;2014年1月。病院、執刀医師をまだ決めかねていた。
年末からずーっとずぅーと考えていたのだけど、
片側顔面痙攣の術前検診の日が来てしまった。

「とりあえず、行っちゃえ。」と、
またもや悪魔の囁きに従いM記念病院へ来院。
酷い患者だよね。





検査は9時受付。
・CT検査 
(東芝エリアディテクターCT装置アクイリオン・ワン使用。造影剤無し。)
※説明書きが廊下に貼あり。
・胸部レントゲン
・心臓超音波検査
・採血
・聴性誘発反応測定検査
・採尿
・負荷をかけての心電図
・肺活量測定
・外来


M記念病院の良かった点
各検査についての説明用紙をくれる。
検査の趣旨や注意事項、検査時間の目安が書いてあって

エレベータを待っている間、今何階にあるか表示されていると、
人が待ち時間を短く感じるのと同じ原理。
訳がわからないままあちこち行かされるより、
ずっと気分良く検査が受けられる。


悪かった点
健康診断と違ってガウンや履物を借りられるわけではなく、
しかも検査によって部屋が違うから、
衣類の着脱がすごーく面倒臭かった。

もっとよく考えて、脱ぎ着しやすい服装にしていくべきった。
この日の私の服装は大失敗だった。






外来は、当日申しこんだ。
表向きは、2013年の手術状況の確認。

A医師に会って、手術件数や術後治癒率についての質問をした。
A医師の応えは、片側顔面痙攣の権威と言われるT医師の昨年の状況より良かったくらい。
安心できる内容ではあった。
(心の中で比べられたから、何件も受診した甲斐があった

でも、この日の外来の本当の目的は、
Mr.脳神経外科医(=Mr.脳外)のA医師ともう一度話してみることだった。


自分がA医師とお話してどう感じるかを試したかった。

検索で得る情報以上に確実なものがあるとしたら、
それは目の前にいる人間をどう感じるか・・・だと思ったから。



※ここから読んでる方。
Mr.脳神経外科=Mr.脳外は、私がA医師に勝手につけたネーミングです。



検査機器について少しだけ書いています。
2014.04.09 「片側顔面痙攣 入院8日目~①検査・医療機器」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-57.html

『アクイリオン・ワン』は、世界で評価されている高性能CTです。
開発・販売元の東芝メディカルシステムズがニュースになりました。
『世界で戦える日本の医療機器~東芝メディカルシステムズを考える』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-492.html

CT、MRIの保有数は世界第1位です!
『日本が断トツ1位!~MRI、CTの人口100万人辺りの保有数』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-151.html

関連記事
スポンサーサイト

医療ミス・誤診~病院の質・医師の腕~

病院・医師選び~手術の成功率を上げる要因★チェックポイント

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)