今日は、親戚の大学生の腰のヘルニアの手術です。


今になって、ご両親は心配している様子ですが、
手術の日にやれることは何も(ほぼ何も)ありません。
何もかも、今さらです。

もし何か、
手術のために策を練ろうとするなら事前です。


病気について、病院・医師について調べるのも、

手術に向けて体力をつけるのも、手術のための準備も、
全て事前にすることが大切



病気になるのは、誰にとっても辛いことで、
受けとめることが難しい時もあります。

でも、ものは考えよう。
不幸中の幸い。事前準備ができるぞ~と思っちゃえばいいですね
事前準備ができてよかったと思えれば、治癒率が上がりそう






さて、今回のスーパー大学生のヘルニアの手術。
事前説明で、術式が変更になっていたので、
内視鏡手術  切開手術
『同じ執刀医でよいのか?』
と心底心配していましたが・・・


入院先の病院に行ってみたら、
医師が変更になっていました!バンザイ~



医師だって生身の人間ですから、
得意分野があって当たり前。
ほんとなら、単に『外科医』じゃなく
『○○のエキスパート』と称号でも作って欲しいですよね!
(医師同士は知っているから、ズルイと思うなー)



わざわざ医師が変更になったのですから、執刀医師は、
『今日の術式のエキスパート』
少なくとも、『得意とする医師』に違いない。
と、あとは信じるのみです。





病室の本人は・・・
世間知らずなスーパー大学生なので、
手術当日でも全く動ぜず、
爽やか~な笑顔でお出迎えしてくれました。
(なかなかイケメン君なんです
実のところオリンピック候補生。国費を使って奮闘中の身です。)




Y総合病院からの書類は、ほぼ手つかず状態で放置。
特に不安のない人間にとっては、
病院からの書類は『ただのメンドクサイ紙の束』と思えるかも。

とっても呑気です。


患者本人が笑顔なので、
私も思わず笑顔がこぼれます。



今日は付き添いとして病院に待機なので、
手術間に、彼と彼の両親の代わりに、
これらの書類をじっくり読みたいと思います。
続きはこちら




豆 知 識


病院から提供される書類の中には、
必ず『入院診療計画』が含まれています。

『入院診療計画』の提示は、国で定められた義務です。
病名、症状、治療計画、検査内容、手術内容、
推定される入院期間等について簡単に文書1枚に記されています。




法的なものとは別に、1
1995年頃から日本に導入され、普及し始めた
クリニカルパスクリティカルパスを使用する病院が増えています。

クリニカルパスクリティカルパス)は、治療や検査、看護ケアなどの内容、
及びタイムスケジュールを一覧表にしたものです。


病院ごとに作成されているため仕様が異なります。


通常、患者用と医療スタッフ用の2種作成されます。


◆【患者用の特徴】


●入院中に受ける検査、手術、処置、手術後のリハビリ等について記載
●食事、入浴など日常生活について記載
●イラスト付きなど、分かりやすい工夫がされている
●一般的に入院が決まった段階か、入院当日に『入院診療計画書』として渡される



◆【医療スタッフ用の特徴】

●科学的な根拠に基づいた専門的かつ詳細な内容が記載。
●複数の医療スタッフが情報を共有し、チーム医療の推進に役立てられる。


続きはこちら。

手術を検討中の方はこちらもご覧下さい。
「医師・病院選びについて思う事~無知だと知らない怖さ~例えばヘルニア」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-152.html

大学病院の市民公開講座で、コツを伺ってきました!その1~3まで。
『上手に医者にかかる10カ条~賢い患者になるためにその1』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-294.html

クリニカルパスクリティカルパス)について、「gooヘルスケア」を参考。
関連記事
スポンサーサイト

医師・病院選びについて思う事~無知だと知らない怖さ~例えばヘルニア~

安心のしおり♪~クリニカルパス(クリティカルパス)の重要性~病院HPを要チェック

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)