筑波大学発のロボットベンチャー、サイバーダイン(CYBERDYNE)
もうご存知の方も多いかと思います。

装着用医療ロボ(ロボットスーツ
HAL

あちこちで取り上げられていますよね。




私は、サイバーダインについては実は随分前から知っていました。

2010年頃、
大手外資系企業の知り合いが、
「製品化」は勿論のこと「輸出を見込んで」見学に行かれていました。
2013年には、
大手金融系企業の友人がやはり「企業・製品見学」に行っていました。
この面々が、わざわざ筑波に行くほどの会社なんだ~と思いましたし、
皆さん見学から帰って来ると色々興奮して話してくださるので、
私もとても強い印象を受けました。

印象としては「眉つばものではないな」って感じ。

装着型医療ロボロボットスーツ)ってどんなのでしょう?

脳卒中や脊髄損傷で足が不自由になった患者が、
リハビリテーション時に装着して使うことができる機器。
装着するとロボットみたいな様子になる(自分が)ので「装着型ロボ」。

でも力の補助機能だけではなかったんです。この装置。

HAL(ハル)は、
麻痺した四肢機能の補助を行いながら、
脳の神経回路に働きかけてニューロリハビリテ―ションも同時に行います。

つまり、
人間の脳に働きかけて、脳の機能改善も期待できるってことです。


具体的には・・・
歩きたいと考える=信号が出る

機器(HAL)が信号を受け取る

機器(HAL)の補助を受けて筋肉が動く

損傷した神経の代わりに周辺の神経で機能が再構築(期待)

動かなかった四肢が機能回復(期待)


もう、凄い。
ブラボーとしか言いようがありません!

しかもガンダム好き(実は好きなんです)の私としては、
もう夢とロマンな感じすらあります。
応援しない理由を探すことが難しいです。


注 目 是非ご覧ください!動画等もリンクしてご紹介してます。
  
改めてHAL君についてご紹介しました。なぜ自然な動きが可能になったのか構造解説です。
&、山海嘉之氏のプレスリリース等についてもご紹介しています。
2015.02.25「いざという時のために役立つワード~HAL・ハル・サイバーダイン・山海嘉之」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-226.html

山海嘉之氏の講演会に行ってきました。(’15.2/19開催)感想はこちら
2015.02.26「人に役立つ研究開発~サイバーダイン社長 山脇嘉之氏」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-219.html





サイバーダイン社の最近の流れ】
NEW
2015年3月25日、
厚生労働省に対して装着型ロボ「HAL」の医療機器としての承認申請
2015年中に認可の見通し。(厚労省の優先審査の対象となっているため)
認可取得後は保険適用となる。
19~25日、日経新聞「市場の注目を集めた記事一覧」第2位。
  サイバーダイン株急進

2014年11月12日 日本品質保証機構が、HAL2種に対し世界発のISO認定を行ったと発表。
日本では2013年3月に希少性難治性疾患患者を対象に治験開始。2014年11月現在終了。

2013年6月には欧州で医療機器として認定。EU域内で販売が可能となる。
欧州では民間保険、公的保険の適用拡大を目指し、臨床試験が行われている。
ドイツでは公的労働保険の適用対象。6施設を中心に53台稼働中。(2014年11月現在)

米国では2014年11月、米国食品医療品局(FDA)にHAL医療用の医療機器承認の最終申告書を提出。審査は120日。
米国に子会社を設立し、保険会社などと連携して病院へのレンタル販売体制を整える方針。

●2014年11月26日、新株発行と2017年満期のユーロ建て新株予約権付き社債(CB)で410億円を調達すると発表。
新株発行により発行済み株式総数は7.3%増加する見通し。
・100億円を国内外拠点の整備
・50億円をロボットスーツHALの生産拡充資金
・200億円をサイバニクス国際先進医療開発拠点の整備
 
福島民友新聞より(2014年11月26日)
2014年11月25日
、郡山市と医療福祉機器の生産拠点を建設する工場立地に関する基本協定書を交わした。
.約2260平方メートルの市有地売却を受け、来年度内の操業開始を目指す。50~100人の雇用を計画。

山海嘉之社長は
「世界に先駆けた革新的なロボット技術や、ロボット治療機器の製造を通し、復興に貢献したい」
と述べた。





装着型医療ロボロボットスーツ
個人的にはHALくんと呼んでます

今回ご紹介したのは医療用としての用途ですが、
作業用支援ロボットとしての活躍も期待されています。
(大林組が、レンタル利用を発表。)

HALは、
体に不都合がある方にとっても、
健常者にとっても頼りになりそうな “機装着型ロボット” じゃないですか?
私は、サイバーダインさんを心から応援したいと思います。



山海嘉之社長は、2014年3月上場時にこんな言葉も述べられていました。
「(買収で)軍事産業に転用される可能性があり、平和目的での利用を確保するため」
(議決権が10倍の種類株を保有し、議決権ベースで9割を握ったことの理由として。)

一人の人間に眼は二つずつしかありませんが、たくさんの人間の“注目の眼”は、それなりの威力を発揮できると思います。
今後も適時活動内容をアップしますので、ブログをチェックしてみてくださいね。





 基礎知識 
脳に直接働きかけ機能回復をはかる方法は、
ニューロリハビリテ―ションと呼ばれて注目されています。

二ユーロリハビリテ―ションについて書いています。とても新しい分野です。
2014.11.27「脳神経を鍛えるリハビリテーション~ニューロリハビリテ―ション~」
※こちらでは、HALの実際の利用風景がリンクしてあります。
※サイバーダインの主宰する、実際のスタジオ・ディサービスについてもご紹介しています。

2014.11.16 日本経済新聞 「装着型医療ロボ、米に投入」より
関連記事
スポンサーサイト

広めよう脳フィットネス!~知識は実行しなくちゃ!~集中力UP,認知機能UPUPUPのためにできること!

正解はどちら?~術後の痛みはがまんするか、しないか?~早期回復のために♪

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)