平等は、
私が最も好きな言葉の一つです。

平等
は、何かにつけ
考えさせられる言葉の一つでもあります。



平等という言葉は、
「みんな同じね」
「みんな、いっしょだからね」
と言う平易な言葉に置き換えられて、
小さな小さな頃から、
「しつけ」の一環として親から教えられ、
兄弟姉妹間で、友だち同士で日常的に使われる言葉なんだと思います。



こうして教え込まれた、
平等=「みんな同じ」「みんないっしょ」的な感覚が、
平等が間違って使われてしまう根源のような気がします。




例えるならこんな感じ。


ある所に、双子の姉妹がいました。
姉妹の両親は、姉妹が争うことなくいつも仲良くいられるよう、
深い愛情のもとわけ隔てなく姉妹を育てていました。

姉妹には常に平等に物が与えられていました。
同じ白いリボン、同じ青い服、同じ赤い靴etc.。


一見、平等に育てられているこの二人の姉妹。


でも、実は、
妹は、白いリボン、青い服、赤い靴が好きだけれど、
姉は黄色が好きで、リボンも服も靴も本当は黄色にしたかったのだとしたら?


両親が、全く同じ物を与えて平等に接しているつもりでも、
実際は、妹にだけ好きな物を与えている。
姉には嫌いな物ばかり与えている。
そんな“不平等”が生まれていることになります。


この姉妹の場合、
姉には黄色のリボンと服と靴を、
妹には白いリボンと青い服と赤い靴を与えることこそが、
二人を平等に扱っていることになるのではないでしょうか?





見えている様(さま)が同じ
でも、
平等とは言えないことがあるんだと思います。
見えている様(さま)が違っても
実は真に平等であることもあるんだと思います。



本当の「平等」とは、
「みんな同じ」「みんないっしょ」であることではない。
同じように好きな物や好きなことを選ぶ権利を持っていること、
それが「平等」なんだと思います。



当たり前のように誰もが使う「平等」ですが、
奥がふか~い言葉だと思うようになりました。





★豆 知 識★

◆平等とは?~言葉の意味~
----------------------------------------

●ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平等ーequality
人間は人種、信条、性別、門地・社会的身分などの違いにかかわりなく、
個人相互の間において、人間としての価値に差異はないという思想。

●goo辞書

びょうーどう【名・形動】
片寄りや差別がなく、皆等しいこと。またはその様。

●ウキペディア

びょうどう
仏教用語で、物事のあり方が真理の立場から見ればすべて同一であること。
平淡でなだらかであること例外はありえない。
均等な配分。




◆医療における平等~日本の場合~
-----------------------------------------

日本においては、フリーアクセスが認められ、
何処の医療施設でも自由に診療を受けることができます。(2015.3月現在)
全ての患者に平等の権利が保障されています。

「どの病院を選ぶか」「どの医師を選ぶか」「どの治療方法を選ぶか」は、
誰にでも平等に与えられた権利です。
日本において「医療は平等」です。

そして、
「どの病院・どの医師」が「最善の病院・医師」なのかは、
皆さんが「どんな医療を受けたいか」、
「この先どんな風に人生を歩んでいきたいか」
によって異なるものだと思います。




フリーアクセスとは?
-------------------------------

●国民が自分の判断で自由に医療機関を選択できる体制
●大学病院、診療所等全ての医療機関が、医療保険の給付対象。
●日本の医療保険制度は、世界保健機構(WHO)から、
総合点で世界第1位(2003年191カ国中)と評価されています。
※他 アメリカ15位、ドイツ14位、イギリス9位、フランス6位。



フリーアクセスと手術のための予約についてはこちらをどうぞ。
「手術のための紹介状~患者の権利(=フリーアクセス)~予約の工夫!」




-≪宝 箱≫-------------------------------------------

医療について迷ってしまったら、
専門機関(医療安全支援センター等)にご相談することも一つの道です。
全国の都道府県に医療安全支援センターが設置されています。
(2003年厚生労働省指導)


苦情を含む国民の医療相談に対応窓口
全国医療安全支援センター総合支援事業
http://www.anzen-shien.jp/index.html
--------------------------------------------------------
残念ながら、今の病院・医師に疑問や不満を持ってしまった場合、
他の病院・医師を選ぶことは日本国民に与えられた権利です。





皆さんが、皆さんにとって最善の医療を選択されますように。
皆さんが選択された医療が、皆さんの健康への一歩となりますように。






参考資料:26年度版厚生労働省資料。長いですが、色々お勉強になります。
『保険診療の理解のために』

“平等”について考えることは、最近ルーテインワークになっています。
“平等”にも性差が存在するんですよ。
『社会的選好の中でも顕著なのは不平等回避、って意味わかります?』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-181.html

海外生活で衝撃を受けた想い出から・・・
『不平等の上になりたつ便利~平等と便利は反比例?(@_@)~』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-449.html

関連記事
スポンサーサイト

病院選びの大切さ~片側顔面痙攣で微小血管減圧術を受けて~私の治療概略

ものは考えよう♪~どちらも正解=病気について考える VS 病気のことは考えない

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)