以前にご紹介した、歯周病の治療について。


全身疾患との関連についての解明が進み、
ご注意が呼びかけられているので、
もう一度ご紹介します。



今までは、
“病気になると歯周病になりやすいから注意しましょう”
と言われていましたが、

逆に、
 “歯周病菌”は、
歯周病から全身疾患に繋がることがある


歯周病を治療すれば、
全身疾患の症状改善にもつながる!




こんな風に、
いろいろな形で呼びかけられています!キイテ~
  



日本臨床歯周病学会によると、
歯周病は自然治癒することがありません。
またサイレントディジーズ(Silent Disease:静かなる病気)とも表現されるように
ひどくなるまで病気と自覚されることの少ない病気です。
 ~ 省略~ 
また最近では、全身疾患との関係も明らかになってきており、
まさに「歯周病は万病のもと」とも言えるでしょう。
とのこと。


“万病のもと”
ってかなり強烈なインパクト。


具体的には
歯周病は糖尿病や誤嚥性肺炎、低体重児出産のリスクを高めます。
また、
動脈硬化や心臓血管疾患のリスクを高める可能性があります。
そのほかメタボリックシンドローム、
骨粗鬆症、関節炎、腎炎などと関連があるという報告もあります。


万病・・・とはいかないまでも、
確かにかなり広範囲です。



この中でも、
歯周病と糖尿病の関係は、
特に注意を呼び掛けられています。


日本人の糖尿病患者数(厚生労働省発表)

  270万人
 (2011年患者調査)
糖尿病が強く疑われる者:約950万人。(2012年国民健康・栄養調査)
糖尿病の可能性を否定できない者:約1,100万人。
 
※他主な疾患患者数(比較してみてください
高血圧性疾患 906万7000人高脂血症188万6000人心疾患161万2000人
悪性新生物152万6000人脳血管疾患123万5000人


歯周病と糖尿病の関係

歯周病は糖尿病の合併症の一つ。
近年、歯周病と糖尿病は相関関係にあると言われるようになる。
歯周病が糖尿病悪化の1因子であることが分かり、
歯周病治療で糖尿病改善が期待される。


NEW
  
・2型糖尿病患者は、歯周病が重症化するケースが通常の1.5~3倍。
・薬、食事コントロールで血糖値が下がらない患者が、歯周病治療で改善。




歯周病菌の悪行!(内毒素をまき散らす)

歯周病菌が腫れた歯肉から血管内に侵入

全身に回る

細菌は体内で退治される

死骸が持つ“内毒素”は残存

血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを阻害
血糖値を上昇させる!!

※内毒素=エンドトキシン
=細菌の細胞壁に含まれる毒素。細菌が死滅しても毒は残る。


 簡単ケア 
朝起きて直ぐの口腔内には死滅した細菌がいっぱい。
口は、朝食前にすすぐ事がお薦め




歯周病は、
本人の自覚がないまま進行してしまうことが多いとのこと。
半年に一度は歯科医を受診し、
口腔内ケアを受けることが推奨されています。




次回、
歯周病とその他疾患について、
もう少し詳しくご紹介します。




※歯周病と心筋梗塞などの心血管疾患との関連については、
2012年5月に一度、米国心臓協会(AHA)から、
「500本を超える研究データを解析した結果、
歯周病が心疾患や脳卒中を引き起こすとは証明されていない」
との公式声明が出せれています。




KoKoRoの声

虫歯治療で歯科医受診は気が重いけれど、
私は、定期検診は大好き。
なんだかすっきりします。


歯科衛生士さんの技術は、人によってかなり違います。
(引分かる位歯科医院を変えています。)


歯科医も大切だけれど、虫歯の無い方なら、
『好みの歯科衛生士さんのいる歯科医院』
を探してみるのもいいかも。


難しいかな~

“ 好み ”
って、容姿じゃないですよ!
お間違えなく




注 目

  
舌の白い汚れ(舌苔:ぜったい)が、
口や喉のがんの原因になっているとの論文発表ありました。こちらから。
2015.03.31
「口や喉のがんの予防ができる~舌の白い汚れ(舌苔:ぜったい)ケア~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-88.html

関連記事
スポンサーサイト

不安の解消法~今できることに手をつける~村木厚子氏の場合

とにかくまずは歯周病治療!~歯周病と全身疾患の関係~

comment iconコメント ( 18 )

パグママさん

ご依頼通り、一部公開にしました。これで良かったですね?

仰る通り、それなりに同じ病気の方はいるようです。いったい何人なのか・・・知りたいですよね。(>_<)
とにかく、“アンの日記”を通して、“独りじゃない”という事を皆さんが感じられたらいいな~と思っています。“難病指定”枠が広がったようですので、公的な場へのアプローチもできたら、治療への研究が進むかもしれませんね。また調べたことをアップしますね。

ハルさんのお兄さんも片側顔面痙攣で手術をして、経過観察中です。パグママさんと同じお歳位かもしれません。
なので、パグママさんも「手術もできる」ことを覚えておいて下さいね。「それも選択肢」と思っている方が、元気になれそうな気がします。『治癒力』って、持って生まれたものでなくアップもダウンもできるみたいですから。\(^o^)/

私は、右側完治。左も圧迫血管が見つかっていて、時々痙攣しています。元々それが分かって、手術に踏み切りました。両側がバラバラに痙攣したら、生活が成り立たなくなりそうでしたから。
若い方でも重い病気の方もいるのですから、私も前向きに頑張ります。
こうした出会いも、エネルギーになります。コメントありがとうございます。(*^_^*)

旅行、楽しんできて下さいね。いってらっしゃ~い。(^O^)/

名前: アン [Edit] 2015-03-11 17:54

アンさん、ハルさんありがとうございます!

色々、励まして頂いて 大変、嬉しいです。
周囲には同じ病気の人は、いないのですが、全国的には 沢山みえて 皆様、
頑張っておられる様子をアンさんのブログから、感じられて元気がでます。
これからも宜しくお願いいたします!

名前: パグママ [Edit] 2015-03-11 17:29

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2015-03-11 15:26

Re: 兄

はるさん、コメント嬉しいです♡ありがとうございます(*^_^*)

お兄様のことはお気の毒です。痙攣が治まったのは救いですね。傷口については、酷いなって思います。(怒)

> 兄は術後閉じるときに人工骨を使われたと聞いたのでK病院の先生に私は?と
> 確認したところ、昔はそう云う術式を使っていたらしいですがK病院は自分の骨を戻す方法を取っているとも云われました。
> 骨は医療用のアロンアルファを使って引っ付けるそうですよ。

この辺り。色々みたいですね~。とっても興味があります。どの方法が一番いいのか意見が分かれる所みたいです。「医療用のアロンアルファ」は、支払い時の「診療明細書」を見れば何が使用されたか分かります。念のため、明細を取っておいて下さいね。

とにかく、本当におめでとうございます。\(^o^)/
お兄様も、K病院に移られたら、安心して治療できますね。ホントに良かったです。◎

名前: アン [Edit] 2015-03-11 02:01

本日2回目です(笑)
兄のことまでご心配ありがとうございます、アンさん。

最近はあまり話してないんですが・・・脳神経外科は1月以来受診はなんですが、痙攣は止まってると聞きました。
でも形成外科は月1回行ってると義姉が云ってました・
その兄も来月転勤で大阪に帰って来るそうで、K病院に紹介状を書いてもらい術後を観察してもらうと云ってます。

さっきのコメントに書くの忘れましたが・・・
兄は術後閉じるときに人工骨を使われたと聞いたのでK病院の先生に私は?と
確認したところ、昔はそう云う術式を使っていたらしいですがK病院は自分の骨を戻す方法を取っているとも云われました。
骨は医療用のアロンアルファを使って引っ付けるそうですよ。

名前: はる [Edit] 2015-03-10 21:28

注射or手術

はるさん

こんにちは。元気の出るコメントありがとうございます。(*^_^*)
パグママさんは、はるさんよりはちょっとお姉さんです。
病院によるのかもしれませんが、私の執刀医は、
「手術は、70を超えたら生活環境・全身状態をよく検討して、というスタンス。」
とおっしゃっていました。私が通院中に手術された方は74歳(?)だったと思います。外来で待っていて思ったのは、「皆さん綺麗にしてらっしゃるな。」と言う事。この病気が治ると、俄然美意識が高まるんですかね?(笑)
パグママさんは、手術の支障になる年齢ではないのでご安心を!\(^o^)/

とは言え、ゼミオンについてはちゃんと調べるのでお待ち下さいね!

先日片側顔面痙攣についての新聞記事が出たので、今日は「遠方から」もしくは「セカンドオピニオン」の外来について書きます。

p.s.
はるさん、お兄様は大丈夫ですか?もう完治◎されているといいのですが・・・。

名前: アン [Edit] 2015-03-10 06:40

こんにちは アンさん、ピグママさん(*^^)v

美容整形のボットクスって量を加減するのが難しくて女優でも躊躇う事があるそうです。
モチロン女優さんですから両方の下まぶたに打つので私たちのように片側しか打たないのではないので下まぶたの表情と云うか固くなることがないんでしょうねぇ。。
でも1回打った私でも何となく左の方は(手術した方)右に比べると少しハリが違うように感じますが??気のせいでしょうか(笑)

でも 50代はまだまだ女ですから。。
全身麻酔も耐えられると思いますよ・・ちなみに私は吐き気もめまいも全然なかったんですけどね(*^^)v
先生に珍しい方の体質だねぇと笑われましたが(^O^)/

ピグママさんも頑張ってくださいね。。

名前: はる [Edit] 2015-03-09 17:26

Re: ボットクス注射

はるさん、早速お返事ありがとうございます。(*^_^*)
パグママさん、同年代のはるさんからお返事ですよ~。\(^o^)/
はるさんは、いつもとってもご親切なんです♡

ボトックス治療、やはり皆さんお悩みがあるようです。
ボトックスは、「満足」ではなく、「手術が嫌だから」の一言につきる選択だと思います。

ゼミオン、他進化系ボツリヌス菌治療なら抗体は作られないで、今より安心して注射できるかもしれないですね。
一度、注射についての頁を書くべきですね。(ちょっと今は他で手いっぱいです(涙))
頁を作ったら、またコメントお待ちしてます!

名前: アン [Edit] 2015-03-09 09:26

ボットクス注射

今晩はアンさん

私は1度だけでしたが、手術に踏み切れない方が注射されているようですね。。
でもボットクス注射は何年も続けると顔の表情とかが硬くなるそうですね。
打ってもらった先生に私も確認したけど、少量なので問題はないといわれました・・ただ私が打った時点で私の痙攣は結構酷い時期で口元も打ちたかったけどあんまり口元に打つと斜めになったり・・歪んだりと副作用的に出る人もいるので打てなかったと云われましたね。。

名前: はる [Edit] 2015-03-08 21:32

パグママさんへ♪

パグママさん、
頂いたコメント、修正済みのものを公開しました。文章中に本名を入れたらダメですよ!(笑)
パグママさんは、このコメント欄にいる『はるさん』と同年代です。
『はるさん』は、ボットクスも試されましたが、2014年4月に手術をされ、後遺症も合併症も無いです。

ね?はるさん、このコメント読んだら、パグママさんにもコメント下さい\(^o^)/

『ゼオミン』(XEOMIN)は米国FDAでは既に認可されたボツリヌス毒素製剤ですね。今ちょっと調べた限りでは、ゼオミンは、米国でも片側顔面痙攣患者への使用は認められていないようです。多分元々申請されていないのかもしれません。医薬品は、それそれ「申請された症状」への投与のみ『認可』されます。
これについては、再来週以降調べます。暫くお待ちくださいね!

私のブログの『入院』頁も読んでみてくださいね。結構楽しく入院できたんですよ。(*^_^*)
勿論、ボトックス治療中患者さんも、応援しています!

名前: アン [Edit] 2015-03-08 09:05

Re: ゼオミンについて返信、有難うございました!(2015.03.08文)

アンさん、ご丁寧なお返事、ありがとうございました。顔面痙攣以外にも、まぶた痙攣などのジストニアの方、その他多くの方がボトックスに頼ってみえますが、抗体ができてしまうとアウトです。手術も考えていますが、遠方で腕の良い先生にしてもらえなかったり、私の様に両側だと顔面痙攣が起き易く、又、再発するのでは?という不安がつきまとう様な気がします。
> 大勢の方にゼオミンの事を知って頂き、皆さんの力で顔面痙攣にも認可が下りる事、又、ゼオミン以上のポツリヌス菌の薬が日本でも早く開発される事を願っています。厚生省への直訴、署名運動、何でもやる気ですが、私、無知なのでどうすれば良いか、サッパリ、判りません。私のコメントを読んで興味を持ち、私の
気持ちに賛同して頂き、皆さんの協力で、厚生省が動いてくれれば最高です。
今後共、宜しくお願いいたします!

名前: パグママ [Edit] 2015-03-08 08:45

ゼオミンについて(2015.03.6投稿文)

アンさん、いつも色々な情報、ありがとうございます。私は顔面痙攣を6~7年、患っていて 最近、両側だと医師から告知され ショックをうけています。(うつ病体質です)手術は高齢程、リスクが高いらしく、61歳です。最近、美容外科のサイトでゼオミンという言葉をよく見かけます。ボトックスは商品名で、優れていますが、抗体のできるのが欠点です。ゼオミンは美容関係しか 厚生省の認可を受けていませんが抗体が非常にできにくいと書かれています、主治医には否定されたのですが・・・。美容関係といっても医師には違いないし~本当の所はどうなのか非常に気になっています。どうやって真偽を調べれば良いのか、もし、抗体が出来にくいのなら 顔面痙攣にも使用してもらえるよう、どのように厚生省へお願いすれば良いのか、賢明なアンさん、良かったら アドバイス、頂けないでしょうか?
すいません。宜しくお願い申し上げます!

名前: パグママ [Edit] 2015-03-08 08:43

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2015-03-08 03:43

Re: 今晩は はるです。

はるさ~ん。
再度、ご挨拶です。

お引っ越しって(事務所移転でも)相当ストレスが掛りそうです。気持ちだけでなく、体も疲れますよね。
無理されないでくださいね!

目下最大の体調悪化要因は、花粉症です!
かゆいし眠いし・・・そして、ねむくなってしまいます。。。

名前: アン [Edit] 2015-03-07 23:54

Re: 今晩は はるです。

はるさん、こんにちは~(*^_^*)

> ストレスって怖いと再確認しましたね。

不思議ですよね~。圧迫血管は移動したのに・・・。何ででしょうね?
「ストレス」ってほんとに恐ろしいです。

頭が重いというより、低気圧のせいか、お天気の悪い日に酷い頭痛がしたことがありました。その他は、特に変化はないと思います。

名前: アン [Edit] 2015-03-07 22:53

今晩は はるです。

ご無沙汰しております(^^♪

先月は事務所の移転でバタバタして・・・ストレス満載で過ごしてましてやっと3週間過ぎて落ちつきましたが・・
でもなっなんともう少しで痙攣再発かと思うほど左下瞼(手術した方です)にえっと思うような緊張が走ったことが2~3度ありまして・・(一一")
幸いにも痙攣はなかったですけども。。
ストレスって怖いと再確認しましたね。

アンさんも私と同じで来月で術後一年ですか・・どうですか??
体調は。私は10日に最後の脳神経外科の検診に行ってきます。
でもやはり気圧と云うかお天気とかで最近ははっきりとしないと朝起きた時に頭は重くなることはありませんか?
私はたまにありますが、起きて会社に行く支度とかしてると気にならなくはなるんですけどもね・・その後はなんにもないですが

名前: はる [Edit] 2015-03-07 22:32

Re: ゼオミンについて

昌子さん、ご無沙汰しています。(*^_^*)
その後も色々試されているのですね。皆さん、必死で自然治癒・手術以外の方法を模索されていますので、お気持ちよくわかります。私もそうでした。
まず手術について。昌子さんは、けっして手術が不可能なお歳ではありません。A医師の元でも70代の方が手術されていました。
医師について。
a.美容関係でボトックス注射をしている医師
b.片側顔面痙攣のボトックス注射をしている医師
では技術がまるで違います。片側顔面痙攣患者に注射するためには特別な資格が必要です。ですから、「美容関係の医師」にはゼミオン注射を片側顔面痙攣患者に打つことはできません。
とても微妙な注射です。片側顔面痙攣のボトックス注射にも「名医」と言われて活躍されている医師がいます。
ご存知ですか?
厚生省への申請については改めて調べてみますが、臨床試験等ステップは多いので、現時点で申請がされていなければ、これから申請しても認可がおりるのはまだまだ先になると思います。

手術も視野に入れてみてもいいような気がします。
私が手術するきっかけになったのも、「両側の痙攣」でした。
私が昌子さんのお手伝いできることがある気がします。応援します。(*^_^*)

「鍵」をクリックして、私だけ読めるようにコメントできます。ご存知ですか?
今回のコメントは公開してもいいですか?もし不可のようならお手数ですがもう一度コメントくださいね。
特にコメントなければ、後ほど公開しますね。

名前: アン [Edit] 2015-03-07 10:48

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

名前: - [Edit] 2015-03-06 12:35

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)