自分にとって最適な医療を受けるためには、
病院・医師に頼っているばかりではだめなようです。

賢い患者” になるためにはどんなことを注意すればいいのか。
市民公開講座で、そんなことを教わってきました。



引き続き、第97回東京医科大学病院 市民公開講座、
安心して病院に掛って頂くために
~患者さんと作る安心で安全な医療~

について。

『患者さんが安心安全の医療を受ける為のコツ』
として解説頂いたのが通りの「コツ」

1.上手に医者にかかる10カ条(1998年厚生労働省研究チーム発表)
2.安全な入院生活のポイント(阪大病院 いろはうたより)
3.医療事故を予防する20の秘訣(米国保健省のAHRQより)


今回2つ目のご紹介は、
『阪大病院 いろはうた

大阪大学医学部付属病院中央クオリティマネジメント部作成。
医療の質・安全学会が、
患者本位の医療をめざす『新しい医療のかたち』 を指し示す活動に与えている
第7回 『新しい医療のかたち賞』を受賞しています。
(「医療者・医療機関を中心とした取り組み部門」での受賞)



◆【2.安全な入院生活のポイント】
大阪大学医学部付属病院「いろはうた」のご紹介~

  今いちど、自分の名前を伝えましょう。
病院にはよく似た名前の患者さんがおられます。
フルネームを伝え、ネームバンドをお見せください。

  廊下は意外にすべります。スリッパやめて夜も安心。
スリッパは院内ではすべり易く、けがの元になります。
入院中は履き慣れていて、すべりにくく踵を覆う靴ですごしましょう。

  歯は外したら入れ物へ。大事な体の一部です。
入れ歯やめがね、補聴器などをなくしてしまうと、とても不便です。
検査等で外したときは、すぐに容器にしまい、大切なものをなくさない様に気をつけましょう。

  2度3度、尋ねることも遠慮なく。治療の主役はあなたです。
病気についてはご自身でも勉強しましょう。
分からないことやご希望がある時には、遠慮なく病院の職員に伝えましょう。

  ホッとする。相手に話そう不安な気持ち。
不安や悩みを一人で抱え込む必要はありません。
家族、友人や病院職員等に伝え、一緒に治療に取り組んでいきましょう。

  変だな?と思った時は確認を。薬は正しく飲みましょう。
お薬には沢山の種類や飲み方があります。
何か疑問に思った時は、服用する前に確認しましょう。

  とっても大切。次の診療いつですか。
退院後はご自身での体調管理が大切になります。
これからの診療予定や病院で聞きたいことをノート等に書き留めておくことをお勧めします。



いろはうた
優しい響きですね。

こんな風に表現されると覚えやすいし、
ちょっと緊張感がほぐれる気がします。


1.上手に医者にかかる10カ条は こちら
3.医療事故を予防する20の秘訣こちら




必要な方に、必要な情報がちゃんと届きますように。
今日の1歩は、次の1歩のための1歩。




病院の安全のために、制度も整えつつあります。
『手術前入院~クリニカルパス、クリティカルパス』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-157.html

医療・治療では、「ノートに書くこと」はとても大切です。
「医療メモ」「治療記録」の意義について書いています。
「術後の手術内容の確認~記録の重要性について~最後の一歩を忘れずに」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-214.html


「阪大 いろはうた」は、
大阪大学医学部付属病院中央クオリティマネジメントHPでご覧になれます。
『患者さんと医療者のパートナーシップ』~阪大いろはうた~
※ 2011年第5回医療の質・安全学会学術集会『ベストプラクティス特別賞』も受賞。
関連記事
スポンサーサイト

上手に医者にかかる10カ条~賢い患者になるために~その1

医療ミスを防ぐための20カ条~賢い患者になるために その3~自分でできること

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)