おはようございます。
ここ関東は、今朝はさわやかな朝です。


今朝は4時起き。(実質睡眠時間2時間!)
目覚めの良い私も、
さすがに目覚まし時計の力を借りて起きました。


何のためかと言うと、
ラグビーワールドカップ 日本 VS アメリカ 戦
を応援するためです。フレーフレ


休みの日の早朝。
前日のスコットランドの勝利で、
既に1次リーグ敗退が決定していた上での試合ですから、
視聴率は悪かったかもしれません。


ですが、
と~ても感動的な試合でした~。\(^o^)/
ラグビー日本代表は、アメリカに28対18で勝利。
今日の勝利で、ワールドカップは合計3勝目
歴史的快挙です。
(1次リーグ敗退でも、快挙なんですよ!)


前半5分、
アメリカにペナルティキックで先制された際には、
「日本チームはやっぱりモチベーションが保てなかったか!」
と心配しましたが、その後全くそんな気配も見せず
果敢な試合展開。


アメリカチーム選手とは、
体格の面で明らかに劣っている日本選手は、
ワールドカップで2敗』と言う戦歴にも臆することなく、
日本らしいテンポの速いプレーを生かした試合運びになりました。
(ほんとにカッコ良かった!)



試合前には、
報道陣からの勝ち点やベスト8入りに関しての質問に対し、
エディ・ジョーンズ監督は、
「自分でコントロールできないことは気にしない」と、
アメリカ戦に集中し、
今までしてきたこと(厳しい練習)を信じて試合に臨むことを決意表明しています。


試合後の記者会見では、
感無量の様子だったエディー・ジョーンズ監督は、
涙で曇る目をしながらも僅かに口元に微笑みを浮かべて、
「2019年のワールドカップ日本開催を楽しみに・・・」
の続きを楽しみに」
そんな言葉を残していました。




の続きを楽しみに」
素敵な余韻が残る言葉です。




豆 知 識

「マン・オブ・ザ・マッチ」MOM
=各試合で最も活躍した選手1名に与えられる賞

2015年10月12日
ラグビーワールドカップ 日本 VS 米国 戦では、
3PG13得点を獲得した五郎丸歩選手が受賞しました。


ワールドカップで大活躍し、
ルックスと佇まいで多くの女性ファンを獲得している五郎丸歩選手は、
「マン・オブ・ザ・マッチ」(MOM)受賞後の感想を求められても、
涙に言葉を詰まらせていました。


今日のこの思いは、
絶対に次に繋がるに違いありません。



2019年 ラグビーワールドカップの日本開催が決定しています。
開催地は全国12都市。北から南、日本全土に点在。
詳細は、日本ラグビーフットボール協会HPから。
『日本ラグビーフットボール協会』


ラグビー情報はこちらでもチェックできます。
『RUGBY REPUBLIC』





KoKoRoの声

自分の“出来る事” と “出来ない事”、
自分で“変えられること” と “変えられない事”を分けて考える。
シンプルで当たり前なことなのに、
日常生活でできていないで、悩みや不安を大きくしてしまっていることがあります。


「自分でコントロールできないことは気にしない」
ほんの数週間程前に、私が目上の方から言われた言葉です。

言われた時にも目からウロコが落ちましたが、
2015年ラグビーワールドカップ開催時のエディー・ジョーンズ監督の言葉と結びついて
一生忘れられない言葉になりました。



自分でコントロールできないことは気にしない。
自分でできることに集中する。

関連記事
スポンサーサイト

TPP(環太平洋経済連携協定)をどう考える?~日本の食生活を変化させるはずみ~

祝!ノーベル経済学賞受賞 経済学者アンガス・ディートン氏~大脱出の著者~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)