒はしない方が良いと考えられています。
『正解はどちら?~手術創の消毒はするか、しないか?~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-94.html

ちょっと話が変わりますが、手術前の除毛、剃毛について。
『正解はどちら?~除毛か剃毛か?~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-95.html

ネット情報に翻弄された私の怪我の様子。
『大きな疑問~包丁で怪我した際の処置の仕方』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-605.html


WHCニュース(2011.04.06)
「不適切な湿潤療法による被害 いわゆる“ラップ療法”の功罪」
http://www.woundhealing-center.jp/whatsnew/110406.php

塩谷信幸氏のブログ記事(2013年5月13日記載)
ジョンソン・エンド・ジョンソのキズ・パワーパッドの安全性と使用の際の補足。
http://shioya-antiaging.exblog.jp/20495883/

日本赤十字社の「活動を知る・実績を知る」より。
「多量の出血」
http://www.jrc.or.jp/activity/study/safety/bleed/
「講習の内容」全般はこちら。
http://www.jrc.or.jp/activity/study/safety/

私のメモとして。日本皮膚科学会ガイドライン。
ご興味ある方は、かなり時間のある時に。
『創傷・熱傷ガイドライン委員会報告―1:創傷一般』(2011年)
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372912942_1.pdf
関連記事

ソニー生命保険株式会社が面白い調査をしています。


調査内容を公開しているのですが、
内容は様々。
こんな感じ。


○47都道府県別 生活意識調査2015、2016
シニアの生活意識調査2013、2014、 2015、2016
経営者と社員の意識比較調査2015,2016、
社会人1年目と2年目の意識調査 2014、2015、2016
女性の活躍に関する調査2014,2015、2016
子どもの教育資金と学資保険に関する調査2014、2015、2016
ダブルケアに関する調査2015
プロフェッショナルに関する調査
ライフプランニングに関する調査
親の介護と認知症に関する意識調査
《夏休み特集》子どもの将来と教育費に関する調査
健康と運動に関する意識調査  他



この中から今回ご紹介するのは、
女性の活躍に関する調査 2016』
について。
1,000名の有効サンプルの集計結果です。




-------------------------------------------
女性の活躍に関する調査 2016
-------------------------------------------
2016年3月17日発表 ソニー生命調べ~

◆調査方法
-----------------------

期間 2016年2月5日~2月6日の2日間
対象 全国の20~69歳の女性
方法 インターネットリサーチ
協力 ネットエイジア株式会社


◆調査結果
---------------------

1.女性が実感している活躍の場はどこ?

「家庭」で活躍していると思う人:4割強
「職場」で活躍していると思う人:4割弱




2.家事を時給換算すると幾らになると思うか?

・未就学児の育児・世話 1,315円
・小学生以上の子どもの育児・世話 1,109円
・食事の準備・後片付け 997円
・掃除・洗濯 883円
・お買い物 804円
・地域社会での貢献 803円

過去の調査と比較すると、
育児や子どもの世話に対する負担感が増しているそうです。




3.女性本音を聞いてみると・・・

働く女性の本音
・バリバリとキャリアは積んでいきたい、でも管理職はイヤ
・3人に1人が、専業主婦願望を持っている
・専業主婦になりたい理由のトップは「仕事の人間関係で悩みたくない」
・専業主婦になりたい理由の中には「もっと家事や子育てをしたい」との思いも 
・「現在の生活に満足している」の同意率46.6%

専業主婦の本音
・3人に1人が「外に働きに行きたい」
・働きに出たい理由は「おこづかい」など経済的理由
・働きに出たい理由は「社会とのつながり」「生活にハリ」 なども
・「現在の生活に満足している」の同意率は59.4%




4.職業生活での女性の活躍促進について

・3人に1人が、女性の活躍促進は進んでいると思う
・4人に3人が、女性の活躍のためには長時間労働の是正が必要と思う
・女性の活躍のためには子育てや介護のサポート・分担も必要と思う
・8割半が、保育や介護支援の公的サービスの充実が必要と思う




5.活躍している女性として思い浮かぶ有名人(敬称省略)

スポーツ分野
1位浅田真央、2位吉田沙保里、3位澤穂希、4位高梨沙羅、5位クルム伊達公子

政治分野
1位野田聖子、蓮舫 3位稲田朋美さん

経済分野
1位アパホテル社長 元谷芙美子、2位塚家具社長 大塚久美子、
3位芸能事務所タイタン社長 太田光代

芸能分野
1位吉永小百合、2位黒柳徹子、3位綾瀬はるか、4位天海祐希・篠原涼子







「活躍している女性として思い浮かぶ有名人」の項目で、
浅田真央さんが選ばれた理由をみると、
「一生懸命な姿が演技から伝わる」(50代)
「何度失敗しても諦めず、つねにチャレンジしている」(40代)
といったスケートに対するひたむきな姿勢をあげる人が多数。

吉永小百合さんが選ばれた理由をみると、
「いつまでも美しいから」(40代)、
「素敵に年を重ねてきれいだから」(40代)
といった美しさを維持しているという理由が多数。


こうしてみると、
若い頃は、
一生懸命、諦めない、努力する、熱心、
そんな生きる姿勢を見守ってもらえるけれど、
年を重ねると、
出ている(見える)結果のみ評価される、のかしら。ェ~



これも女性の本音 うそでしょ~






10年後、20年後、30年後・・・
「自分はどうなっていたいか」を考えたら、

「今をどう生きるか」が決まってくるかもしれません。
 

どうなりたいか・・・
たまには時間を作ってじっくり考えてみましょうかネ 
     



女性って・・・
『女性は脳を成長させることがお上手~自分を振り返り、脳の柔軟性を増す~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-575.html

男性的、女性的ってもう死語かもしれませんけれど・・・
『あなたは男性的か女性的か~薬指と人さし指の長さ比べ~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-483.html

村木厚子さんも、社会でご活躍されている素敵な女性です。
『不安の解消法~今できることに手をつける~村木厚子氏の場合』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-413.html


ソニー生命の調査レポートの詳細がご覧になれます。
ご参考まで。
http://www.sonylife.co.jp/company/news/report.html

関連記事

今日は、2016年12月30日。
これは、事実です。


言葉文字があるおかげで、
時間や距離に関係なく色々なことを伝えられるようになりました。
と、多分歴史や国語の教科書には書いてあるんじゃないかな。



勿論、それは事実です。



事実を記載する。
結果を記録する。
あと・・・料理のレシピとか。
文字言葉のおかげで、
正確に後世まで伝えられるようになったことが山ほどあります。





でも、こと気持ち・・・となるとどうでしょう。
伝えたいことを、文字言葉で、
正確に相手に伝えることは案外難しいような気がします。


言葉文字は人が作りだしたもので、
気持ち”は人だけが持つ心なのに、
気持ち言葉文字で表すことが難しいなんて、
なんだか可笑しいような気がします。



可笑しいような気もするけれど・・・
もしかしたら、それは“わざと”かもしれません。



言葉文字を発明した人たちは、
“わざと”
気持ちを表しにくく言葉や文字を作ったのかも。



言葉や文字で伝えるのが難しければ、
人は言葉や文字だけに頼らずに、
気持ち”を伝えるために会おうとするでしょう。



言葉や文字では伝わらない気持ちを、
笑顔やらハグやら、言葉以外の何かで伝えるために、
会いたくなるでしょう。





人が人に会いたくなるように、
人々が集うように、
言葉や文字は作られているのかもしれません。
(ちょっとロマンチスト?





言葉や文字で表すことがとても簡単な世の中になりました。
言葉や文字で伝えられることも確かにありますが、
もしも、“気持ち”を正しく伝えたければ、
やっぱり会いに行くのが一番良いような気がします。




もうすぐ年が変わります。
新しい年に、
大切な人に会いに行けるといいですね。


長く会っていない家族とか。
なかなか会うことができない友人とか。




考えただけで、心がワクワクします





必要な人に、必要な情報が届きますように。
『アンの日記』はそんな気持ちで綴っています。

私の気持ちはなかなか伝わらないかもしれないけれど、
どうぞ、正確な情報が伝わりますように。

皆さんが皆さんにとって最善の治療を見つけられますように。






『お盆には帰省する必要はありますか? はい、あります。~心の健康~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-562.html

遅ればせながら・・・読んで頂きたい頁です。
『クリスマスのプレゼント~自分を褒める♪~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-432.html

『時間って、実は主観的~年を取ると短く感じる~ジャネ―の法則』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-203.html

2016年は長く会っていなかった大切な友人に何度も会えた年でした。
『「またね」は再会を願うことば~好きな挨拶~
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-527.html



~≪ご注意≫~

稀な病気のはずの片側顔面痙攣について記載されたサイトが、
いまや氾濫しています。
今日は、「片側顔面痙攣の95%はストレスです。」と書かれた、
とても読みやすい、素敵なサイトを見つけました。

私は「片側顔面痙攣」という病気を詳しく調べたので、
これが事実でないことを知っています。


他の病気については知りませんが、
きっと、同じように誤報が氾濫しているのだと思います。


誰が(企業名・病院名)書いているのか分からない、
どんな人が書いているのか全く見えてこない、
そんなサイトの文字や言葉には、くれぐれもご注意下さいね。

関連記事

「多くの人々が耳を傾け、
各々の立場で親身に考えてくれていることに深く感謝しています」



2016年12月23日に、
83歳の誕生日を迎えられた天皇陛下のお言葉です。

天皇陛下は、
8月に退位についてのご自身の強い思いを示されて以後初めて、
公表後の心境について語られました。




これを聞いて、今更ながら、
「陛下も同じ人間なんだな~」
と思いました。
ちょっと親近感が涌いたり。







「自分の言葉に耳を傾けてくれて、感謝
は、私が常に思っていることです。


「必要な言葉が必要な人に届くように」と思って、
もしかしたら必要以上に書いている中から、
ちゃんと必要な言葉を取り出して、
役立てて下さる皆さんがいることは、
少し前なら奇跡のようです。




『アンの日記』の書き始めから、
つたない文にお付き合い頂いた方に感謝

感謝や励まし、
私を気遣った言葉(コメント)を下さる方に感謝


皆さんの言葉(コメント)のおかげで、
不愉快なこと、辛いことを乗り切れたような気がしています。


2016年、
私の言葉に耳を傾けて下さってありがとうございました。
心から感謝しています。





皆さんの立場で、皆さんに必要なことを一生懸命考えて下さいね。
『アンの日記』が意味を持つのは、
皆さんが皆さんにとって最善の治療を見つけた時です。
  


2017年、1歩前へ
歩いても、時々休んでもいいから1歩前へ






豆 知 識

1933年12月23日に誕生した
継宮明仁(つぐのみやあきひと)皇太子は、
皇位を次いで第125代今上天王(現在の天皇陛下のこと)となり、
2016年現在、83歳。
在位は27年。


陛下のこの一年の公務は、
・内閣から上がってきた1031件の書類に署名、ご押印。
・大臣ら97人の認証官任命式に臨むなどの国事行為をされる。
・国事行為以外の公務は、皇居での各界代表者らとのご面会75回。
・静養以外で11府県の21市9町3村をご訪問。


80歳代となっても、
色々なことにご興味を持ち、
様々な事をご自身で考え、
制約の多い人生の中にあって、
“自分ができること”をしようとされている。


素敵な “人” ですよね。




手術をお考えの方は、まずはこちらから。
『片側顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛の皆さんへのご案内
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

『アンの日記』のはじまりはこちら。
『はじまり・・・』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
関連記事