おはようございます。
関東は、今日も良いお天気です。


今日は、朝からグッドニュースが飛び込んできました。
経済学者のアンガス・ディ―トン氏(69歳)が、
2015年のノーベル経済学賞を受賞されました。

アンガス・ディートン氏は、以前に『アンの日記』でご紹介した、
大脱出』(みすず書房出版)の著者です。



アカデミーはノーベル経済学賞の授賞理由について、
「ディートン教授の研究は、例えば、
“どの収入の社会層に食品の付加価値税の増額が影響を及ぼすのか”
といったことを判断するために使われ、
政策立案者たちに大きな影響を与えた」
と評価。

「貧困を減らし、社会福祉を充実させる経済政策の立案には、
“まず個々人の消費の選択を理解する必要がある”
と説明、

教授の研究が、
発展途上国での生活水準と貧困の関係を知ることにも貢献
した
と強調しています。




アンガス・ディートン氏は、
英スコットランド州出身、英ケンブリッジ大学を卒業後、
今は米プリンストン大教授として教鞭(きょうべん)を執っているそうです。

スコットランドは、英国の構成国の一つです。
英国=イギリスは、
イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4国で構成されています。
本来、異なる文化、宗教、歴史・・・を持ちながら、
協調体制を取っていますが、
地域毎の経済格差は大きいことと思います。

アンガス・ディートン氏の研究へ原動力は、
そんな生い立ちからくるものかもしれません。
(個人的に、スコットランドの文化・宗教感・民族意識は、
日本と似ていると常々感じています。)



アンガス・ディートン氏は、
消費と貧困、福祉の関係についての分析をしている経済学者です。
ディートン氏のような経済学者のご活躍は、
世界の平和に繋がるような気がします。ブラボー



と言いながら、
下世話な話をすると
賞金は800万スウェーデンクローナ(約1億1800万円)だそうな。


アンガス・ディートン氏の著書についてご紹介しています。
『知っておきたい深い結びつき~
健康と経済成長と格差~アンガス・ディートン著「大脱出」』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-176.html




KoKoRoの声

最近の私の注目ワードは、“健康投資”。

将来の健康のために『健康への投資をする』
とう言う考え方です。

我が家は、幾らくらい“健康投資”に支出できるかな~。。。
教育費、医療費、レジャーや美容費、老後の蓄え、
目の前の支出がいっぱい。
賢く投資するには知識(情報?)か必要かも。


健康投資
これからKEYWORDになる言葉です。
覚えておいて下さいね!


2015年10月12日 産経ニュース 
『米プリンストン大のアンガス・ディートン教授に経済学賞 
消費と貧困の関係解明に貢献』より
関連記事
スポンサーサイト

日本のラグビー史にに残る2015年ワールドカップ♪~心に残る言葉~

1人1人がチェンジメーカー~意識を変える、社会を変える~ラグビー変えた!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)