この頁は、片側顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛に関する根治治療方法、
頭蓋内微小血管減圧術(神経血管減圧術、脳神経減圧術、MVDは同様の術式です)
に関する研究・報告がなされている日本脳神経減圧術学会について、
毎月1日に移行してご紹介しているページです。
いつもご訪問下さる皆さん、ご協力ありがとうございます。



~ 頭蓋内微小血管減圧術のエキスパートを探すために ~

(対象疾患:片側顔面痙攣・三叉神経痛・舌咽神経痛)

“今日の一歩は、大きな一歩”

この頁を読み終わった時には、
そんな風に感じられるのではないかと思います。






2015年1月17日
日本脳神経減圧術学会が開催されました。


日本脳神経減圧術学会は、年に1回程度、
第一線で活躍されている医師の方々が、
脳神経減圧術(MVD)の症例・研究結果報告をされている、
専門性の高い学会です。


第17回の会長(会長は年毎)畑山 徹氏のご挨拶の一節は、
日本脳神経減圧術学会の前身は、脳神経減圧術研究会です。
平成23年、研究会が日本脳神経減圧術学会へと発展したことにより、

手術成績の評価方法も標準化され、
治療効果を客観的に比較できるようになったことは
この学会の大きな成果と思われます。

とのこと。



このご挨拶は、
専門医師に向けての学会案内に書かれたものですが、
患者の皆さんが読んでも手術と治療に関して理解を深める
ために最適だと思うのでご紹介します。

第17回 日本脳神経減圧術学会会長ご挨拶
http://www.congre.co.jp/mvd2015/message.html

【手術の成功率をあげるKEY】として、
私が医師へ質問する事をお勧めしている、
術中モニタリングや、トランスポジション法について触れられています





世の中には、
「片側顔面痙攣の手術は確立された手術」
「脳神経外科医がする基本的な手術」
と考え気軽に手術をする医師の方々もいるし、
今日ご紹介したような専門性の高い学会に参加し、
「頭蓋内微小血管減圧術」の過去の症例に耳を傾けつつ、
手術の成功率をあげるために尽力されている医師もいらっしゃいます。


「よく聞く病気」の対処に慣れている医師は数多くいますけれど、
”稀”と言われる病気の手術に慣れている医師は多くはありません。



2017年10月現在、
日本では、国民皆保険制度のもと「フリーアクセス」が保証されています。
「患者は、自由に自身の医師を選択できる」
ことをお忘れなく!
(今後制度が変わる可能性があります)



私が完治するまでに調べたことを公開しているブログ
『アンの日記』をご活用ください。

皆さんが、皆さんにとって最善の治療を選択できますように、
皆さんの今日の一歩が、健康への大きな一歩になっていますように。


~補足~
私は、学会で発表医師全てをお薦めしているわけでも、
発表されていな医師を否定しているわけでもありません。
また、学会発表と『専門誌に掲載される論文』とは、
“重み”も“意味合い”も異なります。





-≪宝 箱≫-----------------------------------------------
手術の成功率をあげるための“医師への質問”はこちら
〇簡易版「微小血管減圧術の手術の成功率をあげるKEY」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

〇詳細版「医師にして欲しい大事な質問★手術の成功率をあげるKEY」
20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-16.html
トランスポジション法(transposition)、術中モニタリングについても説明。

私が選択した執刀医師はこちらから
『私の執刀医について~頭蓋内微小血管減圧術の症例数を見て~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-547.html

片側顔面痙攣全般は『アンの日記』ご案内頁サイトマップから
「片側顔面痙攣・三叉神経痛・舌咽神経痛の皆さんへのご案内」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

----------------------------------------------------------





◆豆 知 識

医師のブログでも、
片側顔面痙攣と三叉神経痛に対する治療法を混同してた事がありました。
専門医でなければ、馴染みのない病気だからでしょうか…ヒドイ
患者としては、学会から注意していただけるとありがたいのですが。


これらの病気は、
微小血管減圧術(神経血管減圧術)が根治治療である点で一致しますが、
その他の対症療法は異なります。

根治手術は同じ
頭蓋内微小血管減圧術・神経血管減圧術・ジャネッタ式は全て同じ術式
対症療法は異なる
片側顔面痙攣:ボトックス注射(服薬)/ 三叉神経痛:服薬・他色々


2017年発見!役員一覧はこちらブラボー
 日本脳神経減圧術学会役員一覧


注 目
「フリーアクセス」についての説明はこちら
『平等とは?~見える平等、見えない平等~フリーアクセス』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-180.html
『共生なるか!~「かかりつけ医」と「フリーアクセス」の話~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-567.html

2015年5月、市民公開講座を聴講しました。
「患者さんが安心安全の医療を受けるためのコツ」はこちら
「上手に医者にかかるための10カ条~賢い患者になるために~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-294.html

セカンドオピニオンで悩んでいる皆さんが安心できますように
「選択に困っている人に嬉しいお知らせ~セカンドオピニオンについて」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-361.html

「今時の医療~患者が主体的に選ぶ医療~情報の共有で納得」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-347.html


第18回 日本脳神経減圧術学会が開催されました(2016年1月)
『学会のご案内から~患者も理解を深めましょう~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-425.htm



--ご 報 告
イテキイテ~----------------------------------
2015年8月13日、第17回日本脳神経減圧術学会の畑山徹会長が、
『アンの日記』にコメントを下さいました。
とても嬉しいコメントを頂いたので、
是非皆さんも下部コメント欄をご一読下さい。
---------------------------------------------------

関連記事
スポンサーサイト

微小血管減圧術(片側顔面痙攣・三叉神経痛・舌咽神経痛)の手術の成功率を上げるKEY☆(コンパクト版)

『君たちはどう生きるか』を読もう!Part1~経済は生きる力を強める?~

comment iconコメント ( 9 )

豆大福様へ♪

はじめまして。こんにちは。(*^_^*)
『アンの日記』がお役に立てたようで、私も本当に嬉しいです!
“安心”は、自分の力を最大限に引き出してくれるものだと思います。入院までは、お気に入りの品・癒されるグッズを揃えるなど、入院のための準備を楽しみながら過ごしていると、更に治癒力がアップしますよ!
(私は疲れ過ぎての入院だったので、真似しないで下さいね~)

名前: アン [Edit] 2016-08-17 09:40

アン様。
初めまして。
おそらく同じ病院、同じ先生で片側顔面痙攣の手術を来月受けることになりました。ブログ、食い入るように拝見しました。手術と入院生活をとても具体的にイメージすることが出来て不安な気持ちが落ち着きました。アンさんのブログに出会うことが出来て本当に良かったです。ありがとうございました。☆

名前: 豆大福 [Edit] 2016-08-16 20:12

Re: いつも励まされています

こんにちは。お役に立つことがあれば嬉しいです。(*^_^*)
人の言葉のニュアンスって、気になりますよね。何か深い意味があるのか、ないのか?言いたいことがあったのか、単なる口癖なのか・・・。それが診察室の中での会話なら尚更です。知らない相手との重要な会話ですから、気にならないわけがありません。(>_<)
気になったらもう一度受診してみるといいですよ!「先生の言葉が気になります~」っと言ってお話ししてみたらどうでしょう?
それでスッキリできたら、治癒力があがりそうです♪

私の左の痙攣は、感じて鏡を見ても動いているのは見えません。中で疼いているみたいな感じです。最後に大きくうねったのは7月だったかな。血管の場所は変わっていないのでしょうが、神経に良い栄養を取っていると、少し痙攣が抑えられるのかも?
あとは「もしもの時はまたA医師のところに行けばいい」と思っているだけで、きっと治癒力が上がっているはず♡
そんな風に考えながら暮らしています。(*^_^*)

名前: アン [Edit] 2016-03-11 18:53

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2016-03-10 07:32

第17回日本脳神経減圧術学会会長、畑山徹先生

第17回日本脳神経減圧術学会会長、畑山徹先生。
この度は、ご丁寧なコメントを頂きありがとうございました。先生のご挨拶は、医療と心情の両面から、患者の皆さんにお伝えしたいと思えるものでした。
私は、手術、注射、薬、全ての選択肢から『患者が自分にあった治療を選ぶ』ことが重要で、はじめから手術が排除されて説明されるような風潮は避けられるべきだと思っています。
私自身は、4人の脳神経外科の医師から手術は薦められないと言われていましたが、手術して今元気に活動できています。
脳神経減圧術学会の医師の皆さんのような先生方の活動が広く伝わることを願っています。

畑山先生の今後のご活躍をお祈り申し上げます。(*^_^*)

名前: アン [Edit] 2015-08-13 08:08

学会紹介へのお礼

学会の挨拶でご紹介いただけた水戸ブレインハートセンターの畑山です.自分の名前を検索したところ,偶然このブログにたどり着きました.患者さんの立場から「現状を深く理解いただいている」と評価してもらえてとても嬉しく思いました.どの治療にも共通して言えることですが,医師の視点,患者の目線,そして一般の見方のそれぞれを推し量りながら望まれる結果を求めていきたいと考えています.何か皆さんのお役に立てる事がありましたら気兼ねなくご連絡下さい.

名前: 畑山徹 [Edit] 2015-08-12 22:02

Keikoさんへ

術後の皆さんにもお役に立つことがあると実感でき、Keikoさんからのコメントにパワーを頂きました。
ありがとうございました。(*^_^*)
頂いたコメントは、『痙攣Part2』のブログ記事の方で公開し、頁内でも他のお仲間さん情報と共に追記しました。
Keikoさんの体験は、今まだ痙攣に悩んでいる多くの方のご参考になると思います。(^o^)/

名前: アン [Edit] 2015-06-03 19:44

はるさん、術後1年(ほぼ)おめでとうございます☆☆☆

はるさん!

こんにちは~(*^_^*)
まずは、術後一年(もうすぐ)おめでとうございます~☆☆

私よりもお元気そうなはるさん。まだ外来があったんですね。
M記念病院のA医師は、私の痙攣がなかったので2回の外来で終了でした。(術後ほぼ3カ月)
患者さんごとに色々だとおっしゃってました。
私は、その後も元気です。
でも、先日の雪の日、久しぶりに酷い頭痛がありました。はるさん、前の低気圧の時酷かったんですよね?今回は大丈夫でしたか?

>何故か脳神経外科に行くのが最後になる事が寂しいです。
←脳神経外科外来が終了しても、こちらには遊びに来て下さいね!!(*^_^*)

他の方のブログを読んでいると、数年経っても、忘れたころに「痙攣」がきたりするみたいです。
「何が一番刺激になるのか」分かればいいのにな~と思うんですけれど・・・。
「何か思いつくこと」があれば、教えて下さい!

名前: アン [Edit] 2015-02-08 18:06

ご無沙汰しています

はるです、こんにちは(^^♪

その後如何ですか?
術後10か月経ちますが最近は首筋の張りも感じることなく何の支障もなく過ごしてますよ。。
来月術後1年目の受診を以てK病院の脳神経外科の受診は終わります。まぁこれで完治と云う事になるんでしょうね!?
脳神経外科の受診はなくるけど他の診療科には行くので全く行かなくなる訳じゃないのでいいんですが何故か脳神経外科に行くのが最後になる事が寂しいです。
アンさんはもうM記念病院の受診はないのですか?

名前: はる [Edit] 2015-02-08 17:13

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)