地球人に、宇宙に浮かぶ地球の姿を見せてくれたのは、
アポロ8号。

アポロ8号から撮られた写真『地球の出』は、
「20世紀で最も影響力のあった写真の1枚」と言われる写真です。


「地球の出」NASA提供 1968年12月24日アポロ8にて撮影NASA提供 再度ご紹介

でも、アポロ8号は月面に着陸していません。
『地球の出』は、
月面から写したのではなく、
地球を周回している月の軌道上から写した写真でした。






人類史上、月面に初めて着陸したのは、
アポロ11号
1969年7月20日のことです。

アポロ11号の月面着陸は、
世界40カ国以上でLIVE中継され、
5億人以上の人々が見守っていたとか。ヘエ~

日本では、NHKが放送し、
最高視聴率は70%近かったそうです。

月面着陸 1969年7月 NASA提供NASA提供


「月」に特別興味がなくても、
宇宙開発」の意味するところを知らなくても、
‟人類初の月面着陸”は、
当時多くの人の関心ごとだったんですね~

皆で小さなテレビ画面を覗く姿って、
なんとなく、
映画「3丁目の夕日」の一場面みたい。ほんわか




その後、
宇宙開発の研究・技術は、応用・活用され、
多くの日常製品を生み出しています。
今では当たり前のように利用している、
カーナビ、形状記憶、断熱シート、空気清浄器などなど、
私たちは数えきれないほどの恩恵を受けていますよね



今日では、
宇宙での研究・開発技術の医療への応用が、
大きく期待されています。
宇宙空間で、医療実験も行われています。


アポロ11号は、
「月でうさぎが餅つきをする」
と言う夢やロマンは奪ったけれど、(奪ってはいないか
続く宇宙開発は、
「治療方法が新たにみつかる」とか、
「新薬の開発がスピードアップする」とか、
違う希望や期待を運び続けてくれています。




「月でうさぎが餅つきをする」
そんな昔物語も心の中に大切にしつつ…
夢と希望と現実とを、
バランスよく人生のエッセンスに。   


アポロ8号のご紹介はこちら
『地球の出~人は夢や希望を喰らって元気になる♪』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-671.html

個人的に、宇宙での再生医療研究に大きな期待をしています
『宇宙と医療~宇宙で始まる再生医療研究~幹細胞の大量培養が可能に』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-106.html


2016年、シンポジウムが開催されました。
一般参加可能・参加費無料だったのに、参加できずにザンネン!
『宇宙の安全を医療の安全へ』
http://www.ja-ces.or.jp/ce/wp-content/uploads/2016/06/
ac231a9924682d081c33944c45b3148a.pdf


2016年11月16日放送のJETROの番組がYouTubeにアップ
『シリーズ宇宙ビジネス ―無重力が再生医療を身近に―』
https://www.hiroshima-u.ac.jp/prc/news/29008

写真が鮮明になったんですよ~!NASA提供
NASA 『Apollo 11 Image Gallery』
https://www.hq.nasa.gov/office/pao/History/ap11ann/kippsphotos/apollo.html

月刊誌VISA 2017年7月号
SHOWAの風景『アポロ11号』より

スポンサーサイト
関連記事