「両方の目に痙攣を感じます」
「両目が痙攣します」

と言われた時に、医師が疑う病気の一つが、
眼瞼痙攣(がんけんけいれん)です。


日本眼科学会のサイトの解説を抜粋しながらご紹介すると、

眼瞼痙攣は、
症状は目のあたりにありますが、
故障部位は脳のコンピュータということになります。
ただし、磁気共鳴画像(MRI)などでは故障部位は映りません。

自由に目が開けにくくなったり、
瞬きが増えるといった運動障害がでます。

まぶしい、目の周辺が不快、痛い、目が乾く感じなど、
感覚過敏があるのも特徴です。

さらに抑うつ、不安、不眠など精神症状を持つ人も半数近くあり、
うつ病などと間違えられることもあります。

治りにくい病気で、40~50歳以上に多く、女性は男性の2.5倍もかかりやすい。
目がまったく開けられないほど重症な例は少ないですが、
一見しただけでは分からないような軽症例を含めると、
日本には少なくとも30~50万人以上の患者さんがいると推定されます。

とのこと。


同じサイトの片側顔面痙攣の説明は、

片側顔面痙攣は、
片側の目の周囲や頬や口の周囲がぴくぴくと無意識のうちに勝手に動くもので、
うっとおしいばかりでなく、顔がゆがみ、
ひどい場合は片眼が閉じてしまうため生活にも不都合が生じます。

片側の目をつぶるための筋肉、笑うときに収縮する筋肉、
口の開閉にかかわる筋肉が勝手に収縮したり、
収縮と弛緩を繰り返してピクピクしたりする病気です。

40歳以上に多く、男女比はほぼ1:2です。
初期の頃は、目の周囲だけが気になりますが、
だんだん片側の顔全体の筋肉の勝手な運動が出没するようになります。
このピクピクは話したり、笑ったり、食べたり、
目や口を動かしているときに出やすく、
また緊張すると出る人もあります。
なかには、耳鳴りを伴う例もあります。

顔面神経は痛みの神経とは無関係ですので、痛みは伴いません。
なかには血管でなく腫瘍や血管瘤が神経にぶつかっていることもあるので、
一度は画像診断しておくほうがよいとされます。
また、顔面神経麻痺の治りかけに出現する症例もあります。

両側に起こることは非常にまれです。
とのこと。




眼瞼痙攣(がんけんけいれん)も、
片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)も、
“眼” の病気ではなく、“脳” の病気なのですが、
日本眼科学会の説明は、分かりやすいですね。
 
日本眼科学会サイトはこちら

http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_keiren.jsp


サイトによっては、
全然違うことをもっともらしく書いてある場合もあります。
医師のサイトでも間違っていたりします。
ブログは勿論正確とは限りません。






両側性顔面痙攣と言う病名はなく、
片側顔面痙攣が左右に出た場合を、
両側の片側顔面痙攣といいます。

(日本神経治療学会資料では使用)

この場合、原因は別もの。
左右別々の血管によって、
左右別々の神経が圧迫を受けていることになります。


ですから、
両方に出る痙攣は左右別々で全く同期してはいません。


全くもって、うざい状態です。。。


つまり、
両側の片側顔面痙攣は、稀ですが、
左右それぞれで血管が顔面神経を圧迫しているというだけで、
特別な原因や理由があるわけではありません。



“稀の中の稀”ですから、
片側顔面痙攣患者の両側に痙攣が起きてきた場合は、
医師は、
『他の原因』や『他の病名』
検討する必要があるのだと思います。


「最初に診断された病名とは違った!」方は、
『アンの日記』のご訪問者の中に何人もいらっしゃいます。




私の場合は、
2013年6月に両方に痙攣を感じ始めたので、
悪化している右側の片側顔面痙攣の手術をする決心をしました。

目の周辺のみでなく、口元にも感じていました。

検査の結果、私の顔面神経は、左右とも
血管に圧迫されていることがMRI画像でも確認できています。

とは言え、
今の状態はとても良好ですのでご心配なく。
(2015年8月からいい感じです~)





『アンの日記』は、
病気について知るための“しおり”であり、
お仲間さんたちのシェアルームです
(オアシスと言って下さる方たちもいますね。サンキュー


病気の治療については、
経験の多い専門の医師の検査・診断を受けて、
あらゆる治療の可能性を検討して、
『自分の人生をどのように生きたいか』
じっくり考えながら、
ゆっくり決めて下さいね。


『ゆっくり決められる』は、
微小血管減圧術(脳神経減圧術)の対象である
機能性疾患患者の特権です。


あるいは、
他の皆さんの体験談を読んでお喋りしているうちに、
何か閃いたりするものかもしれません。


あるいは、
何も考えていない時に、
こたえが見つかることもあるかもしれません。


人間の脳は、
まだまだ不思議がいっぱいです。





豆 知 識


【両側性顔面痙攣(bailateral hemifacial spasm)】
~日本神経治療学会 標準的神経治療2008年資料より~

・片側顔面痙攣患者の頻度0.6~5%
・1側性から対側への症状拡大には0.2~15年の潜時がある。
・通常、左右非対称性、非同期性。
・最初の罹患側が後続側より重症。

※これらの臨床的特徴は、
眼瞼痙攣と両側性顔面異常運動との鑑別点。


患者数について】
(2015年第17回日本脳神経減圧術学会会長畑山徹氏資料より)
●片側顔面痙攣・・・7/10万人程度
三叉神経痛・・・5/10万人程度
舌咽神経痛・・・後ほど・・・

【他、眼の周辺に異常を感じる病気について】
眼瞼ミオキミアは、
眼周囲の筋肉のごく一部に虫が這うような勝手な動きがあり、
顔面痙攣と誤診されることがあります。
過労や睡眠不足が原因と考えられていて、
生活の改善で自然に治ります。




KoKoRoの声

“概ね”でした。
色々な片側顔面痙攣情報を読みましたが、
わずかながら、症状・感じ方が異なっていました。
不思議なことに、原因がほぼ同じ時でも、
出ている症状や、感じ方は人それぞれ違うようです。

例えば、
片側顔面痙攣は痛みは伴わないと言われますが、
私はずっと耳が痛みました。
鍼灸院で、耳の治療をすると治まっていましたが、
どの医師からも
「耳の痛みは片側顔面痙攣とは関係ない」
と言われていました。
でも、手術の後は痛まなくなったし、
お仲間さんの中にも耳の痛みを訴えている方々がいたので、
私の耳の痛みは片側顔面痙攣と関係していた
と、私は思っています。


思うに・・・
最初に、ガイドラインを決めてしまうと、
医師の方々には患者の話が届かないことがあるようです。

治療は医師が決めるものですが、
症状は、患者本人が訴えるものなのに・・・
とも思うのですが。

今言われている、
『病気の症状』とは違うものに目をむければ、
根本的な原因解決に繋がるかもしれません。


『アンの日記』に頂いたコメントをまとめただけでも、
ふつうのサイトには書かれていなかった症状が
いくつも出てきましたよね。


片側顔面痙攣の専門医受診について、
片側顔面痙攣の痙攣についてご紹介しています。
『片側顔面痙攣~MRI画像が全てではない!症状優先~痙攣Part1』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-183.html

『出たりでなかったりする片側顔面痙攣~どんな時に出る?~痙攣Part2』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-184.html

手術について専門に検討されている学会が開催されます
『第18回日本脳神経減圧術学会から~患者も理解を深めよう~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-425.html


片側顔面痙攣、微小血管減圧術につていはサイトマップから。
『片側顔面痙攣・三叉神経痛・舌咽神経痛患者の皆さんへのご案内』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

関連記事
スポンサーサイト

確認事項!脳卒中(脳血管障害)がおこったら!~もしもに備えての確認~

介護に備えて自分でできること~念のためのチェック事項~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)