実母の手術が近くなってきました。


病院医師の選択が大変でした。
片側顔面痙攣のための医師病院の選択で、
ずいぶん『選択の仕方』をお勉強したつもりでしたが、
思う通りに質問することって、難しいですね~

病院は混んでいるし、
最近は医師も看護師もパートタイムのように働かれる方が多いせいか、
ますます、
“時間に追われている!”感が漂いまくってる


そんな中では、
「質問するのが難しい…」と感じたし、
「自分の勤める病院のこと(システムやルール)を知らない!」
と感じることが多々ありました。






母が入院した病院は、皆さん親切なのですが、
質問をすると、
「〇〇先生に伺うのでお待ち下さい」とか、
「担当の人に直接聞いてみてくださいね」とか、
言われてしまいます。


そもそも、クリニカルパスがないので、
何がどう進んでいるのか分かりにくいのに…



私の経験では、
クリニカルパスを作らない病院は、
マニュアルが少ない、マニュアルが十分に浸透していない、
病院が多いです。
(と言う、印象です)


『アンの日記』をご訪問下さる皆さんは、
予定入院の際は、納得いくまで、
病院・医師の選択にたっぷり時間をかけるべし


『クリニカルパス』を作成しているか確認すべし
(ある病院の方がベター)







「自分でできる範囲で」
「自分にできること」をした後、最終的には、
とにかく楽しく元気に入院することが大切です!
(身体はともかく、気持ちはね!)


私の母は、心は元気に、楽し気に入院してくれました。
私としては、元気に入院している母を見るのは嬉しいし、
母とゆっくりお喋りできるのは楽しい。


とにもかくにも、
母の入院期間は、私が親孝行できる時間となりました。
神様に感謝。
(宗教はないんですけれど)



メール、コメントのお返事が遅れています。
ごめんなさい。しばし、お待ちくださいね。
今日も、皆さんにとって最善の治療への一歩となりますように。





◆KokoRoの声◆


御年75歳の母は、いたって元気に、
呑気に入院を迎えたました。


「入院準備は大丈夫?」
と言う私の質問に、
「大丈夫大丈夫!」
「高くてなかなか着れなかったパジャマに、
ちゃんとアイロンをかけたの~」
と意気揚々とお返事してくれるような感じ。







母は、今までに2度乳がんの手術をしています。
25年程前の最初の手術は、全摘手術だったので、
母には片胸がありません。
(反対側は早期発見でき、手術跡は全く分からないほどきれい)


昨日のお見舞い時には、
「この手術が終わったら、胸の再建手術もしたいな~。
こうなったら、全部悪いところは治しちゃえ」と、
ニコニコしながら言っていました。
75歳なのに、やる気満々です。



折々に胸の再建手術の話をする母が、
頸の正面に大きく切開跡ができる今回の手術方法に、
何も感じないはずはないな…
本当はどう感じているんだろう…
母の胸の内を考えると少し哀しくなります。



「術創」は、他の重要なことがあると軽く考えがちですが、
自分の体と一生付き合っていく以上、
幾つになっても気にかかることのようです。






クリニカルパスと入院診療計画書について(違うものです)
『手術前入院 ~クリニカルパス、クリティカルパス~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-157.html

『安心のしおり~クリニカルパス(クリティカルパス)の重要性~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-158.html

市民公開講座より。その1~その3まで
『上手に医者にかかる10カ条~賢い患者になるために~その1』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-294.html
スポンサーサイト
関連記事

『アンの日記』の管理画面を整理していたら、
過去にご紹介した中で、
目に飛び込んできた頁がありました。

「きっとどこかで必要としている人がいる」
と感じたので、もう一度ご紹介しますね。
2016年10月からお引越しして…



努力報われるのか?」

年を重ねると、正直
努力報われるとは限らない」
と言わざる負えない
苦い記憶を持つ方がほとんどだと思います。



作詞家であり、
AKB48の総合プロデューサーの秋元康氏は、
「夢に向かって努力する彼女たち(AKB48)の目は、
どれもキラキラ輝いていている。」
「今の子供たちに足りないのは努力をする理由”である。」

と言っています。

続けて
「僕の甘い考えかもしれないが、
皆が夢を持っていれば前を向くしか余裕がなくなり、
人間関係で悩むことも“いじめ”もなくなるのではないか?
~省略~
運命共同体の中でいがみあってもしょうがない」

とも話されています。ナルホドナルホド




夢でなくても、
何かにむけて努力する姿は、誰の目にも美しく映るものです。

努力している人を見れば人は応援したくなるし、
自分も何かに向けて努力したくなったりします。

“人間”って、
自分で思っている以上に真面目な生き物だと思います。





では、
「努力は報われるのか?」

現実問題、
努力によって、夢や目的に近づくことはできますが、
努力によって、夢や目的が叶えられるとは限りません。


秋元康氏は言います。
「努力は報われるのか?そう考えてしまう人は、
夢を叶えることはできないだろう。」
あきらめない努力をするうちに、
自分の本当の才能が開花し、運が巡って来る

と。



「努力は報われるのか?」
と言う問いに、
今日の秋元康氏の言葉を借りるなら、
『夢も目的も、あきらめずに努力すれば、
例え本来の夢や目的とは違ったとしても、
なにかしらの“幸運”を手に入れられる』

こんな風に答えられる気がします。




あきらめない
努力は必ず何かの実を結ぶ。

あきらめない努力をするうちに、
運が巡ってくるに違いありませんね。
ですね  





KoKoRoの声


『アンの日記』を読んで下さる皆さんは、
私のことを、
『生活習慣が良くて元々元気な人』
『健康そのもので手術した人』
と思っているかもしれません。


でも、私は生まれ持った体質は恵まれていません。
(時々書いていますね)
元々血が止まりにくいし、
これまでの小さな手術では、術後化膿して苦労しています。
そんな私でも、
片側顔面痙攣の予定手術は上手く乗り切れました。






健康に自信満々。
と言う方の方が、実は少ないような気もします。
「自分の体調に自信がない」(片側顔面痙攣以外の)
「他の病気があるから手術は無理だな」
そんな風に感じている方も、
自己判断であきらめず、
片側顔面痙攣(三叉神経痛・舌因神経痛)の治療に関しては、
まずはご専門の医師にご相談下さい。


ご相談するだけで、
見えてくる未来がありそうです。





今日の秋元康氏の言葉は、
2012年10月28日 読売新聞 秋元康の『1分後の昔話』より
新聞記事は、娘の部屋で発見

入院生活は、魔法の国にいるようでした
『魔法は掛けられるもの?自分で掛けるもの?』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-661.html

ストレスが溜まる前にどうぞ!
『自分でできるストレスコントロール~オキシトシンとコルチゾ―ル~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-142.html

『ストレスは生活のスパイス♪~ 解消するものではなくコントロールするもの 』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-200.html

『疲れない生き方~テーマや目的を持つ!心を切り替えるスイッチを持つ』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-383.html

『愚痴。未熟さや愚かさの自覚は向上のきっかけ~ネガティブもOK』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-284.html

持って生まれたものを悲観する必要はないようです。
『声をもっと大切にしてみませんか?~顔や姿より大切な声~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-202.html
関連記事

書かなきゃならないことがあるのですが…
ちょこっと息抜き。


我が家は、只今外壁工事の真っ最中です。


価格交渉や(高いんだもの)、
お天気の影響で、
工事がひたすら遅れていて、
各種業者の方々が大急ぎで作業をされているようです。


全部の窓が、外側からポリプロピレンで覆われている上に、
ブラインドやカーテンを下しているので、
外の様子は、詳しくはわかりませんけれど…。

漏れ聞こえてくる話し声からは、
そんな様子が伺えます。
盗み聞きをしているわけではないんですけれど。




休憩時間(多分)、
家の前でタバコを吸っている5~6人の男性と鉢合わせると、
一瞬ドキっとするのですが、
皆さんご挨拶が丁寧なので、
心の中でクスッとしています。




昨日は、
二人の作業員さんが、ベランダタイルの修繕をしていました。
二人だけの世界でお仕事に集中されているようで、
屋内にいる私の存在はすっかり忘れさられていたようです。
会話が筒抜けなのに…

どうやら、この日の作業員さんは、
ベテランさんと新米さんのペア。
「でもさ~、どうしてこうするのかよく分かんないんすよ」
ベテ「だからそれはさぁ~○○○○で、✖✖✖✖で…」
「それは分かるんですど、でもどうして✖✖✖なのかが分かんない」
ベテ「それはね…✖✖✖が△△△で…」
ベテ「✖✖✖✖しないとだめなんだよ。分かる?」
「分かんないっす」

しばらくすると、
ベテ「ここで、〇〇を流すタイミングが大切なんだよ。早すぎても、遅すぎてもだめ」
ベテ「まだ早いな~」


べテ「乾かないな~まだ早いな~」


べテ「俺トイレに行きたいから、これやっておいて」
「え、俺も行きたい」
べテ「え~でもそれじゃ、タイミング外すぞ!」
べテ「仕方ない、このまま待つか。もう直ぐだ」
(最近のベテランと新米の関係はこんな感じ



「どうぞ我が家のトイレをお使い下さい!」
と言いそうになったけれど、
それでは全部筒抜けだったことが分かってしまうな、
と思って声を掛けるのを止めました。

まるで私が、
盗み聞きしていた”みたいな気分です





手作業にはコツがある。
手作業は経験値が高い方が良い。

私は、常々そう考えています。


人の成長を見守りたいと思う気持ちもあるのに、
こうして盗み聞きすると、
ベテランさんがたくさん作業してくれますように!」
と願ってしまう私です。。。


あ、盗み聞きじゃない、
”話が筒抜け″だっただけ!



クスクスしたり、ドキドキしたり、
ハラハラしたり(新米さん、大丈夫か!)
私の心は最近大忙しです。
刺激がいっぱいで、脳が活性化したにちがいない!






◆KoKoRoの声◆

母が入院しています。

母の受ける手術の技法に優れた医師にお願いするために、
病院を替えて入院しました。

入院してみたら、
主治医(執刀医)が3、4人研修医を引き連れて回診しているのが、
どうにも気になります。



どんなベテランにも最初はある。
ベテランになるまでに練習期間が必要。
とは知っているけれど…

「新米は、私の母には触れないで!」
と思う今日この頃です。



私って、心が狭い。ゴメンナサイ



ベテランでも分からないことがあります。自己申告が大切!
『術後の痛みはがまんするか、しないか?~早期回復のために♪』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-168.html

「やる気になる!」ための基礎知識です!
『手術後の経過をよくするためのKEY~早期離床について~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-50.html
関連記事

昨日は『脳の刺激』について考えていたので、
こちらをご紹介!
下部に、片側顔面痙攣と診断された方へのご注意があるので、
最後までご覧くださいね。




まぶたを上げるために働く筋肉の一つに、
ミュラー筋があります。

人は一日に15,000~20,000回もまばたきしているので、
まぶたを上げているミュラー筋は、
かなりの働き者と言えます。


ミュラー筋の働きが悪くなると、
まぶたが垂れてきて“見た目”が気になるようになるし、
悪化すれば視野に影響がでてしまいます。



「見た目」や「見え方」に影響がある他に、
ミュラー筋の異常は様々な症状の原因になることがある』
まぶたの動きは、脳の働きと深く関わっている』
ことが最新の研究で分かってきました。キイテ~





まぶたを強く開けると、
脳の青斑核と呼ぶ緊張の中枢に信号が送られ、
意識がハッキリし、目を覚ます働きが増す」

と言う論文が発表されています。


小さな子供は、眠くなると、
誰が教えたわけでもないのに目をこすり、目を見開こうとしますが、
この動作は科学的に、
ミュラー筋に刺激を与え、
脳へ起きていなさいという信号を送ろうとする自然な行動」
と言えるようです。



緊張したり、ストレスが加わった時にも、
人はまぶたを強く開けます。
これは、ミュラー筋を強く引っ張って、
脳に刺激を送って対処しようとする行為です。

この状態が長く続くと、
脳に信号が送り続けられ、交感神経が強く働き続けることになります。
その結果、体中の過度な緊張で、
頭痛や肩こりが起こったり、不安感が増したり、
不眠症に陥ることがあるそうです。



逆に、
ミュラー筋が伸びきってしまうと脳への刺激が減り、
「常に眠い」
「やる気が起きない」
「疲れやすい」
そんな症状が出ることもあるとか。
うつ症状の原因になるとも考えられています。




まぶたの働きを助けているだけでなく、
頭や心身の健康に関わっている事がわかってきたミュラー筋は、
少しの気遣いで長く健康に保つことができます。





------------------------------------------------------------
◆ミュラー筋の働きを維持するためにできること
-----------------------------------------
~まぶたを大切にする方法~

1.ミュラー筋を強く刺激しない
●洗顔の際にまぶたを擦すらない
(化粧をする女性は、男性より10年ほど症状が進む)
●コンタクトレンズの着脱時に強く引っ張らない

2.ミュラー筋を休ませる
●コンタクトレンズの長時間の使用を避ける。
●パソコン使用時や運転時、意識してまばたきする
●軽くうつむいて、ミュラー筋を休ませる。(1時間半毎)

3.睡眠時は横向きで丸まって顎を引く姿勢で寝る
(頭を下を向きに。ミュラー筋を刺激しにくくなる。)

4.目の運動をする
軽く口を開けて、目線を下に向けたまま、
1秒に1回間隔で目玉を左右に動かす。






信州大学の特任教授松尾清氏によると、
「強いストレスがかかると、
まぶたは閉じていても眼球は上を向き、ミュラー筋が引っ張られて、
交換神経に刺激が入ったままになることがある。
そんな時は、寝ているはずでも脳は興奮して起きている状態。」

だとか。


「ストレス」って怖い・・・。




頭痛や肩こりがある方はもちろん悩みが無い方も、
日頃から、ミュラー筋を意識しだ“まぶたのケア”を忘れずに!




ミュラー筋を健康に長持ちさせるよう気をつけていたら、
頭や心まで良い効果がありそうです
まずは、自分でできることから。   


※寝方を工夫すると、脳の刺激を弱め、痙攣に良い効果があるかも!
術後の不安の解消にもつながりそうです。「知識は力」なり。






豆 知 識

まぶたの不調は『眼瞼下垂症』と言う病気の場合があります。
以下が診断項目です。

慢性的な頭痛や肩こりがある
上方を見ると額にしわが寄る
まっすぐ前を見るとき、あごを出す癖がある
夕方になると、よく目の奥が痛くなる
夜、対向車の光を眩しく感じるようになった
長年コンタクトレンズを使っている
目をこする癖がある
疲れると目が落ちくぼんでくる
まつげが下向きに生えている


詳細は、松尾清氏HPをご確認下さい。
http://www.mabuta.net/kai-yuango-ai-za
※保険が適応される場合の手術費用なども記載。
両目で、K219 眼瞼下垂症手術 1眼瞼挙筋(腱膜)前転法7,200点✕2
3割負担だと、43,200円(手術のみ)+αだとか。

論文はネットでも読めます:
PLoSONE 2015; 10(8): e0134659.【August 5, 2015】
『Eyelid Opening with Trigeminal Proprioceptive Activation Regulates
a Brainstem Arousal Mechanism』



-≪ご注意≫--誤診について-----------------------
2014年7月から、過去の記録を頼りに『アンの日記』を書いています。
2017年7月までの3年間で、数人、
片側顔面痙攣と診断されていたのに、専門医に診断をあおぐと、
実際は眼瞼痙攣だった方々がいます。
症状が似ている時もあるのかもしれませんが、治療方法は異なります。
-------------------------------------------------------


横向き寝に役立つ製品です。(お安い類似品を探してね~)
『快適な睡眠で治癒力アップ~ハイブリッドエアー快眠ピロー~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-147.html

誤診については、こちらでもご注意しています
『片側顔面痙攣 入院9日目~手術後7日~③退院前説明』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

実際にお役に立つアドバイス!と、思っています
『お薦め専門医♪~受診は、こっそり (^_-)~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-321.html

眼の病気は色々あります。
『両側の片側顔面痙攣・・・その他、眼瞼痙攣や眼瞼ミオキミアなど』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-402.html


2016年4月23日 日本経済新聞 『その原因、まぶたかも?』
~こすりすぎ厳禁、心の健康にも影響~

関連記事

母の病室に入るとき、
私は「ただいま」と言って入ります。


あまりに自然なので、
自分で気づいていなかったのですが、
今日は病室に看護師さんがいたので、
自分の言葉が場違いなことに気づきました。


病室に入る時に、
ただいま」は、変ですよね。




子供の頃、
母の居るところが、私の帰る場所でした。


ピクニックで遊び回った後、
お弁当を広げてシートに座る母の元へ、
ただいま~」
と帰りました。

遊びの帰り道、
買い物帰りの母を見つけると、
ただいま~」
と走って母に駆け寄りました。




今は自分も母親になって別の居を構えているのに、
今でも母の前では「ただいま」が口をついて出てしまいます。



母の手術の日は、
私が送り出す側です。



今度は、私が、
「いってらっしゃい」と「お帰りなさい」を言わなくちゃ。
きっと母は、
ただいま
と言ってくれると思います。






◆KoKoRoの声◆

自分が送り出す側になって、
送り出す側の不安な気持ちがつくづく分かりました。


私の主治医A医師は、
「片側顔面痙攣の手術を受ける患者さんは、勇気があります。」
と仰っていました。

でも、こうして立場を替えてみると、
患者の家族も、同じように勇気がいるのだな…と思いました。


今までも、頭で理解していたことだけれど、
今は、心で深く感じました。




治療は、自分との闘いだけれど、
家族はそれをじっと見守ってくれているのだと思います。



どうぞ、自分のために最善の治療を選んで下さい。
どうぞ、家族のために、安心できる医師・病院を選んで下さい。


病気が治った時、
家族の絆がますます深まっていたら、素敵ですよね。



人生、無駄なことなし!ブラボー

関連記事

母の入院に際し、体位について調べています。


片側顔面痙攣、三叉神経痛、舌因神経痛患者の皆さんにも
ご参考になりそうなので、
皆さんにご紹介しようと思っています。


難しい理論ではなく、
私たち患者が知っていると、
「実際に使える」
「頑張る励みになる」
部分だけ、簡単にですけれど。




話は変わりますが…
私の使用しているブログ管理画面には、広告が表示されます。
ブログを無料で行っているので(無料なので制約があります)
ブログ作成画面にず~と広告が表示さるのですが、
ここのところ、何故か
「あま~いお誘い」とか、
「冒険しよ♡」
とか言うお誘いが表示され続けます。


今は、
アニメの可愛いメイド風女の子が、私に誘いかけてきます。
最近は、イケメン男子もいるらしいのに…




何でかな
と不思議に思っていたけれど、
私の検索ワードに反応しているんですね
今、ブログを書き始めて気づきました



これもAIがコントロールしているんでしょうか?
特別なプログラムでしょうか?

AIなのか、既存のプログラムなのか、
詳しいことは存じませんけれど、
「やっぱり、まだまだバカなんだ~」
と思った朝です。お馬鹿さん!







手術中や、病室のベッドで、
「体位」は大切なことのようです。

もうすぐご紹介しますので、
少々お待ち下さいね。


今日は、無駄に頁を使ってしまいました。
広告があまりに面白かったもので…


広告は気になるけれど…
この先どうなってるのかな~
と妄想するだけにしときましょ
クリックした大変なことになりそうです。コワイコワイ


ブログ管理画面の広告の後日談があります!
『お盆には帰省する必要はありますか? はい、あります!』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-562.html
関連記事

お盆の頃となりました。
(と言っても、お盆の時期も色々あるようですけれど…)

お盆は毎年来るので、
またまた、昨年8月の頁を編集して再度ご紹介します。




ネット社会とか言われて、
色々なことが簡便化されている世の中ですが、
お盆の時期に帰省する方は、
まだまだ多いようです。


夏休み旅行と帰省が重なって、
この時期の道路は混み混み。
新幹線や飛行機も乗車率が半端ない。
当然、チケット代金も高値。

そうなると、
『そこまでしてお盆帰省する必要があるか?』
と疑問に思う人も多いはず!



この問いに対し、
認知行動療法研修開発センター 大野裕氏は、
日本経済新聞のコラムの中で、
帰省するのには、それだけの意味がある』キイテ~
と述べられています。フムフム

帰省先では家族や親せきに会って、ゆっくりと話ができる。
昔からの友だちに会える。
家族と一緒にいつもとは違う時間を過ごし、
気の置けない人と語りあうことは、
こころの健康にとって大切な意味がある。
~省略~
親しい人たちと一緒に時間を過ごせることにも、
お盆の意味があるのだと思う。

とのこと。



なるほど…
親しい人と本音で語りあったり、愚痴をこぼしたりするだけで、
気持ちがやわらいだり楽しくなったりした経験は、
誰にでもありそうです。ナットク



でもね、
そうは言っても、
やっぱりね~、
「お盆は、人と喋って疲れるだけ
と感じている皆さんには、
こちらの言葉の方が響くかも。

認知行動療法研修開発センター 大野裕氏曰く、
お盆休みのもう一つの働きは、日常のルーティンワークを破ること。
行動パターンをリセットする機会になる。
気分転換が図れて、気持ちや考え方をリセットできると、
これまでとは違った発想が生まれてくる可能性がある。

とのこと。



お盆は、
ご先祖様を供養するための儀式であり、
家族が集うイベントであり、
心の健康を取り戻す時間であり、
『日常のルーテインワーク』を破って、
新しい発想
が生まれるチャンスになる
とくれば、どれか一つ位は、
帰省する理由になりそうです。



視点を変えると見えてくるものがあります。
視点を変えると楽しめることがあります。
同じ自分でも、視点を変えると、
できることもありそうです。
フレーフレー



P.S.
いつもご訪問下さる皆さんにご報告!
「帰省」について調べたら、ブログ管理画面の広告が、
手土産に代りました!\(^o^)/
怪しいサイトにはご注意下さいね~



 日本経済新聞 こころの健康学 認知行動療法研修開発センター 大野裕
●2016年8月14日 お盆休みの帰郷「語りあい 気持ち和らぐ」
~追記~
●2016年8月21日 お盆休みの効用「強制的にマンネリ打破」
より





◆KoKoRoの声◆~その1~

極々身内、親しい人、懐かしい友達の前ですら(前だからこそ!)
本音は語れないな~
愚痴は言えないな~
弱音なんてら吐けないな~
と思う時もあります。


そんな時は、
言いたいことの具体的なお話はしなくても、
とにかく“親しい人とお喋りする”
そんな時間を持つたけで、
心が軽くなるような気がします。


家族や昔馴染みは、


何でも言える仲であると同時に、
多くを語らなくてもいい仲、でもありますよね。






◆KoKoRoの声◆~その2~

片側顔面痙攣について人にお話ししても、
痙攣の辛さを分かってもらえません。

病気について、人に話せば話すほど、
救われない気持ちが強くなる気がします。

こんな気持ちが私の元にたくさん寄せられます。


親しい人とお喋りしても心が軽くならない時は、
『アンの日記』にご訪問下さいね。



病気の発症から完治までじっくり読まれる方はこちらから
『はじまり』 
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
※各頁、右下をして読み進んで下さい。


-《ご案内》------------------------------------
『アンの日記』サイトマップはこちら
『片側顔面痙攣・三叉神経痛・舌咽神経痛の皆さんへのご案内』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

---------------------------------------------------
関連記事

別のことを調べていたのに…
片側顔面痙攣に関する新しい記事(論文)を発見したのでご紹介します。


医師のための月刊誌、
『脳神経外科ジャーナル』Vol. 26 (2017) No. 4 
(三輪書店 2,097円)
収載、
片側顔面痙攣に対する微小血管減圧術
ー病態とモニタリングを中心にー
公開日:2017年4月25日 

千葉大学大学院医学研究院脳神経外科、
千葉メディカルセンター脳神経外科チームによる研究です。






一般的には、
「タイトルを見ただけで読む気にならない~!」
「読んでも内容がまったく理解できなさそう!」

と思われてしまうかも。


こちらは、医師が読む月刊誌ですから、
当然、一般患者にとっては難しい文言がいっぱい。
患者が読むべき文章、
理解すべき内容というわけではありません。





今日の目的は、
片側顔面痙攣という稀な疾患でも、現在も、
発症原因や有効な手術の確立について、研究は続けられている

という情報を皆さんにご紹介すること!


片側顔面痙攣の原因が研究されている」
「安全な手術のために考察され続けている」
「手術の技法について、さらに進化が期待できる!」etc.etc.
なんてことを実感できると、
なんだか目の前がパ~と開けたような気がしてきます。キラキラ



気持ちがパ~と明るくなった、
胸がスーと軽くなった、
心がホッとした、
どの表現がピッタリくるでしょう。



論文は読まなくてもいいけれど、
今日私がご紹介した意味は、
ちゃんと心に響かせて、頭に落とし込んで下さいね。
「私は大丈夫」
と思える人ほど、治癒力があがりますよ~\(^o^)/






微小血管減圧術」 Microvascular Decompression (MVD).は、
ご専門とされる医師の方々によって研究され続けています。
皆さんが、正しい医師・病院を選択して、
最善の治療を受けられますように。    

※再発の際の手術についても考察されています。
既に手術をされた皆さんにも安心が届きますように。




-《宝箱》-------------------------------------
今日ご紹介した、
千葉大学大学院医学研究院脳神経外科、千葉メディカルセンター脳神経外科
チームによる論文は、こちら。

『脳神経外科ジャーナル』
Vol. 26 (2017) No. 4 p. 263-272
(三輪書店 2,097円)
片側顔面痙攣に対する微小血管減圧術
ー病態とモニタリングを中心にー
公開日:2017年4月25日
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcns/26/4/26_263/_pdf
-----------------------------------------------


-《ご案内》----------------------
自分にとって最善の治療を受けるためにご利用下さい。
手術の成功率をあげるKEYも記載。

『アンの日記』ご案内頁(サイトマップ)はこちら
「片側顔面痙攣・三叉神経痛・舌咽神経痛の皆さんへのご案内」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

----------------------------------------

注 目~ご注意~
医療系サイトや、病院HPですら、
「手術直後、或いは10日程度(や2週間程度)で痙攣は収束する」
と明記していることがありますが、
2014年7月から3年間、
私がメールやコメントの交換をした皆さんは、
痙攣の収束までにかかった時間は様々でした。(直後~数年後)

治療の過程は、人それぞれ。
それぞれに必要な過程を辿って、身体は治癒します。
関連記事

が入院中です。


美味しいものが大好きなのに、
血糖を管理された食事しか摂れず、
足が悪いので、
積極的な運動ができない。
そんな、時間が余り過ぎているなので、
退屈せずに明るい気持ちで病院で過ごせるように、
只今、
私は「妻」や「」や「中年女子」の肩書は返上して、
「娘」として病院に通っている最中です。


昨今、
」と「娘」の間の確執が、
ワイドショーや女性誌で話題になっていますけれど、
私は、一旦、
生きる過程で身にまとった全ての肩書を仕舞って、
「私は貴女の娘」と割り切っているので、
懐かしい、楽しい時間が過ごせています。おススメです~




楽しい時間が治癒力をアップしたのか、
70歳代後半の、糖尿病を抱えるですが、
驚異的な治癒力を発揮しました。ブラボー

看護師さんたちが、
「たまにはいるけど…
それにしても、こんなに経過の良い人はいない!」

と言ってくれるほど、順調な回復ぶりです。





片側顔面痙攣の患者の皆さんの中には、
年齢や他の病気のことを心配されて、
「手術はできない」
と思っている方もいらっしゃいますが、
の回復ぶりを見ると、
年齢や現在抱えている疾患は、
必ずしも術後の経過を悪くするものではないようです。




一般的な知識から、
「自分は手術に該当しない」と判断されているのなら、
一度専門医にご相談することをお薦めいたします。


「三人寄れば文殊の知恵」
と言いますけれど、
自分と家族と、そして専門医師が集まれば、
自分にあった最良の治療が選択できそうです。


「迷い」や「悩み」が、
治癒力を下げるような気がします。


「希望」や「期待」は、
それだけで治癒力を上げるに違いない!




私の嬉しいご報告が、
同じような状況の皆さんの希望や期待に繋がりますように。
今日も一歩前へ。
小さくても一歩…
  




◆KoKoRoの声◆

鬼のような麻酔医師の脅し文句が効いたのか、
どうあっても痩せなかった母が、
入院前の1か月で3.5㎏痩せました。
退院までには7㎏ほど痩せそうです。
2か月弱で、
3度の食事をしながらの7㎏減は素晴らしい。\(^o^)/バンザイ


食事制限で体力が落ちないか心配していたのに、
術創もきれいに治りそう。
おまけに、落ちた体重とリハビリのおかげか、
心なし軽やかな足取りです。




入院前から、
今回の手術が成功したら、
股関節の手術と、乳房再建手術をしたいと言っている母です。


「手術の先にあるもの」を考え、
夢見ているから、
治癒力がアップしたのかもしれません。


70歳代後半で、おデブさんなのに凄い!ブラボー



さてと、そろそろ、
私は、仕舞っておいた肩書をまた掲げましょうかね。
掲げるほどでもないけれど。



「転んでもただでは起きない」が私のモットーです
『病気は人を強くする~感謝を心に~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-343.html

『全ては繋がっていく~わらしべ長者的な話~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-642.html

治癒力をあげるための具体的一例!
『自分でできるストレスコントロール~オキシトシンとコルチゾ―ル~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-142.html

高齢、他の疾患を抱える片側顔面痙攣患者の皆さんへ
『片側顔面痙攣 M記念病院~③他の病気もある場合の対応』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-104.html
関連記事

世界各地で皆既日食(total eclipse)が見られました。

アメリカ横断は約100年ぶり。
(正確には99年ぶり)


日本のウェザーニュースでも、
8月22日(火) 1時30分~公式放映。
アメリカのテネシー州ナッシュビルからの生放送です!

海の彼方で見られる皆既日食なのに、
物凄い注力ぶりです。

今朝のニュースでは、
皆既日食を〝生″でご覧になった方の、
感激、感動の様子が流されていました。





もしも、「皆既日食」が、
月が太陽と地球の間を通過することにより、
太陽が徐々に欠けていき一時全く見えなくなるけれど、
月の通過とともに再び太陽が現れる、一時的な現象である。
と言うことを知らなかったなら、
皆既日食を楽しむ」
なんて気持ちは生まれないでしょう。

もしも、一時的な気象現象だと知らなければ、
太陽が真っ黒な塊に隠されて見えなくなっていく時、
見ている人々は、想像を絶する恐怖心で満たされそうです。




太陽が隠れるのは一時だけ、
太陽は再びあらわれて私たちを照らしてくれる
そう分かっているからこそ、
一見恐ろし気な皆既日食が楽しいイベントとなります。




「何がどうなるのか知っている」
「どうしてなるのか知っている」
って、安心に繋がります。



知識は力なり」
深く知る必要はないけれど、
広く知っていると、
「安心」「安全」「心の余裕」「希望」そんなものが手に入りそうです。



『アンの日記』が、皆さんが広い知識を持つお役に立ちますように。
゛稀な病気″でも、知識を持って最善の治療を手にいれましょ

※今の世の中なら、KEYWORDを覚えておくと、必用な時に検索可能!



---《宝 箱》----------------------------------
皆既日食の様子はこちらでご覧になれます!

ウェザーニュース
『只今アメリカから皆既日食を中継中』
https://weathernews.jp/s/topics/201708/150165/
--------------------------------------------------


アンジェリーナ・ジョリーが訴えた「知識は力なり」はこちら
『アンジェリーナ・ジョリー氏の選択~乳がん・卵巣がんの予防切除~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-245.html

病院・医師選びの基本知識。その1~3
『上手に医者にかかる10カ条~賢い患者になるために~その1』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-294.html
関連記事

前回記事に、貴重なご質問(コメント)を頂きました。


手術をご検討中の皆さん、
治療方法を模索中の皆さんにご注意いただきたいので、
『アンの日記』の頁を移動しました。今一度ご確認下さい。

2015年、2016年からの三度目のお引越しです。



緊急メッセージ

片側顔面痙攣の患者の皆さん、
及び頭蓋内微小血管減圧術(MVD)を受ける全ての皆さんへ



片側顔面痙攣命に関わる病気ではありません。
片側顔面痙攣について調べれば、
まずはそのことが分かります。


ですから、まだ手術に至っていない皆さんは、
慌てず、焦らず、じっくり、
自分にとっての最善の治療方法について考えて下さい。

今日は、安易に病院・医師を決めず、
病院・医師を選択する必要性をご紹介します。





2015年9月、
ある有名なサイトのQ&Aで、
「顔面痙攣の手術の医療ミスについて」
質問が出されました。

患者さんは2度手術した後、
病院を替え、幸いにも“神の手” と言われる医師に手術をして頂けたそうです。
(誰のことだろう



質問者が、“神の手” の医師から指摘された、
初回と2回目の手術の問題点は、
1.中の詰め物の素材
2.術創の位置

の2点。



まずは、問題点1につて。
『詰め物』と言うのは、
恐らく一般的に『物を挟む』と表現される方法、
つまり頭蓋内微小血管減圧術(神経血管減圧術)の中でも、
インターポジション法で手術されたことを意味しているのでしょう。

インターポジション法での手術は、
再発率が高くなるうえに、
挟んだ物と癒着してしまい再手術が難しい場合があります。
しかも、今回の手術では、
「詰め物の素材が、本来入れるようなものではなかった」
と指摘を受けたとのこと。
※詰め物の素材は一つではありません。
医師によって異なった素材を使用しています。


この時点(2015年9月2日)では、
患者さんは癒着のせいで髄液が止まらず
管から流している状態だそうです。








問題点2.について。
実際のQ&Aには、
「中を見る傷口がおかしいとのこと」
と書かれていましたが、これは、
「術創の場所が適切でなかった」
と言う事だと思います。


『アンの日記』には、以前、
第17回日本脳神経減圧術学会の会長畑山徹氏がコメントを下さり、
私は医師の皆さんの情報交換の内容や、
手術の一部分のVTRを拝見させて頂きました。
(いつもご訪問頂いている皆さんはご記憶にあると思います。)

脳幹の側、他の神経が近いという条件下の手術では、
術創の場所・角度について繊細かつ緻密な戦略が必要であり、
正確な技術が駆使されるようです。

(つまり、切開する場所、角度などがとても重要!






一人の患者さんが、
再手術の際に、名医(誰だろ?)から指摘された2点を踏まえ、
患者の皆さんに知っていて欲しいことは、
微小血管減圧術( MVD:Microvascular Decompression)は、
確立された術式だが、全ての医師が最も適正な手術を行えるわけではない。

微小血管減圧術( MVD:Microvascular Decompression)は、
専門医が定期的な報告・研究をしている学会がある。



微小血管減圧術は『確立された術式』と言われますが、
(だから、経験の無い医師も安易に執刀しています)
専門に治療にあたられ、情報交換している医師と、
そうでない医師との手術には大きな差があるはずです







片側顔面痙攣をはじめとする、三叉神経痛、舌咽神経痛などの、
神経血管圧迫症候群、機能性疾患と呼ばれる病気で、
頭蓋内微小血管減圧術(脳神経減圧術、MVD、ジャネッタ術etc.同様の術式)
の手術の対象となる皆さんは、
“手術の成功率を上げる” ために、
病院・医師の選択にじゅうぶん時間を掛けましょう!
キイテ~

微小血管減圧術専門医を調べ、
『執刀医師』個人の最近の年間手術件数を調べましょう。



もしも、『手術』と言う治療を選択されたのなら、
皆さんが『アンの日記』をご活用されて、
最高の結果を手に入れられることを心から願っています。

皆さんの手術の成功が、
他のまだ手術をしていない皆さんの安心に繋がります。 




----≪注 目≫------------------------------------
片側顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛、
頭蓋内微小血管減圧術について、
誰にでも分かりやすく書かれていてお薦めです。
(三井記念病院HPより 病院発行の冊子内)

『ともに生きる』vol.14  2015年4月号
   ~特集 すすむ医療~(見開き4頁分)
http://www.mitsuihosp.or.jp/files/relations/
mitsuipdf553e12580ed5b.pdf
-----------------------------------------------------------


-《宝 箱》-----サイトマップ-------------------------
『アンの日記』は、病気になって初めて医療に興味を持ち、
調べて少しずつ理解できたことを公開しています。
素人の理解の入り口には最適なはず。
病院・医師の選択のためにもご利用下さい
「2017年NEW 片側顔面痙攣・・・・・・ご案内頁」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

---------------------------------------------------------------
★ご質問等は、お気軽にどうぞ~



専門の学会、日本脳神経減圧術学会をご紹介しています。
プログラムや演題は、医師を選択する手がかりになりそうです

『日本脳神経減圧術学会~手術のための医師選び』2015年
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-14.html
※畑山徹会長からのコメントはこちらの記事の下部です。

『日本脳神経減圧術学会~患者も理解を深めましょう~」2016年
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-425.html


手術の成功率をあげるKEYはこちら!
インターポジション法とトランスポジション法の違いも記載
『医師にして欲しい大切な質問★手術の成功率をあげるKEY』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

三叉神経痛で検索された方はこちら。
患者数なども記載しています
『三叉神経痛患者の皆さんへ~特集記事のご紹介~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-599.html



◆≪メッセージ≫◆
~Q&Aの質問者さまへ~

今回のQ&Aでは、
医療ミスとして訴えられるか」と言うご質問でしたが、
私は知識不足のためコメントをしておりません。

『アンの日記』にご訪問頂いていましたら、
ご質問から引用させて頂きましたことをお詫び申し上げます。
同じ病気の他の皆さんのためにご理解いただければ幸いです。

最後になりましたが、
お母様のご回復を心からお祈りもうしあげます。
ご意見等ございましたらコメント蘭から宜しくお願い致します。


関連記事

2017年4月27日の日本経済新聞に、
かかりつけ医をどう選ぶ?』
という記事がありました。

新聞によると、
かかりつけ医(ホームドクター)は、紹介状が必要な大病院でなく、
身近な診療所や病院で健康のことを何でも相談でき、
必要な時には専門の医療機関へ紹介してくれる医師」

とのこと。フムフム



日本医師会HPによると、
かかりつけ医は、なんでも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、
必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、
身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師」

と位置づけているとのこと。ナルホドナルホド



東京都医師会のHPによると、
かかりつけ医」とは、病気になったとき真っ先に相談したいお医者さんです。
そのためにも、予防も含めて普段から、気軽に何でも相談できる関係を築くことが大切です。
適切な医療を望むとき、「かかりつけ医」の診療や相談は、大変心強いもの。
個人で大病院を直接訪ねる前に「かかりつけ医」と相談し、
意識を持って取り組むことがより効果の高い治療へとつながります。

とのこと。ヘエ~





これらの説明文を読むと、
「かかりつけ医」は、
人生という長い道のりを走る人間の、心強い伴走者に違いない!


優秀な「かかりつけ医」さえ見つかれば、
具合が悪くなった時や病気になった時の不安、
煩わしい治療の選択などから解放されそうな気がします。





「頼りになるかかりつけ医」は、誰もが欲しいものです。
「かかりつけ医」に関する記事を読んでいると、
まるで簡単に手に入りそうですけれど、
手に入れることが最も難しいものだと思います。
 



--《宝 箱》----------------------------
●日本のホットな医療情報について
日本医師会HP
http://www.med.or.jp

●かかりつけ医を探す手がかりになるかも?
都道府県の関連サイトにリンクされています。
(内容は、県毎のレベル差があって愉快)
『各地の医師会』へのリンク一覧
http://www.med.or.jp/link/search.html
-----------------------------------------------------

-《感染情報》------
日本医師会総合政策研究機構のサイト。
全国の参加医療機関から送信される感染症等のデータを、
地図やCSVデータで確認できます。
(熱中症、プール熱、手足口病、リンゴ病、
インフルエンザ、麻疹、風疹など)
ORCAサーベイランス
http://infect.orca.med.or.jp/
---------------------------------------------------







◆KoKoRoの声◆

実母は、2年ほど前から近所の馴染みの医院に、
「手がしびれる」と相談していましたが、
年だからね~と言うことで、
特別な治療は受けていませんでした。アルアル


今回、別件で大学病院に行ったところ、
検査を進めているうちに、
頚椎症性脊髄症だと分かり、手術することになりました。
早急に手術が必要な状況でした。



二人の専門医師を受診しましたが、
現在の痛みは手術でなくなるものの、
しびれが治る見込みはあまりなさそうです。

お二人とも、
「今始まったことじゃないよね。
もっと前に来てくれれば…」
と仰いますが、
2年前から「近所の医師」にはご相談していたのに…
と思う気持ちでいっぱいです。




「かかりつけ医」が、
全ての症状に対応できるわけはありません。
「かかりつけ医」が、
全ての最新医療に精通しているはずはありません。


私たちにとって『優秀なかかりつけ医』は、
迷ったら直ぐに専門医に紹介状を書いてくれる医師

なんじゃないかな~
と思う今日この頃です。


実際の体験から゛生の声″です。


賢い病院選びはこちら。その1~3まで
『上手に医者にかかる10カ条~賢い患者になるために~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-294.html

少し視点を変えて
関連記事

皆さんにお役に立ちそうなので、
メールで返信せずに、
『アンの日記』でお返事しています。
ちょっとした裏技情報です。メモメモ




セカンドオピニオン』は健康保険適用外。
自費診療となります。


病院では、
セカンドオピニオン外来』が設けられていたり、
セカンドオピニオン料金』が独自に設定されています。

たった今、
私が有名どころの病院を幾つか検索してみたら、
30分21,600円とか、
時間制限は書いていなくて43,200円とか、
メチャクチャ高いです。

思わず躊躇してしまう高額料金です。






では、私のように、
『治療ための最善の医師、病院を探す』
場合はどうすればよいでしょう。


お目当ての病院に電話をして、
予約時には、
「〇〇先生の予約をお願いします」
「紹介状はあります」(或いは「紹介状はありません」)
その他、MRI画像、CT画像、レントゲン画像など、
持参するものを伝えて予約をするだけ。
(紹介状が無い場合は、別途5000円程度支払います)

医師との面談内容は、
これまでの診断について説明を受けたり、
これまでの診断を否定されたり、
今後の治療について説明を受けたり、
病院を替える話をしたり替えない話をしたり、
実際の内容は『セカンドオピニオン』です。



2013年頃の私の経験でも、
2017年の母の経験でも、
『紹介状持参の初診予約』は、
内容は実質セカンドオピニオン、料金は保険適用。

普通の外来扱いです。


2014年、2017年の経験では、
受付の方から
「それはセカンドオピニオンですか?」
と聞かれることはありませでした。
まして、
医師の方々が料金についてお話されるような事はありません。



前にもお問合せ頂いたので、
”技”をご紹介したことがあります。
今回、母の治療のためにも同じことを繰り返しましたが、
別段何の問題もありませんでしたよ!



誰もが同じように納得できる医療が受けられますように。
受ける医療の違いは、
個人の価値観、生き方の違いから生まれるものだけでありますように







◆KoKoRoの声◆

母の元々の主治医に、
紹介状(セカンドオピニオンのための)をお願いするときは、
母はずいぶんと躊躇していました。
主治医を気に入っていたので。


気持ちはどうあれ、
セカンドオピニオンは必要だと思ったので、
私の勧める病院・医師を受診したところ、
私が選んだ病院は、
元々の主治医のお父様が、脳神経外科医師としてお勤めしている病院でした。


世の中狭いです。


セカンドオピニオンについて
『今時の医療~患者が主体的に選ぶ医療~情報の共有で納得』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-347.html

母の執刀医選び。『わらしべ長者的なお話』
『全ては繋がっていく~わらしべ長者的な話~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-642.html

こちらもお役に立つかも
『片側顔面痙攣の手術のための予約・外来~ケーススタディ~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-237.html
関連記事

日記です。


この前から、一枚の写真を探して、
アルバムをめくりまくっている。

結局、どこをどう探しても、
欲しい一枚の写真は見つからなかった。



でも、たまにアルバムをめくるというのはいいもので、
懐かしい一枚をそこここで見つけた。
昔は、
「この顔は不細工すぎる」
「もっとカワイイ写真だったらいいのに…」
なんて思っていた写真ですら、
今となっては愛おしかったりする。




アルバムと一緒に、
すっかり忘れていた冊子が出てきた。

大学3年の時に参加した、
夏季交換留学プログラム(33日間)の感想を書いた冊子だった。
同行した仲間は40名くらいだったかな。
そのうち十数名とは今でも時々飲みに行く。



自分の感想を読んでみると、
「つたないな」
「絶対時間を掛けなかったな」
とか思って恥ずかしくなる
(今も一緒か


その中に、
「今では様々な情報を日本にいて入手することができますが、
”と言いのは、それら間接的に入手したものとは、
全く性質を異にするものだということが良く分かりました。
実際に目で見、耳で聴き、肌で触れて、
初めて知ることができるのだと思います。
~省略~
うまく私の感じ方を言い表せないのが
もどかしいけれど。
~省略~
現地で私をとりまいて下さった全ての人々に感謝しています。」

と言う文を発見。


今の私とあまりに変わらない文体にビックリ。
やっぱり″”に拘っているし。
30年位前の文なのに…
全然成長してないってことかしら。


ちょっと嬉しい、
かなりがっかりした発見だ。





文章の始まりは、
「何故、あの時に限って、迷いもせずに、
面接を受けてまでテキサス州になんて行こうと思ったのか…
自分自身、不可解
です。
もしかしたら、何か特別な力が働いて私のことを導いてくれたのかしら…
なんて思っている今日この頃です。」

だって。

書き方だけでなく、
感じ方も同じなんだ。



いろいろな事を経験して今の自分がある。
いろいろな経験は無駄じゃない。
全部私の血となり肉となった。
そう思っていたのに、
なんだかな~
なんだかな~
なんだかな~



変わらない自分。
成長する自分。
どちらも大切なんでしょうね。


バランスが大切、ってことかな。



”にこだわり続けているのは
皆さん、””の体験頁をお読みくださいね。




子供の頃のことを思い出しつつ…
『願い、夢、希望を持とう~星に願いを~まずは持つことから~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-346.html

今日の記事と関係ないけれど、
『アンの日記』は同年代の方のご訪問が多そうなのでご参考まで
『40代の銀歯保有率は79.7%~保険適用の白い歯♪』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-242.html
関連記事

床ずれ
と言う言葉は知っていました。

「長患いの患者さんは床ずれしないように、
寝方に気を付けなくてはいけない」
と、認識していました。


床ずれ」は、医学用語では褥瘡(じょくそう)
と言います。
長患いの患者さんは褥瘡ができないように、
寝方」(或いは体位)を注意する必要があると思っていました。


この度、
高齢でふくふくよかよかな実母が手術となり、
長患いする可能性もあったので先んじて調べてみると、
寝方」或いは「体位」は、
『極めて重要』
『手術後の治癒を左右する要因』

とまで言える大切なことでした。
(特に、脳神経外科や整形外科(脊椎)では


手術前に知っておくと
「治癒率が上がる!」
「痛い思いをしなくてすむ!」
と思うのでご紹介しますね。




手術に関する「体位」(寝方)については、
「手術中」と「手術後」(または「手術室」と「病室」)
に分けて考えた方がよさそうです。
まずは、手術中(手術室)の体位寝方)について。

----------------------------
◆【手術室の体位について】
-----------------------------


1.手術室の体位

手術中に患者がとる体位は概ね5つ。
仰臥位、腹臥位、側臥位、砕石位、座位。
どの体位を取るかによって褥瘡好発部位が変わります。

頭蓋内微小血管減圧術(MVD)は、一般的に側臥位。
その他の体位を取る医師もいらっしゃるようですが、
日本脳神経減圧術学会で発表・検討されている体位は、
側臥位です。(2017年現在)


2.体位により発生する症状

褥瘡床ずれ)などのスキントラブル。
神経障害。(麻痺やしびれ)
臓器障害など。

褥瘡は、同じ体位を取ることによって、
体と支持面との接触局所が血行不良になるために起こります。
また、神経障害は、全身麻酔下で
本人が痛みや痺れを感じないまま神経を圧迫することで起こります。


3.リスク要因


手術時間、患者の年齢、体型、栄養状態、健康状態(他疾患)など。
手術中は、手術室の環境、麻酔、使用薬剤などの影響も受けます。
様々な要因が関わるので、
1時間程度の手術、若い患者さんなどでも発症します。


4.リスクを減らすために患者ができること

自分の体質・状態は、医師や看護師に伝える。

「手術とは関係ない」と自己判断は禁物!
「知っているはず」「分かっているはず」が何より危険!

(例)
・手足にあざが出来やすい
・座面や特定部位にあざが出来やすい
・身体の可動域が狭い(体が硬い)、
・痛む部位がある(膝、股関節など)
・〇〇が伸ばしにくい
・〇〇が曲げにくい etc.etc.







人の体はそれぞれ。
十人十色。
病院での検査結果では見えない(検査に含まれていない)、
他人には分からないけれど、
『自分では感じる痛みや痺れ』
もあります。

具体的には、
「腰骨が出ていて当たると痛い」
「ごわごわした衣類で皮膚が赤くなりやすい」
「今は右側だけ足が曲がらない」
「最近は左の肘がしびれている」
「どうも首を右に倒すと痛い」などなど、
自分の体質、痛み、痺れは、
自分からすすんで、
医師、麻酔医、看護師さんなどにお伝えしましょう

(通常は情報は共有されます)


病院では、ついつい、
話そうと思ったことを忘れてしまったり、
先生や看護師さんには話し辛い時もあります。キンチョウ~

そんな時には、
痛みや痺れについてメモしておくとよいですよ。




伝える気持ちを忘れずに!
自分から積極的に治療に参加していく患者さんは、
治癒率が高いんですよ~!
  

後編:術後(病室)での体位(寝方)はこちら




◆KoKoRoの声◆

実母は、左足の股関節が自由になりません。
「動かし辛い」が当たり前なので、
わざわざ人に伝えようとは思わないようです。
「見ればわかる」から。


でも、手術室では分かんないかも~



自分の手術の時より小心になっていた私は、
全身麻酔下で無理に動かされないよう、
あっちの看護師に言い、
こっちの看護師に言い言いしていました。


おかげさまで、
ふくふくよかで、血糖値が高くて、高血圧な
高齢の母ですが、何事もなく無事に退院できました。


今日のご紹介が無駄な不安を生みませんように。
「伝えることは全部伝えたぞ!」
「準備万端」
とより安心するためのご紹介です。



後編はこちらです。ご確認下さいね!
『寝方が合併症リスクを減らす~たかが寝方されど寝方』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-693.html

その他お役立ち情報
『医療ミスを防ぐための20カ条~賢い患者になるために 』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-296.html

『今時の医療~患者が主体的に選ぶ医療~情報の共有で納得』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-347.html

『手術後の回復を早くする!~術後回復能力強化プログラム~』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-336.html




~参考~
第59回日本農村医学会学術総会で発表された資料より。
少し前の資料ですが、一般人にも分かりやすい。
『手術室体位マニュアルの検証
~過去4年間の褥瘡発生症例を分析して~』
https://www.jstage.jst.go.jp/article/nnigss/59/0/59_0_362/_article/-char/ja/

手術中の体位『側臥位』を詳しく知りたい方はこちら。
オペナースさんのblogだそうです。
http://opnsyama.blog.jp/archives/5315150.html

日本臨床麻酔学会第35回教育演題
『手術体位による合併症~抹消神経障害を中心に~』
西山純一氏発表
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsca/37/2/37_201/_pdf
関連記事

前回から、
片側顔面痙攣の手術前に知っておくと
「治癒力があがる!」
「無駄に痛い思いをしなくてすむ!」(褥瘡ができないなど)
お役立ち情報をご紹介しています。
(毎日ご訪問の皆さん、記事の順番変えました~)



これまでも、
「早期離床」をお勧めしていますが、
寝方」(寝るときの体位)も、
医療を行う上で、
『極めて重要』
『手術後の治癒を左右する要因』
とまで言える大切なことでした!
(特に、脳神経外科や整形外科(脊椎)では




後編の今回は、
「術後」(病室)の寝方(寝るときの体位)について。

-----------------------------------------------
◆【病室での寝方(寝るときの体位)について】
-------------------------------------------------


1.手術直後の病室での状態

意識はありますが、点滴、酸素吸入などを受け、
排尿管も挿入された状態でベッドで安静。
多くの場合、足に血栓予防の処置(装置やソックス)をします。

頭蓋内微小血管減圧術の場合、
左右のどちらかに術創ができます。
痛みを感じる場合は、術創を上にした左右どちらかの側臥位で寝ます。
特に痛みがなければ、術創を意識せずに寝返りをうちながら、
仰臥位・側臥位で寝ることができます。
(術後の寝方については、病院・執刀医毎に各自確認!)



2.寝方(寝るときの体位)により発生するリスク

病室のベットで寝返りせず、
一つの寝方(寝方の体位)を取り続けると、
一部の筋肉・血管・神経にのみ圧力がかかり、
血液や体液がうまく循環できなくなります。
酸素や栄養がうまく運ばれないと、
皮膚に障害が起こります。
また、内蔵機能(循環機能、呼吸機能、消化機能)が低下します。



3.寝返りをしないことによっておこる症状(合併症


・褥瘡(床ずれ)などのスキントラブル(あざ、痛み、痒み)
・関節が固まって動かしにくくなる。
・肩こり・腰痛
・便秘
・肺呼吸・痰排出機能の低下 コワイコワイ



4.合併症を減らすために患者ができること


主治医の許可がおりたら、
積極的に寝返りしましょう

麻痺や重度の障害で寝返りができない患者さんは、
看護師さんによって、2時間~3時間おきに体位変換されています。
つまり、
故意に寝返りをさせられています。
また、リハビリ訓練では、
自発的に「寝返り」ができるよう訓練を受けます。


微小血管減圧術を受けた皆さんは、
「寝返り」はできる患者と判断されていますから、
病院のケアはありません。

「なんだか痛そうだからじ~としている」
「コワイから寝返らない!」
と自発的に寝返らないことは、
自分で自分の治癒を遅らせる行為です。
自分で寝返りをししましょう。








ベッドでゴロゴロ転がる必要はないんですよ!
「術創を気にせずにいよう~」
「せっかくだからいい夢見よ~」ゆるゆる~
みたいにしていると、治癒力があがるみたいです 
 





◆KoKoRoの声◆

「セカンドオピニオン」
「クリニカルパス」
「インフォームドコンセント」
「コーディネーター」etc.
自分の治療について調べだしてから、
いろんなカタカナ言葉を知りました。
どれも、
「最善の治療」のために考えられ、
広められている概念です。


カタカナ、横文字は「最新」
みたいな気持ちが心のどこかにあったのか、
「寝方」(寝るときの体位)を軽んじてしまったようです。
(長患いの人が気にすることだと思っていました)
抜かりました~


私は、手術前、痙攣が辛かった時には
痙攣の側が布団につかないようにじっと寝ていました。
手術後、術創に触るのが怖くて
創部を上にしてじっと寝ていました。
今では、
「寝返りしないことは間違いだった!」
と知りました。



皆さんは、私のような間違いをしませんように。
痙攣で悩んでいても、寝返りはしっかりと!
術後の皆さんは医師からOKが出たら、
迷わず寝返りして下さいね。


~注意~
術創の麻痺していた感覚が戻ってくると痛む時があります。
痛む時は、無理をせず。
自分の体の声に耳を傾けて下さい。




前回はこちら
『手術中に安全な体位を取るために~患者ができること~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-690.html

寝返りしやすい枕情報をご紹介したことがあります
『快適な睡眠で治癒力アップ~ハイブリッドエアー快眠ピロー~
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-147.html

手術室の様子
『片側顔面痙攣 入院2日目~手術当日~①手術室』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-40.html

私の病室の様子
『片側顔面痙攣 入院2日目~手術当日~③翌朝までの様子』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
関連記事