ストレスに上手に対処するには、
自分の性格を知る」が大事』

だそうです。


ストレスに弱い性格があるのではなく、
人によってストレスを感じやすい苦手な領域を持っている。
だから、ストレスに上手に対処するには自分の性格を知ることが大事だ。」

とのこと。



例として、
1.業績重視の人
人間関係はあまり気にしない。仕事や勉強が上手くいかないとストレス

2.人間関係重視の人
仕事や勉強の成果はあまり気にしない。人間関係が上手くいかないとストレス



「なるほどな~」こう説明されると、
「人によってストレスを感じやすい領域がある」
と言う意味が良く分かります。







では、
自分の性格について。
自分の性格とは


目の間にある事をやらないまま、
どんどん新しいことに顔をつっこんじゃう。
これって、“私の性格”。


こんな風に性格には、自分で分かりやすいものもあるけれど・・・
実は自覚してない部分も多いに違いありません。




「私って、○○○な性格なの。」
という人の発言を聞いて、
「そうかな?」って思う事ありますものね。



こう考えてみると、
ストレスに対処するには自分の性格を知ることが大事だとは分かっても、
自分の性格が分からない、
自分の性格は、自分自身だからこそ見えない
ことがあるような気がします。


だからこそ、
人は知らず知らずのうちにストレスを溜めてしまうのかもしれません。







今日は、とても分かりやすく書かれた大野裕氏(国立精神・神経医療研究センター)
の新聞記事からのご紹介でしたが、
「自分の性格を正しく知る」ことは案外と難しそうです。




自分の性格は一番身近で一番見えていないカモ
「自分の性格を知る」には、勇気をもって、
家族や友人など周囲の方に少々意見を伺ってみた方がよさそうです。

(ちょっとドキドキするし、軽くショックがあるかもしれませんが






2014年9月26日 日本経済新聞「こころの健康学」より

『エニアグラム』は、「本当の自分」を知るための性格テストの一種です。
GE,AT&T等多くの企業で取り入られています。
いくつも出版されている本のうち、私が読んだ本をご紹介しておきます。
『9つの性格ーエニアグラムで見つかる本当の自分と最良の人間関係』
鈴木秀子著(PHP研究所)


NEW
米国アイビーリーグの有名校ペンシルバニア大学の運営サイトで、
世界的にも評価されている性格テストをご紹介しています。
「長所・強み(Signature Strengths)をテストで確認~VIA-IS~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-278.html

自分でできる、具体的なストレスコントロール方法はこちら!
『自分でできるストレスコントロール~オキシトシンとコルチゾール』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-142.html

関連記事
スポンサーサイト

医師と患者の橋渡し ~医療コーディネーター・メッセンジャーナース・医療対話推進者って?~

賢い患者~いのちとからだの10カ条~COML(コムル)の活動

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)