明けましておめでとうございます。

2017年もお役に立つ情報、
ちょっと面白い“話しのタネ”等々をご紹介したいと思っています。

今年も、『アンの日記』にご訪問下さいませ。





一年の始まりに、心強くなれそうな話題。
(私的には・・・)


妊娠・出産を通し、
母親が実際に変化している様子が分かってきました。


具体的には、最初の妊娠の前後では、
女性の前頭皮質中央と後部皮質の灰白質、
及び前頭前皮質、側頭皮質の灰白質の厚さが薄くなっていることが、
MRIで確認されました。

この変化は、MRI検査の画像を見るだけで、
妊娠経験があるかどうかほぼ判断できるほど明確
だとか。



の変化は“社会的認知に関連する領域”で起っているのですが、
今回の実験では、
母親が自分の赤ちゃんの画像を見るときに活性化される部分”
と一致していることも分かりました。



論文共著者のElseline Hoekzema氏によると、
「これらの変化は、女性細胞が少なくなるというよりも、
シナプス剪定のメカニズムを反映している可能性があります。
少なくても部分的に、弱いシナプス結合が排除されて、
より効率的で専門的な神経回路網になっているのです」

他の共著者Erika Barba氏によると、
「これらの変化は、母性の課題を管理するために
必要な機能に関連する領域で起っている」

とのこと。

つまり、
母親の変化は、
我が子の感情に敏感に反応して、
我が子に必要な世話ができるように、
母親業用に脳の一部が作り替えられていると考えられる

ってこと。ブラボー すっごい!




女性の脳の変化は、
自然妊娠か人工授精かは関係なく起きていて、
少なくとも産後2年以上続いていることが確認されています。
(灰白質は薄い状態で維持される。
ただし、記憶に関連する「海馬」だけ灰白質の容積が一部回復。)


思春期の子育てに悩んでいる母親たちは、
「脳を変化させてまで、頑張って子供を育ててきた」
って、自信を持ちましょうね!






男性については、
子育てを一緒にしていても脳の変化は見られないとか。


『イクメン』と言う造語ができる程、
子育てに関する男性への期待が強くなている今は、
ちょっと余計な話題だったかも。ゴメンナサイ




今回の研究は、
妊娠前と妊娠後の女性の脳の構造に着目した初めての臨床研究で、
女性の脳のさまざまな変化を計5年以上にわたって観察したものです。
MRIの精度が上がったことによって分かることも多そうです。
今後の“脳研究”に興味深々。ワクワク




人間の脳は、環境・状況によって変化している。
意識していなくても、人は常に対応を試みているんです。
ガンバッテル
今日も一歩。

自分なりに一歩前へ
   



このお話し、好きなんです。読んで欲しいいです~
『母と息子の一生の絆~チンパンジーの話』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-506.html

女性は生き方がお上手な、ハズ
『女性は脳を成長させることが上手~自分を振り返り、脳の柔軟性を増す』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-575.html

無意識に脳の“癖”が出ているのかも。

『楽してる?それとも生きる知恵?~脳の癖を知る~行動経済学より』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-580.html

脳はの癖を知ると簡単に癒されそう
『癒しの1/fゆらぎ』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-328.html


原題:『Pregnancy leads to long-lasting changes in human brain strucuture』
(2016; DOI: 10.1038 / nn.4458)
バルセロナ自治大学他共同研究。
ネイチャーニューロサイエンス(Nature Neuroscience)に掲載。

2016年12月19日 ScienceDaily。 ScienceDaily、
『Pregnancy leads to changes in the mother's brain』より
スポンサーサイト
関連記事

2016年12月末、
米科学雑誌「サイエンス」が選ぶ、
『今年のブレイクスル―(Breakthrough of the Year)が発表になりました。


この一年の中で、
最も発展的、或いは業績が高いと思われる研究に与える賞で、
科学の世界では有名な賞らしいです。

大きなニュースにならないと、
素人は気づきませんけれど。




2016年のブレークスル―は、
1.Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory:LIGO
アインシュタイン博士が予測した重力波の検出に成功

2.Exoplanet Next Door
太陽系に最も近い恒星を周る地球に似た惑星を発見

3.AI Beats GO Chamion
AIがプロの囲碁チャンピオンに勝利

4.Purging Cells
老化細胞を取り除くことで組織が若返ることをマウスで確認

5.Great Apes Read Minds
類人が他者の心を読む能力を持つことを実証

6.Designer Protein
自然界にないタンパク質を遺伝子操作で合成

7.Artificial Eggs
マウスのiPS細胞から培養で卵子を人工的に作成

8.One Migration
アフリカを出た人類の起源を遺伝子解読で証明

9.Nanopore Squencers
遺伝子配列を高速で解読する超小型装置の開発

10.Super Lenses
ICチップを作る技術を応用した高性能レンズの開発に成功



このうち、
5、7は日本人研究者が貢献しています。ブラボー


『2016年のブレイクスル―』は、
今後どのように私たちの生活に関わってくるのでしょう。
楽しみです。ワクワク


『2016年のブレイクスル―』には、
医療や健康に関係するものが沢山選ばれていて、
嬉しいですね~。ウキウキ




一歩一歩。
きっと地道に頑張った人達が世の中にはいっぱい

そう思うと、頑張る気持が湧いてきます。

一歩。また一歩。 
遅くても焦らない慌てない・・・。
ですね。    




KoKoRoの声

5.Great Apes Read Mindsについて。

京大の狩野文浩氏とデューク大学などによる共同実験で、
高い認知機能は人だけが持つという定説を覆し、
類人にも他者の心を読み取る高い認知機能があることを
初めて示すことに成功。

心理学や進化学に大きな影響を与えたそうです。


ふ~ん、って感じ。


そもそも、
「類人に高い認知機能」
を感じている人は多そう。

実際に長く世話をしている動物園の飼育員さん達は、
この発表をどう思っているだろう。

実は、
「認知機能どころではなくて、もっとずっと人間に近いですよ」
なんて思ってないかなー。


科学の世界では、
“証明”できたことだけが事実なんでしょうね。


年の始めだったら、
もっと話題になりそうだったのにな。
ザンネン


飼育員さんの帽子を取ってしまったオランウータンの坊やを、
お母さんが追いかけて、無事にお返しする動画があります。
先日フジテレビでも放映されてました~。
検索ワード:『帽子を返して!いたずらっこオランウータン』

さん繋がりの話題。
『チンパンジーのレオと高齢者の介護について~意志が分かり辛い人』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-516.html

『母親と息子の一生の絆~母と娘にはない絆~チンパンジーの話』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-506.html

これはどう判断すればいいんでしょう?
『“サル真似”はサルにはできない~人間だからできるサル真似』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-507.html

アルファ碁についてはこちらでご紹介
『「AI」歌手のアイじゃなくてAI(人口知能)の話~アルファ碁が勝利』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-485.html

4と関係ありそうな話題。
『除去”が注目されています♪~老化細胞除去で若返り』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-569.html

関連記事

睡眠の大切さ』は、
健康面からも精神面からも、
そして最近では学習の面(記憶の固定・整理)からも言われるから
承知しているのだけれど、
人間、誰しも家族や社会の一員としての役割があるわけだから、
そうそう自分勝手に寝るわけにもいかない。

そもそも、夜くらい自分のやりたいこともしたいし。

とか、思いますよね。
(私は思います。思ってなかったらゴメンナサイ


睡眠が大切と知ってはいるけれど、
生まれてからずっと毎日当たり前に寝ているので、
多くの方が頭で理解しているよりず~と、
“寝ることにいい加減”になっているのでは?



今日は、2017年の始まりに、
そろそろ本気で睡眠を考えて、
何よりも睡眠を優先しよう

と言う気になりそうなご紹介です。




人間の脳の重量は約1200~1400g。
体重の約2%程の重量で、全体の20~25%ものエネルギーを消費しています。
その過程では、有害なタンパク質・老廃物などもできてしまうので、
脳は絶えずそれらを除去しています。
1年で除去される老廃物は、脳の重さと同程度だとか。イッパイ~


脳の組織に栄養を届け、老廃物を除去するために、
脳内では脳脊髄液(髄液)と呼ばれる液体が分泌されています。
ところが、
「老廃物を除去する具体的な仕組み」は、
長いあいだ謎とされていました。



謎を解き明かすための最初の光明は、
マウスの実験結果でした。(2012年に発表)

「脳組織を洗浄し老廃物を排出する」
脳独自の循環システムが見つかり、
脳脊髄液の流れの原動力となっているグリア細胞にちなんで
「グリンパティック(glymphatic)系」と名付けられました。




そして、2016年ついに、
マウスで確認され発表されていた
「グリンパティック(glymphatic)系」が、
人間の脳でも同様に機能していることが分かりました。
ブラボー


脳内の循環システム『グリンパティック系』は、
睡眠中に最も活発に働くことも分かっています。
キイテ~


脳は、一日中小まめにお掃除されているけれど、
寝ている間に”大掃除”されていたんですね!




“人は寝て休む”ものだと思っていたけれど、
“人は寝ている間に、循環システムをフル稼働させている!”
のかも。


なんとなく、
靴屋のおじいさんが寝ている間に、
小人が靴の修理をしてくれるおとぎ話を思い出しました。





研究が進めば進むほど、
睡眠の重要性”、“眠りの大切”さが分かってきています。

2017年、良い眠りをして、皆で元気になりましょ。
   






豆 知 識

脳内は、常に、ことのほか清潔に保たれています。

身体への栄養補給やゴミ処理は、概ねリンパ液の役目。
脳への栄養補給、ゴミ処理は脳脊髄液の役目となります。

脳脊髄液量は全量約130 ml。
脳脊髄液は絶えず循環していて、
24時間で約500 ml(1分間に約0.35 ml)産生されていることから、
1日に約3〜4回入れ替わっている計算となるそうです。



“脳には自浄機能がある”
事は早くから分かっていましたが、
「どうやって、この速さで脳脊髄液が脳内を循環しているのか」
が解明されていませんでした。

今回の研究を主導した、ロチェスター大学医療センター、
神経科学者マイケン・ネーデルガード(Maiken Nedergaard)氏によると、
「水圧による洗浄システムがあるとの説はかなり以前から唱えられていたが、
頭蓋骨を開けると、水力ポンプと同様にこの仕組みは止まってしまう。
そのため、これまでの研究者は見つけることができなかった。」

とのこと。

「新たに発見されたグリンパティック系は、
これまで考えられてきた循環システムの1000倍の速さを持つ。
この仕組みが今まで誰にも発見されていなかったのは驚きだ」

とも述べられています。


1950~60年代、一生懸命研究していた科学者たちは、
脳組織を洗浄し老廃物を排出するシステムを、
頭蓋骨を開けることによって意図せず停止させてしまっていたんですね。
ザンネン

『グリンパティック(glymphatic)系』は、
脳に有害なタンパク質が蓄積することで発症する疾患、
アルツハイマー病(一部)やパーキンソン病などの解明、
治療に繋がることと期待されています。







その他豆豆知識
新生児の脳の重量は350~400g。乳児期(生後8か月頃)に約2倍となる。
5~6歳で成人の脳重量(1,200g~1,400g)の約90%に達する。
(看護師国家試験解答より)

脳の中では、約2000億個のニューロンが情報伝達を行っている。
ニューロンに栄養を送っているグリア細胞は、ニューロンの数の約10倍存在している。

成人の脳脊髄液量は、
両側側脳室に各15 ml、第3および第4脳室に5 ml、頭蓋内くも膜下腔に25 ml、
そして脊髄くも膜下腔に75 ml、計全量約130 ml。
脳脊髄液中の糖は常に血糖値よりも低く、血糖の60%程度。
無色透明。

美容系サイト、整体系サイトの理論?
「脳脊髄液の循環が滞ると、美容・健康に影響がでる」
「脳脊髄液の流れの良し悪しは、
表情筋や三叉神経などの神経の働きにも影響するため顔の美しさにも影響がある」
などなど多数。
※医学的には記載が見つけられませんでした。



KoKoRoの声

『脳脊髄液』(髄液)は、
微小血管減圧術の手術では、一定量捨てられて、
不足分は人口髄液が入れられていたはず!
と、思い出して『アンの日記』を見直してみたら、
術中使用されていたのは、
『アートセレブ脳脊髄手術用洗浄灌流液』
(大塚製薬 2007年販売許可)


この人口髄液が開発されたおかげで、
術後の“脳”の状態が良くなったらしい。
ブラボー



いろんな所に、
いろんな人の努力がいっぱい。




術中に使用された薬品類はこちらで確認できます。
(自分のを保管して下さいね)
『片側顔面痙攣~手術後8日~入院費用』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-71.html

脳の健康面からみた「睡眠」についてご紹介したことがありました
『睡眠禁止ゾーン=覚醒度が一番高い時間 ~ あなたはどう使う?』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-129.html

たんぱく質量を調整して睡眠をコントロールできるようになりそう
『あなたの体内時計は今何時?~睡眠障害の診断・治療に朗報』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-521.html

脳がいつも正しく機能しているとは限らないようです
『危険!脳の誤認で元気満々!~隠れ疲労から』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-673.html


アートセレブ情報
http://www.otsukakj.jp/med_nutrition/dikj/intervie/art_if.pdf

グリンパティック系』に関するマウスの実験ははこちらから
日経ナショナルグラフィック<日本版>2012年8月17日
『脳の自浄システムが明らかに』
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/6578/
※『Science Translational Medicine』誌8月15日版に掲載

人間に関する『グリンパティック系』の解説はこちらから
日経サイエンス 2016年7月
脳から老廃物を排出 グリンパティック系』
http://www.nikkei-science.com/201607_072.html
原題名:Brain Drain(SCIENTIFIC AMERICAN March 2016)
著者:Maiken Nedergaard / Steven A. Goldman


脳については『脳科学辞典』が分かりやすく正確です。(医師ら編集)
うち、『脳脊髄液』の頁はこちら。
『脳脊髄液』
※科学の進歩は速いのでやや注意。2014年更新。
関連記事

徒然に。


なんとなく一言。



友人に心配されてしまった。


「明けましておめでとう。今年もよろしく。
ところで、年末調子が悪かった?」

という、短いメールで。


マズイ!と、思って、
12月下旬に指を怪我してしまったこと。
そんなこんなで、クリスマスカードを出し忘れ、
年賀状手配が遅れてしまったこと等々
言い訳を書いてメールした。
(名付け親が亡くなってバタバタしていたことは書かなかったけど)



情けない。


私より、ずっとずっと具合の悪い友人
心配させてしまうとは。



言い訳とともに、遊びに行くねと書いたら、
「いつでもいいよ。寒いから。
暖かくなってからでもいいし。」

と、またまた短いメールが返ってきたけれど、
今日、会いに行ってきた。


会えてよかった。


私の顔を見て安心しただろうし、
私も顔を見られて安心した。


最近の医療は素晴らしい。
動けないという事実以外は、
友人はとても元気そうに見える。




辛いことも、哀しいことも、
人には見えない。


人にどう見えるかは、本当はあまり意味がない。
あまり意味がないけれど、人にどう見えるかが気になる。



人間って難しい生き物だと思う。



なんとなく一言。



私は“見え方”を治したけれど、
本当に治したかったのは“生き方”だったように思います。

見えていない心は、
時として自分にも本当のところが分かりかねます。 




2017年の目標は、友人に最適な医療を見つける!
私の友人についてはこちら。
『特別な友人』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

「またね」は再会を願うことば~好きな挨拶~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-527.html
関連記事

今日は、成人式です。


1年中いろいろな行事がありますが、
成人式”が一番華やかな感じがします。

今日の午後は、大きな駅には
色とりどりの着物をきた若い女性が溢れていそう。

皆さん、素敵に、
ピッカピカに光輝いているに違いありません。

成人、おめでとうございます。



成人になるまで支えた周囲の方々の方が、
実は、感慨ひとしおかもしれません。

成人式、おめでとうございます!







自分の20歳の頃を思い返してみると、
コンプレックスがあったり、
目指すものがあったりして、
若いなりに気をつけていることがありました。


でも、年を重ねると、
気をつけるの意味合いが“深くて重い”


健康や美容のために、
食事や運動、睡眠etc.etc.
毎日気をつけるべきことがいっぱい!
・・・あるような気がしています。


そんな風に考えると、
年を重ねるのが辛いこと、
とってもしんどいことのように感じてきたり・・・




今日は、そんな気分の時、
(そんな気分の時もあるでしょ?)
聞くと嬉しくなりそうな言葉のご紹介です。




「人生は日々選択です。
今日着ていくものも、選択しなければいけません。
でも、その積み重ねで分かることがあります。

年齢を重ねることで、
自分の中にある“良いもの”を見つけることができるようになるんです。
流行に捉われないで、
自分の中にある”良いもの”を大切にして下さい。」

とのこと。


こんな言葉を聞くと、
選択することの大変さ、めんどくささ、
年を重ねることの哀しさや不安、
密かに持っていたコンプレックスetc.etc.
そんなものが全部消えて無くなりそうです。


年を重ねると分かる、
“自分の中にある良いもの”を見つけたいな。
年を重ねるほどに、
“自分の中の良いもの”を沢山見つけられるようになるのかも。
なんて思うと、
年を重ねるのも楽しくなってきますよね。




島田氏曰く、
「服の着こなしに大事なことは、ほんの少しの勇気を出すこと」
だとか。

勇気』は、2017年の一つのKeywordになりそうな予感。 


成人の日に、
『中年女子が負け惜しみを書く』
みたいになっていませんように。





KoKoRoの声

今日ご紹介したのは、
NOEVIR Color of Life(TOKYO FM)での
ファッションデザイナー 島田順子氏の言葉です。
(1941年千葉県館山生まれ)

「学ぶことはまだまだたくさんある!
自分はまだ知らないことばかり!
だからいつまでも勉強して、前に進んで行きたい!
2017年もチャレンジ精神を忘れないでいたい!」

と言う島田氏の言葉も、
心に響きます。


島田氏はファッションデザイナーですが、
“見かけ”の話だけをしているのではないと思います。

ファッションを通して、
『人としてどうあるか』
を考える種まきをされているのかな~
なんて、思ったり。



「好きな友達は自分で選べる。友達と服は似てると思う」
も、深い。



上手に年を重ねることは、心身の健康に大切なことですよね
『あなたは何のためにおしゃれをする?~年を重ねて自分らしく装う』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-573.html

視点を変えると、安心できます
『ウィズ・エイジング~老けるのではなく老いることの価値~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-540.html

“年齢”とは全く関係ありませんが、素晴らしいシワの話
『シワも大切!~理にかなった手~日本人は手を尽くす』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-484.html
関連記事

筋ジストロフィー治療薬候補発見』
と言う記事に目が留まりました。

発見されたのは、
筋肉の形成に不可欠なたんぱく質を作る遺伝子の異常で起きる
『デュシェンヌ型筋ジストロフィー
に対する治療薬候補です。



デュシェンヌ型筋ジストロフィーは、
新生男児の、1/3500人が発症しているそうです。

難病だと理解していましたが、
大変多くの患者さんがいらっしゃることになります。




今回の研究は、
患者さんの筋細胞からの過剰なマイクロRNA(機能性核酸)の分泌が 、
症状を悪化させている一つの原因と仮定して行われました。

実際、
マイクロRNAを内包している「エクソソーム」を抑制する物質を投与し、
マイクロRNAの量を減少させると、筋肉の損傷が軽減されました。



筋ジストロフィー患者さんと健常者の、
マイクロRNAや「エクソソーム」の顕著な違いの解明は、
新しい治療方法、治療薬への大きな飛躍になるそうです!ブラボー



また、これまでの診断方法は、
初期診断において問題点が多かったため、
新しい診断方法への応用も期待されています。
(かなり、短縮


※2016年12月16日(日本時間)
PLOS ONEオンライン版に研究成果掲載。




新しい発想を行動に移してくれる方々がいて、
新しい治療方法が生まれるのですね。

様々な病気があるなか、

“正確に診断されること”が治療への最短の道だと思います。
 





KoKoRoの声

国立精神・神経医療研究センター(NCNP)のプレスリリースによると、
2013年10月17日発表
デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)とは:
最も頻度の高い重篤な遺伝性筋疾患であり、
ジストロフィン遺伝子の変異により発症します。
日本における正確な患者数は把握できておらず、
最新の研究から2,500人から5,000人と推測されています。

2016年12月28日発表:
デュシェンヌ型筋ジストロフィー ( DMD) は、
新生男児約3,500人に1人の割合で罹患する進行性の筋変性疾患

とのこと。



どの数値を見るかで、
見え方が変わります。

デュシェンヌ型筋ジストロフィー ( DMD)の患者さんは
実際、何人くらいなのでしょう。




病気になると、
「同じ病気の患者は何人いるのだろう」と、
誰もが一度は思うのでは。


同じ病気の患者さんが何人いようが、
自分の病状が変わるわけではないけれど・・・


2015年8月12日、
日本脳神経減圧術学会の当時の会長から教えて頂いた患者数は、
(YouTubeで講演会の内容を視聴させていただきました)
●片側顔面痙攣・・・7/10万人程度
●三叉神経痛・・・5/10万人程度
●舌咽神経痛・・・不明(時間が空いたら画像を見直します)



2010年頃の数値だと仮定すると、
日本国民数 約1億2800万人÷10万=1280人
1人だと1280人
5人だと6400人
7人だと8960人

こんな感じの人数。


たったこれだけの患者のために、
病院がサイト林立するのかな・・・。
(2012年頃はこんな風じゃなかった)



ほんとのことろ、
何人くらい自分と同じ病気の方はいるのでしょう。




患者数って、どうしてだか気になります。










豆知識

細胞内小胞体
エクソソーム(exosome)」
は、覚えておくべきwordです。


元々、
血液、尿、用水、母乳などさまざまな場所で観察されていましたが、
働きがわからず、注目もされていませんでした。

現在は、エクソソームは、
他の細胞、組織間の情報伝達を行っていることが分かり、
細胞の分化・老化や免疫系の制御など
生命現象全般への関与が示唆されています。


しかも、
外界の温度、栄養状態、酸素供給状態の変化といった
細胞周囲の環境変化やストレスが加わると、
エクソソームの分泌量や質そのものが変わる。
周囲の環境変化に伴って、
細胞がエクソソームを分泌することによって、
自身の周囲の環境を「コンディショニング」していると考えられています。

とのこと。エ~ヘエ~ヘエ


エクソソームは、脳内で分泌されていることも確認済み。
脳の神経細胞への働きも注目されています。





国立がん研究センターは、2015年、
乳がんの脳転移について、エクソソームが関与することで、
がんが容易に脳転移を起こすことを世界に先駆けて明らかにしています。






患者数情報と追記:術創写真
『片側顔面痙攣に効くサプリメント?~ ホスファチジルセリン・ビタミンB12』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-130.html


2017年1月9日日本経済新聞
『筋ジストロフィー 治療薬候補発見』より

プレスリリースよりご紹介しました。
独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)
■2016年12月28日
『デュシェンヌ型筋ジストロフィーの新しい診断と治療として
エクソソーム中の筋肉特異的microRNAsが有効であることを発見』
http://www.ncnp.go.jp/press/release.html?no=324
PDF http://www.ncnp.go.jp/up/1482818001.pdf

■2013年10月17日 
『筋ジストロフィーに対するステロイド治療の長期効果を立証』
-神経筋疾患患者情報登録「Remudy」におけるデータ解析から-
http://www.ncnp.go.jp/press/press_release131017.html
PDF http://www.ncnp.go.jp/pdf/press131017.pdf

■国立がん研究センター研究所、インタビュー記事より
『新しい形の細胞間コミュニケーションツールとしてのエクソソーム』

国立研究開発法人 国立がん研究センター
自分に関係ありそうなので。メモ。
2015年4月2日
『乳がんの脳転移メカニズムにエクソソームが関与
脳転移の早期診断への応用に期待』
http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20150402.html

「エクソソーム」については、ベックマン・コールター社のサイトより。
詳細はこちらでご確認下さい。
http://www.beckmancoulter.co.jp/
関連記事

我が家は、食卓のすぐ脇に、辞書・辞典コーナーがあります。

新婚家庭が米国で始まったので、
日常的に英語辞典が必要だったこともありますが、
何より、
日本の西側出身の母親を持つ夫と、
日本の東側出身の母親を持つ私とは、
同じ日本語を使っているのに、
違う単語、違う使い方をする言葉が幾つもあって、
口論する前に調べる必要がありました。(笑)


言葉は奥が深くて、
面白い。


言葉生き物だと思います。
辞書や辞典に書かれた使い方とは違っても、
その時代そこにいる人々の様子をよく表している言葉もあれば、
辞書や辞典に書かれている正しい使い方をすると、
本意が伝わらない言葉もあります。


蝶が虫ピンで留められた標本のように、
言葉は辞典や辞書に留められているけれど、
言葉は、蝶と違っていつまでも生き続けて、
時々思い出したように飛び立つような気がします。


そんな風に、
流行り言葉になる言葉が、
時々ありますよね。




只今、我が家にあった、
まんがことわざ辞典
なるものを広げてみました。


開いた頁は、
「一目置く」(慣用句)
の説明。

意味:
相手が自分より優れていることをみとめ、
尊敬して一歩ゆずることのたとえ。

参考:
囲碁で、技量に差がある場合、
最初に弱いほうが一つ(一目)黒い石を置いてはじめることから。
相手よりも自分の方が弱いと認めないと一目おけないので、
相手をすぐれていると認めることを、一目置くという。

とのこと。



最近、
AI活用のアルファ碁が話題になっています。


近い将来、
「一目置く」の意味が変わる日が
来るかもしれません。


『意味が変わりそうな慣用句調べ』があったら、
「一目置く」に一票!




2017年は、
今まだ“AI”を身近に感じていない方の意識が、
大きく変わりそうな予感がします。





言葉は生き物です。
時代とともに変わってきた言葉は、

この変革の波の中、どう変わっていくのでしょうね~ 

  





◆KoKoRoの声◆


昔、子供たちと一緒にお勉強していた時、
「どうして、目を落とすって言うの?」
と、質問した子供がいました。


何百人という子供と勉強してきたけれど、
こういう質問をする子供はほぼいません。


意外に思われるかもしれませんが、
素直で吸収力のある子供ほど、
教えられたことを考えずに覚える子供がほとんどです。


そもそも、今の子たちは、
やりたいこと、すべきことが沢山あるので、
「どうして?」なんて考えている暇はないのかも。




私に質問した子は、問題を解くのがとても遅かった。
そして、成績も悪かった。

でも、
他の子たちがぐんぐん上へ上へ育っていく中で、
下へ下へとしっかり根をはっていく、
そんなタイプの子供でした。



「何にもやれてないな~」
「停滞しているな~」
と感じる時は、根をはる努力をすればいいですね。
人間ならば、体力作りとか、ストレス発散とか。カナ




追記:
今、「目を落とす」(慣用句)を調べてみたら、
1 視線を下に向ける。「足もとに―・す」
2 死ぬ。落命する。

とのこと。(出典:デジタル大辞泉)

2の意味は知りませんでした~
あ~ビックリ。



アルファ碁勝利の話
『AI』歌手のアイじゃなくて、エーアイ(=人口知能)の話~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-485.html

豆知識です
『ストレスの日本語訳は?~身近過ぎて知らないこと~豆知識』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-199.html

若者たちの様子から学ぶこともありますよね
『努力は報われるのか?~報われる人はどんな人?~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-582.html

「一生懸命は、人を強くする」と私は信じています
『一睡もできない”それは心の弱さじゃない』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-476.html

とは言え、一生懸命なり過ぎない方法
『新しいことに挑戦する時の心得~何かをやめる何かと置き換える~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-496.html

言葉には魔法もあります
『自分の杖言葉を持とう!~心が折れそうな時には言葉の杖を』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-508.html
関連記事

群馬大学大学院医学系研究科の柴崎貢志氏らによる研究、
『「さする」となぜ神経の突起が伸びるのかという分子機構』
―細胞伸展の感知センサー動作原理を発見―
が発表がされました。




子供が打ち身などの怪我をした時、
母親が、
「イタイイタイの飛んでいけ~」
と唱えながら優しく患部をさする光景は、
今でも見かけることがあります。

単なる迷信、
単なる子供だましかと思っていたら、
実は、科学的に根拠のある、
“おばあちゃんの知恵だった”
なんて感じの研究発表です。


先端医療情報ですが、
“直ぐに” “誰にでも”お役に立ちそうなのでご紹介します。





2010年
群馬大学大学院医学系研究科准教授 柴崎貢志氏は、
さする」様な物理的な刺激による、神経再生効果を世界で初めて発見、
発表しています。
(The Journal ofNeuroscience 2010年発表)

さする」といった刺激を、
神経の中にあるTRPV2トリップブイ2)タンパク質が、
センサーのような役割をして感知すると、
傷ついた神経の突起が長く伸ばされていました。




2017年1月11日の今回の発表は、
センサー・タンパク質TRPV2トリップブイ2)が、
さする」様な刺激をキャッチし、神経の突起を伸ばすメカニズムを
分子レベルで解明しました。

さする」といった刺激が、TRPV2 センサーをオンにする。
するとTRPV2が、瞬時(30 ミリ秒=0.03秒以内)に刺激部分に大量に集まり、
カルシウムイオンを細胞内に取り込みだす。
カルシウムイオンが取り込まれると、神経先端部の動きが活発化して、
神経の突起が大きく伸びることを確認した。

とのこと。


体の深~いところにある神経が、外の刺激を感知・増幅させ、
再生しているメカニズムが解明されました~
ブラボー





事故で運動障害を負った人が、
機能を回復させるために行うリハビリでも、
TRPV2 センサーが活性化され、
傷ついた神経回路の再生を促している可能性が高いとか。

柴崎氏は、
TRPV2 を活性化させる薬剤を開発することで、
傷ついた神経回路の再生に役立つと期待されます。」

とも語られています。





“神経”の状態が悪いと、
動きが悪いだけでなく、痛かったり、かゆかったり、痙攣したり・・・
と、様々な症状が出てしまいます。


神経再生のメカニズムが解明されたことで、
より効果的な、或いは全く新しい再生方法が
開発されるといいですね。




昔から語り継がれてきたことが、
科学的に意味があることとして証明される事が多々あります。
“傷をさする”もどうやらその一つのようです。
“おばあちゃんの知恵”バンザイ!         



論文原題:
『TRPV2 activation by focal mechanical stimulation requires interaction with the actin
cytoskeleton and enhances growth cone motility.』
2016年12月22日(米国東部標準時間)
米国実験生物学会誌 “The FASEB Journal”(ザ・ファセブジャーナル)にオンライン掲載。
(冊子体は 2017年6月に発刊予定)


-<宝箱>----------------------------------
テレビ放映がされました

2017年1月13日 フジテレビ系
直撃LIVEグッディ!
神経再生の瞬間の映像も放送。


放送内で、群馬大学大学院・柴崎貢志准教授は、
「TRPV2が動き出す温度は約38度。
軽い打撲、腹痛などの場合、
30分程度さすれば神経細胞が再生しかなり痛みは緩和する」

と発言されています。
検索して見て下さいね。
----------------------------------------------




豆 知 識~その1~

もう少し詳しくみていくと、
TRPV2 は細胞の骨に相当する“細胞骨格タンパク質”
と結合しているそうです。

「さする」様な物理刺激が加わると、
細胞骨格タンパク質が振動。
この上に乗っている TRPV2 も連動して振動することで、
TRPV2 センサーがオンになることが分かっています。


ただし、外部からの刺激があっても、
細胞外のカルシウムイオンが存在していない条件では、
神経の突起はあまり伸びないことも確認されています。



ちなみに,、
血液中のカルシウムイオンの濃度は、
1mM (10-3 M:10のマイナス3乗モル)。
細胞内のカルシウムイオン濃度はさらに薄く、
血液中の1万分の1程度だとか。


さっぱり分からない世界です。





豆 知 識~その2~

片側顔面痙攣患者さんに嬉しい研究。カモ


柴崎貢志氏のご専門は、
『高次機能統御系脳神経発達統御学 分子細胞生物学』

現在研究されている一つが、
『神経興奮の制御機構の解明』です

柴崎氏によると、
脳内に存在するTRPチャネルに着目し、
神経興奮の制御機構解明を進めています。
現在までに、脳内温度情報を、
TRPV4(34℃以上で活性化)が電気情報に変換する新規機構を見いだしています。
TRPV4遺伝子欠損マウスを用いた生体解析や、
神経興奮を制御する新たなアストロサイト亜集団の解析を行っています。

とのこと。

ちょっと嬉しくなりませんか?ワクワク


群馬大学大学院医学系研究科医学部医学科HP内、
柴崎貢志准教授 (理学博士) Koji Shibasaki, Ph.D.の研究室のご案内より。
本文はこちら。
http://www.med.gunma-u.ac.jp/med-organization/neurosci/
neurosci-development/109.html/


『アンの日記』は、怪我や痛みについてたくさんご紹介しています

『傷跡・傷痕(瘢痕)を残さないためにできること~日焼け予防~
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-314.html

『術後の痛みはがまんするか、しないか?~早期回復のために
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-168.html

『直ぐに使える指の切り傷の止血・消毒方法~最新医療から~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-606.html


群馬大学大学院医学系研究科HPニュースリリースより
2017年1月11日
「さする」となぜ神経の突起が伸びるのかという分子機構
―細胞伸展の感知センサー動作原理を発見―
http://www.med.gunma-u.ac.jp/newsrelease/4224.html

プレスリリース
平成29年1月11日群馬大学大学院医学系研究科
「さする」となぜ神経の突起が伸びるのかという分子機構
―細胞伸展の感知センサー動作原理を発見―
PDF http://www.gunma-u.ac.jp/wp-content/uploads/
2017/01/H290111-press1.pdf

2016年1月12日 産経ニュース
『痛み、「さする」と和らぐしくみ解明』 群大大学院 柴崎准教授
http://www.sankei.com/region/news/170112/rgn1701120014-n1.html
関連記事

必要な言葉は羽をつけて飛んでくる。
今日もそんな話題。


チェストの引き出しが壊れてしまったので、
修理するために中に納めていたものを出しました。


何冊かの古いスケジュール帳があったので、
パラパラと眺めていたら、
新聞の小さな切り抜きを発見。


文章のはじまりは、
「1年あれば大層なことができる、
と言う気になるのがこの月のありがたさである」

から。


2012年の手帳から出てきた一切れの紙面は、
どうやら1月に書かれたものらしい。



読み進むと、
駅伝で優勝した日体大について。
改めて気づかされたのは、食事を抜かないとか、
朝6時の練習前に草むしりをするとか、
普通の決まりごとをこなす大切さである。
「きょうは、ま、いいか」ではないからこそ、
普通のことのように大一番に臨めたのだろう。



ラグビーの大学選手権で
4連覇を果たした帝京大学については、
生活態度や礼儀正しさが際立っていると聞いた。
毎年選手が入れ替わる学生スポーツの連覇はことのほか難しい。
強さと部員の姿勢は無縁ではなかろう。




書かれた文のまとめは、
日本では春まで一踏ん張りの時期。
今年は4週間が過ぎただけ。
普通のことをしっかりやり、大層な一年にーー。
まだ遅くない。

とのこと。






先日、2017年のセンター試験が終わりました。
今年は現役志願率過去最高で、
志願者数は575,967人。
(1名が後から受理され追加されていました)
前年より12,198人増だとか。


この数字をみると、
多くの受験生が辛いと感じてしまいそうです。


“学ぶ”という行為は、本来、
“自分の中にいかに知識を積み上げるか”と言う、
自分自身の問題ですが、
“受験”となると、
“他人との闘い”のような体があります。



一見“他人との闘い”のように見えながら、
スポーツも勉強も、
実は“自分との闘い”だと気づけた者が
勝利を手にするのかもしれません。




小さな事、わずかな時間でもいいから、
「きょうは、ま、いいか」とせずしっかりやる。
そんな日常が、大きなことを成し遂げるようです。

大層なこと」「やりたいこと」が決まっていなくても、
まずは“自分でできること”から。 
   






◆KoKoRoの声◆

新聞切り抜きが出てきたのは2012年の手帳から。

まさに、
受験まっただ中の娘のために飛んできたかのような紙片を読ませつつ、
「何でこんな紙面を切り抜いていたんだろう」
と考えていたら、
紙片の日付は、2013年の1月28日でした。
(手帳は4月始まりなので、2013年3月まで使用)


2013年のこの時期は、
痙攣がだんだん耐えがたくなってきた頃だったので、
自分を鼓舞するために切り抜いたのかもしれません。

今となっては、
切り抜いた記憶が全くありません。




私が執刀医M記念病院のA医師を最初に受診したのは、
2013年の11月22日。

2013年は、
私にとっては“大層な一年に”なりました。


「何かをしよう」「何かしたい」と思うなら、
年のはじめに誓いを立てると叶うかも。





『アンの日記』が、皆さんのお役に立ちますように。
皆さんが、皆さんにとって最善の治療を選択できますように。




AKBの少女たちのお話
『努力は報われるのか~報われるのはどんな人~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-582.html


どんな心と向き合う時間が必要かも。
『幸福と希望~このままでいたい気持ちと変わりたい気持ち~』
Part1http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-348.html
『希望は自分で作る物~そして希望は紡ぐもの・繋げるもの』
Part2http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-349.html

心弱くなる時は誰にでもありそうな気がします。
『弱音を吐ける人こそタフ ~「できない」を受け入れる~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-320.html


2013年月28日日本経済新聞『春秋』より
(著者不明。スミマセン)

関連記事

ストレス
英語でstress


頻繁に使われる言葉です。
あまりに身近すぎて、ウッカリ日本語だと思ってしまいそうです。


改めて考えてみると、
ストレスは日本語で何と言うのでしょう。



調べてみると、
stressに相当する日本語訳はないそうです。



『日本国語大辞典』によると、
ストレス
という言葉が日本で最初に使われたのは、
1958年(昭和33年)に発表された堀田善衛氏の文献上だとか。ヘエ~ヘエ~


元々日本語になかった“ストレスという言葉が広まったことが、
ストレスを感じる人”が増えてしまった原因!カモ
なんていったら言い過ぎ。





------------------------------------------
◆言葉の理解~stress(ストレス)とは?~
-------------------------------------------

■語源
元々は物理学用語。
外部からもたらされる歪み。もしくは歪みの原因。
ハンス・セリエ氏(Hans Selye/1907~1982)が発表したストレス学説によって、
生理学的な意味で認識されるようになる。
1930年代から広く学術用語として使われる。



■ハンス氏によるストレスの定義
外部環境からの刺激によって起こる非特異的反応。



■ストレスの原因となる刺激の種類
・物理的(寒冷・騒音など)
・化学的(薬物・化学物質など)
・生物的(炎症・感染など)
・心理的(怒り・緊張・不安など)



■ストレス下での生体反応の分類(3段階)

1.警告反応期
ストレスに耐える準備を整える時期。
自律神経のバランスが崩れたり、
血圧・体温・血糖値の上昇など体に様々な変化が起こる。

2.抵抗期
ストレスと戦う時期。
自己防御機制が整い安定するが多くのエネルギーを消費する。

3.疲憊期
ストレスに耐えれなくなった時期。
抵抗力が衰え身体が衰弱していく。





私のチョイス
------------------------------------------
◆21世紀的ストレスの捉え方
-------------------------------------------
~外的刺激がストレスを規定しない~


■新しいストレスの考え方
ケニー・マクゴニガル氏Kelly Mcgonigal 1977年~)が提唱。
ストレスそのものより、心の捉え方が健康に影響を与える
ストレスは捉え方により、健康に全く害がない
ストレスが全部体に悪いという考えは間違い



■理論を実験で証明
(一例)
ストレスを感じると心臓がどきどきする。
  
体に悪いとネガティブにとらえる
血管が収縮し心不全などの原因となる。


新鮮な血液を心臓にどんどん送り込んでくれていると考える
血管が収縮しない。
  
すなわち、同じ外的刺激でも、
捉え方=心の持ちようで身体の反応が変わる。








そもそも、
ストレスは身体に与える影響を説明する際に使われた学術用語
なのに、中年女子の私の若かりし頃、
「ストレスで具合が悪い」
「ストレスで、体調が悪化した」
という概念は、“言い訳”や“弱音”と捉えられ、
社会では通用しませんでした。



少し前から、
ストレスが身体に与える影響が認められ、
ストレスを軽減させることに社会全体が躍起になっていたような気がします。




そして、現代では、
ストレスが身体にどんな影響を与えるかは、
自分の考え方、捉え方しだいだと科学的に論じられ、
ストレスは“自分でコントロールするもの”
と考えられ始めています。



将来は、
ストレスのメカニズムがもっと解明され、
誰もが簡単にストレスから解放されたり、
ストレスを良いパフォーマンスに繋げたりする事ができるようになるかも。
カモカモ






ストレスは、外部から無計画に、無遠慮にやってきて、
自分ではどうにもコントロールできないように見えます。
でも、“身体への影響はコントロールできるもの”と思うと、
ストレスに立ち向かう勇気が湧いてくるような気がします。
 

※2015年1月15日記載記事を加筆・修正。
一月は、ストレスについて考えやすい時期なのかな・・・





KoKoRoの声◆

「嬉しいこと」「感動したこと」などポジティブなことも、
刺激となり生体反応がでるのでストレスと表現されます。





私が手術を決心した頃には、
悲しい、辛いと感じた時だけでなく、
楽しい、嬉しい時も痙攣が起きていた。


だから、
心が働かないように座禅や瞑想の勉強でもしようかと思った。
冷静沈着な、聡明な人間をめざそうかとも思った。


でも、
それは私らしさをなくす事だったから、
結局私は手術を選択。


私は私らしく、
チャレンジする道を選択。




皆さんが“自分らしくある”ための選択ができますように。
“自分の道”を見つけられますように
  




最新研究から!
親が頑張った事は、子に役立つ!
ストレスに打ち勝つ力は、親から子へ受け継がれる~遺伝する~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-620.html

ストレスをパワーに変えていた人の“生の声”は心に響きます
『“一睡もできない”それは心の弱さじゃない』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-476.html

ストレスコント-ル方法。ご参考まで
『ストレスは生活のスパイス~解消するものではなくコントロールするもの
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-200.html

ストレスは単なる悪者ではありません。プラスの働きもあります
大切なことは無くすことではなくコントロールすること
「自分でできるストレスコントロール~オキシトシンUp♡コルチゾ―ルDown」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-142.html

「未病」という言葉。東洋医学で使う日本語のように思っていませんか?
    実は「未病」も日本語ではないんですよ。カタカナでもないのに。
『「未病」が商標ME-BYO~神奈川から全国に発信』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-178.html

言葉繋がりで・・・
『言葉は生き物~ピンで留められた蝶と言葉~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-617.html


ハンス・セリエ氏説明は「地球の名言」を参考にさせて頂きました。

関連記事

昨日に続き、ストレスについて。


ストレスがある時の“生体反応”について、
科学的に分かっていることはたくさんあります。


とは言え、中年女子の私にとって、
「生体反応の原理は難しい」
「生体反応について多少知識を持っても
ストレスコントロールには直接繋がらない!」
なんて結論に達したので、今回は、
ストレスコントロールに直ぐに役立つ!“
そんなサイトのご紹介です。




------------------------------------------------
ストレスコントロールお役立ちサイト
--------------------------------------------------


1.5分でできるストレス解消~厚生労働省関連~
~提供:日本産業カウンセラー協会~

働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト
こころの耳より。
「効果的なセルフケアを実践するために、
あなたの職場におけるストレスレベルをチェックできる自己認識ツールです。」

とのこと。
所要時間は約5分。
「話のタネ」にどうぞ。


こころの耳
『5分でできる職場のストレスセルフチェック』
http://kokoro.mhlw.go.jp/check/





2.趣味探し.com

ストレスの解消には、
趣味の時間を持つことが効果的。

ストレス解消に有効な趣味は大きく分けて、
休憩型・運動型・親交型・娯楽型・創作型・転換型
の5つに分類されるとか。
自分のタイプにあった趣味を新たに持つのも良いかも。カモカモ


「趣味がない」
「趣味としたいことが見つからない」
「年とともに(病気で)今までの趣味はできなくなってしまった」
は、是非お試しください。

趣味探し.com
http://www.syumisaga.com/





3.言葉の魔法

ストレス
解消のための趣味や運動を薦められても、
「なかなか時間が取れない」
「そもそもやる気がおきない」
時があります。

そんな時は、
まずは「言葉の魔法」を試してみては?
今の自分に必要な言葉が見つけられそうなサイトです


地球の名言(管理人安部牧歌氏)
https://earth-quote.org/






ストレスを感じることは悪いことではありません。
ストレスは解消しなければならないものではなく、
ストレスはコントロールするものです。


健康管理のために、

自分にあったストレスのコントロール方法見つけたいですね。







KoKoRoの声

「必要な言葉は羽をつけて飛んでくる」と、
『アンの日記』を綴りだしてから思うようになりました。


とは言え、言葉に本当に羽があるわけもなく。


読むから見つけられる。
読んだことがあるからふっと頭に浮かんでくるわけです。




言葉は世の中に満ち溢れているけれど、
言葉が世の中に満ち溢れているからこそ、
自分から積極的に、
「言葉」を採りに行かなければならないのかもしれません。


「言葉の魔法」は、時に治療や薬よりもよく効きます。
今の自分に“必要な言葉”“魔法の言葉”を見つけて下さいね。





地球の名言で見つけた、
「ストレス」と言う言葉を広めたハンス・セリエ氏の言葉を少しご紹介。

●ストレスは、「生活のスパイス」と考えなさい。
●ストレスを避けてはいけません。
それは食べ物や愛、運動を避けるようなものなのです。
●全てのストレスは、私たちに傷跡を残していきます。でもそれは、
同じようなストレスに襲われた時に、今度は私たちを守ってくれるのです。

「ストレスは“悪者”なわけじゃない!」
今、最新医療として証明されつつある
「ストレスと生体反応」について語られています。

昔の人って、やっぱり偉い!





-≪宝箱≫------------------------
~厚生労働省支援サイト~

こころの不調や不安に悩む働く方の支援や、
役立つ情報の提供を目的に作られた、
働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト。

手助けをするご家族の方、
職場のメンタルヘルス対策に取り組む事業者の方なども
支援しています。


『こころの耳』
https://kokoro.mhlw.go.jp/

----------------------------------------------------------





2017年、ドラマも始まって、
まだまだブームが続きそうなアルフレッド・アドラー氏も紹介されていました。
「アルフレッド・アドラー氏の名言」(『地球の名言』より
http://earth-words.org/archives/12033

ストレスコントロールのために写経をご紹介したことがあります
「自宅で写経~功徳あるいは治癒力アップ・・・するといいな♡
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-128.html

簡単なのに「効いた!」と実感できたことをご紹介
.「心が晴れない~類義語を読んで心を整理~ストレス解消法のご紹介」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-163.html

ストレスの生体反応にご興味のある方へ
「ストレスホルモン退治!~コルチゾ―ルと治癒力」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

右側カテゴリーの下側「ストレス・心」は、心のお勉強頁へのご案内。
お時間ある時に是非ご覧くださいね。

関連記事

ストレス繋がりで。


親世代で受けた環境ストレスが、子孫の生存力を高める」
という研究成果が発表されました。



京都大学の発表。
西田栄介 生命科学研究科教授(細胞生物学)、
岸本沙耶 同博士課程学生、宇野雅晴 同特定研究員らの研究グループは、
親世代に低用量ストレスを与えることで獲得される
ホルミシス効果(ストレス耐性の上昇や寿命の延長)が、
数世代にわたって子孫へと受け継がれることを発見しました。

とのこと。
(京都大学HP 研究報告
獲得形質は遺伝する?
-親世代で受けた環境ストレスが子孫の生存力を高める-』より)





線虫を用いた実験では、
成虫になるまでの過程で、
低容量のさまざまなストレスを与えて育てると、
種々のストレス耐性が上昇、寿命が延びました。
(寿命、ストレス耐性が約20%増化)

さらにその耐性や寿命が、
子世代や孫世代にも受け継がれることを確認。ブラボー
(寿命、ストレス耐性約10~20%増化)





『獲得形質は遺伝するか?』の問いには、
親がストレスに打ち勝つと、
その経験によって得たものは子や孫へと受け継がれていく。
“経験”は、単に記憶に刻まれるだけでなく遺伝子にも刻まれる!
そんな風に答えられそうです。 何となくロマン~     




私たちが様々なストレスに耐えられているのは、
ご先祖様のお陰なのかも
はるか昔のご先祖様にも感謝。             







◆豆知識◆

高濃度または大量に用いられた場合は有害となる物質が、
低濃度または微量に用いられた場合には有益な効果をもたらす
という現象がホルミシス


ホルミシスは、生物が環境変化に適応するための手段
の一つと考えられています。





同様に、ストレスが全て“悪者”となるわけではありません。
生物は、ストレス刺激に対して、
ストレス応答を活性化しながら適応することで、
生体の恒常性を維持しています。




今回の線虫を用いた実験では、、
●低用量なストレスは、生物にとって有益な
ホルミシス効果(ストレス耐性の上昇や寿命の延長)を生みだす。
●親が獲得したホルミシス効果は、子孫へと受け継がれる。

なんてことが、証明されました。




線虫は、寿命や老化研究でよく用いられるとか。
素人の私はヘエ~






◆KoKoRoの声◆

“低用量のストレス”
が案外難しい。

一つのストレスを、
“低い”と捉えるか“高い”と捉えるか、
感じ方は様々だし。


“ストレス測定”が正確にできるようになって、
自分にとって“良い塩梅のストレス”が、
数値化されるようになったらいいのかなカナカナ



線虫の実験で分かるのかな・・・。
実験の対象が“線虫”だと言うことが妙に気になってます。




ストレスチェックのアプリもご紹介しています。
『風邪・インフルエンザ予防~ストレス対策も忘れずに~ストレス測定アプリ♪』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-210.html

ストレス繋がりで・・・
『ストレスの日本語訳って知ってますか?~身近過ぎて知らないこと~豆知識♪』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-199.html

ストレスは全て悪者ではない。上手に利用しましょ♪
『ストレスは生活のスパイス~ 解消するものではなくコントロールするもの 』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-200.html


京都大学HP
『獲得形質は遺伝する? -親世代で受けた環境ストレスが子孫の生存力を高める-』
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/170109_1.html

★2017年1月9日 Nature Communications にオンライン掲載。
PDF 『獲得形質は遺伝する?』
―親世代で受けた環境ストレスが子孫の生存力を高める―
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2016/documents/170109_1/01.pdf

2017年1月10日日本経済新聞
『苦難越え得た能力遺伝 線虫で確認 ストレス耐性向上』より
関連記事

2014年4月。
片側顔面痙攣の脳神経減圧術を受けて退院した直後から、
ず~と、お散歩を続けています。


最初30分だったお散歩が、今では1時間強。
歩く速度が速くなったので、
歩く距離は3倍位になったような気がします。


1月の今は、冷たい風で顔が痛い時がありますが、
足先まで使って(5本指ソックス使用)真剣に歩いていると、
頭の中までスッキリしてきて、
散歩後はいつも清々しい気分になれます。


お散歩はいいな~





とは言えとは言え・・・
「お散歩は身体に良い」と、
多くの方は信じていますが、
軽いお散歩といえども足に負担がかからないわけではありません。


特に、アスファルトの固い道路の上を、
量販された靴を履いてお散歩するとなると、
腰やらやら足首に、
大きな負担を掛けてしまっているかも。カモカモ




「過ぎたるは猶及ばざるが如し」

医師に勧められるままにお散歩したら、
が悪くなった腰痛が出た
角膜が傷ついた(交通量が多い道路脇を歩行して)
なんてことにならないように。




いろいろな情報があります。
いろいろな方からアドバイスを受けます。
そんな中、日々“自分との対話”を忘れずに。
  





◆豆 知 識◆

若いころからスポーツに励んでいる方、
健脚を誇っている方でも、
”の痛みを訴える方が多くいます。


健康長寿を達成するには、
“足”のメンテナンスは最重要課題。


”の治療方法の研究が活発になっています。
新しい治療がある事を知っているかいないか、
新しい治療をしてくれる医師・病院を知っているかいないかで、
人生の後半の在りようが変わるかも。


今、期待されている
最新の臨床研究を二つご紹介しますので頭の片隅に。
メモメモ




●2016年12月27日発表
川崎重工は、タイのチュラロンコン大学との共同研究で、
武庫川女子大学の脇谷滋之氏が開発した方法を応用し
独自に開発した細胞自動培養システム「AUTO CULTURE」を使用し、
患者から採取した細胞で培養した間葉系幹細胞を用いた
ひざ軟骨の細胞治療の臨床研究を実施したと発表しました。
高度なロボット技術を活かした、
安全かつ低コストな再生医療の普及が期待されています。


※脇谷 滋之(わきたに しげゆき)
1998年、世界で初めてヒトに自己骨髄間葉系細胞移植を実施。



●2017年1月23日発表
東海大学の佐藤正人教授らは、他人の軟骨細胞をシート状に加工し、
変形性関節症の治療に使う臨床研究が2月中旬に始まります。
軟骨では免疫反応が起こりにくいため、
他人の細胞でも免疫抑制剤を使わず治療可能とのこと。
細胞シートでの再生医療を普及させるために、
他家細胞を用いた治療の導入が期待されています。


※東海大学では、自己細胞シートによる関節軟骨再生のヒト幹細胞臨床研究を
既に8名の患者に実施。全症例で治療効果が認められています。




最新情報に目を配り、昔からの知恵に耳を傾ける、
って、ちょっと大変。
「アンの日記」がお役に立ちますように
  







KoKoRoの声


散歩途中、3日連続でたぬきに会ったので、
餌付けに挑戦してみようかと思案中。


私の顔を見ても直ぐに逃げないから、
私を覚えているのかも。ナンテネ


私のが悪くなる前に、
細胞シートの移植技術が確立されますように。





再生医療いろいろ
『中耳炎の手術に新風!~細胞シート移植~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-604.html

『太ももの細胞から心臓シート~法律が変わったことによる恩恵』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-407.html


 日本経済新聞より
2016年12月27日
『川崎重工、タイで細胞自動培養システムを使用したひざ軟骨細胞治療の臨床研究を実施 』
2017年1月23日 『膝の骨、他人の細胞で再生』

2016年12月1日公開シンポジウムが開催されました。ご参考まで。
『間接治療を加速する細胞シートによる再生医療の実現』
http://cellsheet.med.u-tokai.ac.jp/pdf/161201.pdf



関連記事

日本では、
、ネコ、ねこちゃんブームが続いています。


一般社団法人ペットフード協会によると、
は5000年程前から人と暮らし始めたそうです。
は1万年以上前)
今では、全世界で6億匹以上のが飼われているとか。




日本で最も飼われているのは
ペットは2012年以降減少しているのに反し、
ペット微増していて、
「今後、の数を上回るか!」
と期待されていましたが、
2016年10月現在の数字を見てみると、
 984万7000匹(前年987万4000匹)
 987万8000匹(前年991万7000匹)


2016年は、猫とともに減少したため、
犬を飼う方が“多数派”を維持しました~。





専門の方々からは、
「高齢化や1人世帯が増えて、
お散歩の必要な犬を飼う人が減った」
「お散歩の必要もなく、
経済的負担が少ないので猫を飼う人が増えた」

と言う分析がされているようです。





とは言え、よく考えると、
昔から長く人気のある“ドラえもん”“キティちゃん”
“猫キャラでした。


そう言えば“招き猫”も猫か。




5000年前から私たちと共に生きてきた猫族。
“ブーム”“流行”と関係なく、
人の心を惹きつけて止まない一族に違いない。






-≪宝箱≫------------------------------------

ペットについてのあれこれ情報。
毎年更新されます。

一般社団法人ペットフード協会 HP
http://www.petfood.or.jp/data/chart2016/index.html

--------------------------------------------------------




◆豆知識◆

2017年1月13日、
猫の慢性腎臓病治療薬
経口プロスタサイクリン(PGI2)製剤『 ラプロス®』が
農林水産省から製造販売を承認されました。
 
1回あたり1錠、1日2回、朝晩の食後に経口投与。

東レが、ヒト向けに販売する
血管拡張作用のある薬の有効成分を応用して開発されました。



腎臓機能低下を抑制する猫用の治療薬は世界初ブラボー

2017年4月より、
共立製薬株式会社が発売開始予定。



腎臓病は、猫ちゃんが罹り安い病気です。
飼い主の皆様に朗報が届きますように。
 



東レ株式会社 
2017年1月23日プレスリリース
『猫慢性腎臓病治療薬 ラプロス®の製造販売承認取得について』






◆KoKoRoの声◆

2008年に1310万匹を超えていた犬の飼育数は、
毎年確実に減少しているので、
犬と猫の飼育数の逆転は間近かも。


或るいは、犬を飼っている方の多くが、
「健康的になった」
「運動不足を感じなくなった」

と感じているそうなので、
健康長寿を目指す世の中では、
健康習慣のお供(散歩友達)として、
犬を飼育される方が再び増えそうな予感もします。good idea




猫、犬、その他のペットたち。



機械化やらAI活用やらと変化の大きい社会の中に在って、
変わらぬペットたちの姿に、
飼い主たちは益々癒されそうです





2016年の調査結果は、
犬の平均寿命は14.36歳。
猫の平均寿命は15.04歳。
(ただし「家猫:15.81歳、外に出る猫:13,26歳)

1ヶ月当たり支出総額は、
犬に関する支出総額(医療費等含む) ¥8,136(前年¥7,841)
猫に関する支出総額(医療費等含む) ¥5,435(前年¥5,087)


ペットは“生き物”であることはお忘れなく。



2017年1月24日
日本経済新聞『猫の腎臓病治療薬開発』

ロボットがペットの替わりになる?
賛否両論だとは思いますけれど・・・話のタネに。
『世界へ羽ばたけ日本のヒト型ロボット~一家に一台はすぐそこ~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-369.html

ペットにするのは難しそうですが・・・
『母親と息子の一生の絆~母と娘にはない絆~チンパンジーの話』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-506.html

2017年1月24日日本経済新聞 『猫の腎臓病治療薬開発』

関連記事

今日は日記。


私は読書か好き。
難しい本ではなくて、普通の物語が好き。
2014年4月に入院した時は数冊の本を持参したけれど、
結局1ページも読まなかった。


それ以来、本はまったく読んでいなかった。
正確には物語を一冊も読んでいなかった。
(ブログに必要な本ばかり読んでた、かな)




今日は、久しぶりに本を読んだ。
33ヵ月ぶり。


新聞で推薦されていて、ピンときたから買ってみた。


そうしたらビンゴ。
いつもの通り、必要な言葉が飛んできた。



あんまり素早く飛んきたから、
電車の中で読んでいたのに不覚にも涙ぐんでしまった。



がんばってね、か。
無責任な言葉だった。

みんなにエースなんだから、がんばれがんばれって
言われ続けていたから、私くらいは、
がんばらなくてもいいよって、
言ってあげてもよかったんじゃないだろうか。




これは、40代で死んでしまった母親が、
“念”だけになって、14歳の息子について考えたこと。




まったくだ。
と思う。


できるできる、
がんばれがんばれと言われ続けて、
言われるままに頑張っている娘に、
どうして私は、
がんばらなくてもいいよ」
って、言ってあげられないんだろう。



がんばらなくてもいいよ」と言ってあげるのが私の役目なのかな、
とも思ったけれど・・・



数日考えて、やっぱり、
選択は自分でするもの”
と言う基本に戻った。


例え、最初の流れが人からの勧めであっても、
例え、断りにくい状況にあったのだとしても、
“がんばること”を選んだのは自分自身。


がんばり続けるにせよ、
一旦お休みするにせよ、
それは自分で選択すべきことで、
誰かが何かを言ったことで行われるべきことではない。
正しいかどうかは分からないけれど、これが私の信念。



娘には、
「あなたには常に選択の自由がある。
何を選択するにせよ、私はいつでもあなたを応援している。
何があっても私の愛情は変わらない。」

このことだけ伝えたいな、と思う。



私がこのまんまのセリフを言ったら、
多分娘は、
「I know.」
って応えるんじゃないかな。






★KoKoRoの声★

最近、毎晩娘のベッドに一緒に横たわって、
「素晴らしい○○子の話」
をしている。

生まれてから今まで、
彼女ができるようになったこと、
彼女ががんばったこと、
彼女が周囲にした良いことなど、
私が思い出せた
彼女の素晴らしかったことを一つずつ話している。



明日は2月1日。
本格的受験シーズンの到来だ。
明日からは、
彼女が今がんばっていること、
彼女が今できるようになってきたこと、
今、私が彼女と過ごせて幸せなこと、
そんなことを話そうと思う。






★豆 知 識★


私が33カ月ぶりに読んだ本は、
『とりつくしま』 東直子著(ちくま文庫)


本の帯には、
大好きな人に今すぐ会いたくなる本No.1!
読後、最初に浮かんだ顔があなたの一番大切な人です
と記されている。


ショートショート11話で構成されて、
最初の1話が子供の話だったから、
そのままずるずる娘への想いに引きずられてしまった。


読み終った時、誰の顔が想い浮かぶだろう~
と、自分自身に興味津々だったのに。ザンネン



自分のために読んだつもりだったけれど、
結局『アンの日記』でご紹介できるような本でした~。




ただし、お薦めは、
手術が済んだ皆さんのみ。




選択することは、時として辛く苦しいことです。
大人よりも大人な少年たちの生の言葉をご紹介しています。
『少年たちに感銘!~少年たちよ大志をいだけ!~』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-563.html

今、病院・医師の選択に迷われている皆さんへ、
『「選択の結果」は自分次第~自分にとって最善の治療』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-505.html

行動経済学からみた「選択」について。
『楽してる?それとも生きる知恵~脳の癖を知る~行動経済学より』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-580.html 

『とりつくしま』東直子著(ちくま書房)より

関連記事