早期離床 という言葉をご存知でしょうか?

知っていると術後の治癒力アップに繋がりそうなので、
ちょっとだけ調べた事を書いておこうと思います




早期離床」や「早期退院」というシステムにおいて、
日本は欧米に大きく遅れをとっていました。
どれくらいの違いかを急性心筋梗塞を例にとってみると、

(例)
     1990年代  欧米・・・入院期間10日  
        日本・・・  4週間プログラム発表



みたいな感じ。
治療期間において、かなり隔たりがありますよね。



私の経験を例にあげると、1990年代、
私は、米国で足の手術を受けていますが、日帰り手術でした。
その手術は、当時の日本では一か月の入院が必要でしたし、
今でも二週間以上の入院を薦められるそうです。

また、米国で出産をした時は48時間入院でした。
こちらは州毎に多少の差異がありますが、
日本のように一週間入院なんてことはありません。

私の経験では、米国と日本は、
随分違いがあるように感じます。




全部の疾患がそうではないのかもしれませんが、
入院期間』について、
日本は世界の先進国の中で長い間特異な立場にある

ことは事実のようです。
(徐々に改善中!2017年追記)




自分の治療のために、得ておきたい知識は、
術後の早起きは、三文以上の徳だらけ!

もともとの疾患の治療がすんだのにのんびり寝ていると、
他のよくない症状が出る恐れがあるので、
そうならないように、
全身状態が落ち着いたらできるだけ早い時期に、
頑張って、座ったり立ったり歩いたりしましょう!

ってことです。


具体的に期待される効果は、
●呼吸器合併症を予防
●循環器合併症を予防
●消化管合併症を予防
●排尿障害を予防
●骨筋・筋肉・関節の衰退を予防
●精神活動を活発にして術後せん妄などを予防
等々たくさん!.ブラボー







『知識は力なり』

知っていると、頑張りようが変わってきます。




手術前に『アンの日記』をご訪問頂いた皆さんは、
手術後は気合いを入れて起きるぞ」
とご記憶下さいね。


男性患者さんたちは、
「可愛いい看護師さんが優しくしてくれるからゆっくりしよう~」
なんて思っちゃダメですよ!
そこは男らしく(死語かしら?)頑張って下さいね。




私の手術後の最初のトイレ時も、最初の飲水時も、
ハイジちゃん(担当看護師さん)がちゃんと見ていて、
上手に促し、励まし、お手伝いしてくれました。

私の手術後の経過が良かった要因の一つは、
きっとハイジちゃんの適切な離床ケアです。
ハイジちゃん、どうもありがとう感謝感謝





◆豆知識◆

米国(海外)と日本の違いは、
医療の差だけ、
つまり技術、知識、医師の質、看護師の質etc.の差によって
決定されているわけではありません。

日本には、国民皆保険制度があり、
米国を初めとする多くの国には、治療は全て個人負担である
という経済的側面も大きく影響しているはずです。




日本国内を思い浮かべても、
保険料の負担額増大、医療制度改革、
“提供される医療”が変更されています。
病院毎の都合で簡素化されている医療もあるかも…

早期離床、早期退院、早期…etc.が、
自分の治療に効果のあるものなのか、
病院の都合によるものなのか、よくご確認下さい。



早期離床は、
適切な手術、適切な環境、適切な管理下だからこそ達成できます。

まずは、最良の病院・医師の選択をお間違えなく!




『知識は力』なり!術後経過をよくする情報!
『手術後の回復を早くする最新医療~術後回復能力強化プログラム』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-336.html

術後ICUを利用すると、早期離床が遅れます。
M記念病院では、ICU不使用であるが故に特に早期の離床が達成されています。
詳細はこちら
「M記念病院(術後外来1)~③手術のイメージはF1チーム!」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-86.html
スポンサーサイト

片側顔面痙攣 入院4日目~手術後2日~②1日の流れ:2017年追記

片側顔面痙攣 入院4日目~手術後2日~③頭痛

comment iconコメント ( 2 )

Re: K大学病院では

Keikoさん、コメントありがとうございます。
同じ病気でも、病院が異なると、入院治療内容も随分異なるものですね。もしかしたら、手術内容も多少異なるのかもしれません。

術後の合併症があると、やはりお食事もしにくかったことと思います。(10日で3㎏減は大きいです。(>_<))
でも、長引くものでなく、現在はお元気とのことで本当に良かったです。\(^o^)/

名前: アン [Edit] 2015-08-21 00:59

K大学病院では

昼過ぎからの手術で、ICUに入りました。
術後水分が取れないので、何度も口をゆすいで貰ったり、体の向きを変えて貰ったり、ナースコールを押さなくても目の届く所にイケメンの看護師さんがおられるのは心強かったです(*^_^*)
翌早朝、CTを撮り一般病室に戻りました。
術後の後遺症で声が出なかったり、飲み込みが出来なかったりしましたが、2日目には尿管が取れ、トイレや部屋での歩行が出来るようになりました。
3日目には包帯を取り傷口を見てもらい、綺麗だったのでシャワーや洗髪が出来ました。
一週間後に抜糸、10日目に退院する頃には体重が3キロ減っていました。
退院後、一週間程で声が戻り、一か月で体重も戻りました(≧∇≦)

こんなコメントでも、これから手術される方の参考になれば嬉しいです。

名前: keiko [Edit] 2015-08-20 21:00

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)