只今、GW真っ最中。
きっと、多くの方が “非日常”を過ごされているのでは?

“楽しく過ごせる”方もいれば、
“いや、いつもより大変”
なんて方もいたり。

どちらにしろ、
“何だかいつもとは違う” 日々を過ごされる方が多いのかな~。
なんて思っています。


今日は、コメントを頂いていたから私の健康法(ダイエット法)について。

そもそも病気になった私の“健康法” って、発信する意味があるのか?
とかなり疑問なのですが・・・
治癒力・治癒率アップに繋がるかもしれないので、ご参考まで。



とりあえず、
今年も無事に風邪は引かずに冬を越せました~。
(家族が引いても私はうつりません。)

ものすご~く気をつけていることは無いけれど、
“ほどほどに健康思考” 的な、
ゆる~い感じの日常の過ごし方が、
それなりに健康な体を作っているかな。
なんて考えています。

これまでにご紹介した、手術後の私の健康法はこちら。
「筋肉減少を防ぐ方法~手術後に私がして良かったこと~自分で直ぐにできる!」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-122.html



それから、
『継続は力なり』 

お散歩、続けています。
私の場合は夜ですが、
朝早くのお散歩なんかも本当は気持良いのかもしれません。
(朝の方が一般的ですね。
「光」に対する恐怖から昼間の散歩は今でもできません。トラウマです。


お散歩効率をあげるために今している工夫は、
ウォーキングシューズと、ソックス。



ウォ―キングシューズは、
『EASYTONE イージートーン』(製造元:Reebok)を使用。

今調べてみたら、
ダイエット燃焼効果が期待できるということで大人気だとか。

秘密は“バランスポッド”!!

ソールに内蔵されたバランスポッドによるムービングエアテクノロジーが特徴。
ポッドに入った空気が前後に移動し、着地時の衝撃緩和と気持ちのいい履き心地をキープし、
軽やかな足の運びを導きます。
さらに、イージートーンのテクノロジーにより、普段の靴と変わらない使い方で、
筋活動量アップによる下半身のエクソサイズ効果が期待できます。

だそうです。

私の実感は、活動量アップというより、
普通のウォーキングシューズとは使う筋肉が違うということ。
エクササイズ効果、あると思います。
あとは、体幹が鍛えられた気がします。
なので、継続して使用。(只今5ヵ月)




5本指ソックスTABIO SPORT)を使用。
前にもご紹介しました。
今で、5足目くらい。
笑っちゃうことに、何故か右のかかと上(アキレス腱の辺り)に穴があいちゃうんです。
これは、私だけだと思うので、普通は何年も履けるはず。
とても丈夫な作りです。

5本足ソックスだと、足指がしっかり地面を掴める感じで、
こちらも体幹を鍛えるのにも良いと思います。
(靴下を替えるだけでも、筋肉が変わりますよ!)

今通っている「ル―シ―ダットン」の先生も5本指ソックスを推奨されていました。
5本指ソックスのご紹介はこちらの頁。運動と脳の活性の関係についても書いています。
「広めよう脳フィットネス~書ききれないほどの効果・効能~悪いことなし!」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-164.html





ウォ―キングシューズ&ソックスは
健康(健康グッズ?)オタクの夫からのプレゼントです。

私はその辺りは興味の対象外なんですけれど。。。
(ただし、シューズは、
アメリカのフットドクターが推奨するニューバランスが元々お気に入り。)

イージートンは、研究熱心な夫の強烈な薦めで “渋々使い始めた” のですが、
確かに効果が実感できたグッズ です。

同じやるなら、「効率的に」やれたら嬉しい。
なので、イージートーンに限らずですが、
体脂肪燃焼系のウォ―キングシューズでお散歩、お薦めしま~す。



因みに、私(中年女子)の体脂肪は15~19%程度。(平均は17%位)
お散歩直後は、15%ジャストなんてこともありますから、
お散歩って、ほんとに効きますよ。
(私自身は、30分のクロールより1時間のお散歩の方が体脂肪が減ります。)
※同等の体脂肪減少が期待できるのが、苦手な人との会食。(笑)




改めて書いておきますが、
私は太ってはいないですが、スタイル良くないですから。
“お散歩でナイスバディ”
までは、期待しないで下さいね!

今日のお題、“健康”ですからね。

ウォ―キングシューズ&5本指ソックス
    夫からのプレゼント。

GW中に、宜しければ体験してみては?
靴は、絶対試着してから購入すべし


イージートンの説明は、公式 『イージートーン通販 reebok.jp 』より。
関連記事
スポンサーサイト

「慢性痛」は病名ですよ!~正しい痛みの対処方法~その2

片側顔面痙攣手術後1年~近況報告~手術創写真♪~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)