片側顔面痙攣自然治癒するか?』
は、片側顔面痙攣患者全ての疑問。



私が、2012年に初めて診察を受けた時、
当時の主治医は、
片側顔面痙攣自然治癒はしない」
とはっきり仰いました。
(セリフは違います~日記を読んで下さいね!)



自然治癒しないと言われた時には、
「でも、私は治ってやる。」
と思っていました。意欲満々


私は、
真面目に医師の話を聞くけれど、その実、
「人間には科学では分からない力が宿っている」
と密かに信じているような人間です。





2013年に同じ医師の診察を受けた際、
ビタミンB12が効くという報告があがってきている」
「試してみる?」

と言われた時には、
「ふだん全然飲まないから、私にはきっと薬が効くな!」
と自信たっぷりに思いました。
時々、根拠無く前向きになってしまう私です。

その分、
効かないと感じ出した時の落胆は大きかった…。




痙攣が激しくなり、
自然治癒への希望を持てなくなって、
本格的に専門医を探しお話しを伺ってみると、
片側顔面痙攣名医といわれるT医師
そのお弟子さんで私の執刀医のM記念病院のA医師の両医師は、
「メチクール(ビタミンB12)は効かないよね。」
とおっしゃいました。
(T医師ははっきり「止めて」とも仰いました。)

で、
毎日欠かさず数カ月飲んでいたメチクールの服用を止めました。
今日、製品名を確認するために薬箱を探ってみると、
330錠ほど余っていました。




医療は日進月歩です。
2013年から既に2年が経った今日は、
片側顔面痙攣の治療に繋がる新しい情報かも」カモ
片側顔面痙攣の患者にも関係ありそう話題かも」
と思える新聞記事をご紹介したいと思います。




2015年6月14日 日本経済新聞
「難病ALS解明手がかり~進行の抑制めざし薬開発」

末梢神経障害の治療に使われる薬「メチルコバラミン」に着目した。
~省略~
患者全体では効果は見られなかった。
ただ、
「発症後1年以内の患者では、600日ほど期間が延びた」としており、
対象を限定すれば効果が上がる可能性がある。
とのこと。



一見、片側顔面痙攣とは全く関係ない記事ですが、
メチルコバラミン」は、
私が手術前に処方されていたメチクールの主成分です。



一般の医師が感じる、
ビタミンB12が効く」
専門医師の
ビタミンB12は効かない」
と言う意見の差は、
もしかしたら片側顔面痙攣の発症時期と関係あるのかも。カモカモ


片側顔面痙攣の専門医が診察するのは、
一般的には紹介状を持ってくるそれなりに症状の進行した患者です。
進行した患者には全く効かないと思われるメチルコバラミンも、
初期の患者には症状を寛解させる作用があるのかもしれません。

そんなことを考えてしまいました。



ALSに関する記述でも、“完治”と言っているのではなく、
メチルコバラミンは、症状の進行を遅らせただけです。
でも、
仕事、子育て、その他「手術の決心はつかない」
“今が手術のタイミングではない皆さん”には、
お役に立つかもしれないのでご紹介してみました。



◆次回はこちらから
「片側顔面痙攣は自然治癒するか?」はPart3まで

●Part2

「痙攣に効く薬はある?~ビタミンB12,メチルコバラミン,メチコバ―ル
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-304.html

●Part3
※発症初期の方は、こちらを特にご確認下さい。
「片側顔面痙攣の痙攣のしくみについて~薬の効果と限界~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-306.html


必 読2017年追記
サプリメントを試す前に、こちらの注意事項をご確認ください。
片側顔面痙攣の処方薬のご注意
『サプリメントと薬の飲み合わせ~1例は紅麹とテグレトール~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-629.html





片側顔面痙攣の根治治療は、手術のみです。
技術については、専門医師の方々が学会で毎年情報交換をされています。感謝
手術をご検討中の方は、
正しい医師・病院の選択のために『アンの日記』をご活用下さい。


私の右側片側顔面痙攣は既に手術で完治しています。
微小血管減圧術の手術を受け、きれいさっぱり完治です。

--《宝箱》-----------------------------------

その他のサプリメント情報、
痙攣の進行について、医師・病院の選択方法などの検索は、
ご案内頁(サイトマップ)をご活用ください。
手術の成功率をあげるKEY、術後の写真も掲載!

「片側顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛患者の皆さんへ・・・」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-121.html
---------------------------------------------------





◆豆 知 識◆

私が処方されていたメチクールは、ジェネリック薬品です。
メチルコバラミン(メコバラミン)を主成分とする、
最も一般的な薬はメチコバール(エ-ザイ株式会社)です。
メチコバールは、申請から承認までの認定期間が1年以上要した経緯で、
新発医薬品としての承認がされませんでした。
従って、
同成分薬品は、先発薬はなく全てがジェネリック薬表記です。

ジェネリック薬品(後発医薬品)に抵抗がある方は、
メチコバールが、事実上の新発メチルコバラミン(メコバラミン)製剤です。




◆【メチコバ―ルの薬品説明】
~製造元エーザイ株式会社サイトより~

末梢性神経障害治療剤。
末梢性神経障害を効能・効果として持つ。
一般名:メコバラミン。
メコバラミンは、血液髄液存在型の補酵素型ビタミンB12で、
生化学的にメチル基転移反応に関与し、
核酸・蛋白・脂質代謝において
B12同族体の中で最も優れた生体内活性を示す。
障害された神経を修復し、
しびれ・痛み・麻痺を改善する末梢性神経障害の基礎治療薬。
日本を中心にアジア諸国において販売している。


私が受診した専門医師の方々は、
メチルコバラミンは片側顔面痙攣には効かない
とお考えでした。
脳神経外科の見解の相違はこちらから。
「セカンドオピニオン~6人の医師の見解の相違~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-23.html



痙攣についての最新記事(2016年10月記載)
片側顔面痙攣の進行についての理解はこちらから
『片側顔面痙攣の進行について~進行速度は人それぞれ~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-584.html

その他、サプリメントについて書いています。
こちらは個人的な感想を多く含みますのでご参考まで。

「退院後の片側顔面痙攣~光の影響?~③頭痛について」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-79.html

「退院後の片側顔面痙攣~術後の症状/術後の体調のまとめ」

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-91.html

「片側顔面痙攣に効くサプリメント?~・・・」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

「“刺激”にご注意を!~ 片側顔面痙攣の痙攣の場合~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-224.html

「片側顔面痙攣の手術後の痙攣について~マグネシウムについて~」

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-366.html


痙攣について。皆さんからの情報も記載しています。
『片側顔面痙攣~MRI画像が全てではない!症状優先!』Part1
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-183.html

『出たり出なかったりする片側顔面痙攣~どんな時に出る?』Part2
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-184.html

痙攣の進行速度について考えてみました。
痙攣の進行速度~最初に痙攣がおきてから口元が引きつるまで~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-253.html

「片側顔面痙攣の治療~上手に使おう!主治医とサプリメント~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-397.html

両側の片側顔面痙攣について~その他眼瞼痙攣や眼瞼ミオキミアなど
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-402.html

ボトックス注射についても少し書いています。
「片側顔面痙攣に効くサプリメントはあるか~追記はボトックス注射情報~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-479.html


関連記事
スポンサーサイト

遺伝子検査の有効性~あなたは、結果を見て自分の生活習慣を見直せますか?~

片側顔面痙攣に効く薬はあるのか?~ビタミンB12、メチルコバラミン、メチコバ―ル~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)