私が入院、片側顔面痙攣の手術に際してサインした書類と提出した書類について書いておこうと思う。

1.入院
○HIV(エイズウイルス)検査について
2.入院
入院同意書
○特別療養環境室(差額ベッド)入室同意書
手術予定の皆さまへ(麻酔問診票)
入院看護計画書(説明)
入院診療計画表
○麻酔に関する説明と同意書
手術・検査同意書
○抗菌薬への過敏反応に関する問診票
○輸血同意書
○血漿分画製剤使用に関する説明と同意書
○静脈血栓塞栓症の予防に関する同意書

大切そうな内容なのに、サインが不要だった書類が一つあった。
手術を受けられる患者様へ 』
手術中術後に使用される薬剤について、薬剤師さんから丁寧に説明を受けたが、頂いた用紙には担当薬剤師さんのサインだけでよかった。使用薬剤に関しては、患者の同意はいらないらしい。


他のどうでもよさそうな書類にサインしていたから、ちょっと可笑しく感じちゃったな。



 
【入院前にいただいた大切な紙】

『 お薬情報(お薬手帳、薬剤情報提供書)の提供についてのお願い 』

趣旨は安全かつ有効にお薬を服用するためとのこと。

入院前から止めなければ手術に重大な影響を及ぼしてしまうようなお薬もある。
●病院から支持された薬を飲んでいる。(これも忘れずに!)
●各種サプリメントを数種類・多量に採っている。
●平行輸入で日本の薬事法で許可されていない薬類を服用している。
どのケースも忘れずに、自分から病院・先生に情報を提供しなければ

※M記念病院の場合は、入院コーディネート室を活用しよう!



因みに、私が不在の間に家族が病気になって困らないように、家族の病院・お薬関係の書類は直ぐに分かるようにしてから入院した。

病気は、計画的になるものではないですからね!


自分以上に、家族は大切


関連記事
スポンサーサイト

片側顔面痙攣 入院1日目~手術説明~③リスク

手術の同意書について~考えたこと~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)