昨日は新聞記事より、
脳フィットネス
=運動で、脳を活性化させる。
=運動で、ストレスを克服し元気で前向きな状態でいられる脳の状態を保つ。
をご紹介しました。

実験による科学的データや、学者さんたちの論文なんかで「実証」され、
「画期的」「新発見」のように見えながら、
そもそも「誰でも体験してるかな~」という内容とも言えました。

「体験」でも「科学的証明」でもいいですが、とにかく実行しなければ「自分の役」には立ちませんから、今日は「実践」に的を絞ってご紹介したいと思います。


認知能力UP、集中力UP、記憶力UP、判断力UP、筋力UP、運動能力UP・・・
など嬉しいUPは、強度の運動をたった10分行っただけでも期待できるとのこと。
※ただし、ヨガや太極拳など最大酸素摂取量30%の低強度運動でも認知機能向上の実験報告あり。

中強度の運動=最大酸素摂取量50%、心拍数110~130になる運動。
つまり、性差・年齢・体力によって中程度となる運動は異なるのですが、一般的な例をあげておきます。
 例 
・ウォ―キング
・スロージョギング
・自転車
・入浴
・ゴルフ
・階段の上り下り
・ラジオ体操
・畑作業 etc.

因みに、自分にとっての"中強度の歩行が分かる器機”なんてものもあります。
"中強度”がよく分からない方、正確に知りたいという方は器機を使用するといいかもしれません。
ご参考まで。テルモ活動量計
※こちらのサイト内の東京都健康長寿医療センター研究所青栁幸利先生による「健康づくり講座」もとても参考になりそうです。


 注 意 
昨日も少し触れましたが、簡単・お気軽な運動・ウォーキングだからといって、安易に考えるとかえって体を壊すことにもなりかねません。
今まで運動はもちろんのこと、車を使ってろくに歩いていないなんて方。それが中高年の方なら尚更です。
「たかがスロージョギング」「たかがウォーキング」でも、それなりの準備をしてから始めて下さいね。

準備運動、準備品、ウォーキングイベントなどの情報が満載のサイトさんがありましたからリンクしておきます。
ACTIES ウォ―キングガイド

私はというと・・・
毎日のお散歩前にこんなにちゃんと準備運動はしていません。
「やったらベスト」だけれど、
正直やらなくても大丈夫な場合もあるかな~。
あんまり難しく考えるとやらなくなっちゃうな~。
なんて現実もあると思います。

今までもそこそこ体を動かしていた方は、あまり堅苦しくは考えなくて大丈夫。カナ
でも、今急に、「がんばるぞ!」って決心がついた方は、準備運動を軽んじないで下さいね。
どうせなら、皆で心身共に元気になりましょう!


昨日ご紹介した新聞記事には、運動は、「認知機能の向上」「脳の委縮に対するリハビリ」「神経性疾患に効果的」なんて嬉しい言葉がズラリと並んでいました。
加えて、
加齢によって脳は委縮する。しかし残っている脳神経がバックアップし、代謝機能が働く~省略~
脳の予備力を高めておけば、認知症にならないという仮説が成り立つ。

この文。なんだか救われた~。
ちょっと不安が減った~なんて思うのは私だけでしょうか。

今ちょっと自分が不安な方、家族に不安がある方、とにかく「中強度の運動」を始めましょう。
それが脳フィットネスになるってこと広めちゃいましょう。


運動時に孤独にすると効果が薄れることが明らかになっっている

新聞中のこの文は、とりあえず私は無視することにします。
一人でお散歩がんばります。
退院当日から始めたお散歩、多少の雨でも歩き続けて7カ月が過ぎました。


さて、ちょこっとダイエットにも役だって欲しいですよね。

中強度の有酸素運動で80kcalを消費する時間。

18歳~29歳 
男性 60kg 約20分
女性 50kg 約25分

30歳~49歳 
男性 60kg 約23分
女性 50kg 約27分

50歳~69歳
男性 60kg 約23分
女性 50kg 約28分

だそうです。これでモチベーション上がりましたか?下がりましたか?

新聞記事より脳フィットネスについてご紹介しています。
2014.11.24「広めよう脳フィットネス~書ききれない程の効果・効用!」
中程度の運動について、こちらのサイトさんから引用させていただきました。
「糖尿病と楽しく生活」
関連記事
スポンサーサイト

広めよう脳フィットネス!~書ききれないほどの効果・効用!~記憶力アップ、アルツハイマー病緩和、ストレス・・・悪いことなし!

頼りになるねHALくん!~サイバーダイン社製装着型医療ロボット~~補助とリハビリに期待♪

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)