手術をしよう。


そう思った。
何故かその時には、
ボトックス注射(ボツリヌス療法)を試したい気持ちはすっかりなくなってた。
注射だと、結局この先ずっと通院しなくちゃならない。

多分、ずっと とか 続ける  とかに疲れちゃってたからかな。
何かを決意するって、実はタイミングの一言につきるのかも。

別のタイミングだったら、
別のことを決めたかもしれない。



この時の私は、手術以外頭になかった

“アンの日記” の中で、
私は手術のための病院と執刀医をどうやって決めたかを書いていくけれど、
それが全ての人にとっての第一選択だと思っているわけじゃない。


片側顔面痙攣の治療方は、
①投薬 
ボトックス注射(ボツリヌス療法)
手術(微小血管減圧術)
と、どのサイトで調べても書いてある。


どれを選ぶかは自分次第。


ちょっと忠告があるとすれば、
②と③につては熟考するのに、
①については、何の疑問も感じないまま始めてしまう人がいるっていうこと。
(実は私はこの先合計6人の医師(4人診察)とお話しをするけれど、
薬の効果については意見が分かれていた。
それに、そもそも薬には効能もあるけれど、副作用もある
体質によって、その影響が随分違うものだからこそ、実はよく考えなくては

少なくても薬の効能、諸注意をちゃんと自分で確認しよう。

Web検索があるものね!



ブログに書いてあるのは、みんな誰かの経験でしかない。
これから治療をする人たちは、これらの情報を有効に活用して、

 
自分の今の症状、自分の今置かれている環境、自分の考え方、 
それらを踏まえて、自分の治療方法を決めればいいんだと思う。
 


1つ。この病気のいいところは、自分で治療方法を選択できること。
1つ。この病気のいいところは、考える時間がたっっぷりあること。 
そしてもう1つ、
1番いいところは、この病気で死にいたることは決してないということ。



焦らないで、周りに流されないで(外野って、結構勝手なこと言うかも・・・)、
時間をかけて決めればいいんだと思う。

生懸命考えていると、
それぞれのタイミングが向こうからやって来る気がするな。 


私の場合は、そうだった 


選択の自由があるって、人が生きる上でとっても素敵なことだと思う。 


片側顔面痙攣は、周りが思うよりずっと辛い病気だと思けれど・・・
ずっとずっと辛い病気だということを私は身を持って知っているけれど・・・


だけど、選択の自由がある病気って考えると、ちょっといい感じがしないかな?



 ものは考えよう  



  ★
 必  読 

同じ日本の脳神経外科医師の意見がこんなにも違うと知ったら、皆さん驚かれるのでは?
私は驚き、とまどいました。
私が6人の脳神経外科医から聞いた見解の相違についてはこちら。
2014.12.15「セカンドオピニオン」~6人の医師の見解の相違~
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-23.html

日本神経治療学会の片側顔面痙攣の報告ファイルは、転写・リンクなどは不可のようですが閲覧可能です。
薬の効果についての報告もされていますので、ご覧になることをお薦めします。最初の『諸言』もお忘れなく。
関連記事
スポンサーサイト

片側顔面痙攣の通院・服薬治療 ~ メチコバ―ル(ビタミンB12)~

医師にして欲しい大事な質問★手術の成功率をあげるKEY(詳細版)

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)