夜は何事もなく過ぎた。
何時間かおきに、夜勤の看護師さんが見に来てくれていた。
看護師さんは、キュッキュッキュキュッとゴム音をたてながら歩くから、廊下を歩いているのが看護師さんか患者さんかは直ぐに分かる。
っと思う。違う人もいるのかもしれないけど。

朝早く目覚めてデイルームへ行った。

M記念病院13階 窓より(2014.04)

窓の外には、都会のビル群。
都会独特の黄色いベールに包まれたみたいな、霞がかかったような朝の風景が広がる。
金色の朝焼けが広がっていく。
もしも窓を開けたなら、電車の音や車のエンジン音が聞こえるのかな?
全くの無音の中に広がる朝の景色は、なんだかとっても非現実的だった。
今ここに居る私も現実じゃないのかな?
これは夢の中なの?
って感じ。


デイルームには、テーブルが幾つかと一人がけの椅子がたくさん置いてある。
ソファーや一人がけのリクライニングチェアーなんかもある。
自販機や小さい台所には白湯とほうじ茶のポットもあるし。
至れり尽くせり。
昼間は患者さんやお見舞い客で賑わっている、病棟の憩いの場だ。




ちょっと緊張した面持ちの人たちがいたら、それは手術の終了を待っている家族達だろう。
心配顔の家族達も、元気そうな入院患者達を見ると、ちょっと安心するんじゃないかな。
私がイメージしていた、
“手術室前の暗い廊下に置かれた固いソファーに座る可哀想な家族像”とは雲泥の差。


M記念病院は、入院患者だけでなく患者の家族達にとっても居心地の良い病院だと思う。


片側顔面痙攣の手術後初めて携帯をチェックした。
昨日もしようと思えばできたのだけど、見る気にならなかった。
たくさんのメールが入っていたけれど、返信する気にならず、心の中だけで感謝を唱えた。
ちょっとだけ、自分が現実に戻ってこれた気がした。


気がつくと、A医師が傍にいて、手術創(=傷口)を見てくれた。
音が聞こえるかも再チェック。

「どれくらい切りましたか?」
「けっこう切ったよ。」

「これ位」 と指で示して下さった。7cm位かな?

私は黙って頷いた。

手術創(=傷口)なんてどうでもいいよね。と心の声。仕方ない。どうせ髪が伸びたら見えない。

でも、手術創(=傷口)を見るのは怖いな。。。


朝食後点滴を抜いた。二回位食事が摂れたら抜くんだそう。
この点滴は多分ソルマルト輸液だろうと思う。
薬類の確認には退院時に貰える診療明細書が結構役に立つ。
薬名がただただ羅列されていて、かなり見にくいけれど

点滴中(2014.04) 角度によって、点滴時間が変わる。



こうして書いてみると、A医師はとてつもなく早くに病院にいたことになる???

とにかく、私の手術後2日目の朝は、まぁまぁ気持ちよくスタートした。


関連記事
スポンサーサイト

片側顔面痙攣 入院3日目~手術後1日~②禁止事項!

片側顔面痙攣 入院4日目~手術後2日~②1日の流れ:2017年追記

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)