独り言。


世界中の異常気象が報告されている中、
テレビ画面には、
寒波に見舞われたニューヨークの様子が映し出されていました。

マンハッタンは、車両通行止めになる道路もある中、
のんきに?
スキー板で歩行する人々。
坂でスノーボードをする人々。
なんて、自由な国なの!ブラボー


しかも、どんな大雪でも、日本に比べると
ニューヨークはずっと早く除雪作業が済むはずです。

普段の雪なら、
その影響で車が走れなくなることはほぼありません。


私がニューヨークに住んでいた時、
こうした雪の処理や、
ゴミの処理や、
清掃のことで楽チンに感じることが多くありました。
「便利だな~、さすがアメリカ!」
と感心を通りこし、
最初は感動すら覚えていたかも。



そんな気持ちが変わったのは、
ある雪の日のできごとから。

セントラルヒーティングで常に一定に温められた部屋
(冬でも半袖で過ごせました)の窓から外を眺めていたら、
早朝まだ薄暗い中、
肌の黒い人、黄色い人ばかりが、
除雪作業をしている姿が目に入りました。

その様子を見てからは、
「アメリカの便利は、不平等の上に成り立っている。
日本の不便は、国民みんなが平等だから。」

そんな風に考えるようになりました。


今の日本では、
相当な高額時給を払っても、
朝から除雪作業をする人は集められないでしょう。

その意味で、
日本も“格差社会”と言われるようになって久しいけれど、
世界の“格差社会”とは比べようもありません。



アメリカ人は、“格差”を知っていて、
施すこと”を当然と思う人(階層)が多くいます。
それはとても素晴らしいこと。

日本人は、“施すこと”は苦手だけれど、
“人は平等”と自然に認めている人が多いように思います。


どちらがいいとか、
悪いではないけれど・・・


世の中には、
平等と不平等があること、
目に見えること以外に目に見えないことがあり、
便利の裏には支えている人達がいる。
そんなことを、改めて娘にも話しておきたいな~と、
朝のニュースを観ながら思いました。




KoKoRoの声

“支えてくれている人”
に普段気付かないことがあります。

忙しい毎日だけれど、
ちょっと立ち止まると見えてくることがあるかも。

自分ばかりが忙しいと思っていたけれど、
実はいっぱい周りの人が助けてくれていたりとか。

そんな事に気づければ、
忙しい気分も吹っ飛びそうです。



あるいは、
気付いているのにお礼を言えていない事があるかも。。。

忙しい毎日だからこそ、
せめてお礼やお詫びはきちんと言わなくちゃ。


もうすぐバレンタインデー
最近では、女性から男性へ・・・
とは限りませんものね。


“平等”について考えることは、最近ルーテインワークになっています。
“平等”にも性差が存在するんですよ。
『社会的選好の中でも顕著なのは不平等回避、って意味わかります?』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-181.html

医療の平等が認められていることは、とても大きな恩恵だと知っていますか?
『平等とは?~見える平等、見えない平等~フリーアクセス』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-180.html

『不平等の上になりたつ便利~平等と便利は反比例?(@_@)~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-449.html


関連記事
スポンサーサイト

スポーツ心臓、スポーツ肺は維持できない!~オリンピック元代表選手追跡調査から分かること~

潜在意識の活用

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)