手術の前日、微小血管減圧術手術前説明時に、
A医師がたくさんお喋りしてくれたのには、実は理由がある。
患者にお話しさせて手術前にリラックスさせようにも、私はほぼ声が出せなかったのだ。

かすれ声しか出せなかった。

なんと私は風邪を引いていた
(5、6年ぶり位?)

麻酔科医師も、
手術するかどうかは主治医に任せます」とおっしゃって、
手術を決行するかどうかは当日の朝決めることになっていた。


8時位だったかな?
A医師が病室にやってきた。
朝は、ますます声が出ず咳き込んでいて、
いつも自信満々のA医師が、
「止めるか?」
とおっしゃったのでビックリして、考えずに首を振っていた。

もしあの時考えていたら、多分手術はしなかったんだと思う。
何故かあの瞬間は、まったく考えていなかった。

医師は大きくうなずいて、椅子を引き寄せて、私の腕に点滴をしてくれた。
「いい血管だ」
と褒めてくれた。
私は血管が太くて目立つことがコンプレックスだから、この言葉はとっても嬉しかった。

ブログを読んでくれている方にはバレてしまっていると思うけれど、私は褒められ好きだ
褒められると、単純に嬉しくなっちゃう

手術前の、ほんの少しの時間。
でも、本当ならどうしようもなく不安であるはずのこの時間。
医師の顔を見て、ほんの少しの言葉を交わして、
点滴を入れてもらって、右耳にシールを貼ってもらって、
たったそれだけの事で私のざわついていた心はとっても静かになった。
 

8時半。
ナースステーション前に集合。
他の手術の方と二人で、看護師さんに引率されて手術室に歩いて移動した。
まさに “引率” って感じ。
自分で点滴の付いた棒を押しながら。


手術着(ガウンみたいなもの)を着た中年女子が、
点滴棒を押しながらゾロゾロ歩く姿って笑えない?


手術室の階に移動すると、
手術室前で、麻酔医師、手術看護師さんらが次々と名前を告げながらにこやかに挨拶してくださって、
胸がジーンとした。
本当に心のこもった挨拶だったから。
この時の光景は、スナップ写真みたいに強烈な印象で心に刻まれてる。
この瞬間に既に
「ほんとうにありがとうございます。
って言葉が心に浮かんでいた。

まだ、手術は始まってもいなかったんだけど。。。


自分でも信じられないことに、私はこの瞬間楽しくて興奮気味だった。
手術室の中を表現するのに変な言葉だけれど、その時の雰囲気はとっても“ アットホーム ”だった。

こればっかりは、体験者じゃないと分からない雰囲気だと思う。
しかも多分M記念病院だからの雰囲気なんじゃないかな?
他の人のブログではみんな手術室で緊張してるもの。


それに、女の人が多かったからなんだか安心した。(男性スタッフさんごめんなさい
みんなマスクをしていたけれど美人さんばっかりだった


楽しい気分が絶頂の時、
最後にA医師の顔を見つけて、笑顔で挨拶しようとして固まった。


A医師は、ものすごーく真剣な顔をしていた。

やっぱりやばいのかな。。。


手術台に乗りながら、一瞬そんな言葉が頭をよぎった。


手術台は、思っていたのとは全然違って、柔らかい物が入っていてフカフカだった。
何時間も同じ体勢で固い台に寝かされたら、きっと痣になるな(なにせ中年なので)と思っていたので、
「良かったー」とまた安心。

手術室に入ってから手術台に乗るまで、私の気分は上がったり下がったりしていたけれど、
実のところ、それってわずか数分だったんだと思う。

こんなに大きな手術を受けるのは最後だから(と思いたい)全部しっかり覚えておこうと思ったけれど、
手術台で名前を呼ばれながら眠ってしまって、今となってはたいして何にも覚えていない
ほんとうにあっという間に寝た。というより、あっという間に起きた。


寝たことを覚えていない!\(◎o◎)/


目が覚めた時は、もう病室だった!

麻酔ってありがたい。
麻酔科医師さん、上手に麻酔をしていただいて本当にありがとうございました。





どんな時にも私の頭に浮かぶ言葉がある。

「せっかくだから」

楽しいことも嬉しいことも辛いことも悲しいことも、
せっかくだからちゃんと覚えておこう。
経験にしちゃおうって思う。




七転び八起きって言葉があるけれど、
私の座右の銘は(自分で作った!)

「転んでもただでは起きない。」
だ。転んだら、せっかくだから、何か拾って起き上ろう~って思う。
私は、今回はこのブログを拾った。
自分の調べた情報の芽を育てたいな~
皆のお役に立つといいな~と思っている


たまには拾った石がダイヤの原石ってこともあるかもよ!
人生って、いつでも ものは考えよう  だよね



M記念病院A医師の手術チームのイメージについては
2014.04.25「片側顔面痙攣 M記念病院~③手術のイメージはF1チーム!」
M記念病院A医師の手術チームの安全対策については
2014.04.25「片側顔面痙攣 M記念病院~④自分でできること=個人情報流出」



スポンサーサイト

特別な友人

片側顔面痙攣 入院2日目~手術当日~②手術直後

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)