散々、ラインで繋がっている友人たちに、
Merry Christmas!
とメッセージを送った後で、


“海外では、
Merry Christmasは街での挨拶では厳禁”

と言う話しを小耳にはさみました。
(実際には、読みました)

クリスマスはキリスト教の行事。
様々な宗教を持つ人が暮らすアメリカでは、
相手の宗教や信仰を尊重する意味を込めて、
公共の場やお店などたくさんの人が集まる場では
“Merry Christmas”
という言葉は使わず、
“Happy Holidays(良い休暇を)”
という言葉が使われることが一般的。

とのこと。


同じように、
クリスマスカードは“Season’s Greetings”等、
宗教と関係ない文字が書かれているものを選ぶべき

とか。


言われてみるとナルホド。




海外駐在時代は、
夫婦連名のカードを印刷していました。
過去のカードの文面を読み返してみたら、

Best Wishes For The Holiday and Happiness
throughout the New Year.

とか、
Wishing you every happiness this holiday season
and throughout the coming year.


確かに、一言もクリスマスが出てこない。。。


そして、
古い記憶を辿ってみると、
ホームパーティー、お誕生日会、お泊り会などの際に、
お招きした方々の宗教を事前に伺い
お食事等に配慮することは、
かつて当然のこととしてやっていました。

日本にいるうちに、
そんなことはすっかり忘れていました。




世界的にみれば、
多くの方が、宗教を基軸とした生活をされています。
勿論、日本国民の中にも、
宗教を大切にしている方がたくさんいるはずです。

そして、
2020年東京オリンピックにむけて、
ますます日本人の意識のグローバル化が望まれている今、
“宗教に対する配慮”
は、必要なマナーでした。。。



思えば、
お寺さんのうちの娘にまで、
Merry Christmas!
とメッセージを送った私でした。トホホ





その後、
お寺さんの家では、実はクリスマスにはツリーを飾っていた事が判明。
やっぱり、
日本人は異宗教間の架け橋になれる資質があるに違いない


自分にとって大切なものを大切にする。
相手にとって大切なものを認める。

たったそれだけの事で、皆が幸せになれる気がします





私が、ラインで皆に送ったのは、
無料の『心温まるクリスマス動画』や『きれいなツリーのメールカード』。
忙しい皆に、ちょこっと“癒しTime” を贈りたかったから。
“贈り物”については、こちらもどうそ。
『言葉の贈り物~私からあなたへ~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-430.html

セルフコントロールにプレゼント類を使う方法もあります!
『絶対に知っておきたいセルフコントロールのコツ』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-127.html



豆 知 識

2015年12月25日の本日。
38年ぶりのクリスマス満月です。

正確には、
12月25日の午後8時過ぎにまんまるまるまる。
次回は19年後の2034年。



クリスマスとは関係なく、
月には色々なパワーがあると言われていますよね。
女性は、特に月の影響を受けるとか。。。


クリスマスの満月シャワー。

宗教関係無く、効きそう。






新月から始まり、
月がだんだんと大きくなって満月になります。

新月にかけた願いは、
満月に叶えられるそうです。


2016年の始まりの頃の満月・新月を記載しておきますね。
ご興味ある方はご参考に。

1月10日(日)10:31新月
1月24日(日)10:46満月
2月8日  (月)23:39新月
2月23日(火)03:20満月



2015年最後の満月のシャワーを浴びて、
2016年最初の新月に願いをかける。
そうすれば、2016年には大きな願いが叶うかも!  




KoKoRoの声

こんなことを調べていたら、星占いにぶち当たった。
私の星座へのコメントは、
『この時期舞い込んでくるものがどのようなものであれ、
それを歓迎して下さい。そのとき、
それらの「意味」や「理由」「メリット」を考え過ぎないようにしましょう。
いつかは分かるでしょうから』


なるほど~。

とかく調べて考える癖がついていますが、
考えない方がよいこともあるのかもしれないですね。


関連記事
スポンサーサイト

クリスマスのプレゼント~自分を褒める♪~

PDCAサイクルで夢、目標と達成 ~空に伸びる螺旋階段を昇るイメージ♪~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)