注 意
水分補給を忘れずに!

ここ数年、夏前、暑くなる前から
こんな注意が促されています。


それもそのはず、
例えば、気象庁の『過去の気象情報』をのぞいてみると、
1915年4月の平均気温は15.9℃
2015年4月の平均気温は、21.1℃。
その差は歴然。





5月、6月言えばイメージ的には夏前です。
梅雨前だし。

でも、昔と今とこれだけ気温差があるとなると、
昔の“暦”とは関係なく、
時代にあった”季節感”を持つ必要がありそうです。


現在の”季節感”で考えるなら、
夏と言わず、5月には水分補給を意識した方が良いそうです。






毎日何気なく飲んでいる水ですが、
水分補給にも“コツ” があります。


本格的に暑くなる前に、今日は、
“正しい水分補給方法”についてご紹介しますね。


-----------------------------------
水分補給のコツ~飲み方のポイント~
----------------------------------


1.水分補給はせっかちに!飲むタイミング

「のどが渇いた」と感じた時には、既に体内の水分は足りない状態。
体内の水分量を一定にするためには、
水分は”のどが渇く前”に補給するべし



2.水分補給は上品に!飲む量・飲み方

一度に飲む量は、150~200CC程度。
それ以上は、ガブガブ飲んでも吸収できません。


3.
水分と一緒に塩分&糖質も補給!

スポーツをする時や、脱水症気味になったと感じる時には、
水分とともに塩分&糖質を摂取すべし。

市販のスポーツドリンクや経口補水液が便利。
(病気の際の脱水症時には、
水や市販のスポーツドリンクは寧ろ体に良くありません。



4.
「寝水」をたしなむ!
むくみを恐れずチャレンジ!

寝る前の一杯は、昔から
「宝水」「命水」と言われ、
特別に意識されていました。

睡眠中も、水分は汗や呼吸や代謝に利用されているので、
寝ている間に血液がドロドロにならないように、
寝る前の一杯はとても大切です!




日本では、
蛇口をひねれば誰でも簡単にお水が飲めます~。
それ故に、日ごろ‟水分補給”について、
深く考えないまま成長するような気がします。

健康のため、自分のために、
“飲む量”(適量)、“飲み方”、“飲むタイミング”
を考えて水分補給をしましょう~


人は、脱水気味になると判断力が鈍くなることが分かっています。
その意味からも、
一定の間隔で水分補給することがお勧めです




自分で判断することが難しいお子さんやご高齢の方の場合、
決まった時間に水分補給(麦茶、果汁、水等々)をするクセを
つけてしまうと安心かも。カモカモ




★豆 知 識★

人間は、体重の50~70%が水分です。
体重が気になる身としては、できれば体内水分は減らしたい気もしますが、
この水分は必要不可欠なもの!

体内の水分は、
◎体温調節機能
◎血液として栄養素を全身に運ぶ。
◎老廃物を体外へ排出する。(汗・尿・涙)

といった役割をしています。


成人の場合、日常生活の中で、
皮膚や呼吸から1日2~2.5ℓの水分が失われます。
(1㎏あたり20ml程度)

失った量と同量を飲むのは大変ですが、
食品などから摂取できる水分もあるので、
実際には0.8~1.3ℓ程度摂取が、飲料水の適量と言われています。


この飲料水の適量という考え方が大切で、多量に摂取すると、
「体内の電解質のバランスが崩れる」
「体内のナトリウム濃度が低下する」
という状態になります。
東洋医学でいうところの “水毒” ”水中毒” です。


どんなに必要な水、体に良い飲み方でも、
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。
昔の人は良いこと言うな~
水分補給は適量が大切!




一日に大量~の水を飲んでいると
SNSやブログにアップしている
美しいモデルさんや女優さんがいますが、
健康にとっては正しい習慣とは言えないです。



自分への日々の小さな気遣いが、
からだを健康にしてくれるようです。



水の魔法!水を飲むだけでリスクが半減するがんについて
『たっぷり水分を摂るだけで膀胱がんのリスクが半分』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-525.html

こちらもご注意です!
『熱中症との誤認、誤診に注意~夏血栓~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-324.html

昔の暦と、“今”を比べて見て下さい。
『二十四節気から思うこと~変わらないもの。変わるべきこと』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-512.html

多くの資料で推奨されている水分補給のタイミングは、
レジリエンスを高める食事摂取のタイミングとほぼ同じでした。
「折れない心」「しなやかさ」と訳される話題のレジリエンスについて
レジリエンスを高める食事~おやつ(間食)の薦め~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-291.html


気象庁のHPより。過去の気象
東京都環境局のHPで、熱中症対策の必要性を実感!
『暑くなる東京』

 TANITA 健康のつくりかた 「水分補給の大切さ」
 日本訪問看護振興財団 「防ごう!守ろう!高齢者の脱水」
 SUNTORY 「水大事典」~水の飲み方は大切~
関連記事
スポンサーサイト

長所・強み(Signature Strengths)をテストで確認♪~VIA-IS~

国外で学ぶ日本人~例えば皇室の皆さま♪~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)