日記です。

やっと、母の手術の予約が完了。

問題が山積みで、右往左往していたけれど、
まずはGoサインが出てホッと一息。


ホッとしたので、
甘いケーキで一息つきたいところだったけれど、
‟食事制限”を厳命された母と一緒だったので、
二人で大人しくコーヒーを飲んだ。
甘いもの大好き、美味しいもの大好きな私たちが、
コーヒーだけで休憩するとは…
なんとも侘しい。。。


一服してから、
「迷惑かけてごめんね。あなたも忙しいのに」
と、詫びる母と別れた。


手術して、
晴れて元気になった母と旅行することが、
今の私の一番の楽しみ







それにしても…
それにしても…
‟入院のための窓口”は、病院によってこんなに違うんだ~
と軽く驚いた。


昨今の大きな病院は、
‟入院のための窓口”として、
『入院コーディネート室』『入院総合案内』『入院サポート室』
なるものが設置されていて、
入院に関することは勿論、
治療スケジュール(クリニカルパス)についての説明、
そして、これまでの病歴・内服薬の確認等々を、
担当者や専門の看護師とじっくり話せるものだと思っていたら、
どうやら、今回母が入院する病院は違うらしい。


と言うか、違った。



今日の‟入院のための窓口”では、
流暢な話し方で、簡単な入院案内を受けた。
マニュアル通りに正確だったんだと思う。


最初に、部屋の希望(個室か大部屋か)を質問され、
後は、入院時に提出する書類・支払い方法等について、
「病院側に必要なこと」を説明をされた。

「患者にとって必要なこと」、
最も重要な『治療スケジュール』(クリニカルパス)の説明は無し。
患者の病歴や内服薬の質問も一切されなかった。



「ICUに入ると聞いてますが、何日位ですか」
と尋ねると、
「そうですか。知りません。担当の者に聞いて下さい」
とのこと。

担当って言っても…
このあと病院に来るのは、入院する日だけどね。





その他、
母の処方薬は、手術10日前から止めるべき薬だったけれど、
入院案内、主治医からの説明はなく、危うく飲み続けるところだった。
患者によっては、入院前から手術に向けての準備が必要な人もいるから、
『入院前の確認』はとっても重要!


これ以上細々書かないけれど…
今日の『入院案内』は、ありえないよな~、って思う。
ひっでえ病院だな~、と思う。
汚い言葉でごめんなさい。





レベルの高い医師が多いのに、
組織としてはなってない。

なってないと思う。



執刀医師は腕がいい。
それは、学会情報、論文発表から確認ができた。
母と同じ病気の母の主治医が、
「自分の手術をお願いしたかった医師」だと言うから、
‟お墨付き”だ。

若手ホープらしいのに、
とても話しやすいお人柄だったから、
母も大満足だったのに…。





一人になってこうしてキーを打っていると、
不安でいっぱいになってきた。
…と言うか、もはや不安しかない。


不安しかないけれど…
母の場合は、猶予がない。
母の病状は、一刻も早い手術を勧められている。


病院のシステムと、
医師の腕を考えるなら…
やっぱり‟医師の腕”を優先すべきだろうな…




『アンの日記』では、「医療はチームワーク」だとご紹介しています。
手術では、医師の腕と共に、チームの協力体制が大事な要素です。
病院選択の際は、まずは、
「入院コーディネート室」「入院総合案内」「入院サポート室」(名称は色々)
の設置があるかどうかの確認から!  






◆KoKoRoの声◆

今になって、
M記念病院のA医師が、
M記念病院の入院コーディネート室や看護師さんたちをべた褒めして、
自慢していた理由が心底分かった。

正直、
聞いていた時には、ちょっと自慢しすぎかな?
それほどまでに特別かな、と思っていたけれど…
厚生労働省の指導があっても、
全ての病院が、指導通りにできているわけではない事が、
今回よ~く分かった。



最も優れた病院は、
優秀な看護師が長く居る病院だと思う。

優秀な看護師は、
いい加減な病院、
無能な医師の元には残らないから。


看護師さんの口コミ、チャットで、
「教育体制が悪く、看護師のレベルが低い」
「教育、研修体制が全く整っていない」
「離職率が高い」

と看護師さんが呟く病院は、要注意。
今回つくづくそう思った。



看護師さんたちの呟き、侮れないです。



病院、医師へは、個人情報を正しく伝えましょう!
『片側顔面痙攣 M記念病院(術後外来1)~④個人情報流出!
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-89.html

クリニカルパスについて。ご確認下さい
『クリニカルパス(クリティカルパス)の重要性~病院HPを要チェック』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-158.html
スポンサーサイト
関連記事