私のブログ、記事が溜まり過ぎています
興味の対象記事を見つけたい方は、右側の「カテゴリー」からご選択ください。(PC画面)

「カテゴリ―」上部は、片側顔面痙攣関係。
「カテゴリ―」下部は、「その他」です。

近々テンプレートを変えて、見やすくする予定です。
(予定があります。できたらいいな・・・雰囲気が変わっても、ご訪問くださいね。)


そして、今日の記事はカテゴリー「コーヒーブレイク」に分類しました。

正真正銘「コーヒーブレイク」。
コーヒーについての話題です。

少し前に、コーヒー健康効果が続々と明らかに」という記事をよみました。
私が若い頃は、コーヒーは“単なる嗜好品”だったと思います。
「体にいいからコーヒー飲んでる」なんて会話をした記憶はありません。
私は、ものすご~くコーヒー党なので、“コーヒーは体にいい”という話題は大歓迎です。


記事にされていたのは、聖路加国際病院脳神経外科 篠田正樹医師の調査結果。(2015年学会発表予定)

コーヒーを週に1回以上飲む人は、飲まない人に比べて脳内の微小出血が少ない。
コーヒー常飲者は、飲まない人と比べて脳微小出血の発症率が4.46倍少ない。
これまで飲んだコーヒーの積算量が多いほど脳微小出血が少ない

※脳微小出血:脳内の数mm程度の極小さな出血のこと。脳微小出血では症状は無い。
 大きな血管で出血を起こす人は、脳微小出血が多いため注目が集まる。

とのこと。
お薦めのコーヒー習慣は、毎日1~3杯程度を目安として、適量を飲み続けること。

いくら健康効果が期待できるからといっても、
元々習慣の無い人や、急に多量に飲むことは、カフェインの影響があるのでご注意を!



今回の記事は、『週刊 日経ビジネス』の記事。
夫が、
「そうか!そういう事だったのか!分かったぞ!」
と、興奮気味に私に見せに来たんです。

彼が注目したのは、健康効果ではなく、記事の最後にチョロっと書いてあった

コーヒーを飲む人は皮膚にシミが少ない

夫曰く、
「普段、君は顔にシミがないのに、術後増えたな~と思っていた。でもまた最近シミが無いよね?」
「きっと、入院中や術後はコーヒーをあまり飲んでいなかったのに、最近はすっかり元通りに大量に飲んでるからだね!」
だそう。

術後、私の顔にシミが増えていたとは気づきませんでした。
もっと言うなら、ここ数年自分の顔のシミの量なんて全然気にしていませんでした。

友人たちの
シミが・・・」
とか
「しわが・・・」「たるみが・・・」
と言うお話しを、心の中で羨ましく聞いていた位ですから。

鏡でチェックするのは、「痙攣」や「顔の歪み」ばかりでした。


ところが、元々片側顔面痙攣に対する理解のなかった夫は、痙攣消失より、私の顔のシミが気になっていたんですね・・・

術後に増えたのかどうか。
コーヒーがそんなに短期にシミに影響するのかは定かではありませんが、私のシミが年のわりに少ないのは確か。かも。
普段はスーパー程度ならノーメークで出かけてしまう私ですから、「シミ専用のケア」なんて全くしていません。
私が、リンゴ以外の果物はほぼ食べないことは既にブログでも公表済み。(美容に良さそうな柑橘類、全く食べません。)

そう考えると、30年近く飲み続けているコーヒーが、シミに効くらしい唯一のことかも。
なんて確かに思えてきました。

ただし、私のコーヒーの量。半端ないです。
1日6~8杯位はコーヒーを飲みます。
朝6時前、起きて直ぐにコーヒーを飲み始めて、午前中には3~4杯飲んでしまいます。

過ぎたるは及ばざるが如し

きっと、どこかに“副作用”が出ていそうな気がします。

何事も、「適切な量」「適切な回数」であることが大切。
「適切」って、“アンの日記”ではKey Wordになりつつあります。



今日は、記事に追記する形で、今言われているコーヒーの健康効果について一挙ご紹介。

 香りから生まれる、癒し・集中力
2  善玉コレステロールの量を増やし、機能を高める
 血栓を作りにくい⇒心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中etc.リスク軽減
 大腸がんの発症を抑制
 糖尿病予防⇒研究報告についてはこちら
 がん細胞を抑制⇒研究報告についてはこちら
 脂肪肝を抑制
 肝機能の改善
 シミの改善

全日本コーヒー協会のHPを引用して、「簡素に列挙」しました。
HPでは、「自分の興味がある項目」をクリックすると、根拠を導き出した研究の詳細がわかります。
また、“実生活では?”の問いにはQ&A形式で分かりやすく対応されています。
日本コーヒー協会 『コーヒーと健康』

まだまだ、コーヒーマジックが発見されるかもしれませんね。


2002年 オランダのコポート研究(大規模追跡調査の解析)で、「コーヒーを一日7杯以上飲んでいる人は、2杯程度の人に比べて糖尿病になる危険が半分になる」という発表を見つけてちょっと安心。大量に飲んでも大丈夫かも。かも?

2014.11.10 No.1765 「日経ビジネス」より
社団法人 全日本コーヒー協会HP参照
関連記事
スポンサーサイト

夢を運ぶ飛行船が町のパトロール隊!~おとぎの世界から抜け出て未来へ~

サイバーダイン社HALの拡販政策~オムロンと業務提携~仲間作りが大切!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)