の成分について。

無色透明のは、
血液や母乳と同じように様々な成分を含んでいるそうです。


ワォ~
ちょっとしょっぱい水くらいにしか感じられないのに・・・。




の主成分は、
ナトリウム、カリウム、塩素(電解質)
ビタミンA ・ビタミンC
ブドウ糖(栄養成分) 
アルブミン(たんぱく質の主要成分)
ラクトフェリン、IgA(抗菌作用、免疫成分)
EGF(細胞成長因子)

普段は、これらの成分で、
乾燥を防いで眼の表面を守ったり、
酸素や栄養を角膜に届けたりする働きをしています。




ところが、
ストレス下で流すには、“ストレス物質”と呼ばれる、
副腎皮質ホルモンの一種のコルチゾールなどが含まれています。

つまり、“ストレス物資”が、
を流すことによって、体の外に排出されているんです。 


大きなストレスがかかった状態では、
の成分が変わって、ストレスを軽減する働きをします。








体内のストレス物質を減らして気分が良くなったところで、
ストレスの原因が無くなったわけではないし、
問題は解決していないのですが・・・。


適度なストレス

“やる気”につながったり“パフォーマンスの向上”に繋がる。

過度のストレス

“やる気の喪失”や“心身の健康の低下”に繋がる。



ならば、まずは、
“ストレス物質を排出しよう” 
“ストレス度合いを適正に保とう”
と、人は涙を流すものなんでしょう。




でも、大人になると、
「もっと大変な人がいるんだから。」
「この位で弱音を吐いたらいけない。」
「みんなを心配させるから・・・。」etc.etc.
と、泣くことを我慢してしまう人が多いかも。カモカモ


そんな時には、
涙を流すことは、
体内に溜まったストレス物質を排出し、

ストレスをコントロールするという、
人間の体に備わった効率的な機能である

と科学的に証明されていることを思いだして、
遠慮なく泣いちゃいましょう。






心身の健康のために、
辛い時、哀しい時には積極的に大泣きしましょう~

これは、自分でできることですね。  





豆知識

「ストレス解消には泣くべき」と理解していても、
まだストッパーが外せない方は、
交流会涙活に参加されるといいかも。

「みんなで一緒に泣きましょう!」

という趣旨で、各地で運営されています。

涙活
で検索しすると、
年齢&性別&趣向が異なる『涙活』交流会がヒットします。
ご興味ある方は



自宅で簡単に『涙活』するには、
読書か映画観賞ですね!
ただし、重すぎる本や映画による涙は、流してもスッキリはしない
ので選定にはご注意を!


ストレスとコルチゾ―ルの関係についてはこちら
「ストレスホルモン退治~コルチゾ―ルと治癒力」
http://20140403AZ.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

科学的に根拠ある、ストレス解消法を幾つかご紹介しています。
「自分でできるストレスコントロール~コルチゾ―ルDown&オキシトシンUp」
http://20140403AZ.blog.fc2.com/blog-entry-142.html


関連記事
スポンサーサイト

ピロリ菌除去が保健適用~正解はどちら?~除去するか、しないか。

宇宙ステーション・ロケットにおける夢・きぼう~病気との関連から考える~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)