ひな祭りは、
『無病息災を願う』お祭りです。
そんなご紹介をしました。

だけど、人生全部を無病でいるの難しい。
事実自分は既に無病ではないし・・・




「病気になったことを逆手に取ろう!」
一病息災
「1回病気になったから、気にしてケアして元気元気!」
と、元気にお話しされる医師の講演会に行ってきました。


2016年2月27日
川崎市病院協会主催 第11回市民公開講座
『現代女性と乳がんのお話』

講師は、
湘南記念病院かまくら乳がんセンター 土井卓子センター長。
“医師の薦める医師”としても名高い乳腺外科医師です。



意外に感じるかもしれないけれど、
講演会で話をされる医師は、
“理系”とは思えないほど皆さんお話し上手。

なので、
講演会参加後は、私の満足感はいつも100%。
(参加費無料の講演会だし)

その中でも、
今回の土井卓子氏の講演会は超満足できました。

「すっごく一生懸命お話しするんだな~」
「伝えたいことがいっぱいあるんだな~」
と、ビンビン波動がくる~って感じ。


土井卓子氏は、
「本気で患者さんのことを考えているんだな~」
「病気のことだけでなくて、人生全般のことを語る方だな~」
と感じる医師でした。




講演会は、
乳がん増加の原因、必要な検査、上手な検診の受け方、最新医療情報etc.
盛りだくさんな1時間半。

とっても密度の濃い時間だったけれど、
土井氏が1番に伝えたかったことは、
「検診に行きましょう!」キイテ~キイテ~

「今年子どもの受験だから・・・」
「引っ越しだから・・・
なんて言い訳作ってたらダメ!」
「サプリ大好き。健康思考なのに、検診嫌い!
そんなのありえないから!」

とのこと。


続きはこちら土井卓子氏講演会その2
『日本の乳癌検査受診率はかなり酷い!』
~一病息災のために~

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-473.html




KoKoRoの声

あ~耳が痛い。。。
「でも~」とか「だって~」
って、言いたくなる。

「行きたくないわけじゃなく、行けないの」
「時間が取れないの」
と言おうとして、
「ほんとはちょっと怖いから。」
「病気だと分かったら困るから。」
そんな気持ちが心の奥底にあることにふと気付く。

一病息災だから』
「1回病気になったから、気にして元気~!って思えばいいから」と、
身体全部を使って訴えかける土井氏を見た後は、
「早く検診行かなくちゃ」いそげ~
って気になるから不思議。


土井卓子マジックだ。ブラボー


土井卓子氏は、
乳がんにかかっても自分らしくあるためにケアが大切」
と、下着会社や化粧品会社ともコラボして、、
患者の術後の生活全般について考えている、
ステキな女医さんでした。

アンジョリーナ・ジョリー氏の予防切除は世界で話題になりました。
考え方に共感。
『アンジェリーナ・ジョリー氏の選択~知識は力~
乳がん・卵巣がんの予防切除』

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-245.html

乳がんについて。
『10月乳がん月間・・・~がん情報サイトをご紹介』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-394.html

一歩進んだ最新医学は健康診断より更に上でした
『正しいアンチエイジング~健康診断より抗加齢ドック』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-541.html





豆 知 識

土井卓子医師。
ピンクリボンキャンペーンの広告塔になっている
タレント・山田邦子さんを最初に診察したことで知られる。
各種メディア出演、講演会多数。
(取材に応えていた時、間違った解釈をされ報道されそうだと感じたことが出演のきっかけ。
とエピソードを話されていました。)

土井氏がセンター長を務める『かまくら乳がんセンター』では、
“チーム医療”を推し進めています。
センターのスタッフは、乳がん経験者多数。


乳がんについての最新知識・正しい知識を深めるのにGood
かまくら乳がんセンターHP

病気の術後に、「自分の経験を生かしたい」と思うことがあります。
元患者の勉強会、各種セミナーやイベントの企画などの活動についても書かれています。
土井卓子しのインタビュー記事



一病息災~ goo辞書より~
病気もなく健康な人よりも、一つぐらい持病があるほうが健康に気を配り、
かえって長生きするということ。
▽「息災」は健康であること、身にさわりのないこと。

関連記事
スポンサーサイト

イベントは乗っかって楽しむべし!~でも、雛人形の片づけはお早目に~

日本の乳がん検査受診率はかなりひどい!~一病息災のために~その2

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)