難しい資料や専門的なデータより、
ためになるな~
自分にとって役に立つな~
と思う話に遭遇することがあります。

否。
そういうお話しをしてくれる人に遭遇することがある。


今日は、そんな出会いのあった日の話。
先日、母に付き添って、
乳がん患者専用の下着店に行った時の話。



母は、1992年12月に右胸全摘手術。
2013年4月に左胸の初期の摘出手術。
(あれ、逆かな???)


2度目の手術は小さな切除だったから、
日常生活には何の支障もなし。
見た目も全然分からない。


1度目の手術は乳がんが中期まで進行していて、
全摘だったので、今は胸はぺったんこ。
でも、手術跡は素晴らしくきれい。
傷跡は白くなって、今ではほぼ見えない。
病院を3件巡った甲斐があった。



彼女のそんな傷跡を、
お店のアドバイザーはべた誉め。
「正直、傷跡が酷い方もいますよ。」
「言い方が悪いけど、単なる肉を縫ったみたいになってる方も。」
「形成外科さんんは、美しさを考えるけど、それ以外はね・・・。」
「えぐれている方もいるし・・・」
「ほんと、きれいね~。これじゃぁ気付かないわね~!」


(いや、気付きはするけどね。片胸がないんだから・・・


手術後の胸を山ほど見ている、
乳がん患者専用の下着店のアドバイザー”
に誉められるんだから、
嬉しくないはずはない。
母は、ニコニコ笑顔だった。
(70歳を超えてもまだ乙女心はあるもんだ~)



次の予約も詰まっていなかったから、
(お店は完全予約制)
アドバイザー(乳がん術後7年)とおしゃべりしながら、
自分のための質問をたっぷりさせてもらった。


「こちらのお店は乳房全摘手術の方ばかりですか?」
「いえ、そんなことはないですよ。
ただ、全敵される方が増えていますからね~。」

「全摘が増えてるんですか???」
「ええ。乳房再建が保険適用になってから、
リスクを負ってわざわざ残すより、全敵される方が増えています。」

「摘出後そのまま乳房再建手術に移れますしね。」
「一度がんが出来たということは、
胸の他の部分に何時できてもおかしくないですもんね。
だって、お胸全体が同じ栄養、同じ環境で暮らしていたわけですから。」


な~るほど。
そう言われれば、ほんとうにそうだ。



一生懸命がんを摘出してくれた医師に、
残った脂肪と“リスク”は適当に縫い合わせてもらって、終了。

VS
摘出は摘出のプロに、その後は、
見た目、生き方に想いを馳せる医師にバトンタッチして、
リスクの換わりに希望を詰めて丁寧に縫ってもらう。



こんな感じの違いかなー。
(がん摘出のプロで、形成もバッチリな医師もいる。
母の主治医はバッチリな医師!)



乳がん手術は、
「いかに完璧にがんを摘出するか」
「いかに術後の人生を快適に過ごすか」

を真剣に考えた人とそうでない人との間に、
“傷跡の差”
として歴然と残るものなんだな~と実感。





「ここだけの話、乳がんならここの病院!ってありますか?」
との私の質問には、
「がんだけならやっぱりがんセンターが断トツ。別格です。」
「ただし、他の病気がある方にはどうだろう・・・。
どんなに痛がっても痛み止めをくれるだけで、他の病気の治療はしてくれません。」
「退院してから別の病院で治療してって言われるんです。」

「がんセンターで治療したければ、健康でいろ!
って、みんな言ってます。」
「笑い話ですけどね~」




そうなんだ~


そうなのか・・・


笑えないかも・・・



“健康な身体”は誰もが簡単に持てるものではないけれど・・・

万が一の手術のために、
健康のために“自分でできること”はしておくべし。






“自分でできることはしたな”と思えることは、自分を心強くします。
できる範囲で、ほそ~くなが~く
お互い励まし合いながら参りましょう
   





KoKoRoの声


あと2年。
あと2年で、私も母が最初に乳がん手術をした歳になる。

医師 土井卓子氏の講演会『現代女性と乳癌のお話』の後、
私の個人的な質問に対するお応えは、
「あなたは、遺伝子検査して」
だった。


これに関しては・・・
どうにも度胸がない。
知ったところで、今以上にできることはないからな~。


と言うことで、
今のところ遺伝子検査の予定はなし。



予定にあるのは、
乳がんになったら即再建手術をしてナイスバディになる
こと。



病気でないと身体にメスをいれる勇気はないけれど、
病気になってどうせメスをいれるなら、
「絶対、術前よりもきれいになってやる~」
と決めている。




今回の下着店では、
「知り合いのおばあ様は、80歳で乳房の再建を考え中なの~」
なんてお話しも聞けて、
ますます、やる気が出てきた~


ためになるお話。
役に立つ話がたくさん聞けた一日だったな~thank you


※今日の話は、『実績病院』『お薦め病院』etc.etc.の冊子を読む時ご参考に!



“医師の薦める医師”として名高い
乳人外科医師土井卓子氏の講演会内容はこちらをどうぞ。
「ありえないから!サプリ大好き健康思考なのに検診嫌い!」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-471.html

日本の乳癌検診受診率はかなり低い~一病息災のために~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-473.html

『先端医療講座』での手術の成功率についての話。
『手術の成功率~数%の違いをどう考える?~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-445.html

母が3件の病院を巡った理由はこちら。
『医療ミス・誤診~病院の質・医師の腕~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

関連記事
スポンサーサイト

内閣が容認!『遺伝子を置き換える』~ゲノム編集でヒトの受精卵を操作~

夢じゃない!ゲノム治療~体質にあった治療♪~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)