今週は、引き続き、世界に目を向けてみよう。


今日の話題は、機能性疾患に分類され、
手術のMVD (microvascular decompression)
(頭蓋内微小血管減圧術、脳神経減圧術、ジャネッタ式など同様の術式)が、
唯一の根治治療である、
片側顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛患者の皆さんへの
ニュースレター。


以下、
自動翻訳機能に大幅に頼ってます。
原文を読んでおかしい~と思った方、
日本の医療用語だと訳はこれだよっと思った方etc.etc.は、
アドバイスコメントをお願いいたします~m(__)m





2017年1月13~15日、
中国上海市において、
World Neurosurgeons Federation of Cranial Nerve Disorders(WNFCND)の
(自動翻訳による日本語訳は、
世界脳神経外科医脳神経障害連合 / 脳神経障害の世界神経外科医連盟)
第1回国際脳神経障害学会(Cranial Nerve Disorders)が開催されました。


-----------------------------------------------------
World Neurosurgeons Federation of Cranial Nerve Disorders
------------------------------------------------------
WNFCND:
世界脳神経外科医脳神経障害連合 / 脳神経障害の世界神経外科医連盟


1.学会概要
WNFCNDは、特に過興奮性障害のための脳神経機能不全、
超微小血管減圧による治療の研究に重点を置く国際的な学術グループ。



2.目的
顔面痙攣、三叉神経痛、顔面麻痺に対する
より良い解決策を研究。


世界中の患者のために、脳神経障害に関する知識を促進、
脳神経減圧療法をさらに発展させるために、
多施設研究およびモノグラフにおける様々な協力をし、
学会において情報を共有します。



3.メンバー、参加資格
脳神経外科医、神経科医および神経生理学者ならびに
脳神経障害に大きな関心を持っている臨床研究者。
メンバーは、WNFCNDが開催する会議への積極的な参加が望まれます。



4.日本から参加された脳神経外科4名
※()内は私が推測.50音順.

Kenichi Amagasaki(三井記念病院 尼崎賢一氏)
Akinori Kondo(城山医院 近藤明悳氏)
Toru Hatayama(水戸ブレインハートセンター 畑山 徹氏)
Takamitsu Fujimaki(埼玉医科大学病院 藤巻高光氏)





今日のニュースレターは、
「”稀”と言われる病気でも、
こうして臨床報告や研究をして下さる医師たちがいるよ!」

とお伝えするためのレター。



難しい英語や、
医療の難しいことはさっぱり分からなくていい。
でも、勉強熱心な医師、
患者の立場を理解しようと努めて下さる医師、
自分が心から信頼できると思える医師と巡りあえるよう、
少しの努力は忘れないで下さいね。


医師からの説明をただ待つだけでなく、
理解できなければ質問を、
納得いかなければ自分の気持ちを、
こちらからお伝えすることも大切です。



2017年丁酉年(ひのととり)は騒がしく、
色々考えさせられることが多い年となることを暗示しているとか。
初めてのMVD世界大会が、中国で開催されたのは、
「今年は考えろ!」ってことかも。
カモカモ       


詳細はこちら。先生方のお写真もありましたよ
World Neurosurgeon Federation of Cranial Nerve Disorders
http://www.wfcnd.org/sort/1




豆知識◆

中国、日本の医療事情を少しだけ。

◆中国
2009年以来、
中国では医療保険制度を含む医療衛生制度の改革(新医改)を進めいます。

2016年1月1日より、上海市では、
上海市出身者と農村出身者のための新しい基本医療保険制度(新保険制度)、
住民医療皆保険制度を実施しました。
統一的な医療保険制度を導入することにより、都市出身者と農村出身者の保険制度を統一し、
上海市在住の市民への高い医療サービス提供を目指しています。



◆日本
中国・アジアを視野に、官民一体で医療ビジネスの国際展開を図る。

(一例)
2016年4月26日
株式会社日本トリムは日本政府と連携して、
中国での糖尿病治療、血液透析で日本式医療サービスを提供する
病院運営事業を始めると発表。
2017年2月現在、第1号となる病院を北京市で開業のため準備中。
2023年度までに10カ所に増やし、売上高500億円を目指す計画。


株式会社トリムプレスリリースより。
『中国における病院運営事業への参入に関するお知らせ』
http://www.nihon-trim.co.jp/dl/ir/7ed2449660a9749f1c84a5a9c3a49ced.pdf



◆≪こぼれ話≫~メモ~
株式会社トリムの水素水の応用研究が面白い。

・水素水の血液透析への応用については、
2010年4月に東北大学との共同論文が、
欧州腎臓透析移植学会誌「Nephrology Dialysis Transplantation」電子版に掲載。
「慢性腎臓病・透析患者に対する新規治療法」として期待されています。

・電解水素水の効果の機序解明を目的とする九州大学との共同研究と並行して、
2010年1月より、カロリンスカ研究所(欧州最大級の医学大学、スウェーデン)と、
抗酸化性をもつ電解水素水の生理機能を明らかにするとともに
神経変性疾患への効果を検証することを目的とした共同研究を開始。


私は水素水に興味津々
『アンの日記』でご紹介できる成果が生まれますように。



医師、病院を選択する際にはご確認下さいね。
『片側顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛患者の皆さんへ』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

医療事情について。少しお勉強モード。
『共生なるか!~「かかりつけ医」と「フリーアクセス」の話~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-567.html

『今時の医療~患者が主体的に選ぶ医療~情報の共有で納得』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-347.html

『祝!ノーベル経済学賞受賞 経済学者アンガス・ディートン氏』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-392.html


関連記事
スポンサーサイト

ボツリヌス毒素・神経毒素基礎臨床会議~TOXINS~世界会議

私の憧れジャンヌ・サマリーの笑顔~ルノワールの肖像画~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)