第18回日本脳神経減圧術学会
のご案内が出されています。
2016年1月21日、今年は仙台市で開催されるそうです。

第18回会長は、
藤田保健衛生大学医学部脳神経外科 長谷川光広氏。


日本脳神経減圧術学会の会長ご挨拶(医師向けです)は、
毎年、私たち患者をも勇気づけてくれる内容です。


本会は、日本における神経減圧術に携わる医師のほとんどが年に一回一堂に会し、
丸一日神経減圧術のみに絞って学術的な討議を行うユニークな会であります。
~省略~
本疾患群が機能的な範疇に属し、
疾患自体が生命にかかわるものではない一方、
痛くて食事ができない、歯が磨けない、顔を洗えない、
他人と会うことを躊躇してしまう、
目が閉じてしまって車の運転ができない等の日常生活の根源にかかわり、
大きくADLを損ねているのも事実です。
~省略~
ひとりでも多くの患者のために神経減圧術が発展するよう、
学術集会の役割を果たすべく準備させていただいておりますので、
是非多くの先生方に積極的に東北の地にご参集いただき、
ご指導を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



この部分だけ読んでも、
ちょっと涙が出てきそうです。

学会は、医師の皆さんが
任意でご自分の時間を使って参加されるものです。
“稀な”と称される私たちの疾患に
多くの時間を使って頂くことに感謝の念でいっぱいです。



■【本学会の目的】(18回ご案内より)

・外科診療における神経減圧術に関する諸問題を持ち寄る
・共有・議論し、発展させる。
・最新の知見をもってより良い治療を還元する

時に、決して最適な手術手技がなされたとは思われないような症例を
セカンドオピニオン等で目にすること等に鑑みて、
学術集会のテーマを「正しい手技の伝授・工夫」とさせていただきました。




今回の学会案内を読んでも、
片側顔面痙攣三叉神経痛舌咽神経痛は、
本質的な原因がいまだに不明で、
病理の詳細がいまだわかっていないという事が分かります。

「解明されている病気」
「安心な手術」
といった言葉を多用する医師にはご注意を。



※ADL(Wikipediaより)
日常生活動作、ADL(英: activities of daily living)とは、
食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴など生活を営む上で不可欠な基本的行動。


医師向けのご案内ですが、学会の存在意義をご確認下さい。
『第18回日本脳神経減圧術学会案内』
http://www.cs-oto.com/18mvds/greeting.html



豆 知 識

日本脳神経減圧術学会のサイト内の説明文、
脳神経減圧術とは』には、

顔面けいれん、三叉神経痛舌咽神経痛などに対する脳神経減圧術は、
非常に有効な治療法ですが、
頭の手術であり生命のリスクを伴い合併症もあり得ますので、
手術の内容と有効性、危険性について担当の医師に十分な説明を受けてください。

との説明文があります。



『アンの日記』には、
医師から
「誰でもできる手術だから、わざわざ有名な先生の所に行く必要ないよ」
とか
「基本的な手術だから、この病院でいいでしょ。」
とか
言われましたとコメントを頂くことがあります。


真剣に脳神経減圧術に取り組んでいる学会のご案内、
ご報告を読むと、
『誰でも同じ手術ができる』とは、
到底思えませんけれど・・・。


手術をお考えの皆さんは、
最善を尽くして下さると思える医師を選択してくださいね。
皆さんの最良の結果が、他の皆さんの安心に繋がります。



日本脳神経減圧術学会
http://www.japan-mvd.com/

私の片側顔面痙攣の治療全般はこちら
片側顔面痙攣、脳神経減圧術対象患者さんへの『ご案内頁』

片側顔面痙攣治療の診療ガイドラインについてはこちら
『ブログより診療ガイドラインでしょ!~これもブログだけど(^_^;)~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-487.html


KoKoRoの声

それにしても、今回は、
韓国ソウルSungkyunkwan University、Samsung Medical CenterのKwan Park教授
が特別講演されるとか。
「3000例を越える豊富な MVD手術経験から
~省略~コツ等をたっぷりご教授いただくこととなっております。」
と案内されていますが、
日本が誇る4000例を越える経験を持つT医師は、
とうとう引退されたのかしら?

演題の詳細が発表されたら分かるかもしれません。
おってまたアップしますね。


手術の成功率に関して、考えさせられることがありました。
『手術の成功率~数%の違いをどう考える?~』
 http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-445.html

第17回日本脳神経減圧術学会についてはこちらこちら
『日本脳神経減圧術学会~必見!今日の一歩は大きな一歩』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-14.html
関連記事
スポンサーサイト

どっちがお得な感じ方?~「寒くて忙しい季節」VS「一年に一度のきれいな季節」~

確認事項!脳卒中(脳血管障害)がおこったら!~もしもに備えての確認~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)